西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS イース セルセタの樹海 その12

<<   作成日時 : 2014/05/02 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エルドゥーク・近郊を東に進むと、峠道に到着。
峠道は途中道が分かれていますが、左手側の道に進むと赤い光の塊があります。
これをアドルで調べると、過去のフリーダの様子が見られますね。
デュレンの報告でキャスナンにグルーダが現れた事を知り、自分の使命を全うする事を決意する内容。

画像

峠道を道なりに進んでいくと、トルメス湖上遺跡に到着。
澄んだ湖の上に建てられた、綺麗な景観の遺跡ですね。
この遺跡はある目的の為に、今も機能していると言う話。

画像

遺跡の内部は立体的な構造になっており、出入り口も多いので迷いやすいですね。
行ける場所は限られている為、ひとつひとつ確認しながら進んでいくと良いかと。
順路を外れた所には宝箱も多いので、一通り見て回るようにしたいもの。

最初は階段を登っていき、上層を調べる事になります。
上層の部屋に入ったら、大きく迂回して東の通路に進みます。
その先でレファンス王の記憶を発見。
エルディールが自分の中の異変を少しずつ自覚しつつあると言う内容。

画像

記憶のあった通路を抜けると、最初の部屋の奥に出て来ますね。
マップ中央に機械があり、カンリリカのアクションで操作すると水門が開放。
水門を開いたら部屋にあるひび割れた壁を、オズマのアクションで壊すと奥へ進めます。

画像

上層西側に進入したら、マップ下部の通路から中央部へ。
ここにも機械があるので、カンリリカで操作すると水門が開きます。
入り口にあった部屋に水が流れ込み、水車が回って奥へ進む階段が出現。

奥に進んでいくと、異臭の漂う通路に到着。
この通路を進むと、祭壇のような間に出ます。
ここには汚れた水が流れ込んでいますが、スパーダが水を浄化。
元々セルレイは作物の育たない不毛の地だったらしく、エルディールがスパーダを遣わして環境を改善したと言う話。

画像

スパーダの本来の役目は、汚染された水を綺麗にする事だったと。
ここの水が大河に流れ込み、セルセタ全域に行きわたっているようです。
スパーダの浄化の力は強すぎて、自然の中では毒になってしまう模様。

イベントの後で祭壇に近付くと、レファンス王の記憶を発見出来ます。
セルレイに住む住人の一部がスパーダを争いに用いて、多大な犠牲者を出したと言う事件。
当時のセルレイの長はこの事件をきっかけに、二度と過ちが繰り返さないように掟を作ったようです。

記憶を見たオズマは、一族が守りたかったものや、掟の意味を知る事に。
スパーダの特性を人が知ってしまえば、いずれ同じ過ちが繰り返されるだろうと言う事で、長の一族以外には秘匿されていたと。

画像

そんなところへガディスが登場。
オズマはガディスの主張を真っ向から否定し、両者は戦いに突入します。
ガディスもグルーダの仮面を使い、魔物のような姿に・・・。

画像

ガディスは攻撃範囲が広いので、的確にガードや回避を行わないと危険。
ダメージも高いですし。
また近距離にいると掴まれてしまい、回避不能の攻撃を食らうので注意。

画像

狼のような魔物を2体召喚してきた時は、素早く倒すようにしたいもの。
ザコに気を取られて、ガディスの攻撃を避け損なうと言う事も多いですし。

しばらく戦っていると、ガディスは派手なエフェクトと共に力を溜め始めます。
この時に攻撃を加えると、スタンゲージが増えますね。
ゲージを最大まで溜められるとガディスはスタンし、一定時間行動不能に陥ります。

画像

このスタン中が最大の攻撃チャンス。
味方のひとりにEXTRAスキルを使わせ、時間経過が緩やかになっている間に別のメンバーに交替。
全力でスキルを叩き込むと、大ダメージを与えられます。
このEXTRAスキルの活用方法は、割と最近になって気が付きました・・・。

ガディスを倒し、スパーダの真実を知ると言うオズマの目的は達成されましたが、グルーダのような男を放置しておくわけにはいかないと、オズマは決着が付くまで同行を申し出てくれました。

その後で祭壇の宝箱を調べると、割れた仮面・右を入手。
ヴェスヴィオ山で手に入れた仮面の片割れ。
ふたつの仮面を手に入れたアドル達は、一度ルーの住み処に戻り、グラン・ルーやロダの話を聞く事に。

ルーの住み処に戻ってくると、意識を取り戻したレムノスがルーに竪琴を聞かせていました。
呪いの症状も回復し、無事命を取りとめた模様。
レムノスを連れ戻すと言うカーナの目的も叶いましたが、カーナとレムノスもグルーダを放置するわけにはいかないと、このまま戦い続けるようです。

画像

復活したレムノスに仮面を手に入れた事を話した所、この近辺には魔法具を研究する施設があったと言う情報を得られます。
月の仮面が魔法具なら、その施設で修復できるのではないかと言う話。

しかしレムノスは研究所の場所を知らないので、グラン・ルーとロダから場所を聞き出す事になりました。
ロダが言うには、研究所はコロニア古戦場の北にあるとの事。
そしてロダはアドルに宝剣エメロードを授けてくれました。
通常の攻撃では倒せない生体兵器にも、止めを刺せる魔法具だとか。
大事な物扱いで、所持しているだけで効果有り。

画像



宝剣を手に入れたアドル達は、コロニア古戦場北の廃墟を訪れます。
レムノスは体力が回復しきっていないので、ルーの住み処で待機。

廃墟の入り口にはガゾックがいて、いろいろとアイテムを売ってくれますね。
目新しいものはありませんが、不足しているものがあるなら買っておくと良いかも。

遺跡を守っている魔物は倒しても何度でも復活する為、宝剣エメロードで止めを刺す必要があります。
敵の体力ゲージを減らすとダウンするので、その時にアドルで近づいて△ボタンを押すと、止めを刺せますね。
放置していると復活。

画像

魔物を倒すと、コロニア魔法具研究所に入れるようになります。
内部のザコ敵の一部は、宝剣で止めを刺さなければ倒せないので、アドルはメンバーに入れておきたいですね。
止めが必要な敵は結構多いですし。

ある程度進んでいくと、女性の悲鳴が聞こえます。
声の聞こえた辺りに行くと、リーザと再会。
リーザはエルドゥーク近郊を調査していたらソル・ガルヴァが急に言う事を聞かなくなり、魔法具研究所まで連れてこられたとか。

ソル・ガルヴァは急に人の言葉を話し、研究所の奥へと飛んで行きます。
リーザやカンリリカが驚いていた所を見ると、話す機能は備わっていなかった模様。
少なくとも二人がソル・ガルヴァの声を聴いたのは、今回が初めてのようです。

画像

アドル達はリーザを引き連れ、ソル・ガルヴァの後を追いかける事に。
リーザも敵からダメージを受けますが、自分で回復するので気にしなくても大丈夫ですね。

ある程度先へ進むと、スライムのいる部屋に到着。
ここは通気口の蓋を開けて、小人化して進む事になります。
この辺りから分かれ道が増えますが、順路以外には装備品などの入った宝箱も置かれているので、一通り見て回ると良いかと。
太陽石の入った宝箱もありますし。

画像

さらに先へ進むと、入口にいたのと同じ魔物が守っている扉があります。
扉の先には踏むタイプのスイッチがあり、起動させると入口方面のショートカットが開通。
最深部付近にも石碑が置かれていますが、一応開通させておくと楽になるかと。

別方面に進むと石碑があり、その奥でソル・ガルヴァを発見。
しかし我を忘れたソル・ガルヴァとの戦いに突入します。

画像

二度目となるソル・ガルヴァ戦ですが、前回とは対処法が違いますね。
ソル・ガルヴァの足に体力ゲージがあり、これを両方とも減らすと体勢を崩します。
その時に両手を攻撃してゲージを減らすと、完全に倒れ込んで頭を攻撃できるようになり、頭を殴ると本体の体力ゲージを減らせると言う流れ。

攻撃パターンも読みやすいですし、足元に潜り込んで攻撃していれば、割と簡単に倒せますね。
たまに光を発してこちらを気絶させてくるので、それだけ気を付ける必要があるかと。

画像

ソル・ガルヴァを撃破すると、内部からレファンス王の幻影が現れました。
レファンス王の魂はある場所に幽閉されていたのですが、そこから解放された時に自我を失ってしまった模様。
そしてリーザのエルディールを救いたいと願う気持ちに惹かれ、ソル・ガルヴァの体に宿ったと言う話。

自我を取り戻したレファンス王からは、エルディールについて聞けます。
エルディールの別人格である黒き翼を封じていたのは、レファンス王自身。
そのレファンス王が解放された為、黒き翼のエルディールも解放されたようです。

画像

またレファンス王は、月の仮面を修復してくれました。
月の仮面は800年前の戦いで魔力を使い果たし、その力を失ってしまったようですが、再び魔力を注ぎ込む事で復活。
月の仮面があれば太陽神殿に入れる為、アドル達は太陽神殿を目指す事に。

画像

と言う感じで、いよいよ最終決戦間近と言う雰囲気ですね。
地図作成率は現在99.5%で、フィールド上に行ける場所はもう無いようです。
恐らくは太陽神殿の内部がラストダンジョンか、ラストダンジョンに繋がるエリアになっているのだと。
次くらいのプレイで、エンディングを迎えられるかも・・・。

画像

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イース セルセタの樹海 その12 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる