西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の屍を越えてゆけ2 ゲームシステム体験版配信開始

<<   作成日時 : 2014/04/25 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

VITA用ソフト「俺の屍を越えてゆけ2」の体験版が配信されました。
今回はゲームシステム編と言う事で、基本となるゲームシステムを体験できます。
7月には製品版にデータを引き継げる体験版も出ると言う事。
製品版の発売日は、2014年7月17日。

画像

体験版をスタートすると、まずプレイヤーの性別を選択する事になります。
この辺りは好きに入力しても構わないでしょうね。

次にプレイヤーの顔を選択します。
ここではVITAに付属しているカメラで自分の顔を撮影し、それを元にゲーム用のキャラクターを作成可能。
写真をそのまま使うのではなく、写真に似た顔を自動的に作ってくれると。
VitaTVにはカメラが付いていないので、この機能は利用できませんが。

画像

手動で調整を選ぶと、全てを自分でクリエイトする事も可能。
割と細かく調整できるので、自分好みの顔を作りやすいかもしれませんね。
ちなみに写真を取り込んだ後、手動で調整する事もできます。

画像

顔を作成したら、次に苗字を決定。
これは一族の名前として最後まで変えられないようなので、ちゃんと考えておきたいですね。
登録されているものからランダムで選ぶこともできますが。
自分で設定する場合、漢字4文字まで入力可能。

次に名前を選択。
こちらも漢字4文字まで入力可能で、ランダムで選ぶこともできます。

画像

次は初期の職業選択。
剣士弓使い薙刀士壊し屋大筒士槍使い拳法家踊り屋の中から3つまで自由に選択できます。
ここで選んだ3種の職業が、最初から解放されているようですね。
前作は剣士と薙刀士、弓使いで固定でしたから、この辺りは自由度上がっています。

職業を選んだら、一族の色選択に。
こちらも後々変更不可能でしょうから、それを踏まえた上で選んでおきたいですね。

画像

最後はゲームモード選択になるようですが、体験版では選べず。
前作と同じなら、敵の強さや入手する経験値やお金のバランスを調整できるのかと。

各種選択が終わったらセーブ。
何気に複数のデータを選べるので、俺屍2ではVITA1台で複数の一族のデータを作成できるのかも。
前作やPSP版だと1台でひとつのセーブデータしか作れませんでしたし、こういう改良はありがたいですね。
新しく何度もやり直したくなるゲームですし。

画像



セーブが終わったら本編。
コーちんと言うキャラクターが、いろいろと説明してくれますね。
体験版だとゲーム内時間の1年間のみプレイ可能。

画像

さっそく討伐に出かけてみましたが、基本的な部分は前作と同じ。
しかしグラフィック面で大幅に進化しています。

画像

戦闘が開始されるとルーレットが回り、ここで選ばれたものが入手できると言う部分も前作と同じ。
戦闘では敵味方共に3Dのモデルが表示され、前作よりも派手な演出が楽しめます。
戦闘中にキャラクターのステータスを確認したり、戦闘行動を委任できるようにもなっています。

画像
画像

キャラクターデータ画面も、ほぼ前作と同じ。
3Dグラフィックになった事で、3Dモデルを閲覧したりできます。
さらにはQRコードを表示できますね。
このQRコードをVITAのカメラで読み取ると、そのキャラクターデータを他のユーザーが受け取れる模様。
受け取ったキャラデータは、養子や結婚などで使用可能。

画像

面白いのが、SNSとの連動機能。
Twitterなどにゲーム画像などを投稿する機能ですね。
画像にスタンプを押し、表示したくない項目を隠す事も可能。
この機能を使って、上記のQRコードを配布する事も出来ますね。

画像
画像



上手く表示されませんが、↑のような感じに。

他にも月報と言う項目では、一族の歴史を見る事ができます。
システムでスクリーンショットの自動撮影を許可しておくと、撮影したスクリーンショットが表示される仕組み。
過去の出来事を振り返る際には、面白いシステムとなりそうですね。

画像

また何をすれば良いのかわからないと言う人の為に、ある程度オススメで行動を決定してくれる機能もあります。
全ての行動を自動で決定して貰うほか、提示された候補の中から自分で選んでいく事も可能。
装備やアイテムの購入に加え、街への寄付なども行ってくれますから、かなり便利ですね。
ゲームに慣れてきてからも、活用する機会は多そうです。

画像

そんな感じでシステム編の体験版をプレイしていました。
基本的な部分は前作を踏襲し、細かな所で様々なパワーアップが図られていると言う感じですね。
PSP版も良いリメイクでしたが、こちらも良い続編となりそうです。
個人的にはそこまで期待していなかったのですが、体験版プレイして製品版も遊んでみたくなりました。
発売日に購入できるかどうかはわかりませんが、いつかは遊んでみたいですね。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺の屍を越えてゆけ2 ゲームシステム体験版配信開始 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる