西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 迷宮クロスブラッド インフィニティ その2

<<   作成日時 : 2013/04/26 20:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

最初の関門であるキャラクター作成、パーティ編成が終わったので、いよいよ本格的なゲームスタート。
5〜6人パーティを結成したらCPO司令部でコンタクトを選び、「空斗に報告」を選ぶことでイベントが進行します。
以後プレイヤーパーティは、特務隊エクスの一部隊として行動する事に。
ストーリーでも基本的に部隊単位で扱われるので、隊名は自分で設定しておいた方がしっくり来るかも。
私はデフォルトの第4期01小隊でプレイしていますが。

画像

イベントが進行したら、CPO司令部任務から「旧校舎調査任務」を受領。
旧校舎内でエクスのメンバーが消息不明となったので、調査に向かうと言う展開。

ただ新規作成キャラは何一つ装備を身に付けていないので、サブディスクから装備品を回収しておきたいですね。
キャラクターのステータスを選び、アイテム→渡す→十字キーでサブディスクを選択すると言う流れで、サブディスク内のアイテムをキャラクターに渡せます。

画像

VITA版ではサブディスクと倉庫が一体化しており、ダンジョン内でもサブディスク内から必要なアイテムを取り出せるようになっていました。
過去のシリーズではサブディスクと倉庫は別扱いで、ダンジョン内でアクセス可能なのはサブディスクのみ。
必要となるアイテムはサブディスク内に移しておかなければならなかったので、この辺は便利になっていますね。

装備品ですが、基本的に前衛にはバトルダガーエクスクロスαエクスズボンα、後衛にはワンドエクスクロスβエクスズボンβを装備させると良いですね。
バトルダガーが余っているなら、二刀流にするとダメージ増えます。

画像

意外とわかりにくい部分ですが、バトルダガーのように補助武器となっている装備は、二刀流のスキルが無くても両手に持つことが可能。
主武器や両手武器を二刀流にするのに、武術士などが覚えるスキルが必要になると。
ただ敏捷が25未満だと左手に装備した武器のダメージが低下してしまう為、無理に装備させる必要もありませんが。

ちなみにキャラクターをアバタータイプにしていると、ステータス画面やダンジョン内で、装備品のグラフィックがキャラクターに反映されます。
序盤は装備が少ないですが、色々な外見の装備が用意されている為、アバタータイプでプレイした方が見た目的にも楽しめるかと。

装備を整えたら、市街マップへ移動。
そこから学堂公園を選び、出撃→日輪旧校舎を選ぶと、ダンジョンに突入できます。

旧校舎内は迷路になっていて、敵を倒しながら探索を続けることに。
デモンゲイズのバージョンアップに影響されたのか、マップ画面で壁と通路がわかりやすくなっていますね。
G-XTHの頃はこの辺わかりにくかったので、ちょっと感動しました。
デモンゲイズでも初期は壁と通路が判別しづらい状態だったので、意図的な仕様かと思っていましたから。

画像

またデモンゲイズ同様、一度歩いた場所なら自動的に移動する事も出来ますね。
□ボタンで全体マップを表示し、移動したい場所にカーソルを合わせて○ボタンを押せば、その地点まで最短距離で進んでくれます。
デモンゲイズではかなり便利な機能だったので、引き継がれているのは嬉しい限り。

戦闘はよくあるコマンド選択型のRPGなのですが、ユニオンスキルと言う特殊スキルを発動可能。
ユニオンスキル発動にはユニオンゲージが必要で、戦闘を行っていると自然に溜まって行きます。
クエストクリア時にも上昇。
ユニオンスキルは非常に優秀な上、使用するとパーティの結束値が上がる効果があるので、ゲージが溜まったらすぐに発動した方が良いかも。
結束値が上がると、ステータスにボーナスが加わりますから。
ユニオンゲージの最大値も、ユニオンスキルを使っていくと増えていきます。

画像

ユニオンスキルにはBRAVEMAGICACADEMYと言う3種類のカテゴリがあって、それぞれで使用できるスキルが変化します。
BRAVEでは、敵全体に物理攻撃を仕掛けるスキルが使えるなど。
これらはメニューの隊技種変更で自由に変えられますが、戦闘中に変更するには1ターン必要となります。

何が有用かはパーティ編成でも変わって来ますが、普段はACADEMYにしておくと良いかと。
ACADEMYではザコ敵から確実に逃げるスキルや、敵より先に行動出来るスキルを使用可能なので。



戦闘後は稀にコードチップと呼ばれる宝箱を発見出来ます。
シンボルエンカウントの敵は、必ずコードチップを落としますね。
これを開けるとアイテムが入手出来るのですが、トラップが仕掛けられている事も多いです。
そのトラップを見破り、安全に解除できるのが学術士。

画像

コードチップを見つけたら、まずは”調べる”を実行します。
これはパーティメンバーが一斉にトラップを調べるのですが、学術士以外の信頼性は低め。
ただ学術士と同じ結果が多ければ、学術士の調査結果に信頼性が高まります。
学術士の調査も完璧では無く、ミスを犯している場合も多いですから。

画像

次に”トラップ解除”を選び、先ほど調べたトラップを選択。
宝箱に仕掛けられているトラップとプレイヤーが選んだトラップが一致し、かつ判定に成功すると、トラップが解除できると言う仕組み。
トラップの調査に失敗していた、もしくは間違ったものを選んだと言う場合には、トラップが作動してしまうので注意。
まぁこの辺は、実際にプレイするとすぐに理解出来ます。

画像

入手したアイテムは未鑑定品なので、鑑定するまで使う事は出来ません。
学術士ならアイテム鑑定が可能。
開発ラボで鑑定してもらう事も出来ますが、こちらは有料となります。
お金の節約の為にも、学術士で鑑定する方がお得。
鑑定に失敗して恐怖状態になる事もありますが、ダンジョン歩いている内に自然回復しますから。

画像

装備品のアイテムは、大抵の場合でジャンクパーツとして入手出来ます。
ジャンクパーツと素材を合成する事で、装備品を作れると言う仕組み。
合成は開発ラボで行う事になりますね。

開発ラボから開発→作成を選び、ジャンクパーツを選択します。
必要なお金と素材が揃っていたら、装備が完成すると言う流れ。

画像

アイテム制作は、G-XTHシリーズに比べてかなり楽になっていますね。
必要な素材などが自動登録されるようになっているので、ジャンクパーツ選んで○ボタン押すだけで装備完成します。
以前は素材も自分で登録する必要があった為、結構面倒な部分でした。
必要な素材がわからない・・・なんて事もありましたし。

ちなみにこのゲームの合成は、一定の法則が存在します。
ジャンクパーツを見ると、装備品のレベルが表示されていますが、ここで必要な素材が判別出来ますね。
アイテムレベルの10の位が、必要となる素材のランク。
レベルの1の位が、必要な素材の数を表しています。

例えばジャンクパーツからロングソードを作る場合。
ロングソードのレベルは2なので、MTメタルIが2個必要になると言う感じ。
メインカタナはLV3なので、こちらを作成するにはMTメタルIが3個必要に。
Lv16の剣を作る場合には、MTメタルIIが6個必要と言う感じになります。

この法則を知っておけば必要な素材も判別できるのですが、今回は作成時に素材が自動で登録される為、知らなくても問題無く遊べるようになっていると。



ダンジョン探索では無理をしないのが鉄則。
まずは入口付近で敵との戦闘を繰り返し、レベルを上げるようにしたいですね。
シンボルエンカウントの敵は必ずコードチップを落とすので、階層移動を繰り返してシンボル敵と何度も戦うと、経験値とアイテムの両方を稼げます。

たまにマッドマウスという唇の姿をした敵が現れますが、こいつが旧校舎内で一番の強敵。
ブレス攻撃でパーティ全体に10前後のダメージを与えて来るので、複数現れたら逃げた方が安全です。
レベル低い頃に遭遇すると、全滅の危険も大きいですから。

画像

消耗してきたら、医療ラボに戻って休息。
HPを回復させるには結構なお金が必要となりますが、聖術士だけ1GPで休息させ、聖術士の魔法でHPを回復させるのが基本。
序盤はお金も貴重ですし。

ちなみにキャラクターをレベルアップさせるにも、医療ラボで休息する必要があります。
ダンジョン内でいくら経験値を稼いでも、休息を取るまではレベルアップしない事に注意。
レベルアップする状態になったら、一度帰還した方が良いでしょうね。

しばらくはこういった事を繰り返し、Lv2になる事を目指したいですね。
レベルアップに必要な経験値は多いので、サブブラッド無い方がレベル上げやすいかと。
このゲームでは装備品にレベル制限があるので、レベルアップしないと新しい装備を身に着けられません。
その為、早くレベルが上がるほど、戦力が飛躍的にアップしますね。
と言う事でLv2になったらジャンクパーツなどを合成し、装備も新しくしておきたいもの。

画像

クエストの進め方ですが、旧校舎1F東のX:11、Y:09の地点にある扉を調べると、スイッチが発見出来ます。
これを操作すると、西側のエリアに進めるように。
途中の通路には隠し扉があるので、それを見つけるとさらに奥へ移動出来ます。

画像

その後は廊下や教室を経由して、X:03、Y:11の地点から2階に移動。
2階では特に障害は無いので、東側に進んでいけば良いですね。
旧校舎2F東のX:10、Y:09にスイッチがあるので、これを操作しておけばショートカットを開通させられます。

次に旧校舎2F東のX:06、Y:06の地点へ。
この地点に踏み込むと、敵と一緒に謎の少女が現れます。
強敵は謎の少女が相手をしてくれるので、プレイヤーはザコのゴブリンやホブゴブリンと戦う展開。
ザコとは言え結構強い相手ですが、レベル上がって装備が充実していたなら、問題無く勝利できるかと。

画像

戦闘後はイベント。
先ほどの少女が、消息不明になっていた副隊長の水無瀬シズナ。
プレイヤー達はシズナと一緒にダンジョンを脱出。
司令部で任務内容を報告すれば、旧校舎調査任務は完了します。

画像
画像

画像
画像



と言う感じで、最初のクエストは完了しました。
一番最初のクエストだけに簡単・・・と言いたい所ですが、地味に難易度高いですね。
序盤は装備揃っていませんし、レベル上がらないと新しい装備も身に着けられない為、Lv2になるまでが大変でした。
Lv1からLV2になるまで、結構な経験値が必要になりますし。
レベル上がって装備が新しくなったら、今回の範囲は楽勝でしたが。
この手のゲームでは常に求められる事ですが、先を急がずじっくりとプレイするようにした方が安全ですね。


迷宮クロスブラッド∞ (インフィニティ)
サイバーフロント
2013-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 迷宮クロスブラッド∞ (インフィニティ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
デモンゲイズがとても面白かったのでこちらも購入しようか検討中です
システムの方は大体同じ感じみたいですし容姿をデフォルメに出来たり等新規の方も入りやすいかなと
ストーリーも面白そうなのでやってみたいですね
名無し
2013/04/27 00:40
色々と手が加えられていますが、元は2〜3年前に発売されたゲームなので、システム的にはデモンゲイズの方が洗練されていますね。
ただデモンゲイズに比べて出来る事も多いですし、様々なクエストをクリアしながら物語を進めていくと言う展開になるので、奥深さでは迷宮クロスブラッドの方が上と言う感じがします。
ある程度の制限があるとは言え、好きに職業変えられますし、最大24名のキャラクター作成出来るので、この手のゲームが好きな人なら長く楽しめるかもしれませんね。
Westwood
2013/04/27 06:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
迷宮クロスブラッド インフィニティ その2 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる