西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア4 Return その8 [第4話]

<<   作成日時 : 2014/02/07 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私がPS3版ディスガイア4で購入したDLCの金額計算してみました。
結果は、追加ディスク等込みで5,700円と言う結果。
逆に未購入のDLC総額は6,000円でした。

ディスガイア4は私のお気に入りの作品ですし、いつかは全DLC購入したいと考えていましたから、未購入のDLC買うお金でVITA版のディスガイア4R買えたと考えるとお得ですね。
実際には店頭割引と初回特典付きで、5,000円程度でしたし・・・。

ディスガイア4関係に使ったお金は総額で15,000円くらいになりましたが、私としては十分満足しています。
VITA版が初ディスガイア4だと言う人は、価格的にも内容的にもかなりお得なパッケージかも・・・。

■ 購入したもの
・アサギ(アドバンスver)(当時100円)
・アデル(300円)
・ロザリンド(300円)
・マオ(300円)
・魔王プリエ(300円)
・ギグ(300円)
・日本一ちゃん(300円)
・プラム(300円)
・ラハールカイザーV(200円)
・ホルルト村(100円)
・勝ち抜き界賊バトル(600円)
・暴君ヴァルバトーゼ編(600円)
・フーカ&デスコ編はじめました。(2,000円)
計 5,700円


■ 未購入のもの
・マローネ(300円)
・アッシュ(300円)
・一文字ピロ彦(300円)
・ピンク(300円)
・主役B(300円)
・ニジレッド(300円)
・リリアンの狂子&折り鶴の明日禍(300円)
・衛生兵(300円)
・死霊魔術師(300円)
・ゲッターマオ(200円)
・宇宙戦艦ガルガンチュワ(200円)
・世界を喰らう者(200円)
・ローゼンガルデン(200円)
・宇宙戦艦『魚強』(イワシ)(200円)
・ボトルシップ(200円)
・ヴァルヴォルガ(200円)
・凶室(100円)
・ガルガンチュワ司令室(100円)
・神の住まい(100円)
・ゼタの魔王城(100円)
・ラハールの魔王城(100円)
・おばけ島(100円)
・ヒーロー訓練施設(100円)
・界賊トライアル(600円)
・魔界オールスターズバトル(600円)
計 6,000円

魔界戦記 ディスガイア 4 Return
日本一ソフトウェア
2014-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔界戦記 ディスガイア 4 Return の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地獄で反旗を翻したヴァルバトーゼでしたが、政腐の発表では鎮圧部隊の活躍で全員処刑されたと言う事。
エミーゼルも死亡した事になっており、政腐の情報操作を打ち破る為、情報局鎮圧に向かう展開。
と言う感じで、第4話「エミーゼルの死」がスタート。

冒頭ではフーカとデスコのイベントがありますね。
フーカをお姉さまと慕うデスコでしたが、フーカはデスコのような妹はいらないと切り捨て、ショックでデスコが泣き出してしまいます。

そこへヴァルバトーゼが仲裁に入り、新党・地獄の一員となったのだから嫌でも仲良くしろと言い、フーカは自分に絶対服従する事を条件にデスコを妹扱いする事にしました。
そんな条件でも、デスコは喜んでいましたが。

画像

何気にフーカとデスコの関係好きなんですよね。
本編と後日談、追加シナリオなどで少しずつ関係変わっていきますし。

画像

4-1「立ちはだかる巨神
情報局まで辿り着いたヴァルバトーゼたち。
ここで強欲の天使と言う名前が登場しますね。
最近魔界を騒がせている、強盗天使の呼び名。

情報局にはその強欲の天使すら入れないセキュリティがありましたが、大統領の息子であるエミーゼルのオカゲで問題無く進入できました。
しかし情報局勤めの悪魔はエミーゼルをも不審者と見なし、排除する為に襲い掛かってきます。

画像

今回のマップは一見平坦な地形ですが、進入禁止効果で大きく回り込む必要があります。
遠距離攻撃可能なら、進入禁止のジオブロックを破壊し、最短距離で攻め込む事も可能ですけどね。
進軍ルートが限られるのは敵も同様ですし、少しずつ進みながら少数の敵を倒して行く方が楽かも。

画像

戦闘後、自身が生きていると言う事を信じて貰えずに憤るエミーゼル。
絶対に自分の生存を信じさせると、意気込みを新たにしていました。



4-2「腐敗の心臓部
さっそく自身の生存を証明しようとするエミーゼルでしたが、情報局の悪魔には信じて貰えず、偽者呼ばわり。
逆に大統領の息子の死をもてあそんだと、怒りを買ってしまう結果に。
しかしヴァルバトーゼの励ましもあって、自身の証明を強く決意するエミーゼル。

画像

今回のステージはジオエフェクトが発生しておらず、狭い空間での正面対決となります。
敵の忍者(男)は正面からの攻撃を50%の確率で回避してしまうので、それにさえ気を付ければ問題無い相手。
側面や背後から攻撃すれば、普通に倒せますから。

画像



4-3「偽りの尖塔
相変わらず父親の庇護を頼りにするエミーゼルでしたが、ヴァルバトーゼは自身の力で存在を証明してみせろと説き伏せます。
しかしエミーゼルには伝わらず・・・。

画像

戦闘では、結構面倒な状態になっていますね。
敵忍者の足元には無敵の効果が発生しており、そのままでは倒すことは出来ません。
ベースパネル前にジオブロックが落ちているので、これを投げ込み、敵の足元にあるジオブロックを消滅させます。
その後、持ち上げ&投げで敵を移動させ、無敵の効果を発揮させないと。
敵が乗っていた無敵のジオブロックは、奥のジオブロックを消滅させるのに使います。

画像

この繰り返しで、全ての敵忍者を倒す事になると。
単純な戦力だけでなく、ブロックを移動させる為に投げやレシーブの射程が重要となるので、そういったパラメータにも気を使うようにすると良いかと。
プリニーは標準的な性能の割にレシーブ距離が6マス、スライムなどの粘泥族は、移動力低めなもののレシーブ距離が7マスなので、育てておくと便利。

戦闘後、フーカが珍しく鋭い意見を発します。
情報局は政腐直轄の施設なので、エミーゼルの死が間違いであると知った上で、情報発信しているのでは無いかと。
エミーゼルの方は、父親が自分を捨てるはずが無いと、信じたくない様子。

画像

ここでフーカの家庭環境も、少しだけ判明しますね。
フーカの父親は、家庭を顧みない感じだったとか・・・。



4-4「共謀する嘘たち
今回もブロック運びが重要となるステージ。
進入禁止のジオブロックが積み重ねられており、そのままでは進軍できない状態なので、ジオブロックの連鎖消滅で道を切り開く必要があります。
狭いステージではあるものの、割と走り回る展開に・・・。

画像

ちなみに槍技などの自身が移動するタイプの技なら、進入禁止を飛び越えて移動できます。
これを利用して強いユニットを送り込み、ブロック運びをせずに敵を全滅させると言う手も・・・。
まぁ1周目で実践するのは難しいかもしれませんが、2周目以降でユニットが育っている場合なら挑戦しても良いかと。

画像

もうひとつの方法としては、進入禁止のジオブロックを破壊し、道を作る手もあります。
ブロック運ぶのが面倒な場合は、検討してみても良いかと。



4-5「破滅的な情報操作
エミーゼルの様子を見て、父親の事を思い出すフーカ。
フーカの父親は2年も帰って来ず、顔も見せに来なかったとか。
フーカはまだ中学3年生ですし、それで2年も帰って来ないと言うのは影響大きいでしょうね。
そういう事もあり、フーカは親に捨てられたと思っていると。

画像

今回のステージは、ベースパネル周辺に持ち上げ禁止の効果が発生中。
普通に攻め込むのであれば、無視しても良いですけどね。
銃器ならベースパネル付近から問題のジオブロック破壊するので、進軍途中に破壊しておくと良いかも。

画像



4-6「堕落しゆく頂上
ようやく情報局局長の元へ辿り着いたヴァルバトーゼたち。
エミーゼルは局長に自身の生存を訴えかけますが、局長は政腐の命令なので発表を覆す事は出来ないと一蹴。
父親に見捨てられたと知り、ショックを受けるエミーゼル。
あまりの様子に、フーカとデスコもエミーゼルを励ましていました。

画像

そんなエミーゼルに対し、ヴァルバトーゼが活を入れます。
生きて自分の存在を示したいのであれば、俺について来いと。
割と無茶を言っている事も多いですが、ヴァルバトーゼはこういう所がカッコイイですね。
皆に道を示していると言う部分。

画像

今回のステージも、なかなかに面倒なつくり。
ベースパネル周辺にはワープの効果が発生しており、ランダムで移動させられてしまいます。
運が悪いと、なかなか先へ進めないなんてことも・・・。
ここは持ち上げや投げを活用し、ワープパネル外で行動終了するようにした方が楽。

画像

また局長などが配置されている辺りには攻撃力+50%の効果が発生しているので、ジオブロックを除去したいですね。
対象のジオブロックまでの道は途切れていますが、投げを活用するとユニットを送り込めます。
投げ込んだユニットは敵に取り囲まれる事になるので、強めのユニットを送り込んだ方が安全。

画像

戦闘後、敗北を認めない局長。
しかしヴァルバトーゼは、敗北を認めるまで何度でも叩きのめすと宣言。
その後局長は目の前にいるのが暴君だと気付き、気圧されてしまいます。

そしてエミーゼルに今後の事を聞くヴァルバトーゼ。
エミーゼルは大統領の息子は死んだと言い、これからは自分自身の力で生き、父親が認めるほどの立派な悪魔になると宣言。
そんなエミーゼルを、ヴァルバトーゼは仲間に加えます。

画像

暴君とエミーゼルが大統領へ反逆しようとしている情報を持ち帰ろうとした局長の前に、謎のプリニーが出現。
プリニーは、情報局の影響で天界が被った被害、その他から1,192,296ヘルを徴収すると言い放ちます。
そのプリニーの中身は、魔界を騒がせている強欲の天使(ブルカノ)でした。
強欲の天使を見たヴァルバトーゼは驚愕し、彼女の事をアルティナと呼んだところで第4話は終了。

画像

ここでエミーゼルが仲間に加わったわけですが、ヘタれた印象とは裏腹に、実際はかなり頼れるキャラクターですね。
典型的な魔法使いタイプで、単体の敵を攻撃した際、魔法攻撃ダメージが50%アップする特徴。
3属性の魔法をそつなく使いこなしますが、PS3版と同じなら自力ではギガ系の魔法までしか習得出来ない為、キャラ界などで魔法を継承しないと火力が伸び悩む事に。

画像

しかしディスガイアでは魔法の方が強くなりやすいので、しっかりと育成していけば自軍に欠かせない存在となります。
汎用キャラの魔法使いに比べるとHPも高く、移動力もありますから。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア4 Return その8 [第4話] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる