西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ4 ザ・ゴールデン その30 [11月28日〜12月5日]

<<   作成日時 : 2012/07/25 00:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ2学期の期末テストが開始。
ただ今後の事を考えて、テスト前かテスト後のセーブデータは、別に取っておいた方が良いと思います。
重大な選択が間近に迫っているので。
ちなみに今回はネタバレ多いので、気にする方はご注意を。

11月28日
この日から期末テスト開始。
解答は下記。

画像

1日目
・イタリア料理
・図形


2日目
・ピラミッド
・アトラス


3日目
・ブライダル
・カッコウ


4日目
・どこの国のものでもない
・フィボナッチ数列


5日目
・奇想天外
・カマボコ


12月3日
朝にはイベントがあります。
11月の終わりから街は霧に覆われ、一向に晴れる気配がありません。
この日も相変わらず霧に閉ざされた天気だったのですが・・・。
クマから貰ったメガネをかけると、霧が晴れて見えました。

このメガネは元々テレビの世界の霧を見通せると言うもので、そのメガネが機能するという事から、街を覆っている霧はテレビ世界のものと同種ではないかという事が判明。
この事から、テレビ世界の霧がどこかから漏れ出しているのでは無いかと、不安を募らせる一同。

画像

放課後は久々にジュネスのフードコートへ集まり、皆で話し合いが行われました。
生田目が捕まり、これから取り調べも行われるという事で、事件が終わった事を実感するメンバーたち。
そんな時、新しいコタツを買うという約束を思い出した主人公は、みんなと一緒にコタツを選びにジュネスの家電売り場へ。
そのまま菜々子へのクリスマスプレゼントで盛り上がる一同でしたが・・・・・。

主人公の携帯に足立から電話が来て、菜々子の容態が急変したという事。
急いで病院に駆けつけますが、面会謝絶の為、廊下で様子を見守る事に。
そんな場所に足立が現れ、生田目の立件は難しいという事を聞かされます。

そもそも生田目は第一の殺人事件の際にはアリバイがあり、それ故に容疑者から外されていました。
テレビの中へ入れられ、時間差で殺されたという話も、法廷で取り合って貰えるはずが無く、有罪に持ち込むのは難しいだろうという話。

そんな時、菜々子の容態が急変。
皆の願いも空しく、息を引き取りました・・・。

画像

堂島は放心したように立ち去っていきましたが、向かった先は自分の病室とは別方向。
そして歩く情報漏えいの足立により、この病院内に生田目も入院していて、堂島はその病室に向かったのでは無いかと告げられます。

生田目の病室に駆けつける捜査隊メンバーですが、堂島は警備の人間に連れられて、病室に戻された所でした。
警備の人間もいなくなり、進入が容易な状態だった為、みんなは生田目の病室内へ。
病室の中ではマヨナカテレビが映り、生田目のシャドウが「救済は失敗した」、「法律は自分を裁けないと語り」、今後も救済を続けるという事を宣言。

画像

そして主人公たちは、菜々子を殺された恨みを晴らす為、生田目の犯行を永久的に阻止する為、生田目をテレビの中へ突き落としました。
クマの助けが無ければ現実世界に戻ってくる事は出来ない為、今までの犠牲者同様、シャドウの手にかかって・・・・。

そして時は流れ、3月21日。
あの一件後に生田目の死体が発見され、警察は逃亡した生田目が自殺を図ったと発表。
連続殺人事件の犯人として断定したという事がニュースで語られます。

一年の滞在期間も終わったので、主人公は仲間たちに見送られながら、稲羽市を後にし、元々住んでいた街へと戻っていきました。
そしてスタッフロールに突入。

画像

という感じで、1周目が終了しました。
ペルソナシリーズらしく、非常に重いストーリー展開でしたね・・・。
と言うのも白々しいですが、実はこれバッドエンドだったりします。
生田目の病室で現れる選択肢で適切なものを選ぶと、ゲームはまだまだ続く事に。

ちなみにバッドエンドでもクリアデータを保存可能で、データを引き継いで2周目を始められます。
どうせなら普通にクリアして、そのデータを使った方が良いと思いますが、手っ取り早く2周目を始めたい場合はバッドエンドを見るのも手かも。
エンディングのムービーも番組表に登録されるので、一度は見ておいた方が良いと思います。

画像



というわけで、テスト終了後のセーブデータからやり直し。
生田目の部屋では、「ちょっと待て」、「まだ分からない事がある」、「生田目の本心」、「何かが引っかかる」、「自分達は何かを誤解している」、「落ち着け!」と言う風に選んでいくと、事件が進展します。

そして自称特別捜査隊コミュがMAXのランク10にアップ。
ロキの合体が開放されます。

画像

さらに真実を追う仲間たちコミュが発生。
対応するアルカナは審判。
これが最後のコミュですね。
何気にこの流れは好きだったり・・・。

医者や足立に見つかったので、一同は病室の外で今までの事件について推理。
直斗の話では、最初の犠牲者である山野アナ殺害に対して、生田目には納得の行く動機が無いという事。
山野アナの死に対するショックの受け方から、怨恨という線も希薄だという事が語られます。

画像

そこへ看護士が現れ、菜々子の病室に皆を連れて行きます。
病室では医者から菜々子が息を吹き返したという事を告げられ、突如舞い降りた奇跡に歓喜する一同。
すでに夜も遅いため、解散して翌日皆で話し合う事になりました。

その後、病室前にいる主人公の元に足立が現れ、足立コミュがランク8にアップ。
ランク7以降はイベントでアップしていくみたいですね。
最初は他のコミュ同様、日中に会話してランクアップさせていく形なので、ランク6まで上げきっていないと、MAXまで上げられないかもしれません。

画像

12月4日
クマが行方不明になり、皆で探す事になりますが、結局見つからず。
ここでの選択肢も意味があったか忘れましたが、「状況を整理してみよう」を選ぶと事件について振り返ることになります。
その後は「誤解しているかも」。

今回の考察では、生田目の言っていた救済に焦点が当たります。
ダンジョン内で生田目と遭遇した時、雪子達を見た生田目は「僕が救ったやつらだ」というセリフを残していました。
もし救済=死であるなら、生きている雪子たちを見てそういうセリフは言えないだろうという事。

生田目が本当に救済を目的として、人をテレビに入れていたのでは無いかという説が持ち上がりますが、それを証明する手立てが無いという状態。
ですが・・・。
ここで選択肢が出現し、「脅迫状の内容」を選ぶと、矛盾点に気が付く事になります。

主人公の元に送られた脅迫状には、「これ以上助けるな」、「大事な人が殺されるよ」と書かれていました。
生田目が犯人なら当然脅迫状も生田目が出したもので、しかし救済を掲げる犯人としては話がおかしくなってしまいます。

画像

その後の選択肢で「生田目は書いてない」を選ぶと、脅迫状を送ったのは別人だという可能性に到達。
真実を見極めるためにも、生田目と会って話をするという事に。
ここで真実を追う仲間たちコミュが、ランク2にアップします。

生田目の病室に入り込む事が出来た捜査隊メンバーは、早速事件についての話を聞きだすことに。
ここでも選択肢が現れますが、最終的には全部選べますね。
最初に誰をテレビに入れた?」という質問では、雪子という回答。
〜を殺したか?」という質問では、”違う”と言う返答。
”救う”とは殺す事か?」という質問では、否定の返答がありました。

結局の所、生田目はマヨナカテレビに映った人が殺されると思い、その人たちを救うためにテレビの中に入れていたという事が判明。
その為、最初の事件とは無関係だという事。

画像

ここでまた選択肢が現れますが、やはり全てを選ぶ事が出来ます。
〜を殺したのは誰?」という質問には、分からない。
脅迫状を出したか?」という質問には、心当たりが無い。
なぜ、自分もテレビに入った?」という質問には、危険な場所とは知らなかったという返答。

その後で生田目が事件について語りだします。
簡単に説明すると、最初の犠牲者である山野真由美の死ぬ所を、マヨナカテレビで見てしまった生田目。
同時に偶然ではありますが、テレビの中に入れる力に気が付きます。
マヨナカテレビはこれから殺されようとしている人からのSOSだと思った生田目は、第二の犠牲者である小西早紀に警告しますが、聞き入れてはもらえず、その後小西は死体で発見。

そしてマヨナカテレビに雪子が映った際、手段は選んでいられないと、現実世界の人間に手出しが出来ないテレビの中へ入れる事を思いつき、実行に移したという事。
それ以来犠牲者は現れず、自分の救済が成功しているのだと思った生田目は、誘拐を繰り返していたという事が語られました。

画像

結局生田目は、雪子以降の誘拐事件の犯人ではあるものの、発端である山野・小西殺害には関与していなかったという事がわかります。
その事から、最初の事件の犯人は別にいる事が判明。
また真実に一歩近付き、真実を追う仲間たちコミュはランク3にアップしました。

12月5日
この日は街で情報を集める事に。
NPCに話しかけて「春の事件について」の情報を集めていると、今度は「不審な人物について」聞いて回れる事になります。
街に配置されているNPC全員から情報を聞きだすと、イベント進行。

仲間たちが集めた情報も目新しいものは無く、手がかりは無し。
その後で実際に犯人を推理する事になります。

画像

犯人は・・・・。
・山野真由美と小西早紀との間に何らかの接点がある
・主人公たちの行動をある程度把握出来る
・怪しまれずに堂島家に近付く事が出来る

という条件を満たせる人物。
主人公の仲間以外でこれらの条件に当てはまる人物はひとりなので、ここで迷う事は無いかと思います。

まぁ言ってしまえば、犯人は足立透。
脅迫状が届いた時の流れで、足立が怪しいという事には気付きますしね。
加えてP4Gでは足立コミュが追加され、対応するアルカナが道化師と、これ以上無い怪しさ。

ここで犯人を数回間違えると、バッドエンドに突入。
時間は3月まで一気に進み、主人公が都会に戻る日に。
菜々子は健在ですが、退院は出来ておらず、事件の真相も闇の中・・・。

足立を選んだ場合にも、新しい選択肢が出現するようになっていますね。
恐らく足立コミュをランク8まで上げている事が条件。
その場合「足立をかばう」という選択肢が現れ、これを選ぶと違う展開のバッドエンドに突入します。
これはP4Gから追加されたもの。

画像

こちらの展開を選んだ場合も、3月まで一気に時間が進みます。
しかし「足立に会いに行く」という選択肢が出現。
その後、「あなたがやったのか?」、「違う」、「違う」、「自分は味方だ」、「分かってる」、「脅迫状に火をつける」を選ぶと、足立と共犯関係に。

画像

その際、足立コミュ(道化師)がMAXとなり、足立の携帯番号を入手。
マガツイザナギの合体も解禁されました。

その後は上記バッドエンドと同じ流れになり、スタッフロール。
最後は新規のムービーが流れて終了。
このムービーも番組表に登録されるので、一度は見ておきたいもの。

画像



という事で、バッドエンドを見るだけ見て、本筋に復帰。
仲間に足立の名を告げると、イベント進行します。

雪子の話では、足立は山野アナの身辺警護を担当していたという事。
直斗が言うには、小西早紀にも足立が何度も聴取していたという事が語られます。
事件を振り返って見れば見るほど、足立が犯人だという可能性が高くなってきました。
そこで足立に真相を確かめるため、一同は病院に向かう・・・・という所で、真実を追う仲間たちコミュがランク4にアップ。

画像

病院では足立と堂島に遭遇。
そこで足立を問い詰める事になります。
選択肢が出ますが、結局全部選ぶ事になるパターン。

問い詰められて焦ったのか、足立は「生田目が全部入れた」と口を滑らせました。
犯行の手口に関しては、警察は感知していない部分。
にもかかわらず、”入れた”なんて発言が出た事に、捜査隊メンバーだけでなく、堂島からも怪しまれる足立。

画像

そして生田目の日記を見た時の足立の発言を、直斗が思い出しました。
その発言と言うのが「そりゃ決まりだね」というもの。
雪子以降は単なる失踪として片付けられ、警察では連続殺人事件とは結び付けられていなかったにもかかわらず、生田目が犯人で決まりだという発言。

これらの追求を誤魔化せなくなった足立は逃走。
生田目の部屋に入った所で見失ってしまい、状況からテレビの中に逃げ込んだ可能性が高いという事。
その為、後日テレビの中を調査する事になりました。
また一歩真実に近付いた事で、真実を追う仲間たちコミュがランク5にアップ。

自室に戻って休もうとすると、ベルベットルームでクマと遭遇します。
この時のイベントで、クマコミュがMAXのランク10にアップ。
クマは真・電撃見切りのスキルを習得しました。
ルシフェルの合体も解禁。

画像

という事で、いよいよ発端となった殺人事件の犯人が判明。
事件の全容も、おぼろげながら見えてきました。
こういう推理モノっぽい展開は、他のRPGでは味わえない面白さですね。
何気にP4Gからの追加(バッド)エンディングもあって、PS2版経験者としても新しい驚きがありました。

ところで足立の事はよく”真犯人”と呼ばれますが、私としてはその呼び方には抵抗あるんですよね。
P4の事件は、実は複数の事件が、ひとつの事件に見えていたというもの。
その為、事件毎に犯人がいるんですよね・・・。

最初の殺人事件の犯人は足立ですが、誘拐事件の犯人は生田目。
3件目の殺人事件の犯人は久保美津雄。
なので、足立を真犯人と言うのはちょっと違うような気がすると。
ゲーム内でも真犯人と呼ばれていますし、わかりやすいと言えばわかりやすい呼び方なんですけどね。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ4 ザ・ゴールデン その30 [11月28日〜12月5日] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる