西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS サムライ&ドラゴンズ その5

<<   作成日時 : 2012/05/23 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

塔の攻略は終えたので、今はレベルの高い領地を攻めています。
領地はレベルが高くなるほど攻略が難しくなるのですが、どの程度の戦力で攻めると良いか、基準がわかりません。
試しに出撃させたとしても、全滅してしまうと兵士を集めなおさなければならず、結構な時間をロスしてしまう事にも・・・。
と言う事で、今回はNPC領地関係の話。
まぁ私はLv6の領地までしか獲得していないので、そこまでの話となりますが。

まず基礎的な知識ですが、攻め込む領地が遠ければ遠いほど、防衛に付いている兵士の数が増えてしまいます。
Lv1の領地は大体50体くらいの兵士が配置されているのですが、拠点からの距離が離れすぎると、兵士数も300とかに膨れ上がってしまいますね。
相手の方がレベル低くても、兵士の数が増えると強敵となるので、攻め込む領地までの距離には注意しておきたいです。

魔物を派遣する時に領地までの距離も表示されますが、大体5〜6くらいが限界でしょう。
それ以上になると、敵の戦力が膨れ上がるので、攻略が難しくなります。
土地のレベルが上がるほど、この影響は顕著になりますね。
距離2〜3だと余裕で勝利出来るのに、距離8〜9とかになると負け数も増えてきますから。

画像

この問題を解決するには、砦を活用する必要があります。
本拠地から少し離れた地点に砦を作り、そこを拠点により離れた領地を攻めるという感じですね。
その為にも砦の発令塔や研究所、兵舎を強化しておき、主力となり得る魔獣を配置しておきたい所。

兵士数が増えると、維持費として兵糧が消費されるので、畑の数も増やしたいですね。
畑は他の生産施設とは違い、どの地形でも作成可能です。
そこで砦のひとつを畑専門にして、兵糧不足を補うと良いかもしれません。

ちなみに砦ですが、統治力が一定数になると建設可能になります。
最初の砦は、統治力が17個になった時に建設可能。
以後は統治力が35、54、75、100・・・になると、新しい砦を作れます。
地図から自分の領地を選択し、「砦を作る」を選んでみると、次に砦を作れる時期がわかるかと。

画像

ちなみに統治力は、リアルの時間経過で増えていきます。
1日に1個か2個という割合。
施設の教会を建設すると、増えるスピードが強化されるのでオススメ。



Lv1の領地ですが、LV1の敵が1体、兵士数50ほど配置されています。
相手は非常に弱いので、こちらは兵士数100程度あれば余裕。
魔獣は初期兵士数が100なので、手に入れたカードを配置して出撃させるだけでも、余裕で勝利できるかと。
距離による兵士数増加の影響も少ないので、兵士数100の魔獣2体配置した部隊なら、距離10とかの領地も占領できると思います。

Lv2の領地には、兵士数200体ほどの魔獣が1体配置されています。
こちらは兵士数200の魔獣を2体配置しておけば、勝利するのは簡単。
確実に行くなら300x2の編成をオススメしますが。
このレベル帯も距離の影響はそれほど大きく無いので、離れた地点も楽に制圧出来るかと。

Lv3の領地では、兵士数250体前後の魔獣が2体配置されています。
これに安定して勝利するには、兵士数500x2の編成で挑みたい所。
能力の高いユニットなら300体くらいでも問題無かったりしますが、レベルの低い魔獣なら、やはり500体は欲しいですね。
たまにヘルハウンドなどの素早さの高い魔獣が配置されていて、こいつらに先制されてダメージを受け、そのまま敗北するというケースもありますから。

Lv4の領地では、兵士数500ほどの敵が2体配置されています。
魔獣のレベルも高くなってきているので、この辺りから難易度上がってきますね。
安定して勝利する為には、兵士数1,000x2の編成がオススメ。
距離の影響も大きくなってくるので、7〜10離れた土地は厳しいです。
どうしても攻め込む場合は、1,500〜2,000くらいの兵数を用意しておいた方が良いかも。

ちなみに、Lv4の領地を攻め落とせる戦力があれば、Lv1の塔も1部隊で敵部隊を全滅させられるそうです。
占領の為の部隊も別途派遣する必要がありますが、近くにLv1の塔がある人は、これを目安に狙ってみては如何でしょうか。

Lv5の領地は、兵士数900前後の敵が3体配置されています。
魔獣のレベルが高い上に、スキルも多用してくる上、3体の敵が配置されているのが厄介。
こちらも3体編成出来るようになってから、兵士数1,500〜2,000くらいで挑みたいですね。
距離の影響も馬鹿に出来なくなるので、遠い土地に攻め込む場合は、もう少し兵士を補充しておきたい所。

Lv6の領地は、兵士数3,000前後の敵が3体配置されています。
魔獣のレベルはさらに高くなり、多種のスキルを使用してくるように。
こちらもレベルの上がった魔獣に、兵士数3,000x3ほどで挑戦したい所。
ただ損害も激しく、倒されてしまう魔獣が出る場合もあるので、確実に行くなら兵士数3,500〜4,000体くらいは欲しいですね。

Lv6の領地を占領出来る戦力があれば、Lv2の塔も恐らく制圧出来ます。
1部隊で攻めるには少々厳しいので、予備にもう1部隊ほど、同戦力の部隊を用意しておきたい所ですが。

↓はLv6の土地(距離5)に攻め込んだときのログ
ログ1
ログ2
ログ3
ログ4
ログ5
ログ6
ログ7

勝利する事は出来ませんでしたが、Lv7の土地に攻め込んだ事もあります。
Lv7の土地では、兵士数3,000x3の部隊が2つ配置されていますね。
2連戦となり、それに勝利する必要があります。

私は3,000x3の編成で挑んだのですが、2戦目で全滅。
1戦目では1,000〜1,500ほどの損失が出たので、兵士数4,500x3〜5,000x3くらいあれば勝てるかもしれません。
先制さえ取れれば、3,000x3でも勝てそうな雰囲気でしたが・・・。

ちなみにこれらの兵士数は、下位研究所の魔物を使用している場合。
基本的に上位研究所の魔獣の方がステータス高いですし、レベルアップ時の伸びも良いので、そちらをメインにしていると、もう少し少ない兵数で勝利出来ると思います。
SRのベリアルとか、兵士数600くらいでも、Lv4の領地で勝利してくれたりするので。
他のユニットでも、育っていれば同等の兵数で勝てるかと。

画像
画像
上位カテゴリの魔獣

また敵に先制を取られると被害が大きくなるので、素早さを重視して育成しておくと被害を抑える事に繋がり、より少ない戦力で勝利出来たりしますね。
移動にかかる時間も素早さが影響するみたいですし、素早さを30〜40くらいまで上げてから、他のステータスを伸ばすと良いかもしれません。
私の場合は、素早さに2〜3振り分けて、残りを攻撃力や知力に回すという風にステータスを割り振っています。



以前話していた中華連邦関係の出来事ですが、この度進展がありました。
この問題を軽く説明しておくと、サムドラ内にある中国人の作った同盟が、手当たり次第に他のプレイヤーの領地を襲い、周囲を荒らしまわっているという事件が発生していました。
ゲームを始めたばかりで戦力の整っていない人、防衛力が不十分な人が犠牲に合い、無理やり中華同盟の下位組織に編入。
元居た同盟から無理やり切り離され、中華同盟から脱退する事も、他の同盟に所属するという事も出来なくなると、ゲームのプレイに支障をきたす事態に・・・・。

私の所属する同盟でも数名が犠牲となり、犠牲者の本拠地を攻め落とす事で私たちの同盟に取り戻そうとするも、中華同盟の反撃に合い、逆に救出部隊の領地が攻められてしまいました。
相手は複数のプレイヤーが共謀して攻め込んでいた為、このままでは個別に切り離されてしまうと、当時のリーダーの判断で同盟ごと中華同盟の傘下に収まり、とりあえず事態は収束。
ここまでが以前話した出来事でした。

ただ・・・。
これによりやる気を失ったプレイヤーが多く、引退・放置状態の人が増えてしまったんですよね。
以前は活発だった掲示板の書き込みも減り、今では2〜3日に書き込みが1件あるかどうか。
アクティブなプレイヤーは10人いないのではないかと、非常に寂しい状態。
中華同盟の傘下に収まる事を決定した当時のリーダーも、盟主の座を他のプレイヤーに移し、同盟から脱退していってしまいましたしね・・・。
以前に比べると、別の同盟のようになっていました。

そんな時、私の元に一通のメールが到着。
内容は、「中華同盟から脱退し、差出人の同盟の傘下に入らないか?」というものでした。
そして私たちにその気があれば、現リーダーの本拠地を攻め落とす用意があると言う事。
また彼らの最終目的は、中華同盟の戦力をダウンさせる事なので、彼らの傘下となった後は、離脱しても構わないというものでした。

サムドラでは、同盟員の所有している領地の隣の土地も占領出来ます。
その為、中華同盟の下に多くの同盟が参加していると、それだけ広範囲のユーザーが襲われる危険があると言う事。
それを防ぐ為に、中華同盟傘下の同盟を、開放しているみたいです。

何故私の元にメールが届いたかと言うと、現在のリーダー・・・旧リーダーから盟主の座を押し付けられた人なのですが、彼もやる気を失ってゲームから離れてしまっていたのですよね。
最初はそちらに同盟開放の打診をしていたようなのですが、返答が無いという事で、同盟内の上位のプレイヤーにメールを送ったという話でした。

元々は同盟員を守る為に中華同盟の傘下となったわけですが、実はコレ、旧リーダーの独断。
対処法としては悪く無かったと思うのですが、不満を感じていた人も少なくありませんでした。
しかも自分だけ同盟から脱退したので、印象は悪かったですね・・・。
そんな時に今回の話が舞い降り、掲示板で他のメンバーの意見も伺った所、賛成の声が多かった為、この度中華同盟から解放して貰ったという次第。

そして今回開放してくれた同盟からは、近くに中華同盟傘下の同盟がある場合、同じように開放する手伝いをして欲しいという事をお願いされました。
私たちの同盟と同じように、開放された同盟もいくつかあると言う話。

また周辺を荒らしている中華同盟のプレイヤーがいる場合、こちらから戦闘を仕掛け、周りに手出し出来ない状態にしたいので、近くにいる場合は手を貸して欲しいと言う事も頼まれました。
中華同盟の横暴に業を煮やした日本人の同盟が、協力して対抗策を取っているという状態らしいです。
以前、私の所属する同盟員を襲っていた中華同盟のメンバーは、すでに彼らの手により討伐済みでしたし。

という感じで、ようやく中華同盟の元から離れ、自由になれたという所です。
まぁ形的には上の同盟が日本人の同盟に変わっただけなのですが、言葉が通じるという所と、メンタリティーが近いという事は、やはり違いますね。
それだけで結構な開放感があります。

日本人の作った同盟だと、他の同盟への戦争を禁じている所も少なくないですし、今回のようにメールで相手の反応を伺う事も、広く行われているみたいですからね。
戦争は戦争で盛り上がると思いますが、それを望まないプレイヤーも多いので、楽しくプレイする為にも、ある程度気を使って行きたいものです。
中華同盟はまだまだ規模が大きいですが、無秩序なプレイで自分の首を絞めている事になっていますし。


・サムライ&ドラゴンズ 公式HP
http://samurai-and-dragons.sega.jp/index.html

・サムライ&ドラゴンズ 運営サイト
http://livearea.samuraianddragons.com/



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サムライ&ドラゴンズ その5 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる