西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ4 ザ・ゴールデン その36 [2月1日〜2月13日]

<<   作成日時 : 2012/07/31 01:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月1日
主人公の病気で立ち消えとなっていたスキー旅行ですが、2月の連休を利用してみんなで出かける事になりました。
時期的には最後のイベントになりそうですね。
2月後半にも何かイベント用意されているかもしれませんが。

画像

授業の解答は「

放課後は尚紀と過ごしておきました。
人それぞれだ」、「気の済むまで泣け」の反応が良かったです。
これで小西早紀の弟コミュはランク9に。

夜は弁当を作れます。
選択肢で「しっかり包む」を選ぶとほんわかホイル焼きを入手。

2月2日
昼食は尚紀と一緒に食べました。
これでランクアップに必要な好感度は獲得。

という事で、放課後は尚紀と過ごしました。
これで小西早紀の弟コミュはMAXのランク10に。
証としてジュネスのレシートを入手し、アティスの合体も解禁されました。

画像

残るコミュはエビと学童保育だけ。
どちらもランク5にはなっているので、2月中にはMAXまで上げられるかも。
ただ来週から学年末テストがあるので、それで1週間近く消費してしまいそうですね。
どちらか片方をランク7〜8にするのが精一杯かも・・・。

折角なので、アティスを作成してみました。
火炎無効、疾風反射、闇弱点という特性。
ただ特徴に乏しいですね。

初期から覚えているスキルは、アギダイン、アムリタ、マハラクカジャ。
レベルアップで不屈の闘志、サマリカーム、マハラギダイン、マハムドオンを習得。
火炎属性の魔法を習得するものの、ブースタ系は覚えないので、火力は少々物足りないかも。

画像

私はカグヤ+ルシファー+マダと言う組み合わせで作成。
マダから火炎ブースタ2種とコンセントレイト、ルシファーから勝利の雄たけびと魔術の素養を継承させ、マダに変わる火炎属性担当にしてみました。

魔力はマダの方が高いのですが、ルシファーから勝利の雄たけび(戦闘後にHP・SP全回復)を継承できたので、SPを気にせず魔法を使えるのが利点。
魔術の素養も覚えている為、2周目の序盤でも活躍出来そうという事で、なかなか優秀なペルソナになったのではないかと。
SP11でマハラギダインを使え、戦闘終われば完全回復しますし。

2月3日
昨夜はまたもマリーの夢を見ました。
そして朝にはマーガレットからの電話。
マリーの居場所を突き止める事は出来たものの、その場に行くにはもう少し準備が必要だという事。

画像

放課後は学童保育のバイト。
選択肢は「ネオフェザーマンだ」の反応が良かったです。
これで学童保育の若い母親コミュがランク6にアップ。

夜は読書。
これで手持ちの本は全て読み終わりました。
愛家であと1回食事をすると本を貰えるのですが、今は昼の行動に余裕無いので、とりあえずはこれで終了。

宝石交換で貰える武器にも魅力的なものが少なくなったので、釣りに行く意義も薄くなりましたしね。
夜はするべき事が無くなってしまいました。
今後は適当にバイトしたり、コミュメンバーと過ごすだけになるかも。

2月4日
放課後は学童保育のバイトへ。
選択肢は「お互い様だ」、「そんなことはない」の反応が良かったです。
これで学童保育の若い母親コミュがランク7にアップ。

画像

夜は菜々子の勉強を見ることになります。
これで菜々子と堂島の好感度がアップ。
今となっては特に効果もありませんけどね。
まぁ両名のコミュがMAXになっていない人には、このイベントは有り難いのかも。

2月5日
スキー旅行の日程が決まりました。
2月11日から2月12日の1泊2日という事。
明日6日から10日まで学年末試験なので、1週間は行動できずに終了すると・・・。

画像

日曜日なので通販。
今回はそに鳥の御衣セットを注文。
届いてから知りましたが、SP100アップする男性用装備ですね。
主人公に装備させるのも良し、SP少ない完二に与えるも良しと、値段が高いだけの事はあるかと。

昼間は過ごせるコミュメンバーが居なかった為、直斗と温泉へ。
温泉では将来の話をしたところ、直斗はブフダインを習得しました。
直斗は最初からアギダインとガルダインを覚えていましたし、全属性のダイン系魔法習得しそうですね。
弱点を突く事に特化させるのも手かもしれません。

画像

夜はバイト。
何気に今回初のスナックでバイトしてみました。
スナックのバイトでは、根気がアップするようですね。
さらに客と会話すると、客に対応したステータスがアップする模様。
老人だと勇気が上がりましたが、この辺は固定なのか変動なのか不明。
バイト代は3,000円ですが、夜にお金を稼ぎながらステータスを上げられるので、1周目では結構便利かもしれません。

画像

2月6日
この日から学年末テスト。
解答は下記の通り。

1日目
・ベータ
・出勤簿


2日目
・おとそ
・アイスクリーム頭痛


3日目
・兎
・カブ


4日目
・白
・サハラ砂漠の砂が含まれたから


2月10日
午前で学年末テストは終了。
夜もスキー旅行に備える為、行動できずに終了となります。

2月11日
この日から仲間たちとのスキー旅行。
昼間は何本か滑った後、晩御飯の話に。
メニューだと魚料理だったという事で、肉が無いと千枝が騒ぐと言う感じでイベント終了。

画像

夜はペンションで怪談話で盛り上がる一同。
嬉々として自分の旅館での怪談を語る雪子に対して、露骨に怖がる千枝と直斗。

しかし・・・。
偶然でしょうが、陽介の怪談話がタイムリーな話題で、色々と微妙な感想を抱きました。
今世間を騒がせているいじめ問題に近い内容で。

ちなみに主人公の語る怪談話は、3つある選択肢を順々に選んでいく内容で、真ん中の選択肢は、ベルベットルームに連れ込まれ、イゴールと出会ったという実話。
完二が鼻長いという所を怖がってて、ちょっと面白かったです。

画像

そして突然部屋の明かりが消え、恐怖に震える一同。
部屋の電気を点けたところ、一人温泉に入っていたクマが、テーブルのお菓子を貪り食っていました。
本気で脅かされて恐怖心を煽られた反動か、千枝とりせ、直斗までもがクマに詰め寄るというオチで1日終了。

画像

2月12日
昼間は皆と一緒に滑る事になりますが、その後は誰か一人を誘って、一緒に滑る事が出来ますね。
男性陣は3人ひとまとめでしたが。
とりあえず今回は千枝と滑ってみました。

画像

このパターンだと、ひと滑りした後、二人は遭難。
途中見つけた山小屋で、救助が来るまで待つことになりますね。
まぁ実際は山小屋の外に陽介たちが捜索に来ていたものの、二人がイチャイチャしていた為、中に入り辛かったという状態でしたが。
しかも山小屋はペンションのすぐ裏側にあったと、よくあるオチ。

結構長いイベントだったので、千枝と雪子のパターンしか確認していませんが、恐らくは誰を選んでも似たような展開になるはず。
一応スキー旅行前のセーブは別に取ってあるので、余裕できたら他のパターンも見てみるつもりですが。

山小屋でのイベントでは、突如テレビが光り、それを調べようとした千枝がテレビに吸い込まれそうになり、それを助けようとして全員がテレビの中に落ちてしまいます。
落ちた先は見知らぬ世界。

画像

この世界にみんなを引きずり込んだのは、マーガレットでした。
どうやらマリーは、この”虚ろの森”と呼ばれる場所に閉じこもっている模様。
マーガレット側の準備が整ったので、約束通り主人公たちを案内してきたという事。

ここで主人公はマリーの事を話し、皆と協力して助け出す事になりました。
マリーイベントで捜査隊メンバー絡んでくると思ったら、こういう流れだったんですね・・・。
さすがに見知らぬ相手を皆で一丸となって助けると言うのは、少々妙な展開でしょうから。

2月13日
先日はただ遊びに来ていただけなので、ダンジョン探索の準備を一切していなかった一同。
そこで1日を使って虚ろの森の事を調べつつ、準備を整える事に。
集めた情報では、行方不明者は出ておらず、過去の事件とは関係無いという事。

そして情報を整理した一同は、山小屋へと移動してきました。
虚ろの森は閉ざされようとしていて、機会を逃したらもう入れないだろうという話。
その為、何としても今日中にマリーを助け出す事になります。

画像

という流れで、P4Gからの追加ダンジョン「虚ろの森」を探索出来るようになりました。
今までの世界からは隔離されているという事で、過去に訪れたダンジョンに向かう事は出来ません。
ただベルベットルームやキツネ、セーブといった施設は揃っていますね。
クリアするまで外には出られないようなので、事前に準備はしっかりとしておいた方が良さそうです。
まぁ実際のダンジョン探索は、次回。



ところでP4Gとは関係無い話ですが、新しくVITA用の背面保護シート購入しました。
以前は下記の記事でも書いたとおり、前面用と背面用がセットになった保護シートを使っていましたが、背面シートは貼り付けた際に少し斜めになってしまったんですよね。
その結果、背面下部の少し窪んだ部分に、シートがわずかにはみ出てしまう状態に。

それでも気にせず使っていた所、段差になっている部分から埃が付着し、粘着力が低下。
隅の部分がペラペラ接がれるようになってしまいました。
ゲームをプレイしていると、指が引っかかってシートが半分近くめくれるという事もよくありましたね。
プレイしていて不快でしたし、上部の隅にも埃が進入していて、シートの四隅が埃で白くなっていると、見た目も悪い状態でした。

画像
赤く塗り潰した所が埃で真っ白に

という事で、新しく背面用のシートを購入した次第。
購入したのは、下記の「OverLay Brilliant for PlayStation Vita 裏面用保護シート OBPSVITA/B」という商品。
これは背面用のシートだけで980円と少々割高ですが、背面全てを覆う作りになっています。
段差になっている部分は別シートになっている為、本体とシールの間に隙間が出来る事もありませんね。

以前のペラペラなシートに比べるとしっかりした作りになってますし、傷を気にせず直接床の上に置けるようになった為、かなり気に入りました。
値段相応の価値はあると言う感じ。
張るのには少々苦戦しましたが、その辺差し引いても良い商品かと。
耐久性の部分は、今後使い続けてみないと分からない部分ですが。

[リンク]
・PlayStation Vita 保護フィルム&ポーチ
http://west-east.at.webry.info/201112/article_15.html



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ4 ザ・ゴールデン その36 [2月1日〜2月13日] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる