西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS サムライ&ドラゴンズ

<<   作成日時 : 2012/05/01 01:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は・・・というか、もう結構前からなのですが、密かにVITAの「サムライ&ドラゴンズ」に熱中しています。
このゲームは5月24日にパッケージ版が3,990円で発売となりますが、これは色々な特典が付いてくるというだけで、DL版のゲーム本体とプレイ料金は無料。
内容的には、基本料無料のブラウザゲームに近いですね。
基本的に無料で全て楽しむ事が出来ますが、ゲームのプレイを快適にする要素などが有料となっています。

画像

内容をもう少し詳しく説明すると、ブラウザゲームでよくある庭作りゲームに、アクションゲーム要素とカードゲーム要素を取り入れたという感じ。
プレイヤーは本拠地をひとつ所持した状態でスタートし、ここに畑や採石場などの施設を作り、資源を採取できる状態にします。
資源はリアルの時間に応じて貯まっていきますね。
有料のチケットを購入する事で、産出量を増やす事も可能。

画像

資源は新たな施設を作ったり、すでに作成済みの施設をレベルアップする際に必要。
後述する兵士を雇用する時にも消費しますね。

施設はレベルアップさせると、性能がアップ。
畑などの生産系施設をレベルアップすると、時間当たりの産出量が増える為、最初は生産系の施設を優先的に強化していくと楽になりますね。
大体のゲームの流れは、資源が貯まったら施設のレベルアップを繰り返すというものになると思います。

画像

施設には生産系以外にも種類があり、それらも重要となってきますね。
建造できる場所には限りがある為、全体的なバランスを考えた上で施設を作っていく必要性があります。

またこのゲームには陣取りの要素があり、他の土地を占領すると、若干ですが生産量がアップします。
さらに占領した土地に砦を作ると、本拠地同様に施設を作る事が可能に。

画像

砦は特定の条件を満たさなければ作成出来ない為、建てる場所にも配慮する必要がありますね。
優秀な土地や重要拠点となりそうな土地を手に入れたら、そこに砦を建てると良いかと。
各地にある塔を占拠すると色々と恩恵を受けられる為、最終的には塔の占拠と維持が目的になりそう・・・。

画像



土地を占領するには、モンスター部隊を結成する必要があります。
まずは自分の土地に、発令塔の施設を建造。
するとユニット編成が可能となるので、ここで手に入れた魔物カードを配置し、自分だけのモンスター部隊を作るという流れ。

画像

魔物カードにはコストが設定されていて、このコストが合計で4.5以下になるようにする必要があります。
強いカードばかり配置する事は出来ないと言う事ですね。
まぁ最大コストを増やす施設や有料アイテムがあるので、それを使えば強いカードを複数配置する事が出来ますが。

魔物カードを配置したら、魔物のHPを兼ねる兵士を雇用します。
兵士の雇用にも資源が必要となり、強力なユニットほど消費する資源の量が増える模様。
魔物にはレベルアップの概念があり、任意のステータスを伸ばしていく事が出来るので、初期の性能を選ぶか運用のしやすさを選ぶか頭を悩まされる部分。

画像

また魔物はそれぞれスキルをひとつ所持しているので、スキルの効果を考えた組み合わせも重要ですね。
同じ種族同士で編成するとステータスにボーナスも付く為、どのような構成にするか考える事が楽しかったりします。

魔物はレベルアップ以外にも、合成で強化を計る事も出来ますね。
スキルのレベルアップが出来るスキル強化
サブスキルを2つまで取得できるスキル習得
覚えたサブスキルをひとつ削除する事ができるスキル削除が実行可能。

スキル強化では、同じカードを生け贄に捧げる事で、ベースカードの持つスキルをレベルアップ出来ます。
レベルを上げるとスキルの効果や発動率がアップ。
サブスキルも同じ方法で強化できるので、同じカードを手に入れたらスキル強化したいですね。

画像

ただ注意点としては、合成に使うカードは、レアリティも同じでなければならないと言う事。
例えばダイアーウルフを合成したい場合、コモンのダイアーウルフとアンコモンのダイアーウルフでは合成出来ないと言う事ですね。
コモンのダイアーウルフ同士か、アンコモンのダイアーウルフ同士を掛け合わせる必要があります。

この事もモンスター部隊編成に重要となる部分で・・・。
スーパーレアのカードは非常に優秀なのですが、同じカードを入手出来る可能性が低いので、スキルの強化が難しいという現実があります。
その為、コモンやアンコモンではあるものの、入手の難易度が低いカードを主力にするという手も。
スキルの効果は、非常に重要となってきますし。

スキル習得では、異なるカードを生け贄にする事で、ベースのカードにスキルを2つまで付与する事が出来ます。
スキル強化とは違い、同じカードは使えません。
覚える事が出来るスキルは、生け贄のカードによって変化。
スキルの習得率なども変わってくるので、覚えたいスキルの習得率が高いカードを生け贄に捧げたいですね。

画像

スキル削除は、他のカードを生け贄にする事で、覚えたサブスキルを任意でひとつ削除出来ます。
意図したスキルが習得できなかった場合、この方法でスキルを削除し、新たに覚えなおす事が出来ますね。
地味ながら重要な要素。

画像

ちなみにスキルの強化・習得・削除には失敗する可能性もあり、リアルマネーで購入するポイントを使えば、成功率を高める事が出来ます。

これらの要素でモンスター部隊を編成・強化し、新たな土地を手に入れる事になります。
砦を建てた土地に発令塔を建設すれば、そこに魔物を配置する事も出来ますね。
遠い土地に攻め込むに際には、砦を活用すると便利かと。

領地は他のプレイヤーとの奪い合いとなり、相手のモンスター部隊と直接対決する事もあるので、優秀なモンスター部隊の編成は欠かせない要素。
素の性能より兵士数が重要となる傾向があるので、そちらにも気を配りたいですけどね。
スーパーレアのカードだと、少ない兵士数でも勝てたりしますが。



そしてアクションパート。
ここではプレイヤーが操作するキャラクターを選択し、ダンジョンに潜って敵と戦う事になります。
4人までの協力プレイも可能。
ソロだとかなり厳しいので、協力プレイが基本に。

画像

初期に選べる職業は、剣士魔法使い僧侶忍者の5種類。
それぞれに2種類の上級職も用意されているので、合計で15種類の職業がある事になりますね。

画像

簡単に説明すると、剣士はパーティの盾役、魔法使いは遠距離攻撃型、僧侶は仲間のHPや状態異常回復、は物理的なアタッカー、忍者はスピードに優れたクラスという感じ。

各職業はLv20で上級職に就く為のダンジョンが解放され、それをクリアすると対応した上級職への転職が可能に。
上級職はそれぞれ特徴が違いますが、いつでも転職しなおす事が出来るので、好きな方を選んで問題ないかと。
下級職間での転職も可能となるので、違う職業を育てるのも手。

画像

私はオンラインゲームではサポート系の職業を好む傾向があるので、魔法使いでプレイしています。
上級職でフロストマスターになりましたけどね。
フロストマスターは耐性の無い敵を氷付けにして、一定時間動きを封じ込めることが出来るという特徴。

画像

ダンジョン内は固定視点のマップで、現れる敵を全滅させると次の階層へ進む事が出来ます。
そうやって最深部にいるボスを倒すとクリア。

画像

ボスフロアに辿り着くと1回、ボスを倒すとさらに1回カードパックを引けます。
このカードパックには、魔物カードやアクションパートで使える装備品が入っているので、ダンジョンをクリアして戦力増強を計る事になります。
カードパックの中身は、潜ったダンジョンによって変化。

画像

ただダンジョンに潜れる回数には限りがあり、最大で10回までしか潜る事が出来ません。
回数は1日に4回ほど回復するほか、有料のアイテムを使うことでも対処出来ますね。
施設を強化したり、土地を奪った際にも回復するとか・・・。



そんな感じで、土地の開拓や占領、ダンジョン探索を繰り返すゲーム。
有料のポイント使わないと色々と時間かかりますが、逆にプレイ時間が限定されるので、遊びやすかったです。

施設のレベルアップも、後々完了まで1〜2時間かかったりしますからね。
家に帰って来たらまず施設を強化して、余裕があったら魔物を派遣。
潜れるだけダンジョンに潜って、カードパックを引いたらその日は終わり、他のゲームで遊ぶという感じに。
時間にして大体1時間くらいですからね。
他のゲームと平行して進められるという所が好印象でした。

有料のコンテンツも、あれば快適に遊ぶ事が出来ますが、無くても特に問題ないですからね。
課金した方が有利なのは当然ですが、ぬる〜くプレイするなら、特に必要無いでしょう。

ただダンジョン内で死亡した際、コンテニューする為のアイテムが有料なので、これはいくつか所持しておいた方が便利。
5月2日までにプレイを開始すると、有料のポイントが500貰えるので、それを全てコンテニュー用のアイテムに替えると良いかも。
単品で25円、10個セットを200円で購入出来るので、全部で24個は手に入りますね。
私は他の事にポイント使ってしまったので、その内500円か1,000円だけ課金するかも・・・。

画像

ちなみに・・・。
このゲームはシーズン制で、3ヶ月周期でプレイヤーのレベルや占領した土地、建設した施設などがリセットされ、最初からスタートする事になります。
その為、先行プレイヤーに土地を全て占領され、自分の土地が持てないという事は少なくなるかと。

シーズン替わっても、入手した魔物カードや装備品、強化したスキルなどは引き継がれるので、先行有利な事は変わらないんですけどね。
後発プレイヤーでもある程度対等にプレイ出来る為、この仕様は悪くないと思います。
マンネリ化を防ぐことにも繋がりますし。

そんな感じで、1日1時間程度のプレイですが、結構堪能しています。
VITAを持っている人なら無料で開始する事が出来るので、興味がある人は手を出してみても良いのでは。


・サムライ&ドラゴンズ 公式HP
http://samurai-and-dragons.sega.jp/index.html

・サムライ&ドラゴンズ 運営サイト
http://livearea.samuraianddragons.com/




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サムライ&ドラゴンズ 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる