西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS イース セルセタの樹海 その4

<<   作成日時 : 2014/04/02 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

樹上集落コモドですが、カーナが仲間になった後は施設を利用できるようになります。
強い武器や防具も売られているので、装備を一新しておくと良さそう。
また集落にはアクセサリー屋があり、素材からアクセサリーを作成可能。
アクセサリーには様々な特殊効果がありますし、いくつか作成しておくと良さそうですね。

前回仲間に加わったカーナですが、射属性のキャラクター。
投げナイフを武器にしており、離れた地点から敵を攻撃出来ます。
女性ゆえかHPは低めですが、敵との距離を保って戦うと強いかも。

画像

コモドから南西に進んでいくと、光の塊がありますね。
アドルが故郷の村を旅立つと言う内容。

そのまま南西経由でグルっと回ってくると、跳ね橋を降ろしてショートカットを開通出来ます。
キャスニアに戻る時に便利なので、ショートカットは開通しておきたいもの。
コモドの近くにもショートカットの跳ね橋があるので、こちらも開通しておくと楽に。

画像

ショートカットに向かわず東方面に進むと、目的地の千古の巣穴に到着。
中に入るとイベントがあり、仮面の戦士たちとの戦闘に突入します。
割とタフな相手複数と戦う事になる為、普通に戦うと厳しいですね。
カーナで距離を取りつつ、ナイフ投げてる方が安全かも。

画像

戦闘に勝利すると、仮面が消失。
操られていたコモドの住人達が意識を取り戻します。
ただ奥にも誰かが残っているらしく、アドル達はそちらへ向かう事に。
途中道が塞がれていますが、カーナのアクションで道を作る事が可能。

画像

内部の敵はなかなか強く、弱点を突いていかないと撃破は難しいですね。
フィールドと違って待機していてもHPは回復しない為、無駄なダメージを受けないように相手の側面や背後から攻撃して行った方が良いかと。
正面からごり押しだと、割とダメージ受けてしまうので。

道中もカーナのアクションで道を作る必要があります。
その仕掛けさえ見落とさなければ、迷わず先に進めますね。
そして石版の先では、ボス・メルドレイビーとの戦いに。
こいつはカーナで遠距離攻撃し、ボスが攻撃する様子を見せたら回避に専念すると言うパターンで楽勝。

画像
画像

ボスを倒して奥に進むと、小人の腕輪を入手。
装備すると小人になり、攻撃力と防御力が低下しますが、小さな通路を通れるようになると言う効果。
と言う事で、さっそく小人になり、今まで進めなかった通路を探索。

小人だとサイズ差が面倒になる為、カーナで遠距離攻撃した方が楽。
アグリーグと言う敵は小人状態で倒すのは難しい為、無視して進んだ方が安全です。

画像

奥へ進んでいくと、特殊な扉の前に到着。
ここでは道中で見つけた石版の欠片をはめ込む事になります。
石版の欠片は全部で3つ。
全て鍵付きの宝箱に入っているので、足りない場合は開けてない宝箱を探すと良いかと。

画像

扉を抜けると、仮面を付けたレムノスを発見。
しかしレムノスの意識は無いらしく、ボス・グルカリオスを襲い掛からせてきます。

画像

と言う事で、2度目となるボス戦。
グルカリオスは正面からの攻撃をガードするので、側面にある足を攻撃。
ある程度戦っていると突進攻撃を繰り返して来ますが、その後に気絶して正面にある弱点を晒してしまうので、そこへEXTRAスキルなどを叩きこむと良いですね。
突進は回避するより、タイミングを合わせてフラッシュガード後、無敵時間を利用して距離を取った方が安全。
失敗しても通常のガードになりますし。

画像
画像

ボスを撃破すると、アドル達の前に魔道師バミーと名乗る女性が出現。
このバミーがコモドの住人達を操っていた張本人のようですね。
そしてバミーはレムノスを連れ、どこかへ転移していきました。

画像

その後アドル達はコモドへ帰還。
カーナの父アサドは、自分を倒したのがレムノスだと気付いていたようです。
レムノスは戦士としての才能が無いと思われていましたが、実は天才的な能力を秘めていて、姉を立てる為に力を隠していたと言う事。
アサドもその事を知っていたので、襲撃の際に感づいた模様。

ただバミーについての情報は無し。
以前のアドルはコモドを旅立った後、大河にある集落に向かったと言う話を聞けたので、次はその集落を目指す事になります。
カーナはここで離脱。

画像

ここからコモドのクエストを受けられるように。
ショップでは新しい装備も売られているので、お金を稼いで装備を一新しておきたいもの。

コモドから外に出ると、レオ団長とサンチョ、パンサが現れました。
迷いの森を突破し、ここまで辿り着いた模様。
樹海に足を踏み入れて生還した人間は少ないと言う話でしたし、何気に優秀なのかも・・・。

画像

新しい目的地が提示されましたが、一度キャスナンに帰還。
ストーリーが進展した為か、住民の会話内容が変化していますね。
一通り話しかけておくと面白いかも。

グリゼルダに話しかけた所、コモドの集落を発見した報告が行えました。
さらに地図作成の報酬として、合計8,000G獲得。

現在の地図作成率は38.3%。
大河の東半分はほぼ探索し終わった形ですね。
まだ北東部分が残っていますが、こちらはまだ入れない所ですし、後々探索する事になるのでしょう。

画像

と言う感じで、コモドでの騒動が終わりました。
しかしバミーの登場は驚きましたね。
彼女はPCエンジン版のイースIVにも登場していた人物。
PCエンジン版のイースIVとは全く異なる物語となっていますが、主要人物はある程度共通なんですね。
バミーは3人組の一人でしたから、この調子だと残りの2名も出て来そう・・・。

画像
PCE版のバミーたち

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イース セルセタの樹海 その4 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる