西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダム サイドストーリーズ その11 [ジオニック・フロント]

<<   作成日時 : 2015/03/29 23:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「ジオニック・フロント」編を開始。
元になっているのは、PS2で発売された「ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079」。
ただPS2版のシナリオを再現しているだけで、ゲームの中身は別物ですね。
あくまでサイドストーリーズと言うゲームの中で、ジオニックフロントのシナリオを体験できると言う内容。

画像

PS2版ジオニックフロントは、よくあるアクションゲームとは違い、リアルタイムストラテジー(RTS)に近いゲームとなっています。
各機体に進行ルート、敵を発見した際の行動を設定したら、後はAIが自動的に行動すると言うゲーム。
3種のレーダーを切り替えながら敵を探し、時には戦い、時には戦闘を回避して目的を達成すると言う、戦術性の高い作品でした。
プレイヤーが機体を操作する事も出来ますが、指示だけで目的を達成する事が醍醐味。

画像
PS2版ジオニックフロント

ジオン軍の一部隊が主役でRTS的な作品であると、ガンダムゲームの中では異色ですが、根強い人気がありますね。
私も好きでよくプレイしていましたが、操作性が悪い所があるので、そういった部分を改善した新作を作って欲しいものです。

画像
PS2版ジオニックフロント



第01話「フェンリルの牙
第2次降下作戦に参加する事になった闇夜のフェンリル隊は、敵航空基地を制圧する為に出撃します。
こちらの編成は、ザクIIとザクII重装備の2体のみ。
パイロットもニッキとマットの2名で、PS2版のゲームとは違う雰囲気。
PS2版だと、マットはザクIが愛機でしたし。

画像

戦闘では、敵の全滅が目的。
ル・ローアのザクIIも参戦していて、プレイヤーの後ろを着いてきます。
敵は砲台や61式戦車ばかりなので、特に苦労しないかと。
ミデアは動かないものの耐久力が高いので、格闘攻撃などで削った方が楽。

画像

初期配置の敵を全滅させると、敵増援として大量の61式戦車が出現。
戦闘エリア外では、エイガーの乗った61式戦車がザクIを撃破したと言う報告も入りますね。
61式戦車でも戦い方次第でMSを倒せると知り、新兵のニッキが驚愕すると言うイベント。

61式戦車部隊を殲滅したら、敵のビッグトレーが出現。
これを撃破する事になります。
接近すると攻撃は受けにくいので、ブリッジをロックオンして攻撃するだけ。
正面から近付くとたまにメガ粒子砲を撃たれるので、少しずれた方が安心ですね。

画像



第02話「強襲作戦
フェンリル隊は、地下水路からキャリフォルニアベースに侵入し、敵潜水艦と関連施設を確保する為に作戦行動を開始しました。
今回のチーム編成は、ニッキとシャルロッテ。
機体はどちらもザクIIですが、シャルロッテ機はSP攻撃の種類が多いので、シャルロッテ機を使った方が良いかも。

画像

このエリアでは、狭い通路で敵と戦う事になります。
敵は61式戦車や砲台だけですが、攻撃を回避するのが難しいので、手前の敵を倒してから奥に進みたいもの。

目的は制限時間内に、変電施設を全て破壊する事。
変電施設を破壊すると一定時間カウントがストップするので、その間に進軍したいですね。
施設への被害は最小限に抑えろと言われるものの、ターゲットは全て破壊する必要があります。
全てのターゲットを破壊した後は、増援として現れる61式戦車部隊を全滅させるとクリア。

画像

施設を制圧する事に成功したフェンリル隊でしたが、潜水艇を1隻取り逃がしてしまいます。
この潜水艇には、連邦軍のエイガーが乗っていた模様。

また別のフロアは、ジオンのマルコシアス隊が制圧。
直接遭遇する事はありませんが、マルコシアス隊のミッションともリンクしていたと。

画像



第03話「強敵、赤の砲撃手
オデッサへ向かっていたフェンリル隊は、ゴビ砂漠にある味方基地の救援要請を受け、援軍に駆けつけると言う展開。
今回のチーム編成は、マット、ニッキ、シャルロッテの3人。
マット機が重装備なだけで、他はノーマルのザクIIですね。

画像

最初はスタート地点付近の敵を殲滅。
敵は61式戦車ばかりですが、数が多いので地味に面倒です。
マシンガン系の武器を使い、早めに敵の数を減らすと良いかと。

敵を殲滅したら、中央にある基地へ移動。
基地のMS隊と協力して、周囲から襲ってくる61式戦車を撃破する事に。
所詮は戦車部隊なので、特に苦労する事は無し。

戦車部隊を殲滅すると、敵のビッグトレーが出現。
エイガー率いるガンキャノン隊も現れるので、ここからが本番ですね。
敵の火力は侮れず、直撃を喰らうと一気にHPを奪われるので注意が必要。

ここは味方部隊のいる地点で待ち構え、接近してきた個体から撃破していくと良いかと。
ザクII重装備のマゼラトップ砲を使い、遠距離から狙撃すると楽ですね。
射撃中に足が止まってしまうので、ジャンプ中に攻撃した方が安全。

画像

最後はビッグトレーを倒すだけですが、こいつの火力もかなり高いです。
一気に接近して攻撃するか、遠距離から狙撃した方が良いですね。
マゼラトップ砲ならビッグトレーの射程外から一方的に攻撃できるので、遠距離から攻撃した方が楽かも。

画像



第04話「オデッサ最前線
敵部隊の主力が展開する最前線の防衛を任されたフェンリル隊。
黒い三連星がホワイトベースを撃破するまで、防衛ラインを維持する事が目的。

今回の編成も、ニッキ、シャルロッテ、マットの3名のみ。
フェンリル隊には続々と新隊員が配備されていますが、操作できるのはこの3名が基本になりそうです。

画像

今回の敵は、61式戦車と量産型ガンタンク。
量産型ガンタンクはかなりの遠距離から攻撃して来る上、砲撃の速度は遅いものの、割と誘導してきます。
左右移動だけでは回避出来ない事もあるので、ブーストや緊急回避で避けるようにしたいもの。

初期配置の敵を倒すと、ビッグトレーが2隻出現。
陸戦型ジムと量産型ガンタンクも増援として現れます。
目的はビッグトレーを2隻とも破壊する事。

画像

ジムとガンタンクはビッグトレーが存在する限り現れるようなので、ここは思い切って距離を取った方が良いですね。
その後、接近してきた機体から撃破。

敵MSを排除したら、マット機のマゼラトップ砲で、敵の射程外からビッグトレーを破壊すると楽です。
さすがに戦艦2隻の攻撃をかいくぐって接近するのは危険ですから、時間はかかるものの、遠距離からの狙撃が一番安全でした。

画像



第05話「オデッサ撤退戦
基地司令のマ・クベが脱出した為、指揮系統に乱れが生じたジオン軍。
その隙を突かれ、ジオン軍の戦線は崩壊。
フェンリル隊は友軍を支援しつつ、オデッサからの脱出を図る事になりました。

今回は味方のマゼラ・アタック隊を護衛しつつ、敵を全滅させる事が目的。
味方の進路上の61式戦車さえ破壊してしまえば、マゼラ・アタックは画面端から脱出してくれます。
そうなったら、後は残った敵を殲滅するのみ。

画像

初期配置の敵を倒すと、エイガーの率いるガンキャノン隊が出現。
火力と耐久力の高い相手なので、なかなか厳しい戦いになります。
SP攻撃などを活用し、1体に攻撃を集中させて早めに撃退したいもの。
SP格闘によるダメージが高いですが、シャルロッテ機のSPグレネードも遠距離から攻撃可能な上、それなりのダメージを与えられるので便利です。

ちなみに見た目からは判別できませんが、エイガーの乗る機体はHPが無くなっても爆発せず、画面外へと逃走していきます。
HPが減っても死なないガンキャノンを見付けたら、放置で別の機体を攻撃した方が良いかと。

画像



第06話「ジャブロー攻略作戦
キャルフォルニアベースに帰還したフェンリル隊は、ジャブローへの大規模攻略作戦に参加する事になりました。
フェンリル隊の目的は、敵の防空施設を破壊しつつ、地下内部への道を探す事。

画像

今回からニッキの機体がドムに変化しています。
武装はザクと同様ですが、機体性能が大幅にアップ。
ホバー移動で少しクセがあるものの、ザクより優秀な機体です。
ブーストを使わなくても、素早い移動が可能ですし。

目的はマップ上に点在する砲台を全て破壊する事。
砲台周辺にはMSが展開していますが、一度に戦う数が少ないので問題ありませんね。
ドムの機動性を生かし、常に移動しながら攻撃すれば余裕かと。

画像

初期配置の敵を全滅させると、大量のジムと量産型ガンタンクが増援で現れます。
最初の集団を撃破しても、さらにもう一度現れますね。
ただ数は多いものの、防御されなければバズーカの一撃で倒せる相手。

やはりドムの機動力を生かし、バズーカを撃ち込んで行けば楽に戦えます。
ドムのSP射撃は3体までのマルチロックが可能なので、SP射撃を活用すると便利。
今回はとにかくドムの性能に助けられたステージでした。

画像



第07話「木馬とガンダム
ジャブロー内部へ侵入したフェンリル隊は、敵部隊を突破しつつ、奥へと進行していく事になります。
今回はジャブローの地下施設が舞台と言う事もあって、狭い通路や広い部屋で構成されていますね。
配備されている砲台やMSも多く、かなり厳しい戦いを強いられます。

画像

ドムのバズーカなら1〜2発で倒せる敵が多いので、とにかく攻撃を回避しながら、近場の敵から倒しておくと楽になります。
激戦となるので、極力ダメージを受けないようにしたいもの。

奥へと進んでいくと、宇宙船ドッグでホワイトベースの同型艦ブランリヴァルを発見。
これを撃破する事になります。
正面から相対するとかなりの砲火に晒されるので、地味に厄介な展開。

画像

ここは敵戦艦を放置し、奥から接近してくるジムから倒すと楽になります。
その後はドムのSP射撃を使い、ブランリヴァルの砲台を破壊。
戦艦を丸裸にしたら、悠々とブリッジを潰すと良いかと。
SP射撃の最中は無敵なので、素早くロックした後、ジャンプしてSP射撃を発動する事がポイント。

ブランリヴァルを破壊すると、エイガーの乗ったガンダム6号機マドロックが出現。
マドロックは砲撃戦に特化したガンダムですが、機体の不調でキャノン砲を使用する事ができず。
見逃す理由は無いので、マドロックもここで撃破する事になります。

マドロックですが、キャノン砲が使えなくてもかなりの強敵。
ビームライフルは威力も高く、偏差撃ちをして来る為、一方向に移動しているだけでは回避出来ません。
ここは左右に蛇行しながら、ビームライフルの狙いを外すと良いかと。
レバーをガチャガチャする感じでも、簡単に回避出来ます。

画像

ビームライフル以外にはグレネードランチャーを撃ってきますが、これは移動だけで回避するのは難しいですね。
弾の速度は遅いので、撃ち出す方向をよく見て、食らいそうな時は緊急回避を使うと良いかと。

後はビームライフルの隙に、バズーカを撃ち込んで行けば余裕。
近付くとビームライフルを喰らいやすくなるので、ある程度距離を取って戦った方が楽でした。

画像



第08話「牙ある限り
ジャブロー攻略作戦は失敗し、フェンリル隊は脱出。
地球上の情勢は連邦軍に大きく傾き、ジオン軍は兵士や物資を宇宙へ打ち出す事になりました。
連邦の大部隊が進軍中のキャリフォルニアベースでは、フェンリル隊がHLV打ち上げの時間を稼ぐ為、最後まで戦い抜くと言う展開。

今回はHLVを守りながら、大量の敵MSと戦う事になります。
HLVの耐久力は高いものの、敵の攻撃を放置しておく事は危険。
HLVを攻撃している敵を優先的に倒し、HLVへのダメージを最小に抑えながら戦いたいもの。

画像

敵増援も多く、段階的に大量の敵が現れます。
3回目くらいの増援には、エイガーのマドロックも混ざっていますね。
マドロックは調整を終え、完全な状態で戦いを挑んできます。

以前に比べると動きも早く、突進しながらキャノンを使う事も多いですね。
ただHPはそれほど高く無く、ドムのSP格闘3発で撃破可能。
タイミングをよく見て、確実にSP格闘を叩き込めば楽かと。

画像

マドロック出現と同時に、マット機は撤退します。
イベントで被弾し、パイロットだけ脱出した形。
それと入れ替わる形で、隊長のゲラート・シュマイザーが乗ったザクIが救援に駆け付けてくれますね。

専用のザクIは動きが軽快で、何気にザクIIよりも使いやすい機体。
格闘も3発まで繰り出せますし、格闘主体ならドムより強いかもしれません。
その代わり、HPや防御力は低いようでしたが。

画像

マドロックを倒すと、敵の陸上戦艦が出現。
これが最後の敵増援ですね。
MSも現れるので、早めに殲滅しておきたいもの。

陸上戦艦は火力が高く、HLVも攻撃してきます。
ブリッジの耐久力も高いので、まずは砲台を潰すと楽になりますね。
ドムのSP射撃を使って複数の部位にダメージを与え、後は地道に射撃で砲台を破壊。
戦艦の背後は安全地帯なので、リロード中などはそこに隠れると良いかと。

画像

陸上戦艦を破壊するとステージクリア。
フェンリル隊の機体は損傷が激しいですが、パイロットに被害は無し。
彼らは基地にあるユーコンに乗り込み、今後も地上で戦い続けると言う所でスタッフロールに。

ちなみに今回打ち上げられたHLVのどれかに、マルコシアス隊も搭乗していたと言う話。
MISSING LINK編と繋がる形で、最後の戦いを迎えたと言う形でした。

画像



と言う事で、「ジオニック・フロント」編も終了。
元のゲームがRTSと言う事もあり、中身的にはオリジナルに近いシナリオでしたね。
PS2版の展開を踏襲してはいるものの、敵に見つからないように進軍したり、各種センサーを駆使すると言った展開は無し。

またフェンリル隊は結構な人数が所属していて、PS2版ではキャラクター毎に搭乗する機体が違っています。
にもかかわらず、本作ではニッキ、マット、シャルロットの3名しか使えないのは残念でした。
他にもグフに乗るパイロットとか居たのですけどね。

画像

ただ他のシナリオでは登場しなかったドムを使えたのは楽しかったです。
MISSING LINK編でリックドムIIは使えたものの、宇宙戦ではドムの特徴であるホバー移動が体験できませんからね。
ジオニック・フロント編ではドムの機動性を存分に堪能できたので、その点では満足しました。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
機動戦士ガンダム サイドストーリーズ その11 [ジオニック・フロント] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる