西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア3 Return その16 [死立魔神学園編・前編]

<<   作成日時 : 2012/02/08 21:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2月8日よりゲームシステムのバージョンアップが行われました。
内容は、「トロとクロが教師として赴任するようになる」、「トロの剣クロの斧が入手可能に」、「反省室が最初から開放」、「ズームと味方へのカーソル移動がボタン操作でも可能に」、「一部ゲームバランスの調整」、「スクリーンショットの撮影が可能になった」というもの。
パッチの当て方は、ネットワークに接続出来る状態で、ディスガイア3RのLiveAreaから更新とダウンロード(上にある黄色の矢印)をタッチするだけ。

画像

トロとクロはPS3版の無料DLCだったみたいですが、VITA版では入っていなかったみたいなので、少し気になっていましたが、今回のパッチで登場する事になってたんですね。
反省室は教室を最大まで拡張する必要があったので、序盤はキャラを作りすぎると困った事になっていましたが、今回のパッチで最初から開放される事になり、かなり遊びやすくなったようです。

画像

そして・・・・。
個人的にはスクリーンショットの撮影が可能になったことが嬉しいですね。
VITAにはデフォルトでSS撮影機能があるのですが、ゲーム中に使えるかどうかはソフトの問題となっていました。
ディスガイア3Rは当初対応していなかったので、今まではカメラの直撮り・・・・。
ちなみに撮影方法は、PSボタンとスタートボタンを同時押し。
先にPSボタンを長押ししながらだと、撮影しやすいかと。

ちなみにクロとトロは、後日談で時空の渡し人に話しかければ、仲間にする為のステージが出現しています。
戦闘は無く、イベントだけで終了しますね。
武器もこの時に手に入りました。

画像



練武4で行っていたレベル上げも終わり、人間型・魔物型ユニット共にLv1,200前後まで育てることが出来ました。
アデルとゴーレムが育ってからは、レベル上げるの楽でしたね。
魔チェンジ状態で攻撃力が大体15万ほど、魔拳ビッグバンを5段階まで強化しておくと、最高ランクの敵も一撃で倒せるようになりました。
何気に攻撃力上げるより、技を強化した方が影響大きかったですね。
もっと早くに気が付いておけば、もう少し攻撃力低い段階でも敵を一撃で葬り去れたかも・・・。

画像

何にせよ、アデルが敵を一撃で倒せる攻撃力を手に入れたら、魔ビリティーのてかげん(レベル低い敵のHPを1残す)を装備させ、敵のHPを削らせます。
後はラズベリルを魔チェンジした人間型ユニットに超不良ストリームを使わせ、HPの減った敵を一掃。
2体だけ範囲から漏れるので、それは応援師に再行動させて貰って倒すと良いですね。
この方法で稼げるようになってからは、5分くらいで1ユニットをLv1,000くらいまで育てられました。

画像

稼ぎの結果、全ユニットはLv1,200くらいまで育ちましたし、アデルとゴーレムはLv3,000ほど。
魔法使い男と女、魔法剣士はLv4,000〜4,900、ラズベリルはLv6,690まで育ちましたからね・・・。
マオもLv2,011まで上げたので、しばらくはレベル上げに励む必要も無いでしょう。

画像



と言う事で、追加シナリオ「死立魔神学園編」開始しました。
何でも邪悪学園に転校生がやってきたそうですが、その転校生というのがラズベリルも驚愕するほどの不良生徒だと言う事。
転校してくる前から学費とか給食費を支払っていたそうですからね。
そこで興味を引かれたマオ一行が、転校生を見に行くという感じで「超不良転校生」スタート。
ちなみにディスガイアでは善悪の価値観が逆転しているので、ここで言う不良とは、悪魔なのにすごくいい人と言う事・・・。

ステージ1「邪悪な洗礼
教室で噂の転校生ルチルと遭遇。
VITA版からの新キャラで、人間界で暮らしていたというネコマタみたいな悪魔ですね。
マオたちはルチルが本当に不良か訝しんでいたのですが、相手のことを知るなら一戦交えてみろというチャンプル先生の言葉により、戦闘に突入。

画像

ルチルが敵なのは当然なのですが、チャンプル先生も敵として配置されていますね。
それ以外にもザコが数体。
NPC扱いのアタック兄弟も配置されています。
ここはベースパネル付近でザコを誘き寄せながら戦うと良さそうですね。
まぁ圧倒的にレベルの高いラズベリルがいたので、彼女に一掃してもらいましたが。

画像

この戦いの後、ルチルの事を認めた一同(マオ以外)は、ルチルと和解。
そのままルチルとチャンプル先生が仲間に加わりました。



これ以上不良生徒が増えてはたまらないと、ルチルに嫌がらせをするマオ。
彼女を学園から追い出そうと画策しているようです。
手始めに3号生の校舎の清掃を命じていましたが、3号生にいじめられて学校から逃げ出す事を想定しているとか。
当然ながらその計画にマオ以外のメンバーは反発し、ルチルを助ける為に3号生の校舎へ向かい、マオは自分の計画を阻止されないよう付いていくという感じで、ステージ2「愚者の掃溜め」スタート。

3号生の校舎に来たルチルは、ビッグスター様とサルバトーレに遭遇。
何でも懲罰房に迷い込んでいたらしく、サルバトーレは勝手に立ち入った事を怒っている様子。
そんな現場にマオたちも到着したのですが・・・。
懲罰房の扉が閉められてしまい、閉じ込められていた生徒達と戦うことに。

画像

ここは狭い範囲に経験値+50%と敵強化+50%の効果が発生中。
ベースパネル付近にある青ブロックを破壊して連結を解除し、青ブロックを持ち上げ&投げで消滅させると、経験値+50%の恩恵だけ受けられます。
こちらが十分に育っているなら、敵強化の影響下にいる敵を強引に倒すことも出来ますね。
育っているユニットがいるなら、楽なステージかと。

画像

戦闘後はイベント。
懲罰房の扉は内側から開く事は不可能と言う事で、内部に閉じ込められたマオ達でしたが、ルチルがアッサリと扉を破壊。
おとなしく礼儀正しいという感じのルチルでしたが、意外にも怪力キャラ。
そして窮地を脱した事でルチルとの中を深める一行と、研究対象として興味を持ち始めたマオと言う事で、ルチルも次第に受け入れられている感じ。

画像



ステージ3「胎動する悪意
マオ達が懲罰房に閉じ込められている間に、何者かに学園の権利書が盗まれてしまったと言う事。
そこで権利書を取り戻しに向かうマオ達。
学園の外で権利書を盗んだ犬を発見し、戦闘に突入します。

ここはマップの広範囲に、移動力+4の効果が発生中。
まぁ待っていれば敵のほうから近付いてきてくれるので、各個撃破していけば楽なもの。
最後に中央の聖竜族3匹倒せばクリア。

画像

戦闘後、権利書を取り戻したマオでしたが、留守中に学園に闖入者が現れたと言う事。
戻ってみると、ペンキをひっくり返したような惨状になっていました・・・。

画像



ステージ4「甘美なる嘆息
学園に現れた闖入者というのは、死立魔神学園の生徒会長であるステラでした。
彼女もVITA版からのキャラクターですね。
文化祭でプリニーを唆していた黒幕も彼女でしょう。

画像

彼女の通っている魔神学園は、文字通り魔神を育成する為の学園と言う事らしいのですが、いまだ輩出した魔神が無く、実績皆無の状態。
入学する生徒もいないと言う事で、廃校の危機にあるようです。
そこで邪悪学園の評判を地に落とす事で、相対的に魔神学園の評判を上げようと目論んでいた模様・・・。

という感じで、ついに相対したステラとマオは、戦闘に突入。
しかしステラ本人は配置されておらず、敵はザコだけですね。
ベースパネルの周囲を敵に囲まれている状態ですが、魔法で一掃出来る配置だったので、サクっと倒しておきました。
味方ダメージ20%のパネルは厄介なので、破壊しておいた方が良いかもしれませんね。
敵の足元には、攻撃力+100%の効果も発生していますし。

戦闘後はイベント。
転校生として邪悪学園にやってきたルチルでしたが、実はステラが派遣したスパイだったと言う事が判明。
そしてまんまと権利書を奪われてしまったマオ達・・・という感じで、超不良転校生の前編は終了。
続きは後編になりますね。

画像

ルチルの去り際の様子から、本心から裏切ったわけでは無さそうだと感じたアルマース達は、真相を確かめる為に。
マオは権利書を取り戻す為に、魔神学園へ乗り込むという展開になるようです。

画像

ただ・・・。
PS3版のDLCキャラが何体か開放されたので、まずはそちらを仲間にしてきました。



今回開放されたのは、魔王プリエ、マージョリー、小暮宗一郎の3人。
ディスガイア4の時にも書きましたが、私はPS2版のラ・ピュセルにもハマっていたので、その主人公であるプリエ使えるのは嬉しいですね。
魔王化してますけど。

と言う事で、彼女を仲間にすべく、「伝説の生屠あらわる」開始。
伝説的な存在となったプリエと遭遇したマオ達ですが、そんな彼女を入学させれば学園の名に箔が付くと言う事で、無理やりでも入学させるために戦闘へ突入。

まぁ敵は1体だけでそこまでレベルも高くないので、戦闘はサクっとクリア。
戦闘で魔王プリエを打ち破った後、なし崩し的に生徒に迎える・・・という感じで、魔王プリエが仲間になりました。

画像



次は「十四年目の完熟凶師」をスタート。
マージョリーを仲間に出来るステージです。
彼女は「マール王国の人形姫」の登場人物らしいのですが、私はプレイした事無いのでよくわからず。

教師になる為にやってきた彼女は、その魔法の腕前を見せるという感じで戦闘に突入します。
冒頭の会話のノリツッコミが、意外と面白かった・・・。

画像

まぁ戦闘自体はサクっと終了。
何気に全属性99%という能力の持ち主で、ラズベリルのテラファイアにも耐えられてしまいましたが、アデルの無属性攻撃技で楽勝。
戦闘後、まだまだ本気を出していなかったという事が判明したマージョリー。
そこで条件付きで彼女を教師に迎えるという感じで、マージョリーが仲間になります。
教師として・・・と言う事ですが、普通のユニットとして使用可能。

画像



最後に「警視庁からの特別講師」を開始。
小暮宗一郎が仲間になるステージですね。
彼は日本一ソフトウェアが出している「流行り神」シリーズの登場人物だとか。
例の如くプレイした事無いので、よくは知りません。

このステージですが、元の流行り神はアドベンチャーゲームらしく、冒頭のイベントもそれっぽい作りになっていますね。
恐らくは元となったゲームを再現しているのだと思います。

画像

内容的には、何故か邪悪学園の講師として赴任した小暮でしたが、悪魔の存在を信じられない様子。
そこで力ずくで悪魔の存在を教えてやるという流れで戦闘に。
小暮は高所に配置されているので、ジャンプ力の高いユニットを送り込んで、低い所に投げてから攻撃すると楽ですね。
戦闘後、悪魔の存在を信じざるを得なくなり、そのまま無理やり講師として仲間に加えられました。

画像



という感じで死立魔神学園編の前編も終わり、PS3版のDLCキャラ3名も仲間に加わりました。
後は後編をクリアして、ルチルとステラを仲間に加えたいですね。
それから後日談のシナリオを進めて、最後にラズベリル編をプレイする予定。

密かにアイテム界巡りとかも始めていますが、まだまだ楽しめる要素は多いです。
というか、まだまだスタート地点で、これから本格的なやり込みに突入するという所。
人によって合う合わないはあると思いますが、相変わらずかなり長時間遊べるゲームですね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア3 Return その16 [死立魔神学園編・前編] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる