西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 迷宮クロスブラッド インフィニティ その24 [最終決戦]

<<   作成日時 : 2013/05/30 01:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

不審物が見つかったと言う事で六本木に向かった所、黒騎士の仕掛けた爆弾が発見されました。
正常な思考を失っているのか、無差別にテロを行おうとしていた様子。
その黒騎士は千代田坑道の深部にいる事が判明したので、エクスメンバーは日輪学園駅へ移動。
海斗が地下鉄エクス線のドアと千代田坑道を繋いでくれたので、ここから深部へ突入する事になります。

画像

そういう流れで、重要任務「天羽ヴェルン阻止指令」がスタート。
地下鉄エクス線のドアは当たりとハズレがあり、ハズレのドアは行き止まりの空間に投げ出されますね。
とは言え、徒歩では移動できない場所に辿り着く為、マップを埋めるにはハズレのドアに1回は飛び込む必要があります。

当たりは3両目の手前から5番目、右手にあるドア。
間違っていなければ、連絡区のマップに辿り着くはず。
道なりに進んでいくと、途中でシズナと出会います。
彼女は高熱を出してICUに運ばれていたのですが、脱走してきた模様。
その為、海斗からは捕獲を命じられますが、いつの間にかシズナは姿を消していました。

画像

そのまま進んでいくと地下に降りますが、ここは隠し扉が多いので、迷ったらフロアサーチを使って隠し扉を探すと良いかと。
先へ進むには(X:04、Y:13)、(X:13、Y:17)、(X:13、Y:05)の隠し扉を見つければOK。
(X:19、Y:02)の先にはシズラーポイントがあるので、こちらにも立ち寄っておきたいですね。
以後はコールポータルの魔法で飛んで来れるので。

地下への階段を降りると、貯水区に到着。
ここは水中フロアとなるので、回復アイテムを用意しておきたいですね。
水中ではミニマップが無く、全体マップで現在位置も表示されませんが、オープンマッパーと言うアイテムを使えばミニマップが表示され、全体マップで現在位置を確認出来るようになります。
開発ラボで販売されているので、いくつか購入しておくと良いですね。

画像

階段前には巨大なワームがいて、道をふさいでいます。
こいつとは戦うことが出来ず、そのままでは先に進めませんね。
(X:02、Y:15)、(X:14、Y:16)、(X:13、Y:08)、(X:01、Y:07)の地点を調べると罠にかかった異形を発見でき、これを助けておくと先へ進めるようになります。

画像

階段を上ると取水区に到着。
東西に道が分かれていますが、東に進むと地下鉄エクス線のハズレルートで飛ばされる通路への扉を開けられます。
以後はショートカットとして活用出来るので、先に開けておきたいですね。

西に進んでいくとシズナからの通信。
天羽ヴェルンも被害者なので、何とか助けて欲しいと頼まれます。
空斗からは無視しろと言われますけどね・・・。

画像

そして(X:12、Y:12)の地点で黒騎士・ジル・ド・レイと遭遇。
異形化したジル・ド・レイとの戦いに突入します。
こいつはお供にキャンサMGを引き連れていますが、十分育っているなら相手になりません。
サクっと倒してしまうと良いかと。

ジル・ド・レイには、まず最初にスロウコードIIIを打ち込んでおきたいですね。
その上でPSIコードのヒットダウンで敵の命中を下げ、HEALコードのアボイドビルダーで味方の回避率をアップ。
マルチマナシールドで魔法ダメージ軽減させておくと楽になります。
隊列を乱される事もあるので、その場合は即座に元に戻したい所。
これで私はノーダメージで勝利出来ました。

画像

何気に途中で契約したキャンサHGがいい仕事してくれましたね。
一撃で700ダメージとか叩き出してくれました。
私は王騎士が皆をかばい、後衛3名が補助、武術士と拳法士が攻撃と言う分担になっていますが、攻撃役が少ないと言う問題をカバーして貰えた形。
と言う事で、サブでも良いので召術士が居ると楽かも・・・。

しかしジル・ド・レイがダメージ受けた時の叫びは、彼らの事情知ってると切ないですね。
彼らは戦時中、新型ブラッドの実験台にされたのですが、いろいろと問題があった為、臨海学校の夜に事故に見せかけて処分されたと言う話。
その生き残りが天羽ヴェルンと言う事ですが、ジル・ド・レイを殴ると「My sister…」やら「Where is sea…(海はどこ)」なんて叫びをあげます。

画像

ジル・ド・レイを倒すと、天羽ヴェルンの姿に戻りました。
そして彼は自分たちが居た事を忘れないで欲しいと言い残し、息を引き取ると言う結果に。
その後は自動的に司令部へと戻り、天羽ヴェルン阻止指令は終了。

画像



イベントはそのまま継続し、黒騎士と戦ったエクスメンバーは、検査の為に医療ラボへ。
そのままカプセルで眠りに付いていたのですが、何者かの工作によって心肺停止状態になっていました。
危うい所で海斗が異常に気付き、メンバー全員の蘇生に成功。
彼の口からはシズナが失踪したと告げられ、彼女を追いかけて日輪旧校舎へ向かうことになります。

画像

と言う流れで、重要任務「水無瀬シズナ追撃指令」が開始。
これがストーリー本編のラストミッション。
黒騎士=天羽ヴェルンがラスボスかと思っていたら、まさかの・・・。

旧校舎に突入すると、以前とはBGMが変化しますね。
少々寂しい感じの歌が流れていました。
これは過去のG-XTHシリーズには無かった演出なので、ちょっと新鮮。

目的地は3階西の教室。
ここへ移動するには、浮遊状態になる必要があります。
3階西(X:03、Y:11)の宝箱からラストフロートのアイテムが拾えるので、浮遊装備が揃っていないならこれを回収して使うと良いかと。
もしくはLv27キャップを解放し、魔術士がLv28で習得するラストフロートの魔法を使うと言うのも手。

浮遊状態になったら、3階東フロアに移動。
3階東(X:10、Y:09)の扉を開けておくと、以後はショートカットとして利用できます。
その後は(X:02,Y:04)の隠し扉を抜け、西フロアへ移動。
3階西(X:05、Y:06)の地点に階段が出来ているので、そこから屋上に向かうのが目的ですね。

1階から階段を上っていくと、かつての新型ブラッド実験に関する調査結果が送られて来ます。
臨海学校を開き、その夜に実験体を処分したと言う話は以前にも語られましたが、その際の行方不明者が2名。
行方不明者は米国の工作員により、国外へ脱出したと言う事。
この事実は何者かによってデータが改ざんされ、意図的に隠されていた模様。

画像

そして新型ブラッドの実験はジル・ド・レイだけでなく、エルジェーベトと言うブラッドの2種類行われていたと言う話。
エルジェーベトと言う言葉に聞き覚えが無かったので少し調べてみたら、海外の女性の名前なんですね。
綴りは「Elisabeth」となり、英語読み(?)にするとエリザベスやエリザベート。
以前にも記載しましたが、吸血鬼のモデルとして有名な、エリザベート・バートリーの事を指しているのでしょう。

3階を歩いていると古い写真が拾え、それにはヴェルンとシズナと思われる子供が映っていました。
どうやらジル・ド・レイの叫んでいた「sister」とは、彼女の事だった模様。
ここで天羽ヴェルンの本名が、水無瀬カズマだったと言う事も判明。
二人は実の姉弟のようです。

画像

つまりシズナは天羽ヴェルンと同じく、かつての実験の生き残りで、全てを知った上でエクスに入隊。
自身の正体に関するデータを改ざんしつつ、密かに弟を救うための研究を行っていたようです。

旧校舎の屋上に辿り着くと、シズナと遭遇。
彼女は弟の死に激昂し、異形・エルジェーベトに変貌。
そのまま戦闘に突入します。

画像

エルジェーベトは手配異形のフェンリルを引き連れています。
こいつが地味に強敵。
以前千代田坑道の地下でも遭遇したのですが、敵の先制攻撃を受けてしまい、武術士が一撃で葬られてしまいました。
王騎士以外が攻撃を受けると危険なので、イージスでメンバーを守るようにしたいですね。
ザコと侮らず、全力で早めに撃退したいもの。

画像

エルジェーベトは強力な全体攻撃を持つので、隊技種をMAGICに変え、マジックシェル(ダメージ軽減バリア)を展開した方が安全。
さらにマルチマナシールドとマルチサイガードも使っておきたいですね。
これをしておかないと、王騎士でも500前後、他のメンバーは1,000超えるダメージ受けたりしますから。
魔法攻撃も強力で、対策してないと全員が500前後のダメージ受ける事も・・・。

画像

またジャマータスクを使われるのが厄介ですね。
戦闘が終わるまで魔法の威力が半減してしまう為、魔術士などの攻撃魔法が役に立たなくなります。
メイン・サブ共に魔法攻撃的な構成にしていると、この戦いではお荷物になる可能性大。
こちらもジャマータスク(WIZコード)使っておくと、敵の魔法攻撃ダメージ軽減出来て便利ですが。

他にも連れ去り攻撃をしてくるので、ライザーデコイはメンバー全員に複数持たせておきたいもの。
ラスボス戦で味方メンバーが欠けると、それが原因でパーティ壊滅する恐れがありますから。
王騎士以外ではラスボスの物理攻撃に耐えられないので、王騎士が連れ去られたら終わりです。

画像

さらに厄介なのは、数ターン置きにHP回復されてしまう所。
与ダメージが回復量を超えないと、いつまでたっても倒せません。
TH-30くらいないとまともに攻撃当たらないので、ヒットビルダーで命中上げておきたいもの。

厳しいようならレベルを上げ、装備を整えてから再挑戦した方が良いかと。
こちらの魔法効果を解除される事もあり、そうなると補助魔法もリセットされますからね。
補助魔法を掛けなおしている間に、向こうはHP全快・・・なんて可能性もあります。

とまぁストーリー本編のラスボスだけあって、かなりの強敵。
何気に私は、3回全滅しました・・・。
メインパーティが全滅してしまったのは、この戦いがはじめて。
なにせ盾役の王騎士が倒される事が多く、王騎士以外は通常攻撃食らっても即死ですからね。

画像

勝利できた戦いでは、王騎士がギリギリの所で何度も持ちこたえてくれ、さらにフルケアでの回復も間に合ったので、何とかなったと言う展開でした。
割と運が大きな要素・・・。

戦闘に勝利すると、シズナは元の姿に戻りました。
ただかなりの傷を負っており、エクスメンバーに感謝の言葉を残し、息を引き取った・・・と思いきや、回収に成功し、治療が行われているようです。
そして本編は終わり、スタッフロールへ・・・。
まぁクリア後のストーリーも用意されているわけですが。

画像



と言う事で、何とかストーリー本編をクリアしました。
シズナがラスボスになる展開は予想していなかったので、かなり意表を突かれましたね。
ラスト間際で怪しい行動を見せていましたが、それは組織の暗部を知り、同情や罪悪感から来るものだと思っていましたし。
謎が判明してきてからは、かなり切ない気持ちでプレイしていました。

画像

天羽ヴェルンは死んでしまいましたし、シズナも同じ結末を迎えるのでは無いかと言う心配もありましたし・・・。
結果として彼女は生存し、問題のブラッドを切り離す事に成功。
意識はまだ戻らないものの、命の危険は無いと言う事で、ひとまずは安心しました。

画像

この際なので、思い切って関連作品のネタバレすると・・・・。












初代WizXTHでは、メインパーティの先輩アスカと敵軍の将・サーカスが、アブリエルとしての力に覚醒。
互いに殺しあった結果、両者共に命を落とすと言う結果に。
両名は昔の記憶を失っていますが、かつての恋人同士。

画像
アスカ(左)とサーカス(右)

アスカとサーカスを親だと教え込まれていた人型の管理コンピュータ・リリスは、二人の争いと死を目撃した事で暴走。
メインパーティは世界を滅ぼそうとするリリスを止める為、不本意ながらリリスを破壊すると言うのが初代のラストバトルでした。
メインパーティとリリスは親密な関係を築き上げている段階だったので、かなり心が痛む結果に。

画像
初代リリス

WizXTH2では魔族との大きな戦いが勃発し、初代の主要キャラクターも戦力として駆り出されていたのですが、身内の裏切りが原因で大敗。
戦闘に参加したメンバーの多くが命を落とすか、消息不明に。
それがプロローグとして語られるのですが、本編中で消息不明になっていた村正 静流の姿が目撃され、彼女を探すことが目的のひとつになります。

ところが・・・・。
実際の彼女は大戦で命を落としており、現在の静流は魔族四天王の一人・パンドゥーラに操られる死人。
彼女は後天的にアブリエルの力を付与され、本来の意識も消失。
さらには異形と化した姿でメインパーティに襲い掛かってきて、これを打ち倒すと言うのが本編のラストバトル。

画像
アブリエルの力を暴走させ、異形と化した静流

最後の最後で静流は自我を取り戻し、妹が見守る中静かに息を引き取るのですが、初代の主要キャラクターの末路としては非常に悲しく、後味の悪い結果に終わりました。
個人的にはかなりの衝撃を受けた展開。
ちなみに初代で破壊したリリスは、新しいボディとバックアップから再生されたデータを元に、リリスMk-IIとしてよみがえっています。

画像
元に戻った静流と、姉に駆け寄る妹の凛

そしてG-XTH1作目。
こちらでは女子高生が連続で誘拐され、後に死体となって発見されると言う事件が発生。
新米エクス隊員となったメインパーティの調査の結果、事件は”ノノ”と言う怪人の仕業だと言う事が判明。
その”ノノ”の正体は、メインパーティと交流があり、同じ学校に通っている日々野規子。

彼女は愛国学会と言う宗教団体に所属していて、この宗教団体が彼女を異形に仕立てあげ、操っていたと言う展開。
女子高生をさらっていたのも、その体の一部をノノに植え付ける為。

規子自身はこれらの行いには否定的でしたが、意識を操られているのか逆らえず、最終的にはメインパーティの手によって倒されてしまいます。
その後、愛国学会の黒幕を打ち倒す・・・と言うのが、1作目のラストバトル。

画像
迷宮クロスブラッドでの日々野規子(右)

WizXTH2を作ったチームの作品だけに規子の死は覚悟していたのですが、幸い彼女は生き残り、異形化の原因となっていたコードの分離にも成功。
宗教団体からも解放された彼女は、エクスのサポートメンバーとして活動し、迷宮クロスブラッドでも引き続き登場していると言う流れ。

G-XTHの2作目は、Wiz機関にアリスの母親が参加しており、母親思いのアリスはWiz機関のメンバーとして行動。
しかし本物の母親は既に死亡しており、Wiz機関の母親は偽者でした。
その偽者にアリスの父親である神崎剣一が刺され、そのショックで秘められていたアブリエルとしての力が暴走。
メインパーティはアリスを食い止める為、戦いを挑むと言う展開に。

画像
迷宮クロスブラッドでの御舟アリス

最終的には同じくアブリエルの力を秘めたアリスの祖父・御舟巌が、その命を犠牲にアリスを鎮め、正気を取り戻させると言う結果。
その後メインパーティは、最終決戦に赴く・・・と言うのが、G-XTH2作目終盤のストーリー。

G-XTH3作目は、メインパーティと交流のあった七世ヒカルが、実はエンブリオと言う敵性体の生み出した人工人間。
そのヒカルも異形と化し、不本意ながらも撃退する事になるのですが、後々彼女の救出に成功。
ヒカルはエンブリオから解放され、一人の人間として生きていくと言う展開が用意されていました。

画像
迷宮クロスブラッドでの七世ヒカル

そんな感じでWizXTHでは主要キャラでも死んでいましたし、G-XTHシリーズのキャラクターにも死の匂いが漂っていました。
そういう事もあり、今回のシズナの生死もどうなるかわからず、ハラハラしていたと・・・。
まぁG-XTHシリーズになってからは、主要キャラクターの人死にかなり少なくなりましたけどね。

画像

しかし「チームムラマサ(エクスペリエンス)も丸くなったなぁ」なんて思っていたら、デモンゲイズでは姉貴分となるランスローナを、暴走した主人公が殺害してしまうという衝撃的な展開。
その後に迷宮クロスブラッドをプレイしたものですから、今度は死んでしまうんじゃないか・・・と、戦々恐々としながらプレイしていました。
それだけに彼女が助かって、かなり安堵しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
迷宮クロスブラッド インフィニティ その24 [最終決戦] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる