西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その15 [長しえの箱舟]

<<   作成日時 : 2015/02/16 20:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

儀式の森へ向かう事になりましたが、イベント発生場所の手前に血統種:エルダーゴーレムが沸いているので、まずはこいつを倒しておきました。
嵐の廟が解放されたタイミングで出現するようになりますから、事前に倒しておくと楽になるかも。

画像

エルダーゴーレムですが、ザコのウィスプと共に出現。
後列に居る間は物理攻撃を使わず、魔法系の攻撃を使うくらいですね。
マジックブレイクと精霊の壁を使っておけば怖くないので、ザコを放置で狙い撃ちにすると楽に戦えます。
精霊系の敵なので、マジックウェポンを使うのを忘れずに。
前列に出て来る可能性もありますが、そのつもりで対策してあれば、余裕で勝てる相手。

石碑の前に移動するとイベント。
ドランサークがギリウスを連れて、石碑の前まで転移してきます。
この先にリウがいるだろうと言う話。

ドランサークが言うには、この地はかつて遭遇した老人・ルキフェルの力で満ちているらしく、キョウが引き連れていた巨人からも同じ力を感じたとか。
キョウの心の闇に付け込み、ギルドを襲撃した上、リウを攫う手引きをしたのは、あの老人では無いかと。
ルキフェルは消滅しておらず、裏で動いていたのではないかと言う話。
そうであるなら、器を持つ者も術中に落ちているかもしれないと、ドランサークは警告してくれます。

画像

そしてドランサークは、異邦人達を元の世界に戻す手筈を、ギリウスに頼んでいました。
元の世界に繋がる門が開いた時、ギルドの異邦人をドランサークが転移させてくれるようですが、もしその身に何かが起きた場合、ギリウスに異邦人達を連れてきて欲しいと。
話を聞いたギリウスは、素直に了承してくれました。

ここで気が付いたのですが、迷宮クロスブラッドインフィニティで行われた円卓の生徒とのコラボイベントで出現した敵が、ルキフェルだったんですね。
そちらでは青年のような姿をしていたので、今まで気が付きませんでした。

画像
迷宮クロスブラッドでのルキフェル


[関連記事]
迷宮クロスブラッド インフィニティ その23



帰還の為の算段の後は、いよいよリウを救出する為に出発。
主人公が石碑に触れると、長しえの箱舟へと転移します。
ここがストーリー上のラストダンジョンとなりますね。
入口にある石碑に触れると、儀式の森へ戻る事が可能。

画像

正面に進むと、血統種:フェンドルとの戦いに。
こいつは物理攻撃中心で後列にも攻撃が届くので、早めにヴェールを使っておきたいですね。
後は基本通りに戦えば問題無し。

何気に気絶するので、気絶を誘発する武器を持ち込むと楽に戦えます。
気絶させてしまえば、HPが高いだけのザコ。
とは言え、それなりに耐性はあるようで、気絶率はそこまで高くないですから、油断して手を抜かないようにした方が良いですが。

画像

フェンドルを倒した先には魔石がありますが、力を失っているようです。
北と東西の3ヵ所にワープポイントがあり、その先にある塔に向かう事で、魔石が力を取り戻す模様。
ただし途中で引き返すと、最初からやり直しになると石版に書かれていました。

画像



まず東にある彫像に触れ、毒縛廟Iに向かいました。
ここでは常に毒状態で探索しなければなりませんね。
とは言え、HP回復装備があれば毒ダメージは気になりませんし、戦闘でも聖なる光を使えば問題無し。
3ヵ所の塔の中で、もっとも簡単なエリアかと。

ただこのエリアでは、一方通行のワープゾーンを進まなければなりません。
現在地がわかり難いだけで、適当に進んでも何とかなったりしますが。
一応、下記のルートで先へ進む事が可能。

画像

(X:03、Y:15) → (X:10、Y:14)
(X:08、Y:14) → (X:13、Y:14)
(X:15、Y:14) → (X:14、Y:09)
(X:14、Y:11) → (X:15、Y:05)
(X:14、Y:06) → (X:09、Y:05)
(X:11、Y:05) → (X:06、Y:05)

毒縛廟IIでは、道が二手に別れています。
一方はワープポイントが隠されていて、分岐路まで戻されてしまいますね。
ただそれだけのエリアなので、特に気にせず進んでも良いかと。

画像

ちなみに正しいルートは、見通しの悪い通路。
つまりは壁が設置されている通路になります。

毒縛廟IIIはダークゾーン。
ワープポイントも混ざっていて場所がわかり難いですが、マップを確認しながら進めば問題無いかと。
基本的にワープしたら、後方に歩くようにすると先へ進めます。

画像

このエリアで待ち伏せし、4ターン目を迎えると血統種:オル=ワイバーンが乱入してきます。
戦闘途中で現れる為、あらかじめ補助魔法などを使っておくと良いですね。
後列に居る間は何もしないことが多いので、ザコを残しておくと楽になります。

ただオル=ワイバーンは空蝉を持ち、防御時にはほぼ100%の確率で発動。
ターン経過でHP2,000ほど回復する為、状況によっては前列に移動させた方が楽かもしれません。
暗撃なら空蝉を無効化しつつ攻撃できるので、暗撃持ちがいるなら後列。
暗撃持ちが居ないか火力が不足しているなら、前列に移動させて戦うと良いかと。

画像

毒縛廟IVには、一方通行の扉が多数設置されています。
さらにワープゾーンがあり、先へ進む道がわかり難いですね。
(X:05、Y:05)の地点に隠し扉があるので、これを見付けなければ延々とグルグル回る羽目に。

画像

毒縛廟Vでは、通路の途中で血統種:キスキルリラとの戦いに。
こいつはサキュバス2体を引き連れているので、まずはサキュバスを倒したいですね。
この戦闘では、キスキルリラ本体より、何度も呼び出されるサキュバスの方が厄介。

画像

このゲームにはレベルドレインは無いものの、サキュバスは厄介な攻撃を多数所持。
特に士気を下げられるのが面倒で、数体から連発されると神気スキルも使えなくなってしまいます。
何気にオーマの波動も使ってくるので、放置しておくと非常に厄介。

HPはそれほど高くないので、集中攻撃で早めに撃破したいですね。
キスキルリラは何度かサキュバスを呼び出すので、その度に優先して撃破したいもの。

キスキルリラとサキュバスは様々な弱体魔法を使ってきますが、これらは精霊の壁で無力化できます。
物理攻撃は大したことないので、精霊の壁を切らさずに戦いたいもの。

キスキルリラ自体はサキュバスの強化版と言う感じで、それほど怖い相手ではありません。
しかし士気を下げられる為、頻繁に飛んでくるオーマの波動を防ぐのが精いっぱいという状態になりかねませんね。
剣の絆は直前に使うのではなく、余裕のあるタイミングで使っておくようにしておきたいもの。

キスキルリラを倒した奥には石像があり、これに触れると他の塔に向かうように言われます。
残りの塔で石像に触れると、奥へと進めるようですね。
ダンジョンから出ずに3ヵ所の像に触れる必要がありますが、血統種は倒すと復活しませんし、一度街に戻って補給してきた方が良いかも。

画像

ちなみにキスキルリラも、円卓の生徒で登場した敵のようです。
迷宮クロスブラッドインフィニティのコラボイベントでも、名前だけは出て来ました。



次は西のワープから禁魔廟へ向かってみました。
ここは全域で魔法が使えません。
水流に乗って移動すると言う点からも、湖の廟と同じようなエリア。
ただ水流の流れはそれほど複雑ではなく、マップを埋めて行けば正解ルートもわかりやすいので、探索は楽な部類かも。

画像

画像

画像

画像

画像

禁魔廟Vまで移動すると、血統種:ノーブルメイデンとの戦いに。
お供にヴァンパイアが3体。
水中エリアでは魔法が使えない為、まともに戦うとかなり苦戦しますね。
各種アイテムを最大限活用した方が良いかと。

画像

ヴァンパイアは不死系の敵なので、ダンサーに聖なる大瓶を使わせると楽に殲滅できます。
ホーリーシャインの効果があるアイテム。
ダンジョンを歩いていると結構な数を拾えるので、捨てずに保管していたなら、ここで使ってしまうと良いかと。
PIEが高いほど与えられるダメージは高いので、ダンサー経由のクレリックがいると便利。

ノーブルメイデンはこちらの強化を打ち消す上、連れ去りや睡眠付き攻撃など、厄介な攻撃を繰り出してきます。
どちらかと言えば物理ダメージが痛いので、黒金の壁を張りながら戦った方が楽。
2匹いると2回連続でオーマの波動を使ってくる為、早い段階で1体倒してしまいたいですね。

プレイヤーの強化魔法は打ち消されてしまうので、マルチスローの効果のあるアイテムをノーブルメイデンに使用。
その上で最大火力を叩き込み、早期撃破を狙う形。
余程育っていなければオーマの波動までに撃破するのは難しいので、剣の絆がLv1しかない場合、食らう事を覚悟しておいた方が良いかも。
一度だけなら、ルート確定時に貰った下着で防げますが。

画像

HPや防御力に自身があるなら、黒金の壁&十字突撃でダメージを与えても良いかと。
十字突撃は必中なので、火力高い武器を持っているなら、かなりのダメージを叩き出せますから。
私は敵が残り1体になってからは、この方法で撃破しました。

血統種を倒すと、(X:05、Y:14)の地点で彫像を発見出来ます。
やはり血統種は一度倒すと復活しないので、一度街に戻ってセーブしてきた方が安心。
血統種さえいなければ、彫像までは簡単に辿り着けますし。



北のワープからは、禁技廟に辿り着けます。
ここではスキルが使用不可能。
氷結の廟と同じような感じですね。

このエリアは所々に落とし穴があるだけ。
場所によっては2階層下まで落とされる事もありますが、マップは比較的狭く、一度落ちた落とし穴はマップに記載されますから、特に苦労しません。
自動移動は落とし穴を避けて移動してくれますし、塔の中では一番探索が楽でした。

画像

画像

画像

画像

画像

ただ禁技廟IVには(X:11、Y:14)の地点に隠し扉があり、ここを抜けないと先へ進めないので注意が必要です。

禁技廟Vでは、血統種:オル=フィックと遭遇。
オル=フィックは、ルキフェルのかつての計画を教えてくれます。
この箱舟はルキフェルが神になる為に作ったものの、儀式の途中で中立の神により魂を引き裂かれてしまったとか。
異邦人をこの世界に招き寄せ、燃料として使っているのも、全てルキフェルの企てた事なのかもしれませんね。
そしてオル=フィックは、主人公の肉体からルキフェルの魂を解放する為、襲い掛かってきます。

画像

オル=フィックは複数回攻撃を多用し、後列にも攻撃が届くので、最初にヴェール系のスキルを使っておきたいですね。
物理攻撃のダメージも大きいので、前衛は防御を選択しておいた方が安心。

その後は黒金の壁と剣の絆を切らさないようにし、各種補助魔法を使ってから攻撃開始。
ターンが経過するとグレーターデビルを呼び出し、自身は後方に下がる事があるので、その場合は少し楽になりますね。
オル=フィックが後列にいる限り、物理攻撃はヴェールで無効化できますから。

画像

グレーターデビルは気絶が通用する上、マルチアボイドを重ね掛けする事で大半の攻撃を回避できますから、前列に移動してきたら倒さずに放置。
その上でオル=フィックを狙い撃ちにすると良いかと。

オル=フィックを撃破すると、(X:05、Y:10)の魔石を利用可能に。
彫像は(X:06、Y:08)の地点に設置されています。

画像


[関連記事]
剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その16 [エンディング]


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その15 [長しえの箱舟] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる