西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の屍を越えてゆけ2 その9

<<   作成日時 : 2014/07/30 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

■ 1124年1月
奉納点を稼ぐ為、今月は龍穴鯉のぼりに出撃しました。
ここは河の流れる渓谷と言った雰囲気のダンジョンですね。
奥に進む道は閉ざされていて、水車を回すと扉が開くようです。
富士見ヶ原に水門がありましたから、水門を開くとこちらの水車が回るのかも。

画像

このダンジョンは割と広く、敵が広範囲に分散しているので、経験値稼ぎの効率はイマイチでした。
狭い通路に敵が密集しているダンジョンは稼ぎやすいんですけどね。
今は奉納点を稼いで能力の高い神様と子供を作る事が優先ですから、他のダンジョンに出かけた方が良さそうな雰囲気。

■ 1124年2月
長らく続いていた流行病も、ようやく収まってくれました。
誰も病気にならなくて良かった・・・。

3代目当主である星彦の娘が屋敷に到着。
名前は「薫」にしました。
剣士でありながら、防御力に関する体の土が低いのが気になりますね。
後は心の水と技の火が低いくらいで、割と高い能力を秘めています。
これは成長が楽しみ・・・。

画像

しかし、七天斎 八起の遺伝子は強いですね。
子に留まらず、孫まで下膨れ気味。
能力に釣られて七天斎 八起と交神してから、一気に顔つきが変わってしまいました。

画像
七天斎 八起

出撃させてない為か、拳法家の士郎と夜鳥子の忠誠度が大きく下がっていたので、アイテム渡して忠誠度を上げておきました。
[一族]メニューから[授与]を選べば、任意のアイテムを渡す事が可能。
屋敷でアイテムを使う場合も、この流れになりますね。

それなりに価値のあるものを渡せば、忠誠度は回復。
私は獅子香炉を渡した所、士郎の忠誠度が45→60に。
夜鳥子の忠誠度が65→85まで上がりました。
忠誠度が下がりすぎると家出され、アイテムを持ち逃げされる事もありますから、忠誠度下がってきたらご機嫌を取った方が良いですね。

画像

今月はねうねう亭で奉納点稼ぎ。
得られる奉納点を増やす為、あっさりモードでプレイしていましたが、結構な量を獲得出来ました。
遠征先で試合をしたら、見事に倒されてしまいましたけどね・・・。

■ 1124年3月
地震が発生し、街に被害が出てしまいました。
確認したら、防具屋と雑貨屋の発展度が減少。
その為なのか、防具職人が一人街を去ってしまう事態に。

画像

今回もねうねう亭に出かけたのですが、久々に夜鳥子を連れて行きました。
忠誠度の低下対策の為と、一応はある程度育てておこうかと。

夜鳥子ですが、前回のイベントで潮丸を取り込んだ為、式神の力を借りて攻撃出来ます。
ただし式神を呼び出すには、健康度を消費。
まぁプレイヤー一族で言う所の、奥義みたいな扱い。

画像

■ 1124年4月
先月は防具屋に投資していた為、防具屋の発展度が上がりました。
正確には元に戻ったわけですけどね。
発展度が上がった事で防具職人を呼べるようになった為、逃げ出した槍使いの職人を呼び戻しました。
今月は雑貨屋に投資したので、来月には災害前の状態に戻るかと。

大筒士の正信が1才2ヵ月を迎えたので、今月は子供を作っておきました。
相手は「鳴門屋 渦女
そろそろ術関係のステータスを伸ばしたいので、心と技の遺伝子情報が優れている所が決め手。
奉納点は1ヶ月に3,000前後稼げるようになりましたし、かなり余裕出て来ましたね。

画像

ちなみに難易度が易しくなるほど、良い遺伝子情報を引き継ぎやすくなるようです。
多少手間はかかりますが、交神の儀の時だけあっさりモードに変更するのも手。

ところで交神可能な神様ですが、ストーリーが進展した事で、抹消された神様がリストに追加されました。
何らかの理由で存在を抹消された神様だとか。
シルエットを見る限りでは、あの人っぽいですが。

画像

■ 1124年5月
薫が実戦部隊入りしたので、育成&奉納点稼ぎにねうねう亭へ出陣。
稼ぎが目的なら根の子参りでもいいのですが、ねうねう亭は未開放の神様や入手してないアイテムがあるので、足を運んでいると言う感じ。

屋敷に戻ってきたら、踊り屋の集人が亡くなりました。
これで3代目の世代は全員死亡。

画像

■ 1124年6月
正信の娘が屋敷に到着。
名前は「美樹」にしておきました。
素質は低めの能力が気になりますが、悪くは無い感じ。

画像

今月はねうねう亭で百鬼祭りが開催されますが、戦力に不安がある状態なので見送る事にしました。

何気に雑貨屋を覗いた所、7万両で木札(ろ)が売られていますね。
いの木札も雑貨屋で購入しましたし、全ての木札は販売されるのかも。
木札があるとショートカットを使えるので、お金を貯めて購入したい所。
名前は忘れましたが、氷を溶かすと言うアイテムも10万両くらいで売られていましたし、雑貨屋の品揃えはチェックしておいた方が良さそうです。

画像

百鬼祭りには参加しませんが、奉納点稼ぎの為にねうねう亭へ出陣。
特注装備を継承する前に育ちすぎるのも困るので、剣士の薫はお留守番。
代わりに夜鳥子を投入し、育てる事にしました。
忠誠度が下がらないようにする事も目的。

ちなみに特注装備ですが、装備している状態で持ち主が一定以上の能力にレベルアップした時に、攻撃力や防御力が上昇します。
薫は初陣で結構能力が上がったので、継承するまで育成を止めておこうと・・・。

画像

今回の探索でおどり猫を90体以上倒したため、錦緋女の解放に成功。
神様を解放できるのは嬉しいですね。
ランクの高い神様の多くが、地上へ降りている状態ですし。

画像

以前より一族の戦力も上がってきているので、最初の鬼神の祠にも挑戦してみました。
待ち構えていたのは、印虎 ひかる
以前は氷結道の鬼神の祠にいたのですが、獅子首国には行けなくなってしまったので、こちらへ移動してきた模様。

ストーリーが進むとオフライン国が更新されますが、鬼神の祠にいる神様を解放できなくなると言う事態にはならないようですね。
ユーザー国のダンジョンにいる神様は、同じダンジョンでもオフライン国とは違っていたりしますし、その辺りの心配はいらないかも。

ちなみにオフライン国ですが、お気に入り登録しておけば、いつでも訪れる事ができるとか。
オフライン国を登録するのは盲点でしたが、結構便利なテクニックかも。
ストーリーに関係しないオフライン国も、ランダムで入れ替わるようですし。

印虎 ひかるですが、「迅雷の構え」、「疾風の構え」を切り替えて攻撃してきます。
迅雷の構えの場合は、全体攻撃術の雷電を使ってくるなど、構えによって行動パターンが変化する模様。
たまに術の追加効果で行動不能にされますが、状態異常回復の術やアイテムがあれば問題無く戦えます。

画像

以前に比べるとプレイヤーが十分に育っていた為、3人による術の併せで600ダメージほど与える事ができました。
残った1名で回復や補助を行っていた所、特に危なげなく勝利。
今回で3度目の討伐となるので、印虎 ひかるも解放できました。

これで鬼神の祠がひとつ空いたので、また別の神様が地上に降りて来そうです。
経験値稼げるので、交神候補となる神様以外なら、降りてくれた方が有り難いですが。

画像

その後は百鬼祭りの入り口を探してみたのですが、あっさりモードでやってる関係で時間切れ。
まぁしばらくは育成に専念して、来年の6月を目安に百鬼祭りに参加しようと考えています。

■ 現在の主力キャラクターのQRコード

画像

画像

画像

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
見た目が遺伝することがあるんですね。
アゴが遺伝しているのを見て、失礼ながら笑ってしまいました。
前回、耳が遺伝してるのもありましたし、神様を選ぶ時の判断材料になりますね。
見た目か能力か。

今作はプレイヤーによって同じ探索地でもマップが違うので、どっぷりでも結構時間がかかりますね。
ORUTA
2014/07/30 22:04
今回は見た目が遺伝するのが面白い所ですね。
一族だけでなく、神様の外見を引き継ぐ事もあるようですし、そういった意味でも相手選びにこだわりが持てます。

今回は色々な所でランダム性が強くなっているので、繰り返しプレイしても毎回違った感じで遊べそうですし、他のプレイヤーとの違いを知るだけでも面白そうですね。
遠征先の一族史を眺めたり。
Westwood
2014/07/31 00:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺の屍を越えてゆけ2 その9 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる