西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 英雄伝説 空の軌跡SC

<<   作成日時 : 2014/09/30 07:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

PSPソフト「英雄伝説 空の軌跡SC」のプレイを開始しました。
空の軌跡シリーズの2作目に当たる作品で、直接的な続編ですね。
ストーリーも空の軌跡FCから続いており、2本でひとつの物語り。
ちなみに2014年10月14日まで、PS Plusのフリープレイで「英雄伝説 空の軌跡FC:改 HD EDITION」が配信中です。
軌跡シリーズをプレイした事の無い人は、この機会にダウンロードしておくと良いかも。

画像

私の場合、空の軌跡FCは2012年11月8日にプレイを開始し、途中休止を含みつつ、2013年1月24日に終えた模様。
本来は小休止した後に空の軌跡SCをプレイするつもりだったのですが、思った以上に機会を逃し続け、プレイするのが今になってしまいました。
予定ではとっくにシリーズ遊びつくして、今頃は閃の軌跡を楽しんでいる所だったんですけどね・・・。

ちなみに軌跡シリーズですが、2013年9月30日までの期間限定で、下記タイトルがUMD Passportのフリープレイ対象作品に選ばれています。
PS Plusに加入している状態でUMD Passportを利用すると、下記タイトルのダウンロード版がフリープレイ形式でプレイ出来ると言う物。

■ フリープレイ対象作品
・英雄伝説 空の軌跡FC
・英雄伝説 空の軌跡SC
・英雄伝説 空の軌跡 the 3rd
・英雄伝説 零の軌跡
・英雄伝説 碧の軌跡
・那由多の軌跡


私としては、那由多の軌跡以外の軌跡シリーズを全てプレイするつもりなので、この機会に中古のPSP版零の軌跡碧の軌跡を購入。
UMD Passportが使えるか試してみた所、零の軌跡は既に利用された事があるらしく、UMD Passportの登録は出来ませんでした。
中古で購入したので覚悟はしていましたが、ちょっと残念。
碧の軌跡の方は未使用だったので、フリープレイ版を手に入れられましたけど。

画像

DL版だとVITAやVITA TVでプレイできるので、楽だったんですけどね。
特にVITA TVだとデュアルショック3を使えるので、操作性が良いですから。
さらに私はVITA TVの映像をPCに取り込み、スクリーンショットを撮影していますから、そういった点でも便利です。
分配器を使って映像をPCに取り込みつつ、テレビの大画面で遊べますし。

PSPでも映像の取り込みは出来るものの、PCに取り込んだ画面を見ながらの操作になりますから、その辺が少し不便になりますね。
まぁUMD Passportを使えない事は覚悟していたので、碧の軌跡だけでも利用できたのは良かったのですけど。
多少不便と言うだけで、PSPでも十分遊べますし。



と言う所でゲームスタート。
最初は難易度の選択になりますね。
選べるのは「EASY」、「NOAMAL」、「HARD」、「NIGHTMARE」の4つ。
今回は無難にノーマルを選んでおきました。

前作のクリアデータがある場合、引き継いでプレイする事が出来ますね。
私は前作プレイ済みだったので、引き継いでおきました。
引き継いだ場合はエステルのレベルが前作と同じになり、他にも特典がある模様。

画像

引き継ぎが終われば、いよいよゲームスタート。
物語は空の軌跡FCの直後から始まります。
前作での最終決戦の後、お城に泊まったエステルが目を覚ます所ですね。

目を覚ましたエステルはヨシュアが居なくなった事を思い出し、空中庭園で父・カシウスにヨシュアの過去を尋ねます。
ヨシュアは「身を喰らう蛇」と呼ばれる結社に所属していたと言う話。

画像

カシウスはいつかヨシュアが居なくなる事を予見していたようですが、エステルは納得できずに飛び出してしまいます。
そしてヨシュアが家に帰っているのではないかと、自宅へ戻る事に。

帰りの飛空艇では、元気の無いエステルを見かねて、七輝教会の神父であるケビン・グラハムが声を掛けてきます。
ケビンはエステルの事を放ってはおけないと思ったのか、ロレントに着いたらエステルを家まで送ると申し出てくれました。
このケビンですが、続編「空の軌跡 the 3rd」の主人公と言う事なので、結構な重要人物なのかもしれません。

画像

ロレントに到着したら、プレイヤーが自由にエステルを操作出来ますね。
自宅へ直行するのも良いですが、街中を見て回ると楽しいかもしれません。
NPCも色々な反応を返してくれて、数回話しかけると会話内容が変化するキャラクターもいますから。

画像

しかし、この感覚は懐かしいですね。
軌跡シリーズ自体久々なのですが、それ以上に街中を自由に歩き回り、NPCと会話すると言うRPGを久しくプレイしていなかった気がします。
アクションRPGなども悪くないのですが、落ち着いた気分で楽しめる昔ながらのRPGも良いですね。

街を一通り探索したら、南門から外に出て近くにあるブライト家へ。
家の中を探し回るエステルでしたが、ヨシュアがいるはずもなく、現実に打ちのめされてしまいます。

画像

しかしケビンの指摘で、ヨシュアの目的を察するエステル。
ヨシュアは失踪する前、悪い魔法使いを止めなければならないと言っていた事を思い出します。

その魔法使いがリベール王国のクーデターを裏から操っていた黒幕なら、まだ何かを企んでいるはずで、エステルが遊撃士として行動していれば、いずれ遭遇する事になるかもしれない。
そして同じ目的を持つヨシュアと再会できるかもしれないと、希望を見出しますね。

画像

そこへカシウスとシェラザードが戻ってきます。
ケビンが密かに連絡していて、急いで駆け付けたとか。
二人の前で、エステルは身を喰らう蛇の野望を阻止し、ヨシュアを取り戻すと決意。
カシウスはエステルの意思を尊重し、ヨシュアを連れ戻してくれと頼む・・・と言うところで、オープニングムービー。
序章「乙女の決意」がスタートします。

画像
画像



エステルの決意から2ヶ月後、エステルはレマン自治州にあるル=ロックル訓練場で、アネラスと特訓していました。
アネラスは前作に登場した遊撃士のひとりでしたが、モブに近い扱いだったんですけどね。
今回はエステルと同じ訓練を受ける、良きライバルみたいな感じに。

画像

エステルですが、身を喰らう蛇と戦うには力が足りないと言う事で、カシウスの勧めもあってル=ロックルにやってきたようです。
その話を聞いたアネラスは、自分も力を付けようと訓練に付き合ってくれている模様。
そして前作にも登場した遊撃士のクルツが、二人の教官役を務めているようです。

画像

クルツの用意した演習を受ける事にした二人は、宿舎の西にあるバルスタール水道を探索する事に。
ここで最新型の戦術オーブメントも受け取ります。
新型はあらゆる点で性能が向上しているものの、旧式とは互換性が無く、以前のクオーツを装着する事は出来ない模様。

これはゲーム的な都合に、説得力を持たせる為の設定でしょうね。
イースシリーズでアドルが毎回初期状態に戻る現象に、軌跡シリーズでは物語な設定を付け加えたと言う感じ。
レベル自体は前作クリア時点と同じですが、オーブメントとクオーツが新しくなったので、強さ的には前作の初期状態と大差無い状態。

画像

オーブメントと一緒に、グローブギア土壇場マペットアセラスの薬と言うアイテムも貰えました。
これが引き継ぎ特典みたいですね。

グローブギアは、STRとDEF+10のアクセサリー。
土壇場マペットは、装備中に死ぬと完全回復するものの、発動時に壊れてしまうと言うアクセサリー。
アセラスの薬は、戦闘不能とHPを完全回復する薬でした。

他にもセピスを一定量貰えるので、クオーツも制作しておきたいもの。
ちなみにクオーツとは、様々な効果を秘めた装飾品みたいなもの。
これらをオーブメントにはめ込むと、効果が発揮されます。

画像

またクオーツには属性があって、この属性が一定値に達すると、アーツと呼ばれる魔法のような物が使えるように。
例えばHP1と言うクオーツは、最大HP+3%と言う効果。
さらに水属性で属性値+1なので、攻撃魔法のアクアブリードと回復魔法のティアが使えるようになると言う感じ。

画像

キャラクターによってオーブメントにはめ込める属性が決まっていたりしますし、どういう組み合わせでクオーツをセットするかを考えるのも、軌跡シリーズの面白い部分。
エステルは主人公だけあって、全属性のクオーツを装着可能なのが強み。

画像

管理人に話しかけると、大自然の恵み水のレシピを教えて貰えます。
料理を作ると回復アイテムとしてストックされ、HPなどを回復可能。
食材は安いですから、基本は料理で回復させる方が良いかと。
作った直後に食べるタイプの料理もあったと思いますが。

画像

準備が整った所で、目的のダンジョンに出発。
今回はアネラスも一緒に付いてきてくれますね。
どちらかに回復魔法のティアを習得させておくと安心。

ダンジョンに突入すると、戦闘のチュートリアルがあります。
基本部分は前作と同じですが、今回はチェインクラフトと言う新システムがありますね。

画像

クラフトに「チェイン」と言う物があるので、これを使用すると選択したキャラクターとの連係攻撃が発動。
参加人数が多いほど攻撃範囲が広がり、後に攻撃するキャラの攻撃力がアップするとか。
ただし一定のCPを消費するようです。
どの程度火力が上がるのかわかりませんが、パーティメンバーが増えて来ると強力になるかもしれませんね。

画像

チュートリアルが終わったら、普通にダンジョン探索。
入口に回復装置があるので、危なくなったら戻って回復すれば良いかと。
火に弱い敵が多いので、火属性の攻撃魔法が使えると楽。
攻撃1のクオーツが入った宝箱もあるので、2名とも火属性の魔法使えるようになれば戦闘で苦戦する事は無いかと。

画像

ダンジョンは各所にあるレバーを操作し、道を作る必要があります。
そこまで複雑では無いものの、割と面倒ですね。
ザコとの戦闘も頻繁に発生しますし、消耗したら無理をせずに回復に戻った方が安全。

画像

最深部へ辿り着くと、クルツとの戦いに突入。
これと言った弱点は無いですが、魔法中心で戦うと良いですね。
クルツは自身の防御力を上げて来ますが、魔法なら関係無くダメージ与えられますし。

画像

クルツを倒したら演習は終了。
エステルとアネラスは、宿舎に戻って食事を取る事に。

この時の会話で、クルツがリベールの遊撃士でNo.2の実力の持ち主と言う事がわかります。
エステルの父、カシウスに次ぐ腕前だと。
そんなクルツの記憶を奪った者が身を喰らう蛇にいると言う事で、少し自信を無くすエステルでした。

画像



と言う所で、今回は終了。
約2年ぶりのプレイと言う事で、懐かしさを噛みしめていました。
システム的には前作の焼き直しだと思っていたのですが、新しい要素もあるんですね。
アーツの種類も前作以上になっていますし、これからの成長も楽しみです。
何気にUMD2枚組ですし、ボリュームにも期待。


英雄伝説 空の軌跡SC:改 HD EDITION
日本ファルコム
2013-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英雄伝説 空の軌跡SC:改 HD EDITION の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよSCを開始したんですね♪
最初のエステルがヨシュアを探し回るのが、プレイしててめちゃくちゃ気持ち的に見てて辛かったのを思い出しますが、それを乗り越えてからの、前向きな姿勢を取り戻すエステルにはとてもグッときました。
閃の軌跡もプレイしてますが、どうも萌え要素や媚び、世界観の技術が一気に進みすぎて、面白いのだけど軌跡はこういうのは求めてないんだよなぁ…的な(笑)
なんやかんやでストーリー展開や、キャラの魅力は空の方がよかったりしますねぇ〜
SCも遊び応えがあるので、じっくり楽しんでください。
ユーク
2014/09/30 13:48
ついに軌跡シリーズ再開したんですね
少しずつですが戦闘やシステム的にも改善されていってるので閃をやってからSCなどをやると違和感や不満を感じると思うので順番にやるのが一番だと思いますし、良かったです
ギュンター
2014/09/30 13:53
>ユークさん
序盤はエステルが空回りする所が悲しくもあったのですが、決意を固めてからは熱くなりましたね。
まだ序盤ですが、強くなるために段階を踏んでいる所も好感が持てています。
閃の軌跡は以前序章をプレイしただけなので何とも言えませんが、早く感想言えるくらいにはプレイしたいですね。
さすがにRPG4本をこれからプレイするとなると、半年くらいかかってしまいそうですが。

>ギュンターさん
確かにシステム的には、シリーズ順でプレイした方がストレス無いかもしれませんね。
以前、閃の軌跡の序章だけプレイしましたが、演出やシステム面でも結構な進化が見られましたし。
一応、PSPの軌跡シリーズは全部揃ったので、これから順番通りにプレイして行こうと思います。
Westwood
2014/09/30 21:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
英雄伝説 空の軌跡SC 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる