西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS FF11 青魔道士Lv99到達

<<   作成日時 : 2015/01/17 00:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先日Lv80になった青魔道士ですが、あっさりとLV99まで育ちました。
青魔法を行使できる分、火力の高いジョブではあるのですが、片手剣WSのサベッジブレードの威力が非常に高く、一撃で1,500程度のダメージをコンスタントに叩き出していた為、戦闘は侍並に楽でした。
青魔道士はアビリティさえあれば一人連係が可能なので、連係で敵1体を速攻で倒せるのが大きかったです。

ナイトだとボーパルブレードの方がダメージ出ましたが、ナイトと青魔道士ではだいぶ事情が変わってきますね。
青魔道士だと、単発の威力でもサベッジブレードの方が上。
それでいて連繋属性でも優れてますから。

画像



前回の後、ラーニング作業が終わった頃にはLv80になっていました。
そこからボヤーダ樹に向かい、グラウンド・オブ・ヴァラー(GoV)でLv85まで育成。
青魔道士は火力高いので、MP残量にさえ気を付ければ、かなりサクサクと敵を倒せましたね。
リンクしても敵を眠らせられるので安心。

Lv85になったので再びラーニングの旅に出ようと思っていた所、LSメンバーから「メリットポイントを稼ぎに行くので、青魔道士で着いて来ないか」と言うお誘いを受けました。
そこでお言葉に甘えてシルダス洞窟での乱獲メリポ稼ぎに参加した所、1時間もかからずにLv92まで育つ結果に。

1匹が700〜900くらいの経験値をくれるのですが、それをハイペースでひたすら乱獲するわけですからね。
範囲系の魔法で一掃する為、1分程度の戦闘で数千の経験値を取得。
現在はメリットポイントを必要とするエンドコンテンツがある為、各地でよく見られる光景ですが、恐ろしい勢いでレベルアップ出来ました。
復帰以来、LSメンバーには色々な面でお世話して貰ってますし、足を向けて眠れませんね。

画像

ただ私はLSメンバーに回復魔法を掛けたり、補助魔法をバラ撒いていただけなので、青魔法スキルはほとんど上がらず。
Lv92になってラーニングの旅に出かけたのですが、青魔法スキルが低い事もあって、ラーニングがなかなか成功しなかったんですよね。

たまたま運が悪かっただけかもしれませんが、ここはLv99まで育ててしまい、スキル上げをしてからラーニングに出かけようと計画。
そこでシャクラミの地下迷宮でGoVを活用し、Lv99まで育てました。

上記の通り、青魔道士の火力はかなり高かったので、1時間辺りの獲得経験値はかなりのものですね。
時給で5〜6万くらいの経験値を稼げ、1時間にひとつレベルが上がる状態。
LSメンバーのオカゲでつらい時期を一気に飛ばせたので、思っていたより楽にLv99に到達した印象。



Lv99になるとアイテムレベル(IL)装備が可能となり、一気にステータスがアップしました。
からくり士で準備していた装備を流用できたので、この辺は楽でしたね。
青魔道士用の高性能な装備が欲しいものの、繋ぎとしては十分でしょう。

一応、AF頭とAF胴を強化し、IL109装備に作り替えておきましたが。
AF胴はIL109に作り替えると、リフレッシュの効果が追加されます。
3秒間にMP2回復。
青魔法スキルも上昇しますし、青魔法主体で戦うなら、AF2よりこちらを強化した方が良さそうですね。
強化に必要となる素材も安いですし。

画像

そこからは、アドゥリンエリアでコロナイズ・レイヴを利用したスキル上げ。
コロナイズ・レイヴは、道を塞いでいる岩や樹と言った障害物を、ザコ敵を排除しつつ破壊すると言うコンテンツですね。

破壊対象に密着していればザコに絡まれない事も多く、障害物は耐久力が高めなので、これにひたすら青魔法を打ち込むと言う形で青魔法スキルをカンストさせました。
大ダメージを与える必要は無いので、MP効率の良いメッタ打ちを連発。
スキルアップ頻度はかなり高く、思ったより短い時間でカンスト出来ました。

画像



青魔法スキルがカンストした所で、ラーニングの旅に出発。
まずは憧れだったサブダックションを習得しに向かいました。

サブダックションは、石のゴーレムのようなマロリス族からラーニング可能。
こいつはシルダス洞窟の(K-5)や(F-5)などの広間に2体ずつ配置されているので、ここで習得に成功しました。
アドゥリンエリアの敵はポップ時間も短めなので、割と楽でしたね。

画像

画像

青魔法には物理攻撃タイプと魔法攻撃タイプがありますが、サブダックションは魔法タイプですね。
プレイヤーの周囲にいる敵に対して、風属性のダメージを与えると言う効果。

Lv99で習得する青魔法でありながら、MPの消費が27と低コスト。
詠唱時間も1秒程度で、再詠唱時間は5秒。
攻撃モーション中に5秒近く経過する為、実際には連発する事ができます。
それでいて範囲攻撃と言う優秀さ。

画像

さらに攻撃が命中した相手を、鈍足状態にします。
敵から離れて再度サブダックションを使うと言う感じで、敵から攻撃を受ける機会を減らしながら戦う事も可能。

魔法タイプの青魔法は、詠唱と再詠唱時間が長い傾向にありましたが、それらの認識を覆す性能ですね。
この魔法をひとつ装備するだけで、魔法攻撃力アップの特性も発生しますし、習得しておいて損はありません。
青魔道士で乱獲する際、主力となる魔法。

サブダックションを習得した事により、私もリンク狩りでメリットポイントを効率よく稼げるようになりました。
シルダス洞窟等に向かい、敵をリンクさせてからサブダックションでまとめて撃破するだけ。
1匹辺りから700〜900程度の経験値を稼げるので、短時間でメリットポイントを大量取得出来ます。

またエミネンスレコードの「500以上ダメージ」などを、簡単に達成できるようになりますからね。
メリットポイントを稼ぎつつ、エミネンスポイントも溜められます。
シルダス洞窟に出現する敵は、店売りでもいい値段になるアイテムを落としてくれるので、ちょっとしたお金稼ぎにも・・・。



そんな感じで、青魔道士がLv99になり、サブダックションの習得にも成功。
メリットポイントを楽に溜められるようになったので、ステータスの強化や上位バトルフィールド参加の下準備も楽になりました。

エミネンスポイントも同時に稼げるようになり、ポイント交換でレム物語なども入手しやすくなったのも助かります。
青魔道士のAF強化に使ったレム物語は、本来ナイトのAF2強化用に溜め込んでいたもの。
ナイト以外にもからくり士のAF2も強化したいですし、レム物語はまだまだ足りません。

サルベージなどでの金策も、サブダックションを使える青魔道士がいると楽そうですからね。
今後はプレイスタイルが大きく変化しそうです。

ただ・・・。
LSメンバーの青魔道士はサブダックションで3,000近いダメージを叩き出していたのですが、私は装備が整っていないので、1,000〜1,500くらいのダメージしか与えられませんでした。
その分稼ぎの効率も落ちますし、まずは青魔道士用の装備を整える方が先かもしれませんね・・・。

またサブダックション以外の青魔法はまだ習得してませんし、そちらのラーニングにも向かいたい所。
Lv99にはなったものの、まだまだ先は長そうです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
8月頭
ひょんな事から
四年ぶりの復帰をしまして
【浦島太郎状態】…

持ちジョブに青魔があるので
参考にさせて頂きます。

ありがとうございました。
ブループラネット
2015/08/26 09:05
私もそうでしたが、4年ぶりとなるとかなり変わっていますね。
この記事を書いた頃は私も手探り状態で、知らない事も多かったですが、参考になれば嬉しいです。
Westwood
2015/08/26 22:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FF11 青魔道士Lv99到達 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる