西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の屍を越えてゆけ2 その12

<<   作成日時 : 2014/08/03 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久々に電撃オンラインで掲載されている『俺屍2(俺しか2)』攻略wikを見た所、ダンジョンの構造図などが追加されていますね。
実際のマップはプレイヤー毎にランダムで構造が変わるのですが、百鬼祭りの入口やキーアイテムの入った宝箱の場所も書かれているので、かなり便利そうです。
固有の仕掛けに対する解説もありますし。

他にも全神様の解放条件も記載されていました。
この辺は実際にプレイした上で解放していきたいので見ていませんが、いろいろと参考になりそうです。
今後も情報が追加されていくと思われますし、攻略情報知りたい人はチェックしていた方が良いかも。

[リンク]
『俺屍2(俺しか2)』攻略wik



■ 1125年6月
八坂 牛頭丸が地上へ降りました。
空いている鬼神の祠は、それほど無かったような気もするのですけどね。

ねうねう亭で百鬼祭りが開催されているので、そちらに向かってみました。
夜鳥子がいないのでストーリーは進展しませんが、アイテム稼ぎなどのメリットもありますし。

とりあえずは鬼神の祠に向かい、赤猫お夏を撃退。
HP1,300程度なのに当主の一撃で500ダメージ与えられるので、非常に余裕の戦い。
ただ槍使いの響子が混乱させられ、同士討ちで結構ダメージ受けたのが厄介でした。

画像

その後は時間ギリギリまで奉納点を稼いでいたのですが、鬼子母を60体以上撃破した為、「二つ扇ノ前」を解放出来ました。
今までの傾向を見ている感じだと、ザコから解放した神様は地上に降りないようですし、解放できるのは助かります。

画像

残り時間が少なくなった所で、百鬼祭り会場へ突入。
会場では時間経過が無く、常に熱狂の赤い火状態ですから、可能な限りの敵を倒して脱出。
時間制限はないものの、後ろから神輿が追い上げて来るので、急いで敵を倒す必要がありますね。
神輿の後ろに移動した敵は、倒す事ができなくなりますから。
敵は神輿を無視して移動できる為、待っていれば敵の方からやってきてくれる事もありますが。

画像

今回の百鬼祭りですが、隊長が術の花乱火を覚えていた為、「虫寄せ花乱」を解放出来ました。
花乱火はこの神様の術だったんですね。

画像

脱出したらねうねう亭に戻って来たので、時間切れまで戦って終了。
今回の戦利品は、巻物の美津乳火祭り
美津乳は敵全員に毎ターン中ダメージを与え続けると言う効果で、なかなか有用ですね。
通用するボスも多いので、最初に掛けておけば結構なダメージを与えてくれるかと。

屋敷へ戻って来た所、踊り屋の五十鈴が死亡。
これで4代目の世代は全滅。

画像

■ 1125年7月
雑貨屋を覗いた所、氷の種と言うアイテムが売られていたので購入。
「炎を鎮める氷」と言う説明文の貴重品。
如何にも炎属性っぽいダンジョンがあるので、そこで使えるアイテムでしょうね。

当主の息子である篤が実戦部隊入りしましたが、特注武器がいい感じで成長し続けているので、しばらくは母親の薫のまま戦う予定です。
現在の特注武器は攻撃力166で、並の武器よりは強くなってきましたから。
手持ちで一番強い刀は攻撃力242なので、少しでも差を縮めたいですし。

画像

今回はオフライン国の富士見ヶ原に出撃しました。
プレイヤー国より敵のランクが高いので、入口付近で戦ってるだけでもいい稼ぎに。
出来れば鬼神の祠も訪れたかったのですが、初めて訪れる構造で配置がわからなかった為、稼ぎに専念。

画像

■ 1125年8月
今月は龍穴鯉のぼりへ出陣。
鬼神の祠に向かった所、待ち構えていたのは十六夜 伏丸
オフライン国でも配置されている鬼神はバラバラなんですね。
こうなると鬼神の祠が空いてるとか関係なく、降りる神様は地上に降りてしまうのかも。

今回も補助術を使い、回復優先で戦いました。
剣士の一撃で700ダメージとか与えられるので、伏丸を庇うザコさえ倒してしまえば楽な展開。
まぁ伏丸の攻撃でこちらは180ダメージとか受けますし、油断したらやばそうですが。

画像

伏丸は今回で3度目の撃退ですが、解放する事は出来ませんでした。
夜鳥子の過去を話してくれますし、一通り話し終わるまで解放できないのかも・・・。

■ 1125年9月
今月は夜鳥子を転生させておきました。
今の所、百鬼祭りは3月、9月、6月の順番で発生中。
6月の次は12月だと思われるので、今月に転生させておけば、連続して祭りに参加する事も可能だと思って。
来年の12月の時点で、夜鳥子は1才2ヵ月と言う状態ですし。

画像

■ 1125年10月
先月は武器屋に投資を行った為、武器屋が発展。
新たな武器職人を呼べるようになりました。
今回は大筒士用の武器職人を呼ぶことに。

夜鳥子も屋敷に到着しました。
実戦部隊入りするのは2ヶ月後なので、しばらくは訓練。

大筒士の美樹が1才4ヶ月を迎えたので、今月は子供を作る事にしました。
今までは1才2ヵ月で子供を作っていましたが、奥義継承するには親が直接子供を指導する必要がありますからね。
その間出撃メンバーから外れる事になる為、1才4ヶ月で子供を作り、1才6ヶ月で老化が始まる頃に子供を指導するように調整。
他のメンバーも同じように、1才4ヶ月で子供を作らせようと考えています。

画像

美樹のお相手は、早期購入特典神様である霧ノ魔周
同ランクの神様に比べると全体的に能力が高く、優秀な神様ですね。
奉納点には余裕があるのですが、節約の為にも手頃な相手を選びました。

画像

■ 1125年11月
奉納点を消費したので、今月は稼ぎに出かけました。
当主の薫は老衰が始まっているので、代わりに息子の篤を投入。
特注武器は攻撃力172まで育ちましたし、十分に役割は果たしたかと。

出かけたのはねうねう亭
まず鬼神の祠に向かい、赤猫お夏をサクっと撃退。
お夏は自身の体力を完全回復する特技を持っているんですね。
瀕死まで追い込んだ所で回復されてしまいましたが、術の併せで1,000ダメージとか叩きだせる状態でしたから、簡単に撃破できました。
お夏のHPは1,300程度ですし。

これで3度目の撃退となるので、赤猫お夏の解放に成功。
ただ無理やり天界に戻したと言うだけで、お夏自身はもっと暴れたい様子でしたけどね。

画像

そのまま奥の鬼神の祠に向かい、水母ノくららとも戦ってきました。
くららは何者かの命令である男神の事を調べていたのですが、その鍵となる人物は自分のすぐ前に居たと言う事で腹を立て、こちらに襲い掛かってきます。

画像

恐らく晴明の事を調べていたら、その謎に関わる夜鳥子をプレイヤー一族が引き連れていたので、自分が無駄足を踏まされたと思ったのでしょう。
くららには特別な思い入れとか無かったのですが、結構可愛らしい神様に思えてきました。

画像

戦闘ですが、全体攻撃術の真名姫が厄介なので、術の併せを使い速攻で撃破。
3人による併せでも1,000ダメージ与えられる状態でしたから、かなり余裕で勝利。

戦闘後、くららは天界の神々は信用するなと言って去っていきます。
特に昼子を・・・と言う事だったので、くららに指示を出していたのは別の神様かもしれませんね。
夕子か黄川人辺りが、くららの上司かもしれませんね。
昼子は前作の黒幕とも言える存在でしたが、今回も何かしらの悪さをしていたのかも。

画像

これで水母ノくららは3度目の討伐となるので、解放する事ができました。
鬼神の祠に出没する神様は地上に降りる可能性があるので、安心はできませんが。

画像

屋敷に戻って来た所、当主の薫が死亡しました。
次の当主は、息子の篤。

画像

■ 1125年12月
美樹の娘が屋敷に到着。
名前は「咲」にしました。
技の火が極端に低い事を除けば、全体的に素質のバランスが良いですね。

画像

薫が亡くなった為、特注武器の継承が行われました。
刀の童子切安綱には、敵土技 威力↓が発生。
防具の薄金鎧には、斬攻撃 耐性↑が発生。

画像
画像

刀に付いた特注武器は全て土属性でしたし、今回は最初から何が付くのか決まってそうですね。
情報量少なくて推測しかできませんが、属性に関しては1種類で統一されてそう。

生まれたばかりの咲は、母親である美樹の指導を受けさせました。
これで奥義の継承が可能。
出撃メンバーに穴が開いてしまいましたが、そこは夜鳥子で埋めています。

画像

今月は根の子参りに出陣。
当主の篤と、初陣の夜鳥子の育成が目的ですね。

ある程度育った所で鬼神の祠に向かい、十六夜 伏丸との戦いに。
4度目の討伐となりますが、今回は伏丸の解放に成功しました。
夜鳥子との過去を語り終え、さらに夜鳥子をよろしくと言い残して去っていきましたから、会話が終わるまでは解放できないケースもありそうですね。

画像

今回の探索で、勝美が新しい奥義「蒼円舞勝美」を習得しました。
敵全員を攻撃する奥義で、技の水が敵より高いほど威力がアップすると言う効果。

剣士の篤も、奥義「篤荒波斬」を習得。
敵前列に、水属性の大ダメージを与えると言う効果。
剣士は範囲攻撃が乏しいので、奥義で補えるのは助かります。
健康度を消費するので、多用は出来ませんが。

画像



と言う感じで、当主交代が行われ、夜鳥子も転生しました。
強さ的には十分ですし、今度こそ6月の百鬼祭りには参加できそうです。
上手くいけば、そのまま12月の祭りにも参加できるかも。

その為にも、しばらくは一族の強化に専念するつもりです。
奥義も習得できるようになってきましたし、この頃になってくると成長したと言う実感が沸いてきますね。
祭具奪還後にどれだけ敵が強化されるか次第ですが、当分は大丈夫そうな印象。

■ 現在の主力キャラクターのQRコード

画像

画像

画像

画像

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
三つ目の祭具を奪還したところまで進めましたが、ここら辺になると鬼神の強さも半端なくなってきました。またしばらく一族強化になりそうです。
しもむー
2014/08/03 09:37
2つ目の祭具を奪還した時も、敵の強さが一気に跳ね上がりましたからね。
上がり幅が凄かったですし、じっくりと育成しないと進めない作りになってるようですね。
Westwood
2014/08/04 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺の屍を越えてゆけ2 その12 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる