西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS PSPで「グローランサーIV」が復活

<<   作成日時 : 2011/04/29 01:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

PS2で発売されていたグローランサーIVですが、PSPで「グローランサーIV オーバーロード」としてリメイクされる事が発表されました。
2011年夏発売予定で、公式サイトは5月2日にグランドオープンする模様。
キャッチコピーは、「名作という名の、新作。
リメイクに関しては、新しい使い魔やキャラクター、ストーリーやイベントが追加されているらしいです。
シリーズの中では完成度が高く、人気も高い4のリメイクという事で、個人的には注目しています。

画像

グローランサーと言えば、ラングリッサーシリーズの製作元として知られるキャリアソフトが手がけ、アトラスから販売されていたリアルタイムRPG。
大元の初代はPS1で発売されていましたが、PSPにもリメイクされています。

グローランサーの歴史としては、1〜3が世界設定を共有したシリーズ作。
初代は3国間の戦争が舞台で、しだいに世界を脅かす存在と戦っていくという展開。
PSP版では新キャラと新ルートが追加されています。
思い返してみると、新ルートまだクリアしていない・・・。

2は初代で敵対していたバーンシュタイン王国に所属する騎士が主人公で、物語の時間軸も初代の終盤からスタート。
そのまま時は流れ、初代のゲームクリア後の世界を冒険する事になります。
直接的な続編という所で、前作の人物や設定も数多く登場。

以後のシリーズで根幹となるシステム「リングウェポンシステム」が初登場した作品でもあります。
マルチシナリオで、プレイヤーの選択でルートが複数に分岐するという所も特徴。
初代に比べると挑戦的で、前作とはシステムに大幅な変更が加えられている事もあり、ファンからはあまり人気の無い作品だったり・・・。

ちなみにリングウェポンシステムとは、リングに精霊石と呼ばれるアイテムを装着する事で、様々な特徴を持たせる事が可能なシステム。
武器は変更不可能なキャラクター固有の物となっているので、リングと精霊石によって攻撃力などを強化していく事となります。
言うなればリングが武器のようなもので、精霊石がスキルと言った感じ。
リングによって装備させられる精霊石が変化しますし、精霊石には属性付与や攻撃範囲増大、硬直短縮など様々なものが用意されているので、これらの組み合わせが楽しいのですよね。

画像
画像
画像はPS2版グローランサーIV

3は初代よりも1000年前の異世界が舞台。
初代の人々は崩壊しつつある世界から逃れ、初代の世界に辿り着いたという設定なのですが・・・。
その崩壊しつつある世界というのが、3の舞台となっています。

比較的初期に初代の先祖となる人々を異世界に送るイベントがあり、以後は世界の崩壊を食い止める為に行動するという形。
2で登場したリングウェポンシステムを採用しており、それ以外は人気の高かった初代のシステムを踏襲。
1〜2の良いとこ取りをした感じの作品という事で、なかなか評価は高かったです。

4からは過去の作品とはストーリー的な繋がりは無く、完全に新シリーズと言った所。
3のシステムをベースにしており、それをさらに発展させた作品ですね。
それだけにファンからの評価も高く、「初代か4こそが最高傑作」という人も多かったです。
使い魔を育成する要素なども追加されましたし。

画像

またシリーズで唯一、続編的な外伝(Return)が作られた作品でもあります。
どちらかと言えばファンアイテム的な作り。
Returnは安くなったら買ってみようと思っていたのですが、いつまでたっても高いままだったので、結局プレイせず・・・。

5は今までの作風とは一変し、3D表示のゲーム画面となっています。
過去作から引き継いでいるのもリングウェポンシステムくらいのもので、かなり挑戦的な内容。
それだけに作り込みがあまい所もあり、ファンからは不評でしたね。
多分、2よりも不満の声大きかったと思います。

[追記]
5からはリングウェポンシステム搭載されていませんでした。
しばらくプレイしていなかったので、ちょっと記憶違い・・・。


6はストーリー的にも5の続編に当たる作品で、前作のシステムを踏襲。
しかし不満の声が挙がっていた部分は大幅に改善され、かなり遊びやすくなっています。
多分最初から6基準のシステムが出来上がっていれば、5もそこまで批難されなかったでしょうね。
4以前の作品に比べるとシステムが全然違うせいか、ファンからはあまり支持されていませんが。

画像

ちなみによく「5のストーリー全否定」と勘違いされていますが、6の主人公達が介入した戦闘が、5のラストバトルとなっています。
その為、全否定というものではなく、5のラストバトルの裏側を描いたというのが正しい認識かと。

[追記]
もう少し詳しく書くと、6は時間移動がキーになっている作品なのですが・・・。
6中盤辺りまでの世界は、5のゲームクリア後の世界ではありません。
6の主人公達が時間を遡り、5のラストバトルに介入した以降の時間軸が、5のクリア後の世界になると。
この辺の流れを把握していないと、6で5のストーリーが無かった事にされたという風に勘違いしてしまうかと。


そんな感じで、ファンからの人気も高く、私自身好きな作品である4のリメイクという所が嬉しいですね。
キャラクターは3の方が好みでしたが・・・。
初代のリメイクは音質とかで少し残念な所もありましたが、それでも十分遊べる内容でしたからね。
PS2シリーズでの名作と名高い4のリメイクなので、密かに期待しています。

[リンク]
・グローランサーIV オーバーロード ティザーサイト
http://gl4ol.atlusnet.jp/

・『グローランサーIV オーバーロード』新要素を追加して名作が復活
http://www.famitsu.com/news/201104/28043064.html


・グローランサー
http://west-east.at.webry.info/theme/baca8ac805.html

・グローランサー6
http://west-east.at.webry.info/theme/9c6a4f4f35.html


グローランサーIV ~Wayfarer of the time~ 通常版
アトラス
2003-12-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グローランサーIV ~Wayfarer of the time~ 通常版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PSPで「グローランサーIV」が復活 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる