西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア4 Return その4

<<   作成日時 : 2014/02/03 01:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

タイムリープ編は終わったので、本編に復帰しました。
今回は序盤からDLCキャラ入れてプレイしているのですが、こうなるとフェンリッヒの影が薄くなりますね・・・。
フェンリッヒは序盤から加入する拳系が得意なキャラクターではあるものの、その他の固有キャラクターに比べると少々扱いにくく、後日談で固有キャラが増えてくると目立たなくなります。
その為、ファンからはネタ扱いされているキャラクター。

画像

そしてディスガイア4Rでは、マニュアルに記載されているコマンドを入力する事で、第1話の時点から主要なDLCキャラを仲間に加えられます。

DLCキャラには単体への火力が高いアデル、習得魔ビリティーの性能が規格外の日本一ちゃんなど、拳技のライバルが多いですからね。
ディスガイア3Rのセーブデータがあれば、そこにルチルも混ざってきますし・・・。

画像

オカゲで今回は、序盤からフェンリッヒの出番が少なくなりそうです。
先にタイムリープ編をプレイしていたので、ヴァルバトーゼやフェンリッヒ以外のキャラクターの方が、レベル高くなっている事もありますし。

まぁ本編クリアの目安となるLv100くらいまでは、そこまで弱いキャラクターでは無いんですけどね、フェンリッヒ。
固有技と魔ビリティーが少々扱いにくいと言うくらいで。
育成に欠かせない魔拳ビッグバンを自力で習得しますし、育てておいて損は無いキャラクター。



体験版で1-4までプレイしていた為、今回は1-5「合言葉は凄惨第一」から開始しました。
正確には1-4からの再会となるのですが、以前にも記事にしたので省略。

このステージでは特殊部隊アバドンのリーダーであり、現魔界大統領の息子エミーゼルと戦う事になります。
エミーゼルは魔法を得意とするキャラクターですが、投げなどで味方の方に移動させ、集中攻撃を加えると楽に撃破出来るはず。

画像

ちなみにこのステージで全滅すると、特殊なエンディングを迎えます。
一度見ておけばイベント鑑賞屋で何度でも視聴出来る上、エンディングリストも埋められるので、この辺りを気にする人は一度見ておいた方が良いかも。

画像

ただエンディング後は、第1話のチュートリアルからプレイする事になります。
ストーリーの進行状況はクリアされ、もう一度最初のステージからクリアして行く必要があると。
この際DLCキャラや後日談で加入するキャラは仲間から外れ、イベント鑑賞屋のエンディング以外の項目もリセットされます。

仲間の強さや持ち物は引き継がれますが、仲間にし直すのも面倒なので、後々挑戦するようにした方が良いかも。
同様の特殊エンディングは他にもいくつかあり、エンディングリストを全て埋めるには10〜11周ほどプレイする必要がありますから。

ちなみにルチルやステラ、追加シナリオで仲間になるキャラクターは外れないので、これらのキャラクターを強化しておいて、各エンディングを回収しながら進めると言う手も・・・。



エミーゼルを倒すと、ストーリー進行します。
アバドンによって囚われていたプリニーを解放し、約束のイワシを振舞うヴァルバトーゼ。
そして腐りきった政腐を戒める為、行動を開始する事を宣言します。

画像

悪魔の役目は、恐怖を持って人間を戒めると言うもの。
その役目を政腐が怠った為、人間界では犯罪者が増え、結果として魔界にプリニーが溢れたと言う事。
プリニーには罪人の魂が入っているので、昨今のプリニー大量増加は政腐の責任でもあると言う話。

その場に謎の少女が現れ、第1章は終了します。
そして次回予告へ。
この次回予告が色々と味があって、ディスガイア4の魅力のひとつになっていますね。
今回はイベント鑑賞屋で何度も見直せるのは嬉しい・・・。

画像



この後から第2話に突入しますが、その前にいくつかの邪シンボルを解放しておきました。
邪シンボルとは特殊な効果を持つ施設で、ディスガイア3で言う所の委員会に近いですね。

邪シンボルは特定の条件を満たすと、使用可能にするための議題が出現します。
これを可決させると設置可能に。

画像

次に戦挙事務所へ向かい、「邪シンボル配置」を選択。
これで使用可能な邪シンボルを、任意のエリアへ配置できますね。
邪シンボルには魔エリアと言うエリアが設定されており、この中に配置したキャラクターが邪シンボルの恩恵を受けられます。

例えば地獄の教育場と言う邪シンボルは、所属メンバーが敵を倒した際、取得経験値の10%を他の所属メンバーも取得すると言う効果があります。
オーラピラミッドと言う邪シンボルは、所属メンバーが敵を倒した際、取得マナの50%を他の所属メンバーも得られると。

画像

これらの邪シンボルの効果を活用すれば、低レベル帯のキャラクターを育てたり、敵を倒す手段に乏しい僧侶のマナを稼ぎやすくなると。
魔エリアは複数重なっても構いません。

さらに魔エリアにはリーダーエリアがあり、リーダーエリアに配置したキャラクターは、所属メンバーのステータスによって能力アップすると言う特典が。
また戦場で所属メンバーと隣接していると、所属メンバーが覚えている魔法が使えるように。(エクストラゲイン)
ただし他のシリーズのように、エクストラゲインで魔法を覚える事は出来ません。

画像
隣接時には所属メンバーの習得した魔法が使用可能。

このように邪シンボルは活用次第で、戦闘・育成に大きく影響してくるんですよね。
ただ邪シンボルを設置するには土地が1つ必要なので、その分ユニットを配置出来なくなります。
配置ユニットと邪シンボルのバランスが重要に・・・。



と言う事で、今回は邪シンボルのココロの大砲バベルの塔を解放しておきました。

ココロの大砲は、所属メンバーが支援攻撃可能になると言う邪シンボル。
味方ユニットが敵を攻撃した際、その敵が自分の射程内に居た場合、通常攻撃で追撃を行ってくれると言う感じ。
攻撃役は、ココロの大砲の魔エリアに配置する必要はありません。

画像

支援攻撃の回数は、反撃回数と同じ。
反撃回数が多いキャラクターほど、複数回の支援攻撃を行えると。
弓や銃、槍と言った射程の広いキャラクターを配置しておくと、かなり便利です。

バベルの塔は、所属メンバーが二段投げを使える邪シンボル。
複数のキャラクターを持ち上げた状態を”タワー”と呼びますが、バベルの塔に所属しているメンバーがタワーの一番下に居る場合、二段投げを実行可能。

画像

二段投げを使うと、タワーの中間にいるキャラクターが投げを実行できます。
通常より高い位置からキャラクターを投げられるようになる為、高所へ味方を投げ込む事が出来ると。
マップによっては、二段投げの有無で難易度が変わる事も・・・。
ちなみに議題を解放するには、タワー状態で攻撃を行い、ステージクリアする必要有り。

画像

そんな感じで、序盤から作れる邪シンボルでは、この2つが非常に便利。
防衛城塞の邪シンボルも、便利と言えば便利ですね。
防御コマンドを実行していると、隣接した味方キャラのダメージを肩代わりする事が出来るので。
最初は複雑に感じるかもしれませんが、仕様を把握するとかなり役立つので、いろいろと試してみると良いかも。

ちなみに魔界シューズ研究所と言う邪シンボルは、所属メンバーの移動力が上がると一見便利そうですが、直線でしか移動出来なくなるので逆に不便です。
最初は上記の3つの邪シンボルを解放し、それらを活用した方が良いかと。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
9-4でレベリングしてます。ココロの大砲は序盤チート並の威力ですよねw
neku
2014/02/03 02:06
早いですねぇ。
私は割とのんびりとプレイしているので、まだ2話の途中と言う所です。
ココロの大砲は効果把握すると便利ですよね。
攻撃の手数増やせるので、PS3版では重宝していました。
Westwood
2014/02/03 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア4 Return その4 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる