西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS デモンゲイズ

<<   作成日時 : 2013/01/25 01:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

VITA用ゲームソフト「デモンゲイズ」購入しました。
しばらくこの手のゲームプレイしていなかったので、密かに楽しみにしてたんですよね。
エクスペリエンスのゲームも、かなり久々のプレイとなりますし。
このゲームジャンルは、3DダンジョンRPG。
ウィザードリィに手を加えたという感じですが、その面影は少なく、どちらかと言えば世界樹の迷宮などに近いタイプかもしれませんね。
私は世界樹の迷宮プレイした事無いので、実際の類似点とかはわかりませんけど。

画像

ちなみに、かつてマイケルソフトでPS2ソフトのウィザードリィXTH、XTH2を開発したチームムラマサ。
このチームムラマサが独立し、立ち上げたのがエクスペリエンス(EXP)だったりします。
その後はPCゲームを中心にダンジョンRPGを製作していましたが、XBOX360に円卓の生徒迷宮クロスブラッドを移植するという形で、家庭用ゲーム業界に復帰。
そしてPSPに円卓の生徒の移植、VITAに完全新作のデモンゲイズを制作するという形で、ソニーハードに舞い戻った事になりますね。

私はウィザードリィXTHシリーズが好きでしたし、PCで発売されていたジェネレーション エクス(G-XTH)シリーズ3作も遊んだ事があります。
それ以降の作品には触れていませんでしたが、EXPのゲームは好きだったので、そういう意味でも本作は楽しみにしていました。

ちなみに開発チームを失ったマイケルソフトは、事業に失敗して倒産。
その際にWizXTHの権利やプログラム等が外部にもたらされ、それを元に剣と魔法と学園モノ(ととモノ)シリーズをはじめとする、アクワイア製・・・というより、ゼロディブ製RPGが作られたようです。

初代ととモノなんてグラフィックが違うだけで、中身はWizXTH2そのまんまだったりしましたからね。
それでも続編が何作か作られるほどのシリーズ展開でしたから、今度は逆にチームムラマサが、ととモノの路線を奪ったと言う感じ。
私はWizXTHやG-XTHのキャラクターも好きなのですが、一般受けは難しそうですし。

[関連記事]
ウィザードリィエクス2 その1
ウィザードリィエクス2 その2
剣と魔法と・・・
ととあれこれ
Wizardry 囚われし魂の迷宮 体験版プレイ



という所で、ゲーム本編の話に。
ニューゲームを選ぶと、ネットワークによる通信機能を利用するかという選択になります。
このゲームはちょっとしたオンライン要素があるので、それを活用するかというものですね。
そのオンライン要素というのが、ゲイザーメモ

画像

ダンジョン内に簡単なメッセージを残す事が出来るのですが、そのメッセージは他のプレイヤーと共有されます。
例えばある地点に「この先隠し扉」というメッセージを書いておけば、他のプレイヤーが同じ地点に足を踏み入れると、そのメッセージを読めると。
デモンズソウルやダークソウルをプレイした事がある人なら、アレのメッセージ機能と言えばわかりやすいかも。

ゲイザーメモの機能がいらないというのであれば、通信オフにしてプレイしても問題ありません。
ちなみにオプションからいつでも変更可能。

設定を終えると、オープニングが始まります。
その後で、主人公キャラの作成。
と言っても、主人公はヒューマンの男性、職業”ゲイザー”で固定。
ただ表示するグラフィックやボイスは、自由に変更可能。
シナリオ中は男性として扱われるものの、女性キャラのグラフィックを選ぶことも出来ます。
用意されてるグラフィックは45種類で、条件を満たすと色違いも選択出来るとか。

画像

ボイスの設定も細かいですね。
男女含めて60種類の声が用意されていて、攻撃負傷死亡の3パターンを好きな声に変える事が可能。
声を無しにする事も出来ます。
こういう感じで声を設定できるゲームは、他に見かけないかも・・・。

画像

最後に名前を付けることになりますが、デフォルトネームが「オズ」だったので、今回はそのまま初めてみました。
設定が決まっていない主人公なら自分で名前付けますが、このゲームではある程度の設定がありますし。

主人公の作成が終わったら、いよいよ本編に突入。
見知らぬダンジョンで眼が覚め、何もわからぬまま内部を探索する事になります。
ここもオープニングの一部なので、迷う事はありませんけどね。

画像

何者かに襲われ、命からがら逃げ出した先は、どこかの地下室。
そこでランスローネという女性に出会い、主人公を追いかけていたのがデモンという存在だと教えてもらえますね。
そして女性から古びた剣を手渡され、デモンのコメットとの戦闘に突入。

いきなりボス戦となりますが、イベントバトルなので負ける事は無いはず。
主人公は回復魔法を最初から使えるので、危なくなったら回復し、後は攻撃を繰り返すだけで勝利。

画像

戦闘に勝利すると、コメットの姿が変化。
デモンは暴走状態と通常状態の2つの姿を持っていると言う設定。
力を失ったデモンを主人公の右目で捉える事で、対象のデモンの魂を入手する事が出来ます。

画像

その後でランスローナから、竜姫亭と言う宿屋の3階に連れて行かれます。
先ほどの地下室も、この竜姫亭の一部。
そして竜姫亭の管理人であるフランに紹介され、オープニングムービーが流れます。

ムービーが終わると、キャラクタークリエイト。
プレイヤーと一緒に冒険する仲間を、”1名”作成する事が出来ます。
仲間を雇うには部屋を借りる必要があり、その為には結構な大金が必要な模様。

さらに冒険から戻ってくるたびに家賃を支払う事になりますね。
序盤は簡単に仲間を増やせそうに無いので、最初のキャラクターは慎重に選びたい所。
ちなみに最大7名までキャラクターを作成可能だとか。
冒険に連れて行けるのは、主人公含め5名まで。

キャラクタークリエイトでは、姿種族クラスボイス名前を設定可能。
姿は主人公同様、45種類の中から好きなものを選べます。
DLCによるグラフィック追加も予定されているとか。

種族はヒューマンエルフドワーフミグミィネイの5種類から選択可能。

画像

ヒューマンは平均的な能力の持ち主。
エルフは魔法攻撃力に関する知力が高く、肉体的な能力は低め。
ドワーフは肉体的な能力は高いものの、魔法に関する能力が低め。
ミグミィは回復系の魔法と素早さに関する能力が高め。
ネイは素早さが高く、割と平均的な能力の持ち主と言う感じ。

次に職業選択。
こちらはファイターパラディンサムライレンジャーアサシンウィザードヒーラーの7種類から選べます。
それぞれ特徴的なスキル、魔法を習得可能ですね。

後はボイスと名前を決めると、キャラクター完成。
種族とクラス以外は、後から変更する事も可能です。

主人公が回復魔法を使えるので、最初は戦士系のキャラクター作ると良いかもしれませんね。
とりあえず私は、ネイの女サムライを作ってみました。
Wiz系だと人間男の侍を主人公役にするのですが、本作では別に主人公居ますからね。
EXPのゲームだとネコ娘サムライが象徴的だったりするので、そちらをイメージしたと。

画像

仲間を作成した後は、赤の旧市街というダンジョンを探索する事になります。
ここから本格的な冒険がスタート。
まぁ最初の探索は、チュートリアルになっています。

主人公はデモンゲイザーという特殊な力を持った人間で、魂を捕えたデモンを使役する事が可能。
主人公の戦闘コマンドからDEMONを選ぶと、デモンが覚えているスキルを使用できます。
コメットの場合は、戦闘から確実に逃げ出すフラッシュという能力が使えますね。

それとは別に、オープンデモンというコマンドを実行可能。
こちらはデモンをユニットとして呼び出し、戦闘に参加させるというもの。
デモンには指示を出す事が出来ず、勝手に行動しますが、確実に戦力アップに繋がりますね。
クローズデモンのコマンドを使うと、デモンは消滅。

画像

ただしデモンの能力を使うには、デモンゲージが必要。
これは戦闘を繰り返していくと、自動的に溜まっていきます。
しかしオープンデモンで召喚していると、ターン経過毎にゲージが減少。
もしもゲージが無くなってしまうとデモンは暴走し、プレイヤーに襲い掛かってくる事になります。
使いどころには注意が必要と。

デモンは戦闘以外でも役立つ能力を持っています。
コメットの場合は、隠し扉を発見し、通り抜ける事が可能。
現状ではコメットしかいませんが、後々のダンジョンは、複数のデモンを使い分ける必要がありそうですね。

画像

ちなみにデモンには忠誠度のようなものがあり、デモンを連れた状態で戦闘を繰り返すと上昇。
一定値になるとランクが上がり、最大デモンゲージや最大HPが増加。
新たなスキルを習得する事もあるとか。
オープンデモンで呼び出していたり、デモンのスキルを使うと上がりやすいようなので、余裕があったら使役するようにした方が良さそう。

次にサークルを使った狩りの仕方を教えて貰えます。
ダンジョン内には特殊なサークルがあり、そこにジェムと呼ばれるアイテムを捧げる事で、敵を呼び出す事が可能。
サークルから呼び出された敵を倒すと、必ずアイテムが手に入るという仕組み。

このジェムにはいくつかの種類があり、例えば刀のジェムを使って敵を呼び出せば、敵を倒した時に刀が手に入ります。
盾のジェムによって呼び出された敵は、必ず盾を落とすと。
このようにジェムとサークルを活用する事で、狙ったアイテムを手に入れる事が可能。

画像

中には敵が強くなるものの、入手するアイテムのランクが上がるジェムや、敵が落とすアイテムの数が増えるというジェムもありますね。
ジェムは敵が落とす他、竜姫亭の道具屋でも売られているので、アイテム狙いの時はサークルを活用すると効率良さそう。

画像

ちなみに一度敵を呼び出したサークルは、調べるとセーブとロードが可能。
デモンの付け替えも出来ますね。
ただ一度竜姫亭に戻るまで、ジェムを捧げられなくなります。

2ヶ所のサークルで敵を呼び出すと、イベントが発生。
一度帰還させられます。
ここで恐怖の家賃取り立て。

画像

ダンジョンから戻ってきたタイミングで、借りている部屋分の家賃を請求されます。
キャラクターのレベルが上がるほど、家賃も増えていくとか。
滞納する事も出来るようですが、滞納せずに払い続けると、何か良い事もあると言う話。
忘れ物を取りに戻るだけでも家賃取られるので、ダンジョンに出かける前は準備を万端にしておきたいもの。

竜姫亭に戻ってくると、地下室の機能が利用可能に。
地下室では死んだキャラクターを有料で生き返らせられる他、倉庫にアイテムを預けたり、引き出す事が可能。
また、ゲームの難易度を4段階に設定出来ます。
難しいと感じたら、難易度を下げると良いかもしれません。

画像

そして新たに奴隷墓地というダンジョンが出現。
以後はダンジョンを探索しながら経験を積み、装備を整えながらデモンを倒す事を目的に冒険する展開。
どのように進めて行くかは、プレイヤーの自由となります。

ここで特徴的な機能の紹介でも。
魔法のチョークというアイテムがあれば、ダンジョン内の好きな地点にメッセージを書く事が可能。
先に記載した、ゲイザーメモの機能ですね。
用意された単語を組み合わせて文章を作る形で、オンラインに接続していると、他のプレイヤーが書いたメモを読む事も出来ます。

画像

オートムーブの機能も便利ですね。
これは□ボタンで全体マップを表示した後、画面をタッチするか十字キーを操作して、黄色いカーソルを移動。
その後○ボタンを押すと、黄色いカーソルを合わせた地点まで、自動的に移動してくれると言うもの。
何気にかなり便利な機能ですね。
一度も足を踏み入れていない場所には移動出来ませんが、長距離移動やサークルを渡り歩く時などには重宝しそう。

画像

キャラクターのレベルアップも、少々特徴的。
経験値が一定になるとレベルアップするのですが、ウィザードリィとは違ってその場でレベルが上がる形。
レベルが上がると、ステータスをひとつだけアップさせる事が出来ます。
どのステータスを伸ばすかで、キャラクターに特徴が生まれると。
とは言っても、最初はHPに関係するVITを伸ばした方が良さそうですけどね。

画像

ちなみに主人公や仲間が借りる部屋ですが、家具アイテムを一部屋1個だけ配置する事が可能。
家具を配置すると特定のステータスがアップするので、そういった要素でもステータスを伸ばせます。



とまぁ、序盤のチュートリアルを終えた所まで進めました。
ここまでの感想としては、かなり快適にプレイする事が出来ますね。
戦闘中は○ボタンを押しっぱなしでスピーディな展開となりますし、コマンドリピート機能も便利。
戦闘ログを閲覧できるのも、地味ながら助かります。
ロード時間も無いに等しいレベルなので、操作面でストレスを感じる事は少ないかも。
ヘルプ機能も充実。

ただウィザードリィ系のゲームを想像していると、かなり違った印象を受けそうですね。
G-XTHの頃からWiz色は薄れていましたが、本作はオリジナルに近いダンジョンRPGと言う雰囲気。
Wizの面影は、かなり少なくなっています。
これはこれで悪くないと思いますが、Wiz的なものを求めていると、少々期待ハズレになるかも。
私自身は割りと気に入りましたが。

EXPのゲームの中では、円卓の生徒のシステムに近いでしょうね。
なのでそちらをプレイすると、ゲームの雰囲気がわかりやすいかも。
PCで発売されているG-XTH3部作、円卓の生徒、迷宮クロスブラッドは、全て体験版が用意されているので、気になる人はそちらをプレイして雰囲気を掴むと言うのも手。
まぁ私も円卓の生徒については、体験版の範囲でしか知りませんけど。

ところでこのゲームは、ハクスラ(ハック&スラッシュ)要素を前面に押し出していますが、ハクスラとは敵を倒して経験値やアイテムを入手し、それでプレイヤーを強化。
さらなる強敵に戦いを挑むというゲームスタイルの事。
ディアブロのイメージが強いですが、ドラクエやFFなど、大半のRPGにハクスラ要素が含まれていますね。
なのでハクスラという言葉に聞き覚えが無くても、尻込みする必要は無いと思います。

[リンク]
デモンゲイズ 公式サイト
エクスペリエンス 公式サイト
4gamer.net プレイリポート
開発者インタビュー(電撃オンライン)


デモンゲイズ 初回限定特典 プロダクトコード同梱
角川ゲームス
2013-01-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デモンゲイズ 初回限定特典 プロダクトコード同梱 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デモンゲイズ 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる