西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その2

<<   作成日時 : 2015/01/25 11:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

昨年12月に起きた接続障害のお詫びとして、PSストアでのゲームソフト購入時、価格が10%OFFになるクーポン券が配布されています。
ただし期間は短く、本日1月25日23時59分までとなっています。
とは言え1割引きはお得ですし、剣の街の異邦人のDL版を買うなら、クーポン使える本日がチャンス。

クーポンは登録しているメールアドレスに配布されていますが、全ユーザーで共通の様子。
PSストアのトップにも、堂々とクーポンのコードが記載されています。
カートの清算を行う時、最初にこのコードを入力すると割引が適用されるみたいですね。

画像

ただ割引が適用されるのは、ゲームソフトと追加コンテンツ、一部のビデオ・テレビ商品のみ。
ゲームでもCERO Zタイトルや、事前予約タイトルには適用されません。
PSPやVITAのストアからはクーポンコードを入力出来ない為、PS3やPS4、PCやモバイルのPSストアから購入する必要も。

[リンク]
PlayStationStore



剣の街の異邦人ですが、所持しているだけで敵が強くなる「黒光りするカード」が存在する模様。
歯応えを求めるプレイヤーに最適なアイテムですが、宝箱からより良い装備品が手に入る可能性も高まると言う事で、アイテム集めを楽しみたいプレイヤーにも良さそうなアイテムですね。

この黒光りするカードですが、4GamerでDLCとして入手する為のプロダクトコードが公開されています。
有効期限は2015年4月21日まで。
利用回数の上限に達した場合も、コードを使用出来なくなるとか。

・プロダクトコード:PLL5-CENM-72AH

画像

コードを入力しても本体にダウンロードしなければ効果はありませんし、ダウンロードリストからいつでも入手できますからね。
とりあえずコードだけは入力しておいた方がお得かと。

[リンク]
「剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜」が本日発売。所持していると敵が強くなる「黒光りするカード」のDLCコードを4Gamer読者限定でプレゼント!



ゲーム本編は、剣の街エスカリオに到着し、主人公のパーティを編成した所から。
パーティ編成後は、キョウから戦闘の指南をして貰えます。
とりあえず街から出て、鉄の廟へ移動。

ダンジョンの入り口では、キョウから神気スキルの説明を受けますね。
これは士気を消費して発動するスキル。
士気は戦闘で何かしらの行動を取ると溜まっていきます。

画像

現在は必ず逃走するスキルしか使えませんが、有用な効果のスキルは多いですし、士気に余裕があるなら使って行くようにした方が良いかと。
敵に不意打ちされた場合でも神気スキルが使用可能ですし、不利な状況を回避すると言う使い方も。

またダンジョンから出ると死亡以外の状態異常が回復し、HP・MPも完全回復すると教えて貰えます。
このゲームでは死亡すると蘇生にかなりの時間がかかりますから、とにかく死なないよう、慎重に進んで行くのが基本。
ダンジョン内ではセーブ出来ないので、ザコ戦と言えど気を抜けません。
まだまだチュートリアルの段階ですが、死亡する危険は常に存在しますから、危ないと思ったら街に戻った方が良いでしょうね。

画像

最初に貰ったアクセサリー・異邦人の証には、HP回復効果があります。
これは1歩進むと装着者がHP1回復。
戦闘でも1ターン経過時にHP1回復します。

多少のダメージなら歩いているだけで回復するので、序盤はダメージを受けたキャラクターに異邦人の証を装備させ、常にHPを満タンにした状態で探索すると良いかと。

南に進んで行くと、キョウから待ち伏せの説明があります。
待ち伏せでは敵の輸送部隊を襲撃し、勝利する事で宝箱から装備品を手に入れられるシステム。

輸送部隊の宝箱にはマークが刻まれており、マークに対応した装備品が中に入っていますね。
例えば帽子のマークの宝箱には、帽子系の装備品が入っていると。

画像

輸送部隊は最大まで5回まで見送る事が可能で、その度に運んでいる宝箱が変化します。
ある程度狙ったアイテムを、入手する事ができると。
デモンゲイズをプレイした人なら、トレジャーハンティングサークルの発展版と言えばわかりやすいでしょう。

待ち伏せを行うには、一定の士気を消費します。
同じ地点で何度も待ち伏せを行うと、必要となる士気も増えて行きますね。
ダンジョンを出ると士気の必要量はリセットされるので、1〜2ヶ所で待ち伏せしたら、ダンジョンを脱出して再突入と言う流れになるかと。

画像

また輸送部隊を見送る回数が増えると、敵から奇襲を受ける確率が増加。
1ターンで壊滅する危険性もあるゲームだけに、敵に先手を取られるのは大きなデメリット。
敵の強さも上がりますし、見送るか妥協するかの判断は大事かもしれません。

輸送部隊にはリーダーがいて、リーダーは一定ターンが経過すると逃走。
その際に宝箱も持ち逃げするので、それまでにリーダーを倒す必要がありますね。
リーダーは後列に配置される事もありますから、遠距離攻撃可能なレンジャーやウィザードがいた方が楽になるかと。

画像

説明を受けた後は、実際に待ち伏せする事に。
南にある四角い小部屋が、待ち伏せポイントですね。
ここで×ボタンを押すと、士気を消費して待ち伏せを行えます。

待ち伏せを実行すると、敵の輸送部隊を発見。
戦うかやり過ごす、諦めて撤退するを選べます。
宝箱のマークや敵の確認も可能なので、その上で判断したいですね。

戦うを選んだ場合は、そのまま戦闘に突入。
ターゲットマーカーを合わせた時に王冠のマークが出るのが、輸送部隊のリーダー。
逃走される前に、最優先で撃破したいもの。
リーダーさえ倒せば、残った敵を殲滅すると宝箱を入手出来ます。

画像

ただ宝箱にはトラップが仕掛けられている事もあり、解除に失敗するとトラップが作動。
手痛いダメージを受けてしまいます。

トラップを解除するには、仕掛けられているトラップを当てるだけ。
パーティメンバーが箱を調べ、トラップの候補を挙げてくるので、プレイヤーがそれを選択。
見事仕掛けられたトラップを当てられると、解除に成功すると言う流れ。

画像

候補は複数表示される事もあり、判断はプレイヤーに委ねられます。
低ランクの宝箱に酷いトラップが仕掛けられている事は少ないので、「このランクの宝箱ならこっちだろう」みないな判断になるかと。
状況によっては、宝箱を諦めるのもひとつの方策。

Open Lockのステータスが高いキャラクターが代表して宝箱を調べ、このステータスが高いほど正確にトラップを割り出せます。
才能「宝探しの勘」を持っているとステータスにボーナスが加わるので、パーティに1名は開錠メンバーを用意しておくと良いかと。

画像

後々知ったのですが、AGIやLUCが高いとOpen Lockのステータスが伸びるので、サムライやニンジャなどのようにAGIやLUCを伸ばすクラスを開錠担当にすると効率良いかも。



待ち伏せの説明が終わると、次は南に来てほしいと言われますが、ここでノコノコと出かけるのは危険。
目的地付近には強い敵が現れるので、初期状態で挑むと死人が出る可能性が高いです。
まずは待ち伏せポイントを利用して、装備とレベルを上げた方が良いかと。
私はPCの体験版をプレイした時、ここで2名も死人が出てしまいました・・・。

現状では同じポイントで連続した待ち伏せは出来ないので、1回待ち伏せしたらダンジョンを脱出。
その後ダンジョンへ戻り、再度待ち伏せすると言う流れになりますね。
ダンジョンから出ると完全回復するので、待ち伏せ時にはMPを惜しまず攻撃すると楽です。

このゲームでは踏破済みのポイントまで自動移動する機能があるので、この機能を活用すると便利。
□ボタンでマップを表示した後、移動したいポイントに合わせて○ボタンを押すだけですし。
この機能のオカゲで、実際には往復作業はそれほど苦になりません。

画像

ダンジョン脱出時には入手したアイテムの鑑定も行われるので、そういった点でも一度脱出した方が良いですね。
一応ダンジョン内でもアイテムの鑑定は可能。
メニューから”鑑定”を選ぶと未識別アイテムのリストが現れるので、鑑定したいアイテムを選ぶだけ。

鑑定はIdentifyのステータスが高いキャラクターが、代表して行います。
才能「豊かな教養」を持っていると、ステータスにボーナスが加算。
こちらはPIEが影響するので、クレリックを鑑定担当にすると良いとか。

画像

ただダンジョン内での鑑定は、失敗するとアイテムが呪われてしまいます。
呪われたアイテムは性能などに変化はありませんが、ダンジョンを脱出するまで鑑定できなくなりますね。
拾ったその場で使えないと言うだけで、失敗する事のデメリットはそれほど大きくないかと。

画像

戦闘を繰り返していると経験値が溜まり、キャラクターがレベルアップ。
ただレベルアップは自動的には行われず、キャラクターメニューから「Level up」を選ぶことで初めてレベルアップします。
Wizなどのように宿屋へ泊る必要は無く、ダンジョン内でも任意のタイミングでレベルアップが可能。

このゲームのレベルアップシステムですが、レベルアップ時にボーナスポイントをひとつ貰えるので、それを好きなステータスに割り振る形。

画像

転職にはまだ触れてませんが、過去の作品と同じなら、最大レベルを更新した時にのみポイントが貰えますね。
ファイターでLv6まで育ててナイトに転職した場合、ナイトはLv7になるまでボーナスポイントを貰えないと。
そういう意味で、割り振れるポイントは有限。

どのステータスに割り振るかは迷う所ですが、過去作の傾向から考えると、最初はVITを15くらいまで伸ばしたいもの。
VITはHPの増加量に影響するので、早めに上げておくと楽になります。
HPが増えれば、それだけ死亡する危険が下がりますから。

その後はクラスの特徴を伸ばすように、ステータスを伸ばすと良いかと。
ファイターやレンジャーなどのアタッカーは、STRを上げてダメージアップ。
サムライやニンジャはAGIを25まで育て、二刀流の効果を高める。
ナイトはVITやLUCを伸ばし、生存性を高める。
クレリックはPIE、ウィザードはINTを伸ばし、それぞれの魔法効果を高めると言う具合。

ダンサーは初登場と言う事もあり、どのステータスを伸ばすべきかわかりませんが、過去作の傾向から考えると、士気アップのスキルはPIEに依存してそうです。
ダンサー自身は補助系のスキルを多数覚えますし、PIEを伸ばしてクレリックに転職すると、サポート役として完成するかも。

ただ今作では、装備品にステータス条件が設定されています。
一定のステータスが無ければ、装備品を手に入れても装備出来ないと。
なので装備品を身に付けられるよう、ステータスを伸ばして行くのも大事かと。

画像

ちなみにさらっと書きましたが、二刀流状態だと、Off Handの武器にはダメージ低下のペナルティが発生します。
これはAGIの数値で減少量が変化し、AGI25で完全にペナルティは消滅。
通常通りのダメージを与えられるように。
ペナルティはステータス画面で確認可能。

その為、二刀流を活用することの多いサムライ、ニンジャ辺りは、AGIを最優先で25まで上げると楽になります。
それまでは両手持ちの武器を使ったり、威力の高い武器をMain Handに持つなどして対処したいもの。

画像



Lv3くらいになったら、キョウが指定したポイントへ向かっても良いかと。
ただマップが切り替わった地点から、出現する敵のレベルが上がります。
見た目は同じでも、入口付近に現れる個体とは強さが違うので、油断しないようにしたいもの。
弱い個体も混ざっているのがイヤラシイ・・・。

南へ進んで行くと、地面からトゲが生えています。
この地点まで進むと、キョウが罠の説明をしてくれますね。
トゲを踏むとダメージを受けてしまいますが、1歩手前で○ボタンを押すと、罠を解除できます。
解除さえしてしまえば、安全に通過可能。

画像

ただ一部のトラップは解除できず、目で見る事も出来ないので、油断せずに進みたいですね。
鉄の廟にも、落とし穴が設置されていますから。
HP少ない時に踏んでしまうと、全滅の危険性も。

説明を受けた後は、奥の階段から地下へ移動。
地下は行ける範囲が限られているので、迷う事は無いと思います。
途中にある閂を外すとオープニングで歩いた場所へ繋がり、以後はショートカットとして利用可能に。
消耗している場合は、一度戻って回復してきた方が良いでしょう。

さらに奥へと進んで行くと、通路の真ん中に宝箱が置かれています。
これを開けると、ミミック一族の長老・ムミックに遭遇。

このゲームは、世界にひとつしか存在しないユニークアイテムがあります。
プレイヤーが手に入れた場合、2個目以降は絶対にドロップしないと。
アイテムを入手した時点でフラグが立つ為、対象のアイテムを捨てても再入手はできません。
デモンゲイズだと周回プレイを繰り返す事で、ユニークアイテムを再入手する事が可能でしたが。

画像

しかし今回は、ダンジョン内でランダムにムミックと遭遇する事があります。
ムミックにユニークアイテムを食べさせると、そのユニークアイテムが再度ドロップするようになると。
再入手できるかどうかは運ですが、これでユニークアイテムの性能を選別できるように。
現状では無理に食べさせる必要はありませんが、やり込む場合は積極的に活用する事になりそうです。

画像

今回のムミックはシステムの紹介だけで、実際に食べさせることはできず。
ちなみ装備時のEマークが金色なのがユニークアイテム。
鑑定時に注視されますし、見逃す事は無いかと。

画像
通常アイテム

画像
ユニークアイテム

地下を抜けて地上に出ると、キョウから血統種手配帳を渡されます。
各ダンジョンに出没する血統種の情報が記載されているとか。
一部の血統種は条件を満たさなければ遭遇できず、そのヒントが書かれている事もありますね。

例えば血統種:チンケな大泥棒は、黒くて甘いお菓子を盗む犯人。
ならば遭遇するには、黒くて甘いお菓子を持ち歩けば良いと。

画像

キョウからはこの奥に主人公の乗っていた旅客機の残骸があり、そこで血統種が目撃されたと教えて貰えます。
そしてこの血統種を倒すよう、要請されますね。

ボス戦が発生するので、まずはレベル上げと装備集めを優先したい所。
地上2ヶ所と地下2ヶ所の待ち伏せポイントを往復し、Lv4〜5くらいを目安にレベル上げに励むと良さそうです。
アクセサリー系の箱からは回復の指輪が出る事もあるので、これを人数分集めておくと楽。

画像

これは異邦人の証同様の回復効果があり、移動するだけでHP回復します。
装備の付け替えの手間も省けますし、全員分揃えておきたいもの。
ダメージを受けやすい前衛分を揃えるだけでも、かなり違ってきます。



飛行機までの道ですが、途中に落とし穴があるのでHP残量には注意。
落とし穴を踏むと地下に落とされ、結構なダメージを受けますから。

奥の階段から地下へ降り、南のケーブルを登ると旅客機の内部に到着。
ここで血統種:クク&リリに遭遇。

画像

主人公パーティ初のボス戦となりますが、ボス戦の基本は補助魔法を有効活用する事。
命中を上げるヒット、敵の回避を下げるスローを重ね掛けし、前衛の火力を最大限発揮できるようにすると良いかと。
ボス戦でのウィザードは、魔法による攻撃より、スロー重ね掛けによるサポートの方が重要。

画像

クク&リリは1ターンに2回行動し、連続で回復する事もありますね。
魔法で40近いダメージを受けるので、HPは高めを維持しておきたいもの。
回避の高い相手ですが、スロー重ね掛けで前衛の攻撃が当たるようになれば、それほど苦労せず倒せるかと。
準備不足の状態で挑むと、全滅の危険もある強敵ですが。

戦闘後はキョウがやってきて、教練の終了を告げます。
その後はダンジョンの外まで送ってくれると言いますが、ここは羽根だけ貰うとお得ですね。
この選択肢を選ぶと、蝶の羽根を入手。
使用すると、ダンジョンから脱出できるアイテム。

画像

少し戻った所に青い蝶が飛んでいる場所がありますが、このポイントまで行くとダンジョンから脱出できます。
蝶を殺すと羽根が貰えそうですが、試していないので自信無し。
旅客機からは大した距離でもありませんし、キョウからは羽根を貰って、このポイントから脱出するのがお得かと。



ダンジョンから戻ってきたら、居住区から編成を選ぶと、待機していたメンバーが稼いだお金を受け取れます。
待機しているメンバーも独自に活動していると言う設定で、メインパーティの行動に応じた資金を獲得。
お金が欲しいなら、早めに待機メンバーを複数用意しておくのも手。

画像

また経験値も僅かに入手するので、たまに覗いてみると良いですね。
レベルアップに必要な経験値が溜まっている事がありますから。
現在のレベルが高くなるほど、待機中に得られる経験値も増えると言う話。

とは言え、主人公のレベルが高くなるほど、新規作成メンバーのレベルも高くなるようですしね。
どのタイミングで待機メンバーを作るかは、個人の好みの問題になってくるかも。



と言う感じで、キョウから与えられた団員教練のクエストは完了。
本当は団長室で報告する所で完了するのですけどね。
その後は新しいイベントが発生するので、キリの良いこのタイミングで終わっておきました。

まだまだチュートリアルの段階ですが、上記のようにレベルを上げ、装備を整えた上でじっくりと挑まなければなりません。
その分時間がかかりますし、ストーリーを追いたくて先を急ぎたがるプレイヤーには、楽しめないかもしれませんね。
この部分は最後まで変わらないでしょうし。

しかし地道に経験値を稼ぎ、新しいアイテムを手に入れるハック&スラッシュ的な要素を楽しめる人なら、かなりハマりそうな感じ。
PCなら体験版が配信されているので、迷っていると言う人はそちらをプレイしてみると良いかも。
今回記載した範囲より、もう少し先まで遊べますから。

[リンク]
剣の街の異邦人 公式サイト
剣の街の異邦人 〜白の王宮〜 体験版ダウンロード


剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~
エクスペリエンス
2015-01-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
発売日にちょうどテイルズオブゼスティリアと、エスカ&ロジーのアトリエplusも同時発売だったので、買おうか迷いましたが購入することにしました。

記事を読むと、システムに慣れるまでは大変そうな感じが伝わってきました。
ただ、基本的な部分はデモンゲイズ、クロスブラッドからあまり変わってないようなので、慣れればどっぷりとやれそうですね。

デモンゲイズのサークルシステムがすごく好きだったので、今回も似たようなシステムがあるみたいで意欲が湧きました。
ORUTA
2015/01/25 13:18
デモンゲイズのシステムをコアユーザー寄りに調整したような作品ですし、デモンゲイズが好きだった人なら楽しめそうな感じがしますね。
魔法もMP制ですし、習得したスキルはデモンゲイズの神器システムのように、転職後の別のクラスで装備可能ですから。
ただ死者を蘇生させる方法が独特で、手間と時間がかかります。
ゲームに慣れるまでは死人が出やすいですし、その辺りが障害になる可能性はありますね。
Westwood
2015/01/25 14:37
死者が出た場合復活&生命点回復にはほんと時間かかるのでセーブ&ロードが抵抗ない私みたいなプレイヤーは初期キャラ高齢でまとめた方がお得感はあります。
まぁ、RP重視で10代ばかり作ってしまったけど・・・
ざくざくアクターズ
2015/01/26 00:18
私も30代を一人作ったくらいで、後は10代か20代にしていますね。
この手のゲームだとプレイヤーのイメージも大事ですし、あえて非効率な方法を取るのも楽しみ方のひとつでしょうね。
ただ60歳以上のキャラクターは死亡=消滅ですし、高齢パーティは通常とは違った楽しみ方も出来そうです。
ランキングに高齢パーティの項目もありますし、別のプレイで挑戦してみるのも面白そうですね。
Westwood
2015/01/26 08:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その2 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる