西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS イース セルセタの樹海

<<   作成日時 : 2014/03/26 20:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2014年3月19日のフリープレイで、イース セルセタの樹海が配信開始。
イースシリーズは思い出深い作品ですし、前々から興味もあったので、さっそくプレイする事に。
セルセタの樹海ですが、”イースIV”に該当する作品のようですね。
イースIVはイースIIの直後の物語で、SFCとPCエンジンで発売。
しかしどちらも開発会社が違い、ゲームの中身も別物でした。

画像

そして今回のセルセタの樹海は、ファルコムが直接制作。
正統なイースIV的な作品になっているようです。

ちなみにイースシリーズは私の兄が好きだった作品で、兄がプレイしている所を後ろで見ていたと言うのが最初の出会い。
その後兄からPCエンジンを譲り受け、初めてプレイした作品がイースI・II。
PCエンジン版のイースIVでもある、ザ・ドーン・オブ・イースもプレイ済み。

このイースI・IIも今回のフリープレイで配信されましたから、いろいろと思い出深いですね。
実際に遊んでみて、私自身大いに気に入った作品ですし。
イースIIのオープニング曲(アドルがイースへ飛ばされるシーン)は、私のゲームミュージック史上、トップに君臨する名曲。





という所で、セルセタの樹海をプレイ開始。
ゲームをスタートすると、まず難易度選択になりますね。
難易度は「Easy」、「Normal」、「Hard」、「Nightmare」の4種類。
とりあえず今回はNormalを選んでおきました。
ゲーム中に難易度を上げることは出来ませんが、下げる事は可能な様子。

画像

難易度を選び終えたら、ゲームが開始されます。
フラフラした足取りの主人公・アドルが、セルセタ地方の街・キャスニアに辿り着くと言うシーン。
アドルは疲労が激しく、ついには通りで倒れ込んでしまいますね。
そしてオープニングムービーに。

画像

オープニング後、行き倒れたアドルは宿屋の女将に助けられていました。
しかしアドルは記憶を失っている様子。
そこへアドルを知る男・デュレンが登場。

デュレンの話によると、アドルは樹海の探索に向かった模様。
樹海からは生還する人間が少ないらしく、アドルは帰還出来たものの、何らかの理由で記憶を失ってしまったと。

画像

二人が話し込んでいると、慌てた様子の鉱員がやってきて、坑道に魔物が現れたと告げます。
駐留している軍隊は演習で街を離れているらしく、住人達が坑道の様子を見に行く事になりました。

ここでアドルが自由に行動可能となりますね。
操作に関するチュートリアルも表示されます。

坑道へ向かうとイベント。
街に駐留しているロムン軍に、見慣れない女性士官が指示を出していると言うシーン。
町人の話では、女性士官は着任したばかりのグリゼルダ総督だと言う話。

画像

そんな時、アドルは不思議な光の塊を発見します。
どうやら他の人には見えていない様子。
この光の塊に近付いて△ボタンを押すと、アドルは記憶を取り戻すようです。

さっそく光に触れると、誰かとの会話が蘇ってきます。
そしてアドルの最大HPが10増加。
アドルは自分が剣士だったらしいと言う事を思い出します。

画像

アドルにはこの状況を見過ごしてはおけないと言う衝動が沸き上がり、一人でキャスニア坑道へ突入。
坑道を進んでいくとデュレンが追いかけてきて、ショートソードを渡してくれますね。
さらにデュレンが一緒に行動してくれることに。

ここから戦闘行動が可能になります。
○ボタンで攻撃し、×ボタンで回避、△ボタンがガード。
L・Rでスキルを使用し、□ボタンでパーティメンバーと交代。
ちなみにVitaTVにも対応しており、デュアルショック3での操作に合わせて最適化されてます。

画像

戦闘ではスキルを習得する事もありますね。
スキルは装備した後、R+○△□×ボタンの組み合わせで使用可能。

スキルの使用にはスキルポイントが必要となり、これは溜め攻撃を敵に当てると入手可能。
しばらく攻撃しないと力が溜まるので、その後で攻撃を当てると言う感じ。

画像

仲間キャラクターには攻撃属性があり、属性によって敵との相性が発生。
敵との相性によって、操作キャラクターを変更すると言ったプレイも重要になりそうです。
仲間キャラクターも一緒に戦ってくれるので、ある程度は放置でも大丈夫そうですが。

しかしイースシリーズはPSPのナピシュテムの匣以来のプレイとなりますが、アクション性がかなりパワーアップしていますね。

画像

ある程度進んでいくと、巨大な魔物に襲われているサンチョとパンサを発見。
彼らを助ける為に戦闘へ突入します。
通常のザコより体力のある敵との戦いとなりますが、まだまだチュートリアルの過程なので、そこまでの強敵では無いですね。

画像

ここでEXTRAスキルの説明も入ります。
スキル攻撃を当てるとEXTRAゲージが溜まり、最大になった状態でLボタンを押すと、強力なEXTRAスキルを発動させられると。
スキルポイントの消費が多いほどEXTRAゲージは溜まるようなので、これらの要素を踏まえた上で戦っていく必要がありそうです。

画像

さらに奥へと進んでいくと、鍵のかかった宝箱が発見出来ます。
この宝箱は、デュレンにチェンジして△ボタンで開ける事が可能。
このようにキャラクターによって可能なアクションも変わるので、そういった点からもキャラクターを使い分ける事になりますね。

画像

坑道の最深部では、ボス・アルドヴォスとの戦闘に突入。
最初のボスとは言え、パターン読まないと勝利は難しいですね。
モーションは大きいので、ボスが攻撃の姿勢を見せたらステップで後方へ下がり、相手の隙をついて攻撃を繰り返すと良いかと。

ある程度ダメージを与えるとダウンするので、その時にスキルやEXTRAスキルを叩き込むと大ダメージ。
ボスからも溜め攻撃からスキルポイント回収できるようですし、スキルは積極的に使って行った方が良さそうです。

画像

ボスを撃破すると、逃げ遅れていた鉱山長と合流できます。
鉱山長の話では、奥に翼の生えた像が置かれており、それに近付いたら魔物が大人しくなったと言う事。
その像に興味を持ったアドル達は、実際に像を見て行く事に。

像の元へ辿り着いたアドルの頭には、謎の声が響き渡りました。
そして白銀の翼と言うアイテムを入手。
謎は残りますが、魔物を倒して鉱員も救い出した為、アドル達も街へ戻る事に。

画像

街へ戻る際には、白銀の翼が役立ちますね。
ダンジョン内には石碑が置かれており、触れるとHPが完全回復しますが、白銀の翼があるとさらに同色の石碑へワープする事が出来ます。

画像

街へ戻ったアドルを迎えたのは、鉱員たちとグリゼルダ総督。
グリゼルダはアドルとデュレンを総督府に招き、そこで会話をすることになります。
アドルの腕を見込んだグリゼルダは、未開の樹海の地図作成を依頼。
その気があるなら、明日もう一度訪れて欲しいとの事。

画像

そして1日が経過し、アドルとデュレンは地図作成の依頼を受ける事に。
報奨金も多いですし、樹海に行けばアドルの記憶を取り戻せるのではないかと言う事で。

その後は街を自由に探索できるようになりますね。
酒場では様々な依頼を受けられ、達成すると報酬を貰えます。

他にも鉱石などの素材を集め、武器や防具を強化したり、特殊な効果を付与すると言った要素もあります。
ゲームの目的も地図を完成させる事で、実際にフィールドを歩き回って地図を作っていく事に。
私はオートマッピングの地図を完成させるの好きですし、それがゲーム性の盛り込まれていると言うのは新鮮で面白いですね。

画像

そんな感じで、本作はRPG的な要素が強い作品となっています。
私の中でイースシリーズは、ストーリー重視のアクションRPGと言うイメージでしたが、セルセタの樹海でその認識を覆されました。
アクションもシンプルながら奥深く、プレイしていて楽しいですし、序盤ながらにシリーズでも屈指の名作になりそうな雰囲気を感じていたり・・・。

画像

最近はディスガイア4プレイしていたので、気分転換にアクションゲームをプレイしようと言う感覚でしたが、思っていた以上にのめり込んでいます。
ストーリー面でもアドルが記憶喪失になっていたり、過去のイースIVとは全然違う展開となっていますし、こちらも続きが楽しみですね。

[リンク]
公式HP


イース セルセタの樹海 (通常版)
日本ファルコム
2012-09-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イース セルセタの樹海 (通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
イースにも手を出されたんですね。
私のイース初体験はPSPのVIIでした。
体験版がとても面白くて。

戦闘システムやそれ以外もVIIのを継承してるので、このセルセタの樹海も迷わず本体と一緒に買いました。
地図を100%にするのは至難の技なので、完成目指して頑張って下さい。
ORUTA
2014/03/26 23:24
自分も今セルセタの樹海をプレイしていてなかなか良いソフトだなと思いました
オペレーションアビスの発売元が5pbになり発売日も決定したみたいです
6〜7月にかけて出る欲しいソフトが複数あるので今のうちに存分に遊んでおきたいところです


名無し
2014/03/26 23:35
>ORUTAさん
セルセタは私の知っているイースとは全然違いますし、なかなか面白いですね。
地図を埋めながら各地を探索するのが楽しいです。
この作品はイースVIIがベースになっていると言う話ですし、その内VIIもプレイしてみたいですね。
ちなみに今月は思ったより余裕あったので、ダークソウルII買えそうです。

>名無しさん
オペレーションアビスも発売日決まりましたね。
発売延期になった事で色々追加したと言う話もありますし、内容が楽しみです。
何より無事発売されるのが嬉しいですね。
購入できるかどうかはまだわかりませんが、余裕あれば是非ともプレイしたい作品です。
Westwood
2014/03/26 23:55
おお、ついに始めたんですね〜
イースのアクションも当時と比べたらだいぶ変わりましたからね〜
vita版のこれもアプデが何度か行われてるんで、より遊びやすくなってると思いますしね。
樹海探索でマップを埋める作業も楽しいですし、ストーリーそっちのけでガンガン進んだりして遊びまくりました(笑)
ユーク
2014/03/27 00:16
ダークソウル2買えそうで良かったです。
昨日クリアしましたが、とりあえず初回クリアに70時間もかかりました。
前作も相当なボリュームでしたが、今回はそれを更に上回る内容でした。
クリア時のソウルレベルも特に意識しなくても150くらいまで上がってましたし、きっと満足していただけると思います。
ORUTA
2014/03/27 07:04
>ユークさん
慣れない内は操作ミスでEXTRAスキル暴発とか、ガードするつもりでスキル発動なんて事もやっていましたが、アクションはなかなかに快適で楽しいですね。
無視して進める敵も、無理に戦っていました。
知らない土地を探索して回るのも楽しいですし、セルセタの樹海は良いゲームですね。

>ORUTAさん
ダークソウル2はβテストで軽く触れた程度ですが、進行ルートが複数あって大変そうでしたね。
前作でも全て回るとかなりの広さがありましたが、それ以上となるとかなり迷いそうです。
その方が私としては楽しめそうですけど。
ディスガイア4とイースも並行してプレイする事になるので進行速度は遅いでしょうが、前々から注目していたタイトルなので楽しみです。
Westwood
2014/03/27 07:37
フリープレイでダウンロードしたセルセタ、始めてみた!
ファルコムは久しぶり!
イースは初めてかな。
とりあえずドラクエまでの繋ぎ的な気分で始めたけど、
以外と面白くてはまりそうです。
いやささ
2017/07/16 20:50
セルセタの樹海、面白いですよね。
操作もそれほど難しくは無く、それでいてアクション性も高いですし。
それ以外のゲームシステムも作りこまれていて、個人的にはシリーズでも上位の作品だと思っています。
PS4版のイース8も発売されたのでこちらもプレイしたい所ではあるのですが、今は積みゲーが多すぎて手が出ない状態だったり・・・。
Westwood
2017/07/17 11:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イース セルセタの樹海 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる