西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS FF11 バージョンアップ(20150115)

<<   作成日時 : 2015/01/16 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年1月15日に、FF11のバージョンアップが行われました。
これにより、リンクシェルを同時に2つまで装備可能。
エミネンスの交換品に、多彩な盾も追加されていますね。
他にもいろいろな変更点がありますが、個人的に最も注目だったのは、からくり士の調整でした。
正直、期待していたほどの調整では無かったものの、細かい所で手が入ったのは嬉しいです。

[リンク]
2015.1.15 バージョンアップ情報



今回の調整で一番大きな変化は、白魔法戦ヘッドがプロテア、シェルラを使用するようになった部分。
それぞれプロテス、シェルを、自身の一定範囲内にいるパーティメンバー全員に掛けると言う効果。

今までもプロテスとシェルをパーティメンバーに掛けてくれましたが、全員に掛け終わるまでには結構な時間がかかりました。
それが短時間で終わらせられると言うのは大きいですね。
しかし代わりに単体のプロテスとシェルを使わなくなったので、一長一短と言う所。

画像

現在のFF11ではフェイスを呼べるので、パーティを組んでいても白魔法戦ヘッドを呼び出す機会は少ないのですが、アビセアなどのフェイスを呼べないエリアでは白魔法戦ヘッドを使う事があります。

私は以前LSメンバーとアビセアに向かい、そこで回復・補助役として白魔法戦ヘッドを呼び出していました。
その時戦った敵はこちらの強化を打ち消して来たのですが、白魔法戦ヘッドはAI特有の超反応でプロテスやシェルを掛けなおしてくれると、かなりの活躍を見せてくれたものです。

画像
アビセア-アルテパでの戦闘の様子

しかし単体のプロテスとシェルを使わなくなった為、このような状況でもプロテアやシェルラを使うようになってしまいました。
プロテアとシェルラは詠唱時間が倍以上となり、しかも術者の周囲にいるキャラクターが対象ですからね。

オートマトンは範囲攻撃を避ける為に遠距離に配置する事が多いですし、前線のメンバーがプロテアの範囲外にいると言う事も少なくありません。
プロテスやシェルは対象に直接かける魔法なので、少しくらい離れていても問題無いのですが・・・。

そんな感じで、プロテアとシェルラを使えるようになったのは嬉しいものの、プロテスとシェルを使えなくなったのは不便。
プロテアとプロテス両方を使えたら一番だったのですが・・・。

プロテスの掛かってないキャラが魔法の範囲外にいる場合、プロテアを使用する事は無いのですが、プロテスが切れてるメンバーへの掛けなおしも出来ませんからね。
今後はその事を踏まえた上で、マトンを操作する必要がありそうです。



それ以外の変化点では、魔法戦ヘッドと白魔法戦ヘッドの強化魔法の優先度が、プロテス(プロテア)・シェル(シェルラ)、ヘイストの順番に変化。
高レベルになるとヘイスト装備が充実してきて、強化魔法のヘイストを貰うと、恐ろしいほど高速で攻撃できるようになります。
一昔前では考えられないほどのスピード。

プロテスとシェルは30分効果が維持しますから、今回の調整以後、ヘイストが切れる度にヘイストを貰えるようになりました。
地味ながら大きな変化ですね。
特に魔法戦ヘッドは使用する魔法が豊富で、ヘイストが欲しい場面でファランクスやストンスキンを使う事も多かったですし。

画像

ちなみにオートマトンの魔法ですが、一定のリキャスト時間が存在します。
PCとは違い、魔法を使う行為自体にリキャストがある感じ。
何らかの魔法を使うと、15秒〜20秒くらい次の魔法を使えないと。

以前は全魔法でリキャスト時間が共通しており、回復魔法が欲しいのに強化魔法を使われ、回復が間に合わずに死亡すると言うケースもありました。
が、現在では回復魔法と強化・弱体魔法でリキャストが別になり、このような事態は少なくなっています。
回復魔法のリキャスト時間に強化や弱体魔法を使う感じなので、魔法の使用頻度も増えました。



それ以外では、アチューナーターゲットマーカーが、上位バトルフィールドやウォンテッドでも効果を発揮するようになっています。
これらはオートマトン用のアタッチメントで、自分より強い敵に攻撃力アップ、命中率アップと言う効果。

画像

私はLSメンバーと上位バトルフィールドに行く事も多いので、この修正は助かります。
まぁその場合は黒魔法戦ヘッドで行く事がほとんどですし、実際に役に立つかどうかは怪しい所ですが。

また、ジョブポイントの内容が変更になったのも嬉しいですね。
Lv99になったジョブは、経験値とは別にキャパシティポイントを入手。
キャパシティポイント3万でジョブポイントとなり、ジョブポイントを消費する事でジョブ毎に特性を強化する事が可能。

からくり士の場合、オートマトンのHPとMPを増やせたのですが、以前はそれぞれ別のカテゴリとなっていました。
しかし今回のバージョンアップで、HPとMP強化がひとつにまとめられ、代わりにアクティベート効果アップが追加。
ジョブポイントは溜めるのが非常に大変ですから、ひとつの項目でオートマトンのHPとMPを強化出来るのは助かります。

画像

からくり士のジョブポイントは、優先的に上げるべき項目がオートマトンのHPとMPくらいでしたから、どちらを上げるか迷わなくなったのはいいですね。

と言う感じで、細かい所ですが、いろいろと便利になりました。
ぜいたくを言えば、もう少し劇的な変化が欲しかった所ですけど。



ちなみにからくり士ですが、ストリンガー系最上位アイテムであるディヴィネーターを入手しました。
オートマトンのステータスが全て89アップし、魔法攻撃力と魔法ダメージが大幅にアップすると言う隠し性能があります。
多くのからくり士にとって、憧れの装備かと。

画像

これはメリットポイントと引き換えに挑戦できる、上位バトルフィールドの報酬として入手する可能性があります。
しかし他者に渡せないので、自力で取得する必要有り。

上記の通り、私はLSメンバーとよく上位バトルフィールドに挑戦しているのですが、その時はまったく出なかったんですよね・・・。
そして最近では青魔道士を育てている為、そちらの強化にメリットポイントを使ってしまい、上位BFに参加出来ませんでした。

先日もLSメンバーは上位BFに向かっていたのですが、私はメリットポイント不足で参加できず。
そんな時、LSメンバーが「急いで来て」と呼びかけて来たんですよね。
ディヴィネーターが出たので、急いで来ればロットできると。

そこで慌てて出かけ、ディヴィネーターにロット。
LSメンバーの好意で、見事に入手出来たと。
本当にLSメンバーには、頭が上がりません。

ディヴィネーターですが、これがあるだけでオートマトンの戦闘能力がかなり上がりますね。

画像
ディヴィネーター装備

今まではエミネンスで交換できるE.ストリンガーを使っていましたが、その時に比べて全ステータスが12アップ。
それに加え、魔法攻撃力が6、魔法ダメージが44増えています。

画像
E.ストリンガー装備

画像
ストリンガー無し

特化した装備を身に着けたPCには及びませんが、それでもこれだけの性能アップは嬉しいですね。
高レベル帯だと黒魔法戦ヘッドを使う事が多いですし、特に魔法攻撃力アップと、魔法ダメージに影響するINTが増えるのは助かります。
私はまだまだですが、装備が揃ってくればオートマトンはもっと活躍してくれるかも。

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FF11 バージョンアップ(20150115) 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる