西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS DARK SOULSII ダークソウル2 その28 [ラストバトル]

<<   作成日時 : 2014/07/10 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

不死廟の最深部にいる巨人ですが、攻撃するとボスになるようですね。
この巨人が、ドラングレイグの王ヴァンクラッド
ただヴァンクラッドは特殊なボスで、巨人たちのソウルの所持量によって、与えられるダメージが変化する模様。

画像

巨人たちのソウルは、黒渓谷にひとつ。
巨人の記憶世界にひとつずつ。
祭祀場の最深部にいる古竜を倒すとひとつ手に入る模様。
1周で計5個手に入ると。

ヴァンクラッドは右手に持った剣を振り回して来ますが、動きは鈍く、密着した状態で反時計周りにグルグル回っていると安全ですね。
相手の攻撃を空振りさせた際に、攻撃を当てて行くと良いかと。

画像

ただ攻撃力は非常に高く、一撃のダメージは大きいです。
横薙ぎの攻撃は範囲が広く、背後にも回り込んできますね。
密着していると回避できますが、多少距離が開くと食らう事が多いです。

ガードした際のスタミナの消費も激しく、連続攻撃を繰り出して来る事もある為、ヴァンクラッドの攻撃を食らわないように気を付ける必要があるかと。
ガードよりはローリングで回避した方が安全。

画像

注意点としては、回り込みすぎるとヴァンクラッドが逆回転してしまい、横薙ぎの攻撃を受けてしまうと言う所。
ボスの左足の横で攻撃を誘い、構えを見せたら背後に回る方が安全。

またボスが稀にバックジャンプをするので、その際はこちらも距離を取って仕切り直しした方が良いですね。
ボスが攻撃をしてきたら、即座にダッシュで間合いを詰める感じ。
ボスが壁際に移動した場合も、一度距離を取って移動させた方が良いかと。

ただボスが左手にオーラを溜め始めたら、ガードを固めないと危険。
闇の塊みたいなものを放ってくるのですが、これを食らうと呪い状態になってしまうので。
ガードすれば呪いの蓄積量も減らせるので、一撃で呪われる事は無いはず。

ボスのパターンさえ把握してしまえば楽な相手ですが、何気に結構な回数死亡しました。
私の場合、巨人たちのソウル4個で挑んだのですが、攻撃力343+エンチャントの状態で与えられるダメージが180前後。

画像

ボスの攻撃の隙に2回くらい斬り付けられますが、HP高い相手なのでどうしても持久戦になってしまいます。
その為、ちょっとした油断で死亡してしまうと言う事が多々・・・。
落ち着けば何とかなるのですが、集中力切れて凡ミスを繰り返すと言う感じでした。



ヴァンクラッドを倒すとトロフィーを獲得。
戦利品はありませんが、アマナの祭壇にある扉が開くようになるようです。
崩れた遺跡の篝火に飛び、左手沿いに進んだところですね。

画像

この扉はヴァンクラッドを倒しており、かつ生身の状態で調べると開く模様。
中には椅子があり、その上に王のソウルが置かれています。
椅子の左手方向には通路があり、その奥にある宝箱から王の装備一式を入手可能。

画像
画像
王の装備一式



アマナの祭壇の奥にある死者の塔ですが、ボスエリア前にいたNPCに話しかけており、かつ亡者の状態で扉を調べると中に入れるようですね。
以前は生身の状態で訪れたので、何も起きなかった模様。

画像

扉を抜けて奥に向かうと、闇術を使う魔法使いが待ち構えていますね。
遠距離での戦いは不利ですが、一気に接近してしまえば楽な相手。
こいつは倒すと復活しないので、何とか撃破しておきたいもの。

画像

奥にある塔の中には、ミルファニトがいます。
何度も話しかけると、つるすべ石を入手。
さらにアマナの祭壇のボスを倒したお礼として、女神の祝福も入手可能。
王城ドラングレイグに囚われていたミルファニトを救出していた場合、さらに火の種も貰えました。

画像

このミルファニトが祈っている祭壇ですが、人の像をひとつも所持していない状態で調べると、生身に戻れるようです。
他にも亡者の進行度が高く、プレイヤーが罪人になっていない事。
ミルファニトを救出している事が条件みたいですが。

塔の螺旋階段を降りて行くと、壊れた壁の裏にある死体から火の種を入手可能。
水辺にある宝箱からは、人斬り(刀)や篝火の探究者も入手できます。

画像

水辺の宝箱を取るには狭い道を通る事になるので、松明を持っていた方が安全かも。
足を踏み外すと落下死してしまいますから。

ここで手に入れた人斬りは、毒属性の付与された刀。
技量補正Bですし、強化していくと結構強いかもしれませんね。
強化には光る楔石が必要ですが。

ちなみにマックダフに変質強化して貰う事で、さらに毒属性を上乗せする事も可能。
その場合は物理攻撃力が下がってしまいますが、毒を付与する事を目的とするなら、変質強化しておいた方が良いかも。

画像



ここで渇望の玉座に向かい、デュナシャンドラと戦ってみました。
このゲームのラスボスですね。
生身の場合、入口でウーゴのバンホルトヴァンガルの首を呼び出せるので、召喚しておくと楽になります。

画像

デュナシャンドラですが、王城で遭遇した時は生身に見えましたが、実際はスケルトンみたいな姿なんですね。
これには少し衝撃を覚えました。
生身に見えていたのは、幻覚か何かだった模様。

画像

デュナシャンドラは開始直後に闇の塊のようなものを発生させますが、これに近付くと呪いが蓄積されます。
呪われると亡者化して最大HPが減ってしまう為、呪い耐性上げておいた方が良いかと。
呪い咬みの指輪を身に付けているだけでかなり違うので、指輪だけでも装備しておきたいもの。

ちなみにこの塊ですが、近接武器で破壊できるようです。
塊の近くにいるとHPも減少してしまうので、早めに破壊してしまった方が良いかも。

画像

デュナシャンドラ本体は、手に持った鎌を振り回して攻撃。
リーチは短いので、距離を取るか背後に回り込めば安全です。

画像

他には左手からレーザーを放って来たり、自身の周囲に衝撃波を発生させる攻撃などがありますね。
レーザーは横方向に動いていれば回避可能ですし、衝撃波は構えを見せたら距離を取れば安全。

画像
画像

デュナシャンドラはNPC2体に対して鎌攻撃を繰り出す事も多いので、その隙に背後から攻撃を繰り返せば簡単に倒せました。
2回目に呼び出した闇の塊を排除しに向かっていたら、NPCが止めを刺してましたし。
怖いのは闇の塊による呪いくらいなもので、NPC呼び出しておけば苦労しない相手。
正直、ヴァンクラッドの方が苦戦しました・・・。

ボスを倒すと、デュナシャンドラのソウルを獲得。
その後、エンディング〜スタッフロールとなります。

画像
画像



スタッフロールが終わると、マデューラに戻ってきます。
ここで果ての篝火を調べると、「2周目を開始」と言うメニューが追加。
これを選択すると、2周目が開始されるようです。

画像

前作はエンディング見ると強制的に2周目が始まりましたし、それに比べたら便利になりましたね。
自分の好きなタイミングで、周回プレイをはじめられるわけですから。

さらに今回は、篝火の探究者を使う事で部分的な周回プレイも可能。
篝火の探究者を使った篝火周辺の敵や一部アイテムが復活し、倒したボスとも再度戦えると言う仕様。
その為、1周目のままアイテムを集める事も可能です。

と言う事で、今後は篝火の探究者を使い、部分的な周回プレイを行う予定。
まだ入手してないアイテムや、回収していないイベントもありますから。
デュナシャンドラを倒した事で、石売りのクロアーナ楔石の塊を在庫無限で販売してくれるようになった為、装備品の強化も容易となりました。
そんな感じで、入手できるアイテムや魔法などを一通り集め、装備を十分に強化してから2周目に突入する予定。

画像


ちなみにエンディングを迎えた事で、マデューラにある地図が完成。
この状態で地図書きケイルに話すと、ケイル装備一式が貰えますね。
トロフィー「奇妙な地図の完成」も取得できます。

画像
画像
ケイル装備一式
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DARK SOULSII ダークソウル2 その28 [ラストバトル] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる