西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ナチュラルドクトリン その6

<<   作成日時 : 2014/04/22 03:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今さらですが、このゲームではイベント時のグラフィックを、アニメフルリアルの3タイプから選択出来ます。
演出に乏しいゲームではありますが、アニメ調のグラフィックが苦手と言う場合は、リアルを選択しておくと良いかも。
モデリングそのままで表示されるので、アニメに慣れてしまうとちょっと怖いですが。

画像
アニメ

画像
リアル

ちなみにフルだと、立ち絵がそのまま表示されます。
表示されるサイズがかなり大きい為、背景を覆い隠してイベントシーンがわかりにくなってしまうと言う難点も。
立ち絵がフィールドのユニットに被さり、ユニットの動きがわからないと言う事もありましたから。
無難に行くなら、アニメかリアルを選択した方が良いかも。

画像
フル

またストーリーが進むと、タイトル画面の一枚絵の種類も増えますね。
こういう所は良いかも。
最初から表示されていた事に気付かなかっただけかもしれませんが。

画像



アスワン神殿に辿り着いたイフ達は、リザードマン族との交渉に入ります。
ステージ説明では、人間にプルトン魔法を伝えた大賢者ソロモンの学んだリザードマンの聖地と言う事でしたが、リザードマンが言うにはソロモンは魔法を盗み出した盗人だったようです。

リザードマンは力を示したイフ達を認め、話を聞いてくれることになりますね。
ただ対話の使者に選ばれたのは、魔法の使い手のみ。
と言う事で、ネブラをマップ奥まで移動させる事になります。
それ以外のユニットに階段を登らせると、リザードマンとの戦いに・・・。

画像

ストーリー展開上、ほぼ勝てない強さの相手と戦う羽目になるので、素直にネブラを移動させた方が良いですね。
無駄な手間を取らされてしまうので。

ネブラはリザードマンに「ソロモンの罪を償い、賢者の理を修めたい」と目的を告げます。
しかしリザードマンは、ネブラの求めるものはここに無いと告げますね。
全てソロモンが持ち去ってしまったと言う事。
ただ正しき者の証を立てる事が出来れば、リザードマン族の秘儀を授けてくれると言う話になりました。
その為ネブラは、水流れの試練を受ける事に。

画像

アスワン神殿にはグリオンの情報や人間の知らない真実を求めてやってきたはずなのに、ソロモンの罪を償うとか試練を受けて秘儀を授かるとかよく分からない展開になっていますね。
まぁ賢者の理を修めたいと言うのは真実を知りたいと言う意味にも受け取れますが、真実は奪い去られており、代わりに秘儀を授けると言うのでは文脈が繋がらないような・・・。

画像

真実を記された石碑などが奪われたと言うなら一応繋がりますが、では何故秘儀を授かる事になるのか。
秘儀を授かればその理由がわかるのかもしれませんが、会話の繋ぎ方に問題があるのかなぁ・・・なんて思っていました。
グリオンがどうこうなんて話は、一切出て来ませんし。

ストーリー上の疑問は置いといて、まずはネブラを操作してマップ奥まで移動させる事になります。
ここではネブラしか操作できませんね。
連続して行動順が回ってくる為、逆に楽ですが。

マップの奥には、プルトンを結晶させたウラトリウムが置かれていました。
リザードマン族の秘法。

画像

このウラトリウムが欲しいかと問われますが、これは罠ですね。
入手してしまうとリザードマンの怒りを買い、その場で戦闘に突入します。
やはり勝ち目のない戦い。

画像

ここは何も行動せずに待機するのが正解。
すると一時的にウラトリウムを預けても良いと言われるので、その後でウラトリウムをターゲットし、アクションを起こします。
これでステージクリア。

画像



ウラトリウムを借り受けた一行は、試練を受ける為に水流れの坑道へと向かいます。
ウラトリウムがあれば、魔法などのプルトンを消費する行動が無制限に使用可能と言う話。
なのでプルトン消費のスキルなどを習得した状態で挑むと良さそうですね。

ちなみにウラトリウムを所持している状態では、水流れの坑道にしか移動できません。
フリーダンジョンでも使えたなら良かったのですが・・・。

画像

と言う事で目的地に移動。
ここでは大量のグリオンと戦う事になりますね。
グリオンにはプルトン魔法が効果的と言う事なので、ネブラの魔法を有効活用したいもの。

イフやタチアナには魔力の銃弾を覚えさせて攻撃させるのも良いですね。
プルトン魔法に弱い敵に効果が高いと言うスキルなので。
メルはゴーレムにプルトンの砲撃を覚えさせておくと便利。

画像

開始直後はイフの行動に、ネブラ、メルを連携させ、ゴーレムを前線に配置。
ゴーレムはプルトンの砲撃で、離れた地点にいるグリオン・ラーヴァを攻撃させておくと良いですね。
イフとネブラは、手前にいるグリオン・ラーヴァ2体を撃破。
イフが魔力の銃弾を使えるなら、攻撃さえ外さなければ一人で殲滅可能ですが。

続いてジークの行動にイフとメル、ネブラを連係させ、奥にいるグリオン・ラーヴァを撃破。
ネブラはゴーレムやイフに鋼の加護の魔法を使い、防御力を高めておくと安心。

画像

その後はゴーレムを先頭に少しずつ前進していきます。
鋼の加護を掛けておけば大したダメージ受けませんし、プルトンの砲撃は3エリア離れた相手も攻撃可能。
さらに射線上の敵を貫通し、中型のグリオン・トルーパも一撃で倒せる火力がありますからね。
小型の群れはゴーレムの範囲攻撃で一掃出来ますから、ゴーレムに攻撃スキルを覚えさせておけば敵を殲滅するのは簡単でした。

敵を全滅させたら、奥へ進む前に手前側の宝箱を回収。
その後で、適当なユニットを奥へと進ませます。

奥に進むと、壁を壊してグリオン・ウルトラが出現。
こいつは大型の敵なので、隣接すると即座に行動してきますね。
相手から1エリア離れた地点にゴーレムを配置し、その後方から味方が攻撃すると良いかと。

画像

ちなみにグリオン・ウルトラのHPは2084。
ゴーレムのプルトンの砲撃なら一撃で1200ダメージとか与えられるので、メルの連係ターンを増やしてゴーレムに攻撃させると楽ですね。
1匹目のHPが減ると2体目のグリオン・ウルトラが現れますが、意外と楽に撃破できました。

ただグリオン・ウルトラは、自分の行動ターンでグリオン・ラーヴァを複数召喚してきます。
連係ターンでグリオン・ウルトラに動かれると厄介なので、可能な限り連続イニシアチブを取り、一気に敵を殲滅してしまいたいもの。
魔力の銃弾を使えるイフや魔法を使えるネブラの連係ターンを増やし、ザコを倒させると良い感じ。
ウルトラはゴーレムだけで十分倒せますし。

画像

グリオン・ラーヴァは火力低いので、鋼の加護を掛けておけば微々たるダメージしか受けません。
イフはさすがに防御させておいた方が安心ですが。
数が多いのが厄介なものの、密集したらゴーレムの範囲攻撃で一掃出来る為、盾役の防御力上げておけば問題無く対処できるかと。

画像

敵を全て倒したら、マップ奥にある宝箱を開けるだけ。
中にはソロモンの遺物である賢者の帽子が入っていました。
これが試練の証だったらしく、入手した時点でステージクリア。

画像

大量の敵を相手にする上、大型の敵2体とも戦うステージでしたが、プルトン使い放題だと恐ろしく楽ですね。
苦戦らしい苦戦は無く、あっさりとクリア出来ました。
リトライも無し。
ウラトリウムを返さなければならないのが惜しまれます。



グリオンを倒せると知り、希望を見出す一行。
試練も達成したので、一度アスワン神殿に戻る事になります。
しかしリザードマンの一部派閥は人間に手を貸す事を拒み、指導者ヒルデの制止を振り切ってこちらに襲い掛かってきました。

画像

と言う事で、リザードマンとの戦いに突入。
今回は広い面積で敵と接触する事になり、苦戦を強いられますね。
初手を間違うと、そのままゲームオーバーになる可能性大。

最初はイフをゴーレムの隣に移動させて盾防御。
メルを連係させ、ゴーレムをひとつ前のエリアに移動させてから防御します。
これで敵の攻撃はイフとゴーレムに集中する為、即ゲームオーバーになる事は避けられるかと。
魔法使う敵も多いので、ゴーレムでジークへの射線を封じておく事もポイント。

画像

ジークの行動になったら、合致する反撃でイフとネブラを連係させます。
イフは1エリア前に移動させ、優れた盾防御を実行。
ネブラも連係させ、イフに鋼の加護を使用します。
ジークは前線に出すと簡単に倒されますから、合致する反撃や勇将の鼓舞でイフの手番を増やす方が活躍できるかと。

ジークの行動が終わると、敵が連係ターンで一斉に攻め込んできます。
ゴーレムが集中攻撃を受けますが、スキルでHP増やしておかないと耐えられないかも。
鋼の加護を使っておけば安心ですが、その場合はイフの方が不安になりますし・・・。

敵の攻撃を耐え、アンカの順番になったら攻撃開始。
イフも銃に持ち替え、正面の敵を攻撃させます。
アンカも同じ敵を狙うと良いですね。
ジークはイフに回復薬を使い、メルはゴーレムを回復。

画像

ネブラはゴーレムに鋼の加護をかけておきます。
まだウラトリウムは所持しているので、プルトン残量を気にせず使用して行けますね。

次の敵の行動は、配置の関係で連係ターンに絡む数は少な目。
前衛も攻撃を受けにくいので、HPを回復させておけば問題無し。

次のタチアナの行動では、やはりイフの前方にいる敵を攻撃させます。
タチアナは火力が高いので、HP高めの敵を狙わせ、弱った敵はイフやアンカ、メルに倒させた方がお得。
敵の配置にも左右されますが、この時に敵2体は倒しておきたいもの。

画像

ターンが経過すると、リザード族の英雄ヒルデが味方NPCとして登場。
ヒルデを守れと言われますが、ヒルデはHP4000もあり、そう簡単に倒される事はありません。
火力も高く、敵をガンガン倒してくれますし、ヒルデの行動に連係ターンを発生させる事も出来ますから、かなり楽になりますね。

画像

そこで中央の敵はヒルデに任せ、プレイヤーはイフの前にいる敵を殲滅。
片側だけでも敵を倒せば後衛を逃がせますから、後の展開が楽になります。
上にいる僧侶から、魔法で攻撃されないように気を付けるのみ。
リザードマンは知力高いのか、睡眠魔法は抵抗される事も多いですし、無力化するのは難しいです。

ターン経過かある程度敵を倒すとイベント。
ヒルデが同族に呼びかけ、戦闘は終了となります。

この後はウラトリウムを台座へ戻す事に。
戻さずに持ち逃げしようとすると、再び戦闘になりそうな雰囲気。
やり直すのが面倒だったので、試してはいませんが。

ウラトリウムを返却すると、プルトンへの欲望に打ち勝ったとして、ヒルデから認めて貰えます。
ソロモンの遺物である賢者の帽子を身に着ける事も許され、ネブラには自然の伝道師ドルイドを目指せと言われますね。
今後は北の霊峰を訪ねれば、滅びを待つ古き者がネブラたちを導くと教えられます。

画像

後は入口にユニットを移動させ、撤退すればクリア。
ちなみに水辺の床にはスイッチがあり、これを踏むと宝箱のある隠し部屋が開きます。

宝箱はアンカで開ける必要がありますが、片手剣や杖が手に入るので開けておいた方が良いかと。
プルトンも補充出来ますし。
敵もいないので、回復薬などで連係ターンを発生させ、アンカを連続行動させると楽。
連係ターンでは宝箱を開けられないので、移動させるだけですけど。

画像

ステージクリア後、ネブラのクラスがドルイドに変化していました。
習得可能なスキルも増えています。
ジークやタチアナは習得スキルが少ないと思っていましたが、同じように途中でスキル増える可能性もありそう。

恐らくこの新しいスキルが、リザードマンから授かった秘儀なのでしょう。
結局、不死王ゴモラに言われた真実はありませんでしたが・・・。
真実を知って絶望するだろうみたいな事言われたのに、たらい回しと言う展開。

画像


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナチュラルドクトリン その6 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる