西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア4 Return その2 [タイムリープ編1]

<<   作成日時 : 2014/02/01 01:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

私はPS3版で本編と追加シナリオクリア済みですから、今回はVITA版からの追加シナリオ「タイムリープ編」からプレイする事にしました。
このシナリオは本編終了後の物語となるので、先に本編クリアしておいた方が良いですね。
物語中盤で判明する出来事が中心になりますから。

本編終了後、プリニー教育係に復帰したヴァルバトーゼと、地獄に残る事になったアルティナ。
しかし進展しない二人の仲にやきもきしていたフーカは、デスコが拾った謎の懐中時計でタイムスリップ。

画像

と言う感じで、第一話「機工術士と最凶姉妹」スタート。
デスコとフーカは見知らぬ土地に現れましたが、謎の男たちに絡まれて戦闘に突入します。

敵は4体だけで、ベースパネルを取り囲むように配置されていますね。
相手はLv3なので、ゲーム始めたばかりの編成でも大丈夫そうです。
フーカとデスコも加入しており、両名はLv4と言う状態ですから。
ただヴァルバトーゼとフェンリッヒが居ないので、その他のユニットが育っていないと苦労するかも。

画像

ちなみに追加シナリオの敵は、こちらのレベルに合わせて強くなります。
追加シナリオを始めるタイミングによって、敵のレベルは違ってくるかと。

敵を全滅させると、機工術士のナギが登場。
彼女の召喚術によって、フーカとデスコが呼び出されたと言う話。
とりあえず状況を説明して貰う為、二人はナギのラボへ移動。

画像

ナギのラボは拠点になっていて、一通りの施設が揃っていますね。
プレネールさん以外のNPCは無く、ショップなどは自動販売機風になっていますが。

画像

ナギの話では、戦争を止める為に召喚術で呼び出されたのが、フーカとデスコだったと言う事。
ラボから見て北にあるグスターク帝国と南にあるレキドナ王国が戦争しており、フーカ達が戦ったのはレキドナの兵士だったようです。

戦争を止める手段としては、片っ端から兵士を倒して行けば戦える者がいなくなり、いつか戦争が無くなると言う割とぶっそうなもの。
ナギだけでは実行に移せないので、召喚術で助っ人を呼び出したと。

画像

そこでナギは協力を求めるのですが、フーカは断り、元の世界へ戻してほしいと言い放ちます。
しかしナギは元の世界へ戻すのは戦争を終わらせた後だと言って、二人を無理やり連れ出すと言う展開に。



進軍の熱砂塵
ここでは7体の敵と戦う事になりますね。
ただ少しずつ進軍すると少数の敵を誘き寄せられるので、突撃しすぎなければ問題無いかと。
こちらのユニットが少ないと苦労する為、戦闘向けのユニットを数体作っておくと良いかも。

画像



凍り付く駐屯地
今回はグスタークの兵隊と戦う事に。
こちらも7体の敵が配置されていますね。
やはり少数ずつ誘き寄せると楽に戦えますが。
ただ特殊技を使って来る敵が多く、ボスはHPも高めだと言う所に注意する必要があります。

画像

戦闘後、ナギのやり方に不満を覚えるフーカとデスコでしたが、ナギは戦争を必ず止めて見せると言って去っていきました。

画像



獣人たちの狼煙
ナギの思惑とは裏腹にレキドナの兵士が国境を越え、グスタークの兵士と戦闘状態に。
ここで場面が切り替わり、暴君ヴァルバトーゼが登場します。
魔力を失う前のヴァルバトーゼですね。

画像

そして再び場面が変わり、レキドナとグスタークの戦いを止める為に戦闘へと突入。
両軍ともプレイヤーしか攻撃してこないので、少しずつ進み、近付いてきた敵から倒して行くと良いかと。
レアリティの高いアイテムの出る宝箱も落ちている為、クリアする前には回収しておきたもの。

画像

戦闘後、大量の敵援軍が到着し、戦いを止めるどころの騒ぎでは無くなってしまいました。
そこへ暴君ヴァルバトーゼが現れ、あっさりと敵軍を蹴散らしてしまいます。
自分たちを連れ戻しに来てくれたと勘違いしたフーカ達はヴァルバトーゼに話しかけますが、逆に怒りを買ってしまい、逃走する羽目に。
その際、目の前の人物が自分たちの知るヴァルバトーゼでは無く、全盛期の力を持っている暴君だと言う事に気付くと。

画像

そして第1話は終了し、次回予告へ。
今回の次回予告では現代のヴァルバトーゼが現れ、いつものようにイワシ抗議をして帰っていきました。

画像



フーカからヴァルバトーゼの説明を受けるナギ。
ここでフーカは「未来の〜」と言う言葉を使っているので、自分たちが過去へやってきた事に気付いた模様。
自力で元の世界へ戻れない事にも気付き、しばらくはナギに力を貸す事も納得したようです。
と言う流れで、第2話「運命の出会い」がスタート。

画像

雪妖精のいたずら
謎の魔物が現れたと言うので、調査に出向くフーカたち。
現地ではシスターアルティナが魔物に襲われており、助ける為に戦闘へ突入します。
この時点でフーカは、400年前の人間界に来ている事に気が付いた様子。
冒頭では過去に来ていた事は理解していたようですが、いつの時代に飛ばされたのかはわかっていませんでした。

画像

と言う事でシスターアルティナを救出する事になりますが、このステージではジオエフェクトが発生中。
ベースパネル周辺は移動力が低下し、遠距離攻撃も不可能。
ここは投げを活用してユニット運ぶと良いですね。

とりあえずプリニーなどのレシーブ距離の長いユニットを、ベースパネル周辺に配置。
次に単体でも強いユニットを持ち上げ、プリニーに投げ込んでレシーブで運んでもらう形。
この方法なら少ない手数で、多くのユニットを前線へ送り届ける事が可能。

画像

戦闘後、アルティナに話しかけるフーカたち。
当然ながら、アルティナはフーカとデスコの事は知りませんでした。
アルティナは兵士の治療へ向かう途中に魔物に襲われたと言う事で、彼女を無事送り届ける為、フーカ達が護衛する事になります。
ナギは魔物が現れた原因を調べたいと言う理由で同行。

画像

ここでシスターアルティナが仲間に。
予想はしていましたが、追加シナリオクリアでシスターアルティナも仲間になりそうな予感・・・。

画像



零下無残
今回はNPCのグスターク兵がいますが、HP1割程度しかありません。
オマケにマップ全域に敵強化+50%のジオエフェクトが発生している為、まずはこちらを排除したいですね。
かなり遠方にジオブロックが配置されているので、今回もレシーブを使って味方を運ぶと良いかと。

ただ敵強化のジオブロックを破壊すると、今度は敵レベルアップの効果が発生します。
ターンが経過すると、敵がレベルアップしてしまうと言う効果。
こちらも厄介なので、銃などの遠距離攻撃で早めに破壊した方が安全。

画像

その後は味方強化+50%、敵弱体化-50%のジオブロックを発動させると、かなり楽に戦えますね。
余裕があるなら、普通に戦っても良いでしょうが。
ちなみにNPCは倒されても問題無いので、囮に使うと楽。

戦闘後、救出した兵士から、魔物はレキドナの兵士が呼び出したと言う情報を得られます。
戦争が激しくなる事に悩まされるナギ。
そしてレキドナの兵士も助けようとするアルティナと、兵士を倒す事で戦争を終わらせようとするナギとで意見が対立。
しかしアルティナを放ってはおけないと、結局力を貸す事になりました。

一方暴君ヴァルバトーゼは、魔物の力で戦争を行う人間にお怒りの様子。

画像



怒れる太陽風
国境を越え、レキドナ領内に侵入したフーカ達が目撃したのは、召喚術で魔物を呼び出すグスターク兵士でした。
今まで召喚術は成功した事が無かったらしいのですが、何故急に魔物を呼び出せるようになったのか疑問を持つナギ。
しかし目の前の惨状は放置しておけないと、レキドナ兵士を救うために戦闘へ突入します。

今回のマップは、中央に絶対領域が発生しています。
パネルに進入できず、パネル上のユニットを持ち上げる事も不可能。
投げで通過する事も出来ないと言う特徴。

画像

このままでは進軍出来ないので、後方にあるワープブロックを活用する事になりますね。
とりあえず後方のジオブロックを黄色のパネルに移動させます。
これで黄色パネル上にいるユニットが次のターンにワープし、前線へ到着。
敵ユニットを攻撃できるように。

ただワープ先で取り囲まれる事も踏まえ、単体でも強いユニットを送り込みたいですね。
打たれ弱いユニットは、タワーを作ってワープさせると安全。

画像



愚劣な魔獣宴
両軍が魔物を召喚するようになった為、大量の魔物同士が争う様相に。
そんな状況でも傷付いた兵士を助けようとするアルティナ。
そしてアルティナを魔物から守る為、フーカ達が魔物を排除すると言う流れで戦闘に突入します。

かなり大量の敵と戦う事になりますが、今回のマップには時限式のジオブロックが落ちているので、これを活用すると楽になりますね。

画像

まずダメージ拡散のジオブロックを、ジオパネルの上に移動。
次にロンリーのジオブロックを、HPの低いユニットで持ち上げます。
HP低いユニットがいないなら、プレイヤー同士で攻撃し、死なない程度にダメージを与えておくと良いかと。

ちなみにロンリーの効果は、パネル上に同勢力のユニットは1体しか配置出来なくなると言うもの。
2体目以降のユニットは進入出来ず、既に2体以上のユニットが配置されている場合は、移動不可能となります。
その為、順番を間違えると味方の行動が阻害されるので注意。

2つのジオブロックをパネル上に移動させると、3ターン後に消滅します。
ロンリーのジオブロックを持ち上げたユニットは、ターン経過時に死ぬように調整。
これでジオブロックが消滅するまで敵は行動出来ず、ブロック消滅時の連鎖で敵はHP半分まで低下。
後は普通に攻撃し、敵を全滅させるだけ。

画像

戦闘後、さらに大量の敵援軍が現れ、それぞれ衝突。
その場面に再び暴君ヴァルバトーゼが現れ、魔物共々一瞬で蹴散らしてしまいました。
そしてヴァルバトーゼとアルティナの出会い。
この辺りは本編でも描かれていましたが、今回はフーカがアルティナを連れ、そのまま逃げると言う展開に。

画像

サブタイトルの「運命の出会い」は、ヴァルバトーゼとアルティナの事を指していたんですね・・・。
フーカとデスコが、過去のヴァルバトーゼとアルティナに出会う事だと思っていました。

そして第2話は終わり、次回予告へ。
安定のイワシネタを披露。

画像



と言う感じで、タイムリープ編も2話まで終わりました。
他の追加シナリオと同じなら、恐らく4話構成。
現状で半分ほど終わった事になります。

結末は本編で語られていますが、今後ヴァルバトーゼとアルティナの物語がどうなるのか楽しみです。
ナギが戦争を終わらせたい理由もまだ判明してませんし、こちらも気になりますね。
新シナリオプレイ中と言う事もありますが、ディスガイア4Rは予想以上に楽しめています。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一生懸命5-2でレベリングしてますwオペレーションアビスの方も発売したいって名乗り出てる会社が沢山あるらしくて期待出来ますね。
neku
2014/02/01 02:20
しばらくアビスの情報は仕入れていませんでしたが、少しずつ進展しているんですね。
このまま埋もれるのは惜しいですし、無事発売されて欲しいものです。
個人的には春先辺りに発売されると助かりますが。
Westwood
2014/02/01 23:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア4 Return その2 [タイムリープ編1] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる