西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その24 [蝶狩り]

<<   作成日時 : 2015/03/04 00:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2周目では最大レベルを更新せずとも、レベルアップするだけでステータスを上げられます。
例えば1周目でファイターLv10からナイトLv5へ転職した場合、ナイトはLv11になるまでステータスを上げられません。
しかし2周目以降は、ナイトLv6の時点でステータスを上げられると。
さらにステータス上限も10増えていますから、転職でレベルを下げ、スキルスロットを増やしつつステータスを上げて行く事になります。
その際に求められるのが、効率の良いレベルアップ方法。

普通にプレイする場合、待ち伏せでアイテムを集めつつ経験値を稼ぐと良いのですが、2周目だと主要なアイテムは一通り揃っていますからね。
転職を繰り返しつつレベルを上げることを目的とするなら、その方法では時間がかかりすぎてしまいます。
そこで活用するのが、ダンジョンに出現する蝶。

画像

特定のポイントで遭遇する蝶ですが、撃破に成功すると大量の経験値を獲得出来ます。
一度に数万と言う経験値を貰えるので、経験値稼ぎなら蝶を狩るのが一番ですね。

蝶はダンジョンの特定のポイントにランダムで現れ、「蝶を殺す」を選ぶと戦闘に突入します。
しかし、蝶を倒すとダンジョンを脱出するまで復活しませんから、稼ぎ向きではありませんね。
そこで経験値を稼ぐには、蝶が現れる待ち伏せポイントを活用します。

画像

蝶が現れる待ち伏せポイントは、下記の4ヶ所。
灼熱の廟 火蜥蜴の住処 (X:13、Y:10)
湖の廟 湖穴 深度1000 (X:12、Y:16)
氷結の廟 竜人宮 後宮 (X:13、Y:01)
嵐の廟 有頂天 (X:15、Y:10)

ただ湖の廟氷結の廟では魔法、もしくはスキルが使えないので、稼ぎに使うなら残りの2ヶ所になりますね。
敵の初期レベルが高い分、一度に得られる経験値が多いと言う事で、個人的には嵐の廟をオススメします。
ゲーム中盤なら、灼熱の廟が良い感じ。

蝶ですが、物理・魔法ともに防御力が非常に高く、普通に戦ったのでは倒す事ができません。
そこでニンジャのスキルである暗撃を活用します。
暗撃は相手の防御力を無視したダメージを与えられるので、蝶にも大ダメージを与えることが可能。

蝶自身のHPは少なめなので、暗撃使える火力の高いキャラクターが1〜2名いれば、問題無く撃破出来るかと。
精霊系の敵でもあるので、精霊に効果のある武器を持ち込むか、マジックウェポンを使うようにしておきたいもの。

画像

回避も高いので、マルチヒットを使えるキャラクターも欲しい所。
最低でも一人、理想としてはハイキャスト(マスターキャスト)でマルチヒットを使えるキャラクターが、2名いると良いですね。

画像

蝶は常駐効果を打ち消してくるので、フォースガードも欲しい所。
ただレベルの低い蝶なら、早期に撃破するのは難しくありません。
Lv100以上の蝶と戦う際には必須と言えますが、その頃には普通に覚えているかと。



以下は私が稼いでいたやり方です。
士気が99必要になるので、ストーリークリア後、もしくは2周目以降で可能となる方法。
色々とスキルも必要ですから、下準備を整えるのが大変かもしれませんね。

まず下準備ですが、暗撃の使い手を2名用意します。
私の場合は、サムライとニンジャが担当していました。
蝶は精霊系の敵なので、精霊に効果のある武器を持たせておきたいもの。

それ以外のメンバーは、サポートが主体。
私の場合、ナイトにマナ回復IIと聖術習得IV、剣を結ぶ歌をセットしておきました。
クレリック魔法のフォースガードと、士気の回復が出来るようにしておくと。

ダンサーには剣を結ぶ歌をセット。
クレリックには、マスターキャストと聖術の達人、マナ回復II、聖術習得II。
ウィザードには、剣を結ぶ歌をセットし、準備は完了。
転職で別のクラスになった場合でも、これらのスキルさえ装着しておけば問題ありません。



次は蝶の沸く待ち伏せポイントに移動。
戦闘が始まったら、暗撃持ちのサムライとニンジャは防御。

ナイトはフォースガードを使い、次のターンから剣を結ぶ歌を使用します。
ダンサーとウィザードも剣を結ぶ歌を使用。
クレリックは、マスターキャストからマルチヒットを使用するようにして、戦闘開始。
士気が99になったら、サムライとニンジャは暗撃で攻撃を行い、蝶を撃破。

画像

待ち伏せは同じポイントで連続実行すると、消費する士気が15ずつ増えて行きます。
最終的には士気99を消費するようになるので、連続して待ち伏せできるように、士気を99まで回復させてから戦いに挑むと。
その為に、剣を結ぶ歌の使い手を3名投入。

画像

蝶は回避が高い上に、転職などでレベルが下がった場合、命中率も低下しますからね。
それを補う為、クレリックはマルチヒットで命中を上げるようにしています。

クレリックが担当しているのは、当時の私のパーティで、唯一PIE41を達成できていたから。
PIE41あると、マナ回復IIの効果で毎ターンMP回復するんですよね。
マスターキャスト+マルチヒットを毎ターン使ってもMP枯渇しなくなるので、私のパーティではクレリックが担当しています。

蝶は5〜7ターン目にこちらの常駐効果を打ち消して来るので、その対策でフォースガードも使用。
打ち消しが来るターンは、敵の種類によって違います。
ナイトに使わせているのは、コマンド入力の手間を省く為。

画像

このゲームでは、前に入力したコマンドを繰り返すリピート戦闘が用意されています。
新しいコマンドを入力後に△ボタンを押してリピート戦闘を行うと、コマンド入力したメンバーは新しいコマンドを実行し、それ以外のメンバーは以前の行動を繰り返してくれると、なかなか使い勝手が良いのですよね。

例えば前衛3人を防御させ、後衛3人に剣を結ぶ歌を使わせたとします。
2ターン目に前衛2名に攻撃を選ばせ、△ボタンを押して戦闘に入ると、コマンド入力した前衛2名は攻撃を実行。
もう一人の前衛は防御を行い、後衛は剣を結ぶ歌を使ってくれると言う感じ。

なので、前衛のナイトにフォースガードを使わせると、2ターン目にナイトの行動だけ変更し、リピート戦闘に入れるんですよね。
その分、ボタンを押す回数が減らせるので、かなり楽になります。
後衛3名は行動が無駄になったとしても、パターン化の為にそのまま放置。

画像

意外と気が付きにくい操作法ですが、コマンド入力時にL・Rを押す事で、コマンドを入力するキャラクターを選ぶ事も出来ます。
前衛がマナ回復IIや聖術習得IVを覚えていないなら、その方法で後衛にフォースガード等を使わせ、リピート戦闘に入ると良いでしょうね。
私はL・Rを押す回数すら減らしたくて、ナイトにセットしてありますが。



と、そんな感じでパターン化して、蝶を狩っていました。
同じ地点で待ち伏せしていると、出現する敵のレベルが少しずつ上がり、最終的にはLv100を超える蝶が現れるようになります。
そうなると1匹5〜7万くらいの経験値を貰えるので、経験値稼ぎの効率はかなり良いですね。
2〜3体現れた時は、15〜20万くらい貰えますし。

画像

ただ蝶もレベルが上がると侮れない相手で、HP4,000あるナイトが一瞬で倒されそうになる事もありますから、敵が強くなりすぎたら一度街に戻った方が良いかと。
蝶が3匹現れた場合、全体攻撃でパーティ全員が瀕死になる事もありますし。

画像
ミョルニは特に危険

引き際を間違えると死人が出る可能性もありますが、安定して蝶を狩れるようになると、経験値稼ぎが楽になります。
Lv15からLv30くらいまでなら、1時間くらいで育ちますし。
スキルや装備さえ揃っていれば転職直後でも稼げますから、レベル上げが目的なら蝶を狩ると良いかと。
過去作だとプレイヤーのレベルで出現するアイテムの強化上限が変わると言う仕様もありましたし、十分にレベルを上げてからアイテム集めをした方がお得でしょう。

画像



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜 その24 [蝶狩り] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる