西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア3 Return その17 [死立魔神学園編・後編]

<<   作成日時 : 2012/02/10 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前回からの続きで、死立魔神学園編の後編からスタート。
学園の権利書を取り戻す為、死立魔神学園に乗り込むマオという感じで物語りはスタートします。

ステージ1「歪曲の懺悔室
意外とあっさりステラとルチルのいる教室に辿り着いたマオ達。
ルチルがステラに付き従っていた理由ですが、ルチルが魔界の事を良く知らないことを良い事に、ステラの都合が良いように歪曲したルールを教えられていただけでした。
混乱するルチルを尻目に、ステラのペットであるスライムやゾンビたちとの戦いに突入。

画像

ここには攻撃力や防御力アップ、回復のジオパネル効果が発生していますが、無視してそのまま戦った方が楽ですね。
逆にジオパネル効果を利用して、一気に敵を殲滅してしまった方が良いかと。

戦闘後はイベント。
ルチルが悪事に手を染めていたのも、魔界では親友の証として悪事を働かなければならないという嘘を信じ込まされていただけだったので、真相を知ったルチルはステラの要求を拒否。
逆に権利書を返そうと言い出します。
しかしペットを撃退されて腹を立てていたステラは、聞く耳持たずにその場から離脱。
アルマースやラズベリルの後押しもあって、ステラを説得してみせると強く決意したステラが、再び仲間に加わりました。

画像

しかし・・・。
ルチルはディスガイアでは珍しく、普通に良い子というキャラクターですね。
気の優しい優等生タイプのキャラクターというのは、他のゲームでは普通に登場していたりしますが、思い返してみると、ディスガイアではそんなにいないタイプのような・・・。
似たような感じのキャラクターは居ても、性格とかにかなりクセがあったりしますから。
ディスガイア2はプレイした事無いので、そちらのキャラクターの事はよくわかりませんが、ディスガイアでは結構貴重かも・・・。



ステージ2「優等生の饗宴
ペットを倒されたステラは、魔神学園のエリート生徒全員を持って、マオ達を迎え撃つ事に。
しかし廃校の危機というだけあって、全校生徒の数は13名というもの。
ステラは少数精鋭と言ってましたが、まぁ楽々殲滅出来ました。
ステージ構成も基本的に正面対決だったので、自力の差が出ましたし。

画像

ステージ3「深淵の慟哭
いよいよ追い詰められたステラ。
現場の理事長室には、学園の理事長でありステラの父親でもある魔神もいたのですが・・・。
ステラの父親はとっくに亡くなっており、理事長室にあったのはただの亡骸。
父親の死を受け入れられなかったステラは、父親の為にも学園を盛り返そうとして、今回の騒ぎを起こしていた模様。
そして父親の死を突きつけられたものの、それを受け入れられず、激昂したステラと戦う事に。

画像

このステージも正面対決となるので、プレイヤーが育っているなら楽なもの。
ただステラはトラペゾヘドロンを装備していたので、出来れば入手しておきたいですね。
未強化の段階でも、全能力が7,000近く上昇する優れものですし。

画像

ただ敵がトラペゾヘドロンを装備しているかは、後日談の進行状況にも影響を受けるようです。
私はマローネ戦の直前という状況でしたが、この辺りまで進めていれば、装備している事があるようですね。

戦闘後はイベント。
亡骸に残っていた最後の力で、ステラは学園の屋上に転送。
ステラにかつての自分を重ねているのか、イラつきを隠せないマオに、ステラを父親の呪縛から解放してやろうと決意するアルマースやラズベリル。
それに感激するルチルという感じで、いよいよ死立魔神学園編も次が最後。



ステージ4「凶夢泡影
ステラの父親の魔神ですが、何気に超勇者と戦った事もあったようですね。
彼女は父親が勝利したと言っていたそうですが、本編で超勇者がああだったので、父親が負けたと言う事を信じられなかったステラの嘘・・・というか思い込みだった模様。
父親の死因も、超勇者との戦いだったのかも・・・?

画像

そしてステラと遭遇する一同でしたが、ルチルの説得もむなしく戦闘に。
追加シナリオ最終ステージと言う事で、結構シリアスな雰囲気です。
この空気のまま終わる事は無いと思いますけど。

戦闘では、多数の敵に囲まれている状態からスタート。
しかし、こちらが十分育っているなら、特に問題はありませんね。
近い敵から各個撃破していき、最後にステラを倒せばクリア。

画像

ちなみに今回のステラも、トラペゾヘドロンを装備しています。
ザコが装備している武器も、店売りより強いので、盗んでおくと良いかと。
シーフを育てていれば、99%の確率で盗めるはず。

戦闘後はイベント。
再三にわたるルチルの説得で、ようやくステラも父親の死を受け入れる事が出来ました。
そして戦いの余波で崩れつつある校舎の屋上で、両名は本当の意味で友達になれたという展開でスタッフロールに突入。
初回特典に付いて来たCDに収録されている曲は、ここで使われるんですね。

スタッフロール中の背景は、魔神学園在学中の頃のルチルとステラの様子みたいですが、これを見ていると普通に仲が良かった模様。
ただ単に利用する側とされていた側という関係では無かったような・・・。

画像

スタッフロール後もイベント。
ラズベリルに無理やり教室まで連れて来られ、授業を受けさせられるマオでしたが・・・。
そんな教室に転校生としてやってきたステラとルチルというオチで終了。
これで死立魔神学園編は終了。

画像

ここで仲間になったステラですが、なんとトラペゾヘドロンを装備した状態で仲間に加わりました。
シナリオ中にステラから盗んだ分も合わせて、3つのトラペゾヘドロンが手に入った事に。
これはかなりオイシイですね。

画像

シナリオクリア後も死立魔神学園編を最初からプレイ出来るので、繰り返せば楽にトラペゾヘドロンを集められそうです。
まぁ前編からのスタートになるので、別のシナリオ活用した方が良いと思いますけど。



死立魔神学園編の後編をクリアした事で、フーカとデスコを仲間にする為のステージが開放されました。
両名ともディスガイア4のキャラクターで、VITA版から追加されたキャラクターですね。
私はディスガイア4を結構気に入っていたので、この二人が使えるのは密かな楽しみでした。

と言う事で、「夢見る最凶姉妹」開始。
教師になるために邪悪学園にやってきたフーカとデスコ。
その目的は、フーカの言いなりになる悪魔を増やし、世界制服の手ごまにしようというもの。

画像

そうとは知らずにフーカとデスコの面接を行うマオでしたが・・・。
意外にも教師の資格ありと判断されたデスコ。
まぁ普段から皆殺しや世界制服と言っているようなキャラクターですし、悪魔的には良い人材なのでしょう。
しかしデスコだけ採用された事に腹を立て、実力で採用させて見せると憤るフーカ・・・という感じで戦闘に突入。

相手は2体ですが、両名ともLv400なので、こちらが十分に育っているなら問題無い相手。
ただフーカは2回倒す必要がありますね。
装備品も結構良い物を身に付けているので、出来れば全て盗んでから倒したい所。

画像

戦闘後、フーカが採用されないなら、自分も教師になりたくないと言い出すデスコ。
そしてアルマースやサファイアの後押しもあって、フーカも教師として採用される事になりました。
デスコが「フーカとデスコは一心同体、二人で一人」なんて言ったものだから、給料は一人分しか支払われなくなりましたが。

画像

という感じで、フーカとデスコが仲間になりました。
デスコが仲間になった後、マオの議題に「ラスボス(?)を改造したい」が追加され、これを可決させると、汎用魔物型ユニットの量産型デスコも作成可能に。



しかし今回仲間になったユニットは、皆かなり強いですね。
今までに仲間になったユニットが、霞むくらい・・・。
新キャラと言う事で、いろいろ優遇されているのでしょうか。

まずルチルですが、固有技が優秀ですね。
広範囲のものと威力Bのものを併せ持っています。
得意武器は拳・斧・銃ですが、ATKとSPDの装備適性が高いので、拳を装備させた方が伸びそうです。
単発の威力を求めて、斧を装備させるのも手ですが。
さらに自力でテラヒールとエスポアールを習得出来るので、前線での補助的な回復役としても活動出来ます。

画像

魔ビリティーは、他キャラを介して自分と繋がっているキャラの数×5%能力アップという「友達の輪」を標準装備。
これはルチルと列を作っているユニットの数で、能力アップするというものですね。
ルチル含めて3人で列を作っていると、能力10%アップと。
これ以外にも支援・回復・消費アイテムを受けたターンは能力50%アップする魔ビリティーを取得可能なので、お手軽に能力をブーストする事が可能。

隙の無いステータスに便利な固有技を所持。
回復と状態異常回復魔法も使え、お手軽に能力のブーストも出来ると、使い方次第ではかなり強くなりそうですね。

ステラは、魔拳ビッグバンと同様の攻撃範囲を持つ固有技を所持。
この固有技は炎属性で、ステラ自身が敵ユニットの炎属性値30%ダウンという魔ビリティーを覚えるので、相乗効果で威力がかなりアップします。
属性攻撃時、INTの30%を攻撃力に加算という魔ビリティーも習得するのですが、INTの装備適性は低めなので、前者の方が効果は高いかも。

画像

そして何より恐ろしいのが、固有魔ビリティーである生屠会長の威厳
これは隣接したユニット数x25%能力がアップし、隣接キャラの能力が-25%という効果。
ステラの四方に4体のユニットを配置するだけで、能力100%アップですからね・・・。
しかも隣接するユニットは敵でも構わないので、敵の能力を下げつつ、自身の能力をお手軽にブーストする事が出来ます。
味方ユニットは一時的に隣接して、ステラの攻撃が終わったら移動キャンセルすることも出来るので、使い勝手は良いかと。



フーカは4が初登場でしたが、今回も強力ですね。
新たに攻撃範囲の広い固有技と、一度倒されても復活し、ATK50%アップという魔ビリティーを取得しています。
得意武器に拳と銃も追加され、魔拳ビッグバンも自力で習得可能。

画像

さらにプリンなどのスイーツ系アイテムを食べると、能力50%アップという魔ビリティーも習得出来るので、能力のブーストもお手軽ですね。
ルチルやステラ、デスコ辺りに比べると多少見劣りしてしまいますが、それでも十分に強力なユニットだと思います。

デスコも4が初登場のキャラクターですが、相変わらず広範囲・長射程のヨグ=ソートスが強力ですね。
しかも移動タイプが飛行で、敵を素通りする事が出来ます。
固有魔ビリティーのオカゲで、通常攻撃を無効化できるというのも便利かも。

画像

後々習得出来る魔ビリティ−に関しては、同じ委員会に所属する女性キャラと隣接している場合、能力25%アップというものが強力ですね。
こちらも周囲を囲むだけでお手軽に能力ブースト出来ますから。
ステラとは違い特定の味方ユニットで囲む必要はありますが、デスコは射程長いので問題無いかと。

ちなみに今回は、テラスターまで自力で習得出来ます。
INTは高くないので、使うことは少ないと思いますが。

そして量産型デスコ。
こちらは汎用魔物型ユニットなので、何体でも作成する事が出来ます。
デスコの量産型と言う事ですが、固有技的にディスガイア4のデスゼットを元にしたユニットのようですね。
習得出来る汎用魔ビリティーは、ディスガイア4でのデスコとデスゼット+αというもの。
移動タイプも飛行型なのが嬉しい所。

画像

中でも便利なのは、取得マナ量が30%になるものの、攻撃力50%アップするというマナの枯渇と、誰とでも魔チェンジできる特別あつかいの2つ。
マナの取得量が下がるというデメリットはありますが、常時攻撃力50%の恩恵を得られるというのは大きいです。
特別あつかいは、同じ委員会に配置しなくても魔チェンジ出来るというのが便利ですね。
それぞれ他の魔物型ユニットにも継承させたい魔ビリティー。

画像

デスコと違ってヨグ=ソートスこそ使えないものの、魔チェンジ技はデスコと同じですし、他の固有技も使い勝手は悪くありません。
そして強力な魔ビリティーを自力で習得出来ると、攻撃役の魔物型ユニットはこれ1体でも十分な感じ・・・。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア3 Return その17 [死立魔神学園編・後編] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる