西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS イース セルセタの樹海 その5

<<   作成日時 : 2014/04/04 07:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

大河の麓にあると言う集落を目指して、探索開始。
千古の巣穴から北西に抜けると、霧ヶ峰に到着。
一面を霧が覆っていて、視界が悪くなっていますね。
迷いの森と同じようでループする地形になっており、正しいルートで進まないと元の場所へ戻される仕組み。

入口から北東の道を進むと、探検家ピジョンとラビットと言うNPCに遭遇。
彼らも道に迷っているようですが、ピジョンに話しかけると下り坂に進むのが正解のルートだとわかりますね。
と言う事で、下り坂の方へ進むと、霧ヶ峰を抜けられます。
出口には石碑もありますね。

画像

霧ヶ峰を抜けた先には精霊樹の苗木があり、テントを張る事が可能。
ここで休むとアドルの記憶が蘇ります。
獣の背に乗り、誰かと話しながら河を渡っていると言う内容。
ちなみにテントを張った地点から、大河にある集落の姿を一望する事も出来ました。

先に進むとアルゴン大河流域に到着。
そのまま道に沿って進んでいくと、水上集落セルレイに辿り着けます。

画像

集落に入るとイベント。
ここでもアドルを見かけた住人が周囲を取り囲んできます。
アドルのせいで漁に出られなくなったと言う話。

素直に捕まったアドルとデュレンでしたが、住人の一人から川に毒が流されたと言う話を聞きます。
住人がそんなことをするはず無いので、部外者であるアドルの仕業だろうと。
その後部屋の中で光の塊が発見でき、これを調べるとアドルの記憶が蘇ります。

画像

蘇った記憶は、以前セルレイを訪れた際、まとめ役のオズマと挨拶をしていると言う内容。
その後はオズマの案内で、聖獣スパーダを見学。
セルレイの住人はスパーダに乗って、漁を行っていると言う話。
そして実際にスパーダに乗り、河を渡ったと言う所で現在に戻ってきます。

画像

記憶を思い出したアドルの元へ、オズマが訪ねて来ました。
オズマはアドルの処遇には何とも言えず、真犯人を自分の手で突きとめ、無実を証明してはどうかと提案してきます。
そしてオズマが監視役として、一緒に行動する事になりました。

自由を得たアドルは、真犯人の情報を得る為に住人から話を聞くことに。
住人の話では、毒が流されるようになったのはアドルが集落を去った後。
毒は真っ赤な色をしており、大河を染める模様。
そして毒は大河の上流から流されたと言うこと。

アドルとデュレイの推測では、毒を流した真犯人は人では無いと言う結論になりました。
大河を真っ赤に染めるほどの毒を流すのは、人では無理な話だと。

その話を聞いたオズマは、アドルとデュレンを大河に連れ出します。
そしてオズマは毒を流した犯人を知っていると、アドルに謝罪してきますね。
毒を流しているのは、聖獣と崇められているスパーダ自身だと。
恐らくは上流に住む野生のスパーダが、毒を流しているのではないかと言う話。

画像

野生のスパーダには毒を吐くと言う習性があり、その事実はスパーダを育てるオズマの一族しか知らない話。
幼獣の牙を折ると大人しくなり、毒も吐かなくなるので、オズマの一族は幼獣を捕えて育てている模様。
その事実は、秘匿するように言い伝えられていたそうです。
ただ大河を染めるほどの毒が流されたのは今回が初めてだと言う事で、オズマは事態を究明する為、アドル達に協力を依頼すると言う展開。

その依頼を受けたアドル達は、スパーダの生息地に向かう事になります。
ここでオズマがパーティに加入。
オズマの属性は射で、武器は槍。
縦に射程の長い攻撃が可能でした。

画像

出発前には、装備を見直しておきたいですね。
セルレイでは、麻痺の状態異常を発生させる武器が売られています。
防具も新しい物が売られているので、余裕があれば購入しておきたいもの。
またここの鍛冶屋では、動物や植物素材で装備を強化する事も可能。
鉱物系素材に比べると動物や植物素材は入手しやすいですし、こちらも強化しておくと楽になります。

画像

セルレイ付近にはアドルの記憶がありますね。
光の塊を調べると、オズマと会話している記憶を思い出します。
大河の対岸にあると言われる始原の地に興味を抱いているアドルと言う内容。

南に進むと滝があり、その裏がスパーダの住処。
スパーダの住処になっている遺跡は、オズマのアクションを駆使して進む事になります。
水中にあるひび割れた壁や岩石を破壊し、道を作ると言う感じ。

画像

このダンジョンで流れる曲も聞き覚えありますね。
ハッキリとは思い出せませんが、過去のシリーズで使われていた曲かも。



ある程度進むと石碑があり、その奥でボス・ヴォルナークとの戦いに。
こいつは口から水弾を放って攻撃してきますが、回避するのは難しくありませんね。
オズマのスキルで防御力を上げ、敵が攻撃の姿勢を見せたら回避と言う感じでアッサリ勝利できました。

画像

ボス撃破後は、奥にある宝箱から水竜の鱗を入手。
魔法具として装備すると水中呼吸が可能となり、×で潜水、△で浮上すると言う効果。
今までの道中にあった水中の宝箱も、これで開けられるようになる模様。

水竜の鱗を手に入れたら、水中を探索。
最初に訪れた時には進めなかった道を進めるようになっていたりするので、注意深く道を探すと良いですね。
水中でも普通に敵が徘徊していますが、ここはオズマを使うと楽に突破できるかと。
オズマは水中での溜め攻撃が、近接範囲になりますから。
通常攻撃も2回まで可能。

画像

また水中では水流が発生している地点もあります。
水流に巻き込まれると押し戻されてしまうので、水中の様子を確認しながら進みたい所。
場所によっては物陰に隠れて水流をやり過ごし、タイミングを見て先に進む場所もあります。

画像

最深部まで進むと、石の扉を発見。
ここは石版の欠片をはめ込むと開ける事が出来ます。
石版の欠片は全部で3つ。
全てこのダンジョン内にある、鍵のかかった宝箱の中に入っていますね。
水流を回避して進んだ先にある欠片が見逃しやすいかも。

画像

扉を抜けた先では、ボス・アンゴラボラス戦に突入。
今までとは違い、水中でのボス戦になりますね。
とりあえずボスから逃げる為、画面手前に向かって移動。

しばらく泳いでいるとウニのような機雷が現れるので、これを攻撃するとボスの方に飛んでいき、爆発でダメージを与えられます。
これを繰り返しているとボスが壁を壊して逃走。

画像

ボスの後を追いかけると陸地があり、ここで再戦となりますね。
アンドラゴラスの弱点はアンコウの発光体のような部分。
時々頭を下げて来るので、その時に弱点を攻撃すると言うパターン。
発光体が光った時が一番のチャンスですが、その後に噛み付き攻撃をしてくるので、ある程度攻撃したら距離を取って回避すると良いかと。

画像

スタンさせると地面に倒れますが、その際に頭の上に登り、頭部の上にある弱点を攻撃可能。
EXTRAスキルはここに叩き込むと大ダメージ。

割と攻撃パターンを読みやすい相手で、距離を取っていれば攻撃を回避するのは簡単。
咆哮でもダメージを受けると言う事に気を付ければ、そこまで苦労する相手ではないかと。
咆哮もガード出来ますし。

ボスを倒した後は、遺跡の奥へ。
ここでナイフで傷付けられたスパーダの幼獣を発見しました。
幼獣の傷はオズマが治療しましたが、そこへ野生のスパーダが出現。
野生のスパーダは幼獣が傷付けられた事に怒っていて、それで毒を吐いていた模様。

画像

気の立っているスパーダに襲われそうだったアドル達でしたが、助けた幼獣が大人たちを説得してくれたらしく、大人のスパーダ達は去っていきました。
そこへ獣使いのガディスと名乗る男が出現。
幼獣を傷つけ、スパーダに毒を流させていた張本人。

ガディスのやり方に怒りを覚えるオズマですが、ガディスは獣を痛めつけて言う事を聞かせるのと、幼獣の牙を折り人間に従うように仕込むオズマ達のどこが違うと吐き捨て、その場を去っていきました。
それに返す言葉の無いオズマ。

画像

そしてアドル達はセルレイに帰還。
オズマはガディスの事を村人に話し、アドルが犯人ではないと告げる模様。
しかしスパーダの秘密はそのままにしておくようです。
スパーダは聖獣として祀られていますが、それには何か意味があるのではないかと言う事で。

画像

ここでオズマがパーティから離脱。
セルレイのクエストを受領できるようになりました。
お金が結構少なくなっていたので、クエスト追加は助かります。

セルレイから外に出ると、レオ団長一味が登場。
コモドを出た後、セルレイまで辿り着いた模様。
何気に優秀ですね・・・。

しかしグリセルダから伝書鳩で指令が届いたらしく、キャスナンへ帰還する事になったようです。
アドル達も、一度キャスナンに戻る事に・・・。

画像

という所で、今回は終了。
セルレイでの物語も終わり、今度はキャスナン側で何か動きがあったようですね。
地図作成率は現在44.7%と約半分ですが、ストーリーも動き出してきました。

ガディスも登場しましたね。
こいつもPCエンジン版のイースIVに登場していたキャラクター。
前回バミーが登場した時点で予測していましたが、やはり3人組は全員出て来るようです。
そうなると、イースIVで重要な立ち位置にいたあのキャラクターも・・・。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はPCエンジンのYsはプレイしたことないんですが、繋がりがあるんですね。
プレイしてると色々と予想とかできて、私みたいに初めてやるよりも楽しめそうですね。

個人的に敵を倒した時にどばっと散らばるドロップ物を拾うのが好きです。
ORUTA
2014/04/04 12:38
ストーリーはまったく違うのですが、主要人物は共通な所が興味をひかれますね。
今回はどういう形で物語に絡んで来るのか、先が楽しみです。

アイテム回収が好きだと言う気持ちわかりますね。
まとめて拾うとちょっと気持ちいいですし。
Westwood
2014/04/05 06:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イース セルセタの樹海 その5 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる