西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その22

<<   作成日時 : 2014/06/21 08:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

第59話「決戦の銀河
Z-BLUEのメンバーは思い思いの休日を過ごした後、アンチスパイラルを倒す為に地球を後にします。
そしてアンチスパイラル本星のある、隔絶宇宙で戦いに突入。
5ターン以内に敵を全滅させるとSRポイント取得できます。

画像

敵は67チーム、総勢103機とかなりの大群。
HP高い敵が多いので、積極的に進軍して行きたいですね。
遠方にいる敵は射程に気を付け、こちらへ移動させると倒しやすくなります。

このステージから、ジェニオン・ガイはターン制限が解除。
新たに最強武器も追加されていますし、変形して戦うと楽になるかも。

グレンラガンと超銀河ダイグレンは、共に気力130以上で超銀河グレンラガンに合体可能。
その場合、グレンラガンのチームは解散となるので、グレンラガンは単体でも強いユニットとチームを組んでおくと良いかも。
私はゼウス神と組ませておきました。

画像

このステージはとにかく敵の数が多いので、MAP兵器や反撃を活用して効率よくダメージを与えて行かなければ、5ターン以内の全滅は難しいですね。
精神コマンドやマキシマムブレイク、タッグコマンドも惜しまず活用し、敵を倒すようにしたいもの。
HP少ない敵はマルチアクションを使って敵を倒し、2回目の行動でHP多い敵を削ると言う感じで、手数を増やすのが有効。

画像

敵を全滅させるとイベント。
さらに大量の敵増援があらわれ、絶体絶命の状態に陥ります。
しかし敵の力の源であるデススパイラルマシーンを、キタンが特攻して撃破。
この時のギガドリルブレイクは、このイベントの為だけのものですね。
よく見るとスペースキングキタンからキングキタンが離脱して、ギガドリルブレイクを仕掛けています。

画像
画像
画像

そしてステージクリア。
スペースキングキタンに使った改造資金は払い戻されます。
キタンは原作通り、死んでしまうんですね・・・。
4部に入ってからのキタンは好きなキャラでしたし、今回のスペースキングキタンはなかなか強くて主力だっただけにちょっと残念。
まぁ死なない展開も、それはそれで寂しいですけどね。

画像

今回のステージで、4名のパイロットががエースボーナスを獲得。
効果は下記の通り。

ギミー・・・ダリーとタッグ時、与ダメージ1.2倍、被ダメージ0.8倍
隼人・・・気力150以上で回避率+40%
弁慶・・・気力150以上で被ダメージが0.7倍になる
C.C.・・・自チームパイロットの全能力+10

ギミーのボーナスはダリーと同じですね。
セット運用するなら非常に有用な効果。

隼人と弁慶も、なかなか優秀なボーナス。
真ゲッターは割と打たれ弱いのですが、これらのボーナスがあれば生存率が高まります。
特に真ゲッター2は分身もあるので、被弾が怖い時は真ゲッター2になっておくと良さそうです。
気力最大まで上げておく必要がありますが。

画像

C.C.のボーナスは、サブに配置していても有効。
C.C.はSP回復の能力があるので、私は強化パーツのシェリルのディスク(毎ターンSP10回復)を付け、祝福を多用できるようにしています。
さらにランスロットフロンティアは修理装置が付いており、ターン経過毎にチームのダメージを一定量回復。
そしてエースボーナスで味方の能力アップも追加されるわけですから、サポートメンバーとしてはかなり優秀ですね。



最終話「天の光は全て星
Z-BLUEのメンバーは、アンチスパイラルの造りだした多元宇宙迷宮に囚われていました。
もしかしたらあり得たかもしれない世界に、精神が閉じ込められている状態。
この辺は量子論になってきますね。
物事は観測される事で、初めてその場に存在すると言う考え方。

画像

例えば地面に落ちている石ころは、自分(観測者)が気が付かなければ存在していないのと同義。
自分(観測者)が落ちている石ころに気が付いた時、石ころの存在が確定すると言う感じですね。

並行世界も同じような考え方で、可能性の数だけ世界は無数に存在。
有名なのが”シュレディンガーの猫”で、中身の見えない箱に猫を入れた時、猫が生きてる世界と猫が死んでいる世界が生まれます。
2つの世界が同時に重なり合っている状態。
観測者となる人物が箱の中身を確認した時、どちらかの世界に確定すると言う話。

量子論は並行世界関係の物語ではよく出て来るので、調べてみると理解が深まって面白いかも。
私はラーゼフォンで、この手の話を知りましたが。
ちなみにラーゼフォンは綾人が時の観測者となり、可能性によって無数に分岐する世界を、自身が観測する事でひとつにしたみたいな話。

そんな感じで、多元宇宙迷宮は異なる可能性の世界を見せる事で、人間をその世界に閉じ込めてしまうと言うシステム。
メンバーはそれぞれ、現在とは別の世界で人生を過ごしていました。
カミーユやアムロ、シャアなんかは、原作通りのやり取りをしていましたね。
スパロボ世界においては、原作が別の可能性の世界として描かれていると。

画像

しかしZ-BLUEのメンバーは、自力で多元宇宙迷宮から脱出。
元の世界を認識した事で、戻って来られたと言う感じでしょうね。
そして認識が実体化する超螺旋宇宙で、アンチスパイラルと戦う事に。
グレンラガンは天元突破グレンラガンとなり、他の味方ユニットも天元突破。
ユニットサイズ∞のユニットとして扱われます。
敵のサイズも∞なので、サイズ差による有利・不利は発生しない模様。

画像
画像
画像

今回は4ターン以内にグランゼボーマのHPを99999以下にするとSRポイント取得。
マップ奥にいるアシュタンガ級以外の敵はこちらに攻めて来るので、少し前進した所で敵を待ち構えると楽ですね。
グランゼボーマも、1ターン目からこちらに移動してきますし。

3ターン目くらいまではグランゼボーマを無視し、その他の敵を可能な限り倒しておきたいですね。
敵の火力は高いので、かく乱や防御系の精神コマンドは必須。
グランゼボーマは命中率が高いので、打たれ弱いユニットは援護防御活用すると安全。
超広範囲のMAP兵器に巻き込まれないよう、位置には気を付けたいですが。

画像

グランゼボーマのHPを99999以下にするとイベント。
天元突破グレンラガンが倒されてしまいますが、ロージェノムがその身を犠牲にエネルギーをグレンラガンへと送り込み、天元突破グレンラガンが復活。

画像

さらに不動が現れ、味方ユニットを完全に回復してくれます。
ENや弾数、SP、気力も最大に。
グランゼボーマもHP全快し、戦闘が再開されます。

イベント後、ロージェノムは天元突破グレンラガンのサブパイロットから外れますが、代わりにニアが参加しますね。
天元突破グレンラガンにも武装が追加。
このステージしか使えない割にアニメーションはしっかり作り込まれているので、一通りの武装は見ておくと楽しめるかと。
武装として他のメンバーの天元突破機体も出てきますし。

画像
画像
画像
画像
画像

後はグランゼボマーを倒すだけ。
敵はマップ東中央辺りに移動しますが、精神コマンドフル活用で戦えば撃破は難しくないかと。
覚醒なども惜しまず使って行けますし。

ちなみにグランゼボマーのHPは31万。
アンチスパイラルはエースボーナスで毎ターンこちらの気力を5下げて来るので、竜馬などの気力が条件のボーナスを持つキャラクターは注意が必要ですね。

画像
画像

グランゼボマーを倒すとイベント。
敗北を悟ったアンチスパイラルは、宇宙を守るように言い残して消えて行きました。
そしてサブタイトルが現れ、ステージクリア。

画像

と言う感じで、スパロボでは珍しく、版権作品のユニットがラスボスでした。
スパロボは数十本と販売されてますが、版権作品がラスボスと言う作品は非常に数が少ないんですよね。
私も全ての作品をプレイしたわけではありませんが、かなり珍しい展開。

画像

今回のステージで、3名のキャラクターがエースボーナスを獲得しました。
ボーナスの内容は下記の通り。

リディ・・・自チームの獲得経験値、資金1.2倍
シャア・・・特殊スキル「ニュータイプ」のレベル+1、技量+20
アルト・・・移動後に変形可能、特殊能力「分身」の効果を得る

3名ともボーナス優秀ですね。
リディはチームに効果のあるボーナスなのが嬉しいです。
獲得経験値と資金が常に増えるので、育てたいユニットとチームを組ませると良いかも。

シャアは習得した時点でニュータイプL9だった為、ボーナスの恩恵は技量+20のみ。
とは言え、仲間になった頃ならスキルアップも美味しいですし、技量上がるので再攻撃スキルとも相性が良いですね。

画像

アルトは移動時だけファイターになり、移動先でバトロイドになると言う運用が可能に。
分身の効果も発揮されるようになるので、生存率上がりますね。
特にYF-29はバトロイドの方が火力高い為、バトロイド状態で戦う事が多いですし。

クリア後にDトレーダーを訪れると、S-アダプターハロが売っていますね。
クリアボーナスでは任意の強化パーツを持ち越せるので、ハロ辺りは購入しておくと良いかもしれません。
私はZチップ不足で手が出ませんでしたが。

画像



Epilogue「動き出す刻、そして・・・
地球へ戻って来たZ-BLUEのメンバーでしたが、異変を察知して出撃。
そこには尸空(しくう)と名乗る人物が、謎の兵器に乗って現れました。
ジェミニスも所属していた、サイデリアルと言う組織の人間だとか。
蟹座のスフィアの持ち主でもある様子。

画像

尸空はジェミニスと同型の兵器を呼び出し、こちらへ襲い掛かってきます。
4ターン目を迎えるとステージクリア。
SRポイントは無し。

これが正真正銘最後のステージですし、尸空は倒す必要もありませんから、好きなように戦えば良いですね。
尸空の乗る尸逝天(しせいてん)はHP19万程度なので、撃破するのは難しくありません。
1〜2ターン目は熱血使ったバサラのMAP兵器で気力を上げ、3ターン目にバサラのMAP兵器でSP回復。
尸逝天の射程に気を付けてこちらへ誘き寄せ、3ターン目に最大火力で攻撃すると言うパターン。

画像

尸空を倒すと、意味深な言葉を残して去っていきました。
そして時間の牢獄の破壊を見届けた所で、スタッフロールに突入。
尸空達サイデリアルとの戦いや宇宙からくる脅威については、次回作へ持ち越し。
次元の壁から現れたもうひとつの地球も、次回作で触れられる模様。

画像

次の「第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇」でZシリーズは完結と言う話なので、全ての謎はそちらで解ける・・・かもしれません。
ザコパイロットのイドムは”肉を捨てよ”みたいな事を言っていたので、敵は人間の肉体を捨てた人々なのかもしれませんが。

画像

スタッフロールが終わると、次回作の予告編が流れます。
色々と興味深いシーンもありましたね。
アサキムが登場するのは、ほぼ確定。
ガンダムUCや新EVAも続投のようですし、今回で描かれなかったエピソードが登場するかもしれませんね。

画像

さらにフルメタルパニックでは、アニメになってないシーンもありました。
これが原作と同じシーンだとしたら、アニメを飛び越してレーヴァテインが登場すると言う展開もありそう・・・。
過去にアニメ化されていない作品(クロスボーンガンダム)が参戦した例もありますし、フルメタルパニック原作後半も並行世界に関する物語ですから、原作再現の可能性はあるかと。

画像

またオーガスで真の時空修復が行われると言う話がありましたから、もしかするとオーガス02が参戦する可能性も・・・。
まぁこれは私の希望なだけで、オーガス02は時空修復後の話ですから、登場は難しいでしょうけどね。
TV版オーガスで行われた時空修復は不完全で、それをOVAのオーガス02で完全に修復したと言う物語ですから。

画像

他にはカグラが”俺たち3人で”と言ってたのですが、3人が誰を指すのか。
アマタとカグラは確定ですが、もう一人はアポロと言う可能性も・・・。
過去作では創聖のアクエリオンは皆勤でしたから、次回作で創聖とEVOLが共演すると言う展開があるのかもしれません。

画像

と、予想を立てると止まらなくなりますね。
まだ発売時期も判明していませんから、楽しみに待つことにします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その22 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる