西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァルハラナイツ3

<<   作成日時 : 2013/10/02 14:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

VITA用ゲームソフト「ヴァルハラナイツ3」購入してしまいました。
今年の5月23日に発売された作品ですね。
割と最近発売されたにもかかわらず、中古が1,400円と言う価格で売られていたので、ほぼ衝動買い。
そのお店で使える500円引きのポイントカード持っていたので、実質900円で購入出来ましたし・・・。
元々興味のあった作品でもあるので、この値段だったら買いかなと。

画像

ちなみにPS3版の魔装機神IIIも中古が2,200円だったので、どちらを買うかは迷ったのですが・・・。
魔装機神シリーズは2作目をまだプレイしてないですし、もう少し値下がりしそうな雰囲気もあったので、新しいゲームのヴァルハラナイツ3を購入したと。

ちなみにPSPで発売されていた初代ヴァルハラナイツはプレイした事はありますが、それなりに面白かったものの、最後までプレイを続けることは出来ませんでした。
ただウィザードリィのように自分でキャラクターを作り、冒険に出かけるゲームは好きなので、このゲームも発表当時から興味は持っていたんですよね。
しかし初代を途中で投げ出した事があったので、購入するには至らなかったと。



何気にVITA用ソフトを中古購入したのは今回が初ですが、中古ソフトの場合は気を付ける点がひとつありますね。
VITAのソフトはVITAカード内にセーブデータを記録するタイプと、メモリーカード内にセーブデータを記録するタイプの2種類あります。
前者の場合、中古だと前の持ち主のセーブデータが残っていると。
しかしその状態でプレイを開始すると、トロフィーを取得できないと言った制限が加わってしまいます。

画像

これを回避するには、VITAカード内のデータを削除する必要がありますね。
VITAの前面パネル長押しで表示されるメニューから、対象のゲーム右側にある「・・・」を選択。
ここから「削除」を選ぶと、VITAカード内に記録されたデータを全て消去する事が出来ます。

画像

後はもう一度VITAカードを抜き差しして、普通にゲームを開始するだけ。
これでトロフィーなどを取得できるようになります。
アップデート用のデータやDLCなども消えているので、それらは再度ダウンロードする必要がありますが。



という所でゲーム開始。
最初はプレイヤーキャラを作成する所から始まります。
種族はヒューマン、エルフ、ホビット、ドワーフの4種類から選択可能。
ただ公式HPでは、ビースト、ナイトメア、機械人と言う3種族も紹介されているので、これらはゲームを進めて行くと選択できるようになる模様。

画像

種族、性別を決定したら、キャラメイクに移ります。
選択可能な項目は多く、名前、苗字、呼び名の他に、性格、声、外見などを変更可能。

ただ選択可能なパーツは少なく、色を除いて各パーツ5〜6種類しか用意されていません。
顔の輪郭なども変更出来ない為、そこまでの自由度はありませんね。
男だとガッシリとした顔つきにしかならなかったり。
違う種族でも選べるパーツは似たようなものですから、割と同じようなキャラで溢れてしまいそうです。
ペイントや傷、タトゥーと言うパーツは、妙に種類豊富ですが。

画像
画像

キャラメイクが終わったら、次は職業選択。
メイン職業を、囚人、ファイター、メイジ、プリースト、シーフ、アカトキ、アーチャの7種類から選択可能。
囚人はほぼ全ての武器を身に付けられるものの、能力が低いと言う職業。
アカトキは格闘家のような職業ですね。

最後は好きな能力にボーナスポイント(BP)を割り振って終了。
割り振れるBPは1〜5ポイントの間で、ランダムに変化。
とりあえずメイン職業の特徴を伸ばすように割り振れば良さそうですね。

画像

キャラクターを作成したら、いよいよゲームスタート。
ちなみに私は、ヒューマン男のファイターにしておきました。

主人公はガンドゥーム監獄に送られた囚人。
ただし普通の囚人では無く、本国から調査の為に派遣された密偵の一人。
同じく密偵のカルロスと共に、先任者と接触する事に・・・。

画像

ガンドゥーム監獄の内部は街になっていて、とても監獄とは思えない様相ですね。
ここでは力こそが全てと言う事で、マフィアのようなファミリーと言う組織が権力を握っている模様。
囚人も自由に出歩いています。

また歓楽街にあるギルドやショップと言った施設は、キャバクラのような雰囲気になっています。
施設を利用するには女性店員を指名し、指名料を払った上で本来の機能を利用できると言う形。
お店で買い物するには、まず女性店員にお金を払う必要があると。
地下街にもギルドやお店はあって、そちらは指名料無しで買い物できるものの、品揃えは少々悪いとか。

画像

ちなみに女性店員にお金を払っていると、時々お色気要素のあるミニゲームが発生。
それらで店員の好感度をアップさせると、パーティメンバーに加えて冒険に出られるようになるとか。

画像
冒険者ギルド内

まぁ現状では何も利用できないので、素直に先任者のポールを探すことに。
目的地は黄色い旗で表示されているので、ミニマップの旗を目印に進んでいけば良いですね。
途中でイベントが発生し、戦闘のチュートリアルに突入。

このゲームの戦闘はアクションになっていて、○ボタンで弱攻撃、×ボタンでダッシュし、Rボタンで敵をロックオンすると言う感じ。
移動は左スティックで行い、十字キーでアイテムやスキルを使ったり、味方に指示を出すことが可能。
△ボタンの機能は武器によって変わり、ファイターの初期武装である両手斧だと、敵の攻撃を跳ね返すパリィが使えました。
武器によっては強攻撃が出せる模様。

画像

戦闘後はイベント。
突然襲ってきた相手が、先任者のポールでした。
どうやら主人公たちの力量を計る為、戦いを仕掛けたと言う事。

ポールからは監獄の説明を受ける事が出来ますね。
施設などの紹介の他、監獄についての歴史も教えて貰えます。
ガンドゥーム監獄は元々とある王国の城だったようですが、帝国が占領した事を切っ掛けに監獄へ作り替えられた模様。
その後囚人たちが反乱を起こし、犯罪者たちの楽園と呼べるような監獄城に生まれ変わったとか。
そして主人公たちは、帝国から送り込まれた調査員と言う事ですね。

画像

施設案内が終わると、ポールが仲間に。
ちなみにカルロスとポールは二人ともファイターなので、主人公は他の職業選んでおいた方がバランス良いかもしれません。
後からでも転職は可能ですが、序盤では決して安くないお金を要求されますから。

その後、マーカーに従って進んでいくと、イベント戦闘が発生。
これも戦闘システムのチュートリアルですね。
パリィの解説や、セレクトボタンで操作キャラを切り替えられると言った事を教えて貰えます。

画像

特徴的な”まさぐりシステム”の説明もあります。
戦闘後、倒した敵に近づいて○ボタンを押すと、敵が所持しているアイテムかお金をランダムでひとつだけ入手可能。
この方法でアイテムやお金を手に入れて行く事になるようです。
他のゲームで例えると、モンハンの剥ぎ取りに近いかも。

画像

ちなみに装備品は未鑑定品で手に入る事が多く、鑑定する事で初めて性能がわかる仕組み。
鑑定時には特殊な能力が付与される事もあり、この辺はハック&スラッシュ的な要素となっています。
ファイターやシーフはアイテムを鑑定するスキルを習得できるので、パーティには必須となりそう・・・。
お店でも鑑定出来ますが、1アイテムにつきお金50取られます。

画像

チュートリアルが終わった後は、フィールドに出て敵と戦う事に。
このゲームではフィールドマップを敵が徘徊していて、近付くとその場で戦闘が開始されます。
戦闘画面への切り替えは無く、ロードなども発生しませんね。
人間キャラの場合、接触後に敵のパーティメンバーが出現したりしますが、フィールドマップがそのまま戦場になる所は面白い・・・。

画像

ちなみにこのゲームは「フェイト/エクストラ CCC」とのコラボが行われていて、PSストアでDLCを無料でダウンロード可能。
このDLCを入手していると、闘技場にいる黒服の女性から、コラボ装備を貰えます。
防具は女性用ですが、武器の片手剣は男性も装備可能で、序盤では非常に高い攻撃力を誇る為、入手しておくと戦闘が楽になりますね。

画像

フィールドマップではボス戦が発生しますが、このボスが結構強く、レベルを上げて装備を整えないと厳しい戦闘。
ただDLC武器を手に入れていたオカゲで、ボスが味方を狙っている時に背後から攻撃するだけで、簡単に勝利出来ました。

このゲームでは、レベルアップするとBPを貰えるので、それを任意のステータスに割り振る事で成長していきますね。
それとは別に、敵を倒すとSBPと言うポイントも入手可能。
SBPを消費する事で、各職業に対応したスキルを習得できます。
そうやってステータスを伸ばし、新しいスキルを覚える事で強くなっていく仕組み。

画像



と言う感じで、まだまだ序盤ですが、思っていたよりは面白い感じですね。
今は新しく仲間を作る事も出来ず、限られたメンバーで対処するしかありませんが、仲間を増やせるようになってくるとゲーム性も違ってきそうです。
仲間の作成自体は解禁されていますが、その為には大金が必要になってくるので・・・。

難点としては、街やフィールドマップでのロード時間が、少々長めと言う所でしょうか。
アップデートで短縮されたようですが、それでも結構待たされますね。
施設の出入りやエリア移動で10秒程度、フィールドマップへの移動は20秒近くかかります。
ロード時間気にする人は、この辺りに抵抗を感じるかも。

それとファイター3人でプレイしていると言う事もありますが、レベルを上げて装備を整えないと、イベント戦闘で苦労しますからね。
サクサクと進めたいと言う人には不向きなゲームかも。
じっくりとプレイしたいと言う人には、結構楽しめそうな雰囲気ですが。

画像
前の持ち主のデータ

そんな感じで、人を選びそうな雰囲気はありますね。
私の前の持ち主は、4時間くらいしかプレイしていませんでしたし・・・。
内容で言えば、今回紹介した部分から少しだけ進んだ程度。
まぁ中古価格なら十分楽しめそうですから、気になる人は安いお店を探してみると良いかも。

[リンク]
・ヴァルハラナイツ3 公式HP
http://www.maql.co.jp/special/game/vita/vk3/


ヴァルハラナイツ3
マーベラスAQL
2013-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴァルハラナイツ3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヴァルハラナイツ3 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる