西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア5

<<   作成日時 : 2015/04/20 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

魔界戦記ディスガイア5」のプレイを開始しました。
ゲーム自体は以前に購入していたものの、PS4本体が無かったので今まで遊べませんでした。
その本体も購入出来たので、ようやくプレイできるようになったと言う形。
ソフトは発売日にDL版を購入した為、特典として「着せ替えセラフィーヌ」と「序盤に役立つ武器セット」も所持しています。

画像

今回のディスガイア5ですが、2015年4月29日までの期間限定で、シーズンパスも販売されています。
価格は4,000円。
シーズンパス購入特典として、DLCキャラ「プレネールさん」も入手可能。

現在ディスガイア5では第5弾までのDLCが配信予定ですが、シーズンパスを購入すると、第5弾までのDLC全てを無料でダウンロードできます。
DLCの配信自体はスケジュール通りに行われますが、DLC詰め合わせを先払いと言う形で購入するようなものですね。

画像

シーズンパスに含まれるDLCは、下記の11種類。

  配信日 配信コンテンツ 価格
第1弾 3月26日 シナリオ配信:ディスガイア D2 ラハール編
キャラクター配信:ラハールちゃん
500円
300円
第2弾 4月30日 シナリオ配信:ディスガイア4 ヴァルバトーゼ編
シナリオ配信:ディスガイア4 フーカ編
キャラクター配信:日本一ちゃん
500円
500円
300円
第3弾 5月28日 シナリオ配信:ディスガイア3 マオ編
シナリオ配信:ディスガイア3 アルマース編
キャラクター配信:メタリカ
500円
500円
300円
第4弾 6月25日 シナリオ配信:ディスガイア2 アデル編 500円
第5弾 7月30日 シナリオ配信:ファントム・キングダム ゼタ編
シナリオ配信:ラ・ピュセル 魔王プリエ編
500円
500円

シナリオ配信のDLCですが、それぞれキャラクターが2〜4名ほど加入。
そう考えると、キャラクター単体での配信よりも安価ですね。
ディスガイアD2辺りだと、1キャラクター300円ほどでしたし。

第1弾のラハール編では、ラハール、エトナ、フロン、シシリーの4名が加入するので、1キャラクター辺りの単価は125円。
これにシナリオも付いてくるので、割と良心的な価格かと。
DLCによって、加入する人数変わってきますが。

これらのDLCを全て購入すると4,900円になりますが、シーズンパスだと4,000円で購入可能。
さらに特典としてキャラクターが1名付いてくるわけですから、DLCを買うつもりがあるならシーズンパスを購入した方がお得。

またPS Plus会員限定特典として、「天使兵(女)」が無料配信されています。
こちらは2015年5月6日までの期間限定。
今後も配信が続くような事を匂わせていましたから、PS Plusに加入しておくとお得かも。
PS4やソフトが無くとも、DLCのダウンロード自体は可能ですし。

画像

[リンク]
魔界戦記ディスガイア5 公式サイト



と言う所で、本編を開始。
ゲームをスタートさせると、ヒロイン・セラフィーヌ率いるプリニー軍団と、ロスト兵との戦闘シーンから始まります。
セラフィーヌは優雅にお茶を飲んでいましたが、プリニー軍団はあっさりと全滅の危機に。

仕方なくセラフィーヌ自身が戦おうとした所、両軍の中央で謎の青年が親子丼を食べ始めました。
そして食事を終えた青年は、あっさりとロスト兵を全滅させてしまいます。
その青年・・・キリアの強さを目の当たりにしたセラフィーヌは、悪い顔で微笑むと言うシーンでオープニングムービーに。

画像





第1話「復讐のプレリュード」
キリアとセラフィーヌ(勝手についてきた)は、渇血魔界を彷徨っていました。
セラフィーヌは疲れたから休みたいと我儘を言い、キリアを銃撃。
そのままセラフィーヌがプライベートで使っているミニ魔界へ、キリアを連れ込んでしまいます。

このミニ魔界が、本作での拠点。
様々な施設がありますが、現状では利用可能な施設は限られています。

画像

本作では拠点にいるキャラクターに話しかけると、イベントが発生する事がありますね。
イベントが発生する場合、マップ右上にキャラクターのマークが表示されます。

ここでセラフィーヌに話しかけると、セラフィーヌの事を教えて貰えました。
セラフィーヌは絢爛魔界の姫魔王。
強引にヴォイドダークと政略結婚させられそうになったので、家を飛び出してきたとか。
その結果辛い思いをしたので、ヴォイドダークに復讐するつもりだと言う話。

画像

ちなみにヴォイドダークとは、魔帝と呼ばれる存在。
ロスト軍を率いて数々の魔界を蹂躙し、幾多の魔王がその軍門に下っているようです。

ミニ魔界にはセラフィーヌの部屋があり、ここには着付け担当のアムと言うキャラクターがいます。
着せ替えセラフィーヌのDLCを持っているなら、ここでセラフィーヌを着替えさせることが可能。

画像
画像

その他のDLCは、DLC屋のコットンに話しかける事で適用できます。
DLCを適用する」を選び、入手したDLCを選択するとゲームに反映。

キャラ配信のDLCは、適用した時点で対応キャラが仲間に加わりますね。
過去のシリーズのように、後日談まで進める必要は無し。
最初からDLCキャラが居る状態でプレイできるのは嬉しいです。

画像

シナリオ配信の場合、適用後に時空の渡し人に話しかけると、DLCシナリオを選択可能に。
このシナリオをクリアすると、対応するキャラクターが仲間に加わる模様。

私はPSストアのプレオーダーでディスガイア5を購入した為、「序盤で役立つ武器セット」も貰えました。
これは下記9種類の武器を入手できると言うDLC。
本編で入手可能な装備ですが、1話開始時にしては強い装備品なので、序盤が楽になると。

・マジックハンド
・大長包丁
・如意棒
・いばらの弓
・改造モデルガン
・バトルガベル
・奇術師の杖
・カニはさみ
・悪趣味な勲章


と言う事で、さっそくDLCキャラのラハールちゃんとプレネールさんを仲間にしました。

ラハールちゃんですが、最初から魔王拳と言う武器を装備しています。
店売りの武器がATK6、SPD6にもかかわらず、魔王拳はATK120、SPD120と、現時点では規格外の装備。
バランスなんて無いに等しい性能ですから、手に入れられると楽になりそうですね。

画像

魔ビリティーは、攻撃した時のダメージ+20%。
問答無用でダメージ2割増しになりますから、非常に強力ですね。
有料配信されているだけの事はあるかも。

プレネールさんは、新装うさぎさん絵日記と言う固有武器を持ちますが、こちらもINT130と現時点では破格の性能。
プレネールさん自体は銃が得意なので、魔法が得意なキャラが加入したら装備交換すると良さそうです。

画像

魔ビリティーは、マップ上の味方ユニットの能力+10%と言う効果。
一見地味ですが、効果は大きいですね。
マップにいるだけで仲間の能力を底上げできますし、主力として使って行けそうです。



時空の渡し人に話しかけるとイベント。
魔眼の力でキリアを服従させようとするセラフィーヌでしたが、何故かキリアには魔眼の力が通用せず。
仕方ないので、そのままロスト軍に戦いを挑むと言う感じの内容。

画像

1-1「干上がる荒野
野党に身を落とした渇血魔界の貴族たちに襲撃され、返り討ちにすると言う展開。
戦った経験が無いと言うセラフィーヌに、キリアが基本を叩き込む形でチュートリアルが始まります。

ディスガイアの戦闘は少々特殊。
まずベースパネルから、出撃させるメンバーを選択します。
メンバーは最大10人まで出撃可能。
キャラクターが10人倒され、出撃できない状態になるとゲームオーバー。

画像

出撃したキャラクターですが、ベースパネル内に戻る事も可能です。
状況によってメンバーを入れ替えながら戦うのが基本。

移動に関しては、行動を確定するまで何度でもやり直せます。
昔は×ボタンで移動をキャンセルする必要がありましたが、今作では移動コマンドを選ぶだけでOK。

攻撃ですが、コマンドを入力しただけでは戦闘が開始されません。
まず攻撃を登録し、その後で「攻撃開始」もしくは「ターン終了」を選ぶことで戦闘が始まります。
それまではキャンセルも可能なので、よく考えて行動したいもの。

画像

攻撃のテクニックとしては、連係とコンボがあります。
連携は隣接した味方ユニットと一緒に、複数体で攻撃を行うと言うもの。
最大4名による同時攻撃となり、威力が大幅にアップします。
参加メンバーの攻撃力の影響を受けますが。

ただし連携が発生するのは、通常攻撃のみ。
また敵に隣接している必要があります。
銃や魔法による間接攻撃、特殊技による攻撃では、連係は発生しません。

画像
二人連係

連続して同じ敵を攻撃するとコンボが発生し、ダメージがアップします。
攻撃の種類は問わず、攻撃回数が増えるほどダメージが上がる仕組み。
1体ずつ攻撃させるよりは、複数体で一度に攻撃した方がダメージが増えると。



ステージをクリアすると、MVPの発表があります。
これはボーナスゲージを貯めるのに貢献したキャラクターが選ばれる模様。
MVPになったキャラクターには、追加で経験値が得られるようです。

画像



1-1をクリアすると、スカウト屋を利用できるようになります。
スカウト屋では、汎用キャラクターを仲間にする事が可能。
今作では雇う際にマナではなく、ヘル(お金)を使用。

スカウトの流れですが、まず種族を選択。
次に名前を入力します。

画像

名前を入力したら、素質を選択。
ここで選んだ素質によって、ボーナスポイントが変化しますね。
どうしようもないクズ」は安いですが、ボーナスポイントが-5。
つまり5ポイント分ステータスを下げる必要があるので、可能な限り「おちこぼれ」以上で雇いたいもの

次はボーナスポイントを割り振ります。
これはキャラクターの特徴に合わせて割り振ると良いですね。
装備によって要求されるステータスが違うので、得意武器の火力が上がるステータスを伸ばすと良いかと。
致命的な問題にはならないので、序盤は適当でも問題ありません。

次はスカウトするキャラクターのレベルを選択。
過去作では新規キャラクターはLv1で加入していましたが、今作ではレベルアップした状態で仲間に加えることが可能。
その分雇用費は高くなりますが、育成の手間が省けるのが利点。
いくつまでレベルを上げられるかは、プレイヤーの強さによって変化する模様。

画像

そして性格を選択。
3種類用意されているので、好きな物を選ぶとよいですね。
セリフや声が変わるだけで、性能面での変化は無し。

最後は色を選択します。
こちらも見た目が変わるだけなので、好みの物を選べば問題無し。
そしてお金を払うと、そのキャラクターが仲間に加わります。

画像

スカウト屋ですが、初回はチュートリアルと言う事で料金は無料。
この無料を利用して、僧侶を作っておくと良さそうですね。
僧侶は回復魔法の使い手ですから、戦闘が楽になります。

私はそれ以外に魔法使いを作成しておきました。
男女それぞれ1体ずつ作り、一人は炎、一人は氷を得意属性に。

画像



1-2「しなびた静脈
このステージは持ち上げ&投げのチュートリアルですね。
ディスガイアを代表するシステム。

人間型のユニットですが、仲間や敵ユニット、障害物を持ち上げられます。
持ち上げられているユニットは攻撃を受けませんが、行動不可能。
打たれ弱い味方を持ち上げて守ったり、敵を持ち上げて行動を妨害すると言った使い方ができます。
ただし敵や障害物を持ち上げた状態でターンが経過すると、ダメージを受けて死ぬ事もあるので注意が必要。

画像

また道を塞いでいる敵を持ち上げ、一時的に道を作ると言った使い方も出来ますね。
持ち上げた後に味方ユニットを移動させ、持ち上げをキャンセルすれば、敵を素通りしたのと同じ効果を得られます。

何かを持ち上げている場合、投げコマンドを使えるように。
投げとは文字通り、対象を投げ飛ばすシステムですね。
味方キャラを持ち上げて投げれば、通常の移動では辿り着けない場所に移動出来ます。
上手く活用する事で、マップの奥にいる敵を1ターン目に撃破可能。
また敵を遠くへ投げる事でピンチを脱したり、爆発する障害物を投げて敵にダメージを与えると言う使い方も。

魔物型キャラは少々特殊で、持ち上げを使う事は出来ません。
ただし魔物型ユニットは、レシーブを使用可能。
魔物型ユニットの上に物を投げると、魔物型ユニットが向いている方角に対象物を吹き飛ばしてくれます。

魔物型ユニットのレシーブ先に魔物型ユニットを配置しておけば、連続してレシーブする事もできますね。
通常の投げよりも遠くへ味方を輸送できますし、活用の幅は広いです。



持ち上げと投げ、レシーブを上手く活用する事で、他のSRPGには出来ない攻略が可能となります。
慣れないと難しいですが、一刻も早くマスターしたいもの。

ちなみに今作では、投げの範囲を自由に選べます。
過去作のように、斜めに投げるのにテクニックは必要ありません。

また、魔物型ユニットには、魔物投げが追加されました。
魔物投げを選ぶと、対象を一定距離まで投げ飛ばす事が可能。
持ち上げ状態でキープできないだけで、魔物型ユニットも投げを使えるようになったと。



1-2をクリアすると、クエスト屋がオープン。
クエスト屋では様々なクエストを受注可能で、達成すると報酬を貰えます。
報酬にはお金やアイテムだけでなく、特定のクラスをスカウト可能になると言うものまで・・・。

画像

クエストの内容ですが、「特定の敵を一定数倒す」、「特定のアイテムを手に入れる」、「特定のクラスを一定ランクまで育てる」と言ったものが多め。
一度に10個まで受けられるので、討伐系は受けた状態で話を進めた方が楽かも。



と言う感じで、1-2のチュートリアルが終わった所まで進みました。
PS4本体の機能を色々と試したり、他のゲームにも触れていたので、ほとんど進みませんでしたね。
まぁ急いでクリアする作品でも無いですし、じっくりとプレイしようと考えています。

今の所、画面のレイアウトが変わったのが一番の変化に感じますね。
前よりもデータが見やすくなっています。
ただ前作までと操作法が微妙に変わっているので、その辺りで少し戸惑いました。

画像

拠点に大量のキャラクターが歩き回っているのも良いですね。
PS4になってメモリが増えた為、1画面に表示できるキャラクターが増えたと言う話。
戦闘でも、大量の敵キャラと戦うステージなどがあるようです。

ロード時間も大幅に短縮され、一瞬と言っても良いくらいの速度で画面が切り替わります。
セーブデータも10MBと巨大になっているものの、こちらも一瞬でセーブが完了しますね。
そういった点でのストレスはありません。
見た目だけでは大きな変化は無いように見えますが、PS4の恩恵は色々な所に現れていると。

その影響で、PS4以外のハードにディスガイア5を移植するのは難しいと言う話でした。
出せたとしても、大幅に劣化した物になるだろうと。
VITAに移植されるのを待つ・・・と言う人も多いようですが、現状でVITAには出さないとハッキリと宣言されてますし、出るかどうかわからないものを待つくらいなら、PS4版を購入した方が良いかと。
リモートプレイを使えば、VITAでも遊べますし。

現在、1章を丸々遊べる体験版も配信されており、体験版のデータは製品版に引き継ぐ事も可能。
気になっている人は、まず体験版をプレイしてみると良いかもしれません。
ディスガイアは実際に触れてみないと、よくわからない機能とか多いですから。

画像


魔界戦記ディスガイア5
日本一ソフトウェア
2015-03-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔界戦記ディスガイア5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
dlcを全て購入するってところの値段が一桁多いですよー
オヤジ
2015/04/20 11:56
すみません、修正しておきました。
ご指摘ありがとうございます。
Westwood
2015/04/20 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア5 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる