西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔界戦記ディスガイア5 その8 [第5話]

<<   作成日時 : 2015/04/30 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

救出したウサリアから事情を聴く一同。
ウサリアは兎兎魔界出身で、魔王だった父親を脅迫する為に魔将軍が呪いをかけたと言う話。
その呪いとは狂暴化した挙句死に至ると言うもので、カレーを食べると抑制できるとか。
本人にとって一番嫌いなものだけが呪いを抑制する効果があるらしく、呪いによって死に至るか、嫌いなものを食べ続けるか、どちらにせよ苦しい思いをする事になると。

画像

ただ今のウサリアは、カレーが大好きになったと言う話。
何故好きになったかは語られていませんが、キリアのカレーが切っ掛けなのかもしれませんね。
と言う感じで、第5話「死を操るもの」がスタート。

クリスト達がウサリアから事情を聴いている間、キリアはもう一人のキリアと対峙していました。
もう一人のキリアは自分を解放しろと迫るものの、キリアはお前の力を借りるつもりは無いと突き放す展開。

画像

その後、業雪魔界にロストが出現したと言う情報が入ります。
ウサリアは自分がいると迷惑になると言って出て行こうとしますが、キリア達もヴォイドダークと戦っていると知り、仲間に加わりました。
実際はレッドマグナスが強引に押し切った形ですが。

そんな魔王たちの様子を見ていたクリストは、彼らが悪魔だとは信じられないと言う感想を抱いていました。
仲間を蹴落としてでも出世したがる自分の組織とは、えらい違いだと。
こういう感想を抱くシーンは他にもいくつかありましたし、クリストは悪魔ではなく、魔界以外の勢力に属しているのかもしれませんね。
単純にクリストの周りの悪魔たちが、悪魔らしい性格なだけかもしれませんが。

画像

今回加入したウサリアは、魔物型ユニット。
自分と隣接する味方へのダメージを、隣接する味方ユニット数x10%軽減すると言う魔ビリティーを所持しています。
攻撃性能はそれほど高くないようですし、サポート寄りのキャラクターかもしれませんね。
魔チェンジ武器が拳なので、キリア辺りと合体して戦うと良いかも。
成長後はどうなるかわかりませんが。

画像



5話に入ると、ミニ魔界にカレー屋がオープンしました。
カレー屋では、名前の通りにカレーを食べることができます。
カレーを食べると、1戦闘だけ特殊な効果を受けられる模様。
効果は種類によって違うので、必要に応じてカレーを食べると良いかと。

また「おいしいカレー食べ隊」にメンバーを配置しておくと、オリジナルカレーを作る事も可能。
オリジナルカレーは、手持ちのアイテムを材料にカレーを作れます。
武器などの食べ物に見えない物でも、材料に出来ますね。
投入するアイテムによって様々な効果が発生するようなので、いろいろと試してみると良いかも。

画像

5話では、「兎闘族」、「妖精族」、「珍茸族」をスカウトするクエストが追加。
兎闘族は今作初登場で、性能は未知数。
高所から攻撃するとダメージが上がるので、オブジェクトを活用すると強いかもしれません。

画像

妖精族も今作初登場ですが、性能的には過去作の妖霊族(ゴースト等)に近いですね。
ターン終了時にSP回復する魔ビリティーを持っています。
しかし自力で覚えるのは妨害系の魔法ばかりなので、秘伝書を使って攻撃魔法を覚えさせた方が良いかも。
汎用キャラの場合、攻撃魔法を使えるクラスから転職させると言う手もありますが。

画像

それ以外にも、固有キャラであるエリンダーZを仲間にする為のクエストがあります。
クエストを受けていると、「魔ッシュルー夢魔界」に専用ステージが出現。
これをクリアすると、エリンダーZが仲間に加わります。

画像

ただボスとして出現するエリンダーZは、Lv25でHP3,400の強敵。
ユニットが育っていないと、倒すのは難しいかもしれませんね。
エリンダーZは魔奥義で、自分を含めた味方のHPを一度だけ完全回復してきますし。



5-1「凍える氷地
ロストを敵に回す事に怯えるウサリア。
しかしレッドマグナス達の戦う理由を聞いて、自分も強くありたいと願います。
ウサリアの両親はロストに殺されていて、その仇を討ちたいと。
そこにウサリアを探しに来たロスト兵と遭遇し、戦闘へと突入。

画像

この魔界では、魔界効果の雪が発動中。
発動中は水耐性-50%と言う効果ですね。
敵は水耐性を上げるクールボディを装備し、雪の効果を軽減しています。

このステージにはクールの魔法を使う魔法使いが3体いるので、元々の水耐性の低いレッドマグナスは危険。
その他のキャラも耐性が下がっているので、無理はさせられませんね。
水耐性の初期値が高いキリアやクリストを投げで送り込み、早めに魔法使いを撃退してしまうと楽かも。

画像

戦闘後はイベント。
やはり自分が居ては迷惑になると言うウサリアでしたが、ウサリアを追っているのは以前遭遇した魔将軍マジョリタ。
マジョリタは執念深い性格で、狙った獲物は執拗に追いかけると言う話。

それ故にウサリアは、マジョリタを誘き寄せるエサになるとレッドマグナスは言い放ちます。
話を聞いたウサリアは、エサとしてならお役に立てそうだと、キリア達に同行する決意を固めた様子。

画像

その一方でクリストは、キリア達の潜在魔力について疑問を投げかけます。
皆、潜在魔力は異常に高いにもかかわらず、なぜ本来の力を発揮できないのかと。
その問いにレッドマグナスは、気が付いたら弱くなっていたと返答。
魔力を失った理由については、語りたくない様子のレッドマグナス。



5-2「冷酷なる寒露
進軍を続けるキリア達の前に、魔将軍マジョリタが出現。
突然の遭遇ながら、両親の仇を討つと息巻くウサリア。
しかしマジョリタはゾンビを呼び出し、五体満足で辿り着けたら相手をしてやると言って、その場を立ち去っていきます。

画像

と言う事で、戦闘に突入。
今回のステージには、敵ベースパネルが設置されています。
ターンが経過する度、敵の増援が出現。

しかし現れる数は決まっているようなので、ベースパネル周辺で耐え続けても良さそうですね。
ベースパネル近くに回復20%のジオシンボルが転がっているので、これをベースパネル付近に投げ込んでから戦うと楽です。
毎ターンHP20%回復すると言う効果なので。

画像

この方法だと時間はかかりますが、敵がリベンジモードに突入する事も多く、力のカケラも入手しやすいです。
戦闘回数が増えるので、熟練度なども稼げるのが利点ですね。
反撃回数の多い格闘家や、隣接した敵からの命中率を50%にする忍者などを前面に配置すると便利。



5-3「冬将軍のお膝元
ウサリアに対し、勝手な行動はするなと約束させるキリア。
ウサリアが命を落とさないよう、あえて厳しい言い方をしていると言うのが、セラフィーヌの解釈。

そしてウサリアの回想シーンへ突入します。
ウサリアの父親が、戦いを嫌う悪魔たちの為に一代で築き上げたのが兎兎魔界。
そこに住む悪魔は、魔界とは思えないほど平和な生活を営んでいた模様。

画像

しかしマジョリタが現れて状況は一変。
マジョリタはウサリアに呪いをかけ、100日間だけ服従すれば呪いを解くと約束し、その約束を信じてウサリアの両親は服従を誓ったそうです。
兎兎魔界の悪魔たちも、たった一人の跡取りであるウサリアの為に、無茶な要望にも耐えていたと言う話。

にもかかわらず、マジョリタは約束を守らずにウサリアの両親を殺害。
マジョリタも許せないが、両親の足を引っ張り、自らの命を絶つことも出来なかった自分も許せないと語るウサリア。
可愛らしい見た目とは裏腹に、ヘビーな過去を持っていますね、ウサリア。

画像

そこにマジョリタの手下のゾンビが現れ、戦闘に突入。
今回のステージですが、ベースパネル前に高い壁がそびえ立っています。
ステータスの低い現状では、壁を乗り越えるのは難しいですね。

汎用ユニットの魔界闘士や、固有ユニットのローガンがいる場合、彼らに投げて貰う事で段差を乗り越えられます。
両名は移動せずに投げコマンドを使った場合、行動を消費しないと言う魔ビリティーを所持。
1ターンに何人でも投げ込めるようになるので、これらのキャラクターがいると楽ですね。

魔界闘士が居ない場合は、ベースパネル周辺に置かれているブロックを積み上げ、階段にすると良いかと。
足場さえ作ってしまえば、普通に昇り降りできますから。
ただ奥の方にも段差があるので、魔界闘士に運んでもらう方が楽ですが。

画像

戦闘後はイベント。
敵として戦った兎闘族は、ウサリアの名前を呼びながら消滅。
マジョリタは兎兎魔界の悪魔を殺し、ゾンビとして操っているのだろうと推測するクリスト。

ショックを受けているウサリアに、キリアは戦いから降りるなら今のうちだと忠告します。
このままだと、確実に見たくないものを見てしまうと。

そしてヴォイドダークは自分が必ず倒し、その過程でマジョリタも倒す事になるだろう。
ウサリアが手を下さなくても復讐は果たされると、優しく語り掛けるキリア。
しかしウサリアは、マジョリタとの決着は自分自身で付けると、決意を新たにしていました。

画像



5-4「A級凍土
マジョリタと遭遇するキリア一行。
レッドマグナスの姿を見たマジョリタは、灼熱魔界は自分が滅ぼしたと告白。
灼熱魔界が荒れ果てていた事はレッドマグナスも知っていたようですが、その犯人がマジョリタだったと。
怒りに震えるレッドマグナスでしたが、マジョリタはゾンビを差し向けて去っていきます。
ゾンビを倒せば、次こそ自分が相手をすると言い残して。

画像

今回のステージでは、攻撃力+50%と防御力+50%のジオエフェクトが発生中。
ここは攻撃力+50%の発生する高所で、敵を待ち構えると楽です。

敵は段差の下に集まりますが、高低差で魔法以外の攻撃は出来ず。
魔法を使える敵さえ倒してしまえば、こちらは一方的に攻撃可能。
銃や弓、魔法を使えるメンバーを出撃させていれば、楽に敵を殲滅できるかと。

画像

戦闘後はイベント。
約束通り出て来いと騒ぐレッドマグナスでしたが、マジョリタが約束を守るはずがないと言うウサリア。
騙されたと知って憤るレッドマグナスと、親の仇が目の前にいたのに翻弄されて悔しがるウサリア。

そしてレッドマグナスは、灼熱魔界の実情を語りだします。
灼熱魔界はどこも荒れ地になってしまったとか。
レッドマグナスが昼寝から目覚めたら、滅茶苦茶に荒らされた後だったと言う話。
さらに気が付いたら、力を失っていたそうです。

画像



5-5「甘い雪の女王
再びマジョリタと遭遇するキリア一行ですが、マジョリタはウサリアの両親のゾンビを送り出してきました。
あまりの仕打ちに、クリストやレッドマグナスも激昂。
しかしマジョリタは意に介せず、これは悪魔の理想郷を作るための聖戦だと語ります。
ヴォイドダークによる魔界統一が、魔界から争いを無くす為の唯一の手段だと。

画像

マジョリタのやり方を受け入れられないキリア達は、手下のソンビとの戦闘に突入。
ボスとしてウサリアの両親も配置されています。
見た目と特殊技はゾンビですが、魔ビリティーは兎闘族のもの。

広場まで進軍すると、全ての敵が一斉に襲い掛かってきます。
ボス2体も襲ってくるので、かなり厳しいですね。
とりあえずは魔法を使えるメイドとウサママを優先的に倒すと良いかも。
メイドは同じ部隊に所属しているので、リベンジモードが発動したなら部隊技を使うと楽に倒せます。

画像

単純な総力戦なので、ユニットが育っていないと厳しいかもしれませんね。
その場合は他のステージでレベルを上げ、お店で性能の高い装備を購入しておきたいもの。
議会で「高い物が欲しい」を可決させると、性能の良い装備が売りに出されます。

画像

戦闘後はイベント。
仇を討ちたいのに、その為には両親を手にかけなければならない事に逡巡するウサリア。
そして自分にはできないと、その場に座り込んでしまいます。

マジョリタはウサリアを自分の手で始末しようとしますが、その前にレッドマグナスが立ち塞がりました。
子分の仇として1対1で戦おうとするレッドマグナスではあるものの、マジョリタの放つ圧倒的な魔力に気圧される状態。
他の仲間達も、力の差に慌てふためいていました。

画像

しかしキリアだけは、マジョリアを前に食事をすると言う余裕を見せます。
そして戦いの中に活路を見い出すしかないと決意を固めた所に、魔将軍の一人ブラッディスが出現。
ブラッディスはヴォイドダークからの勅命を携えており、爆滅魔界を滅ぼすようにマジョリタに告げていました。
マジョリタはウサリアの両親を連れ、さっそく爆滅魔界に出陣。

画像

残されたキリア達は、ロスト軍ナンバー2の実力を持つと噂されるブラッディスと対峙すると言う所で、第5話「命を操るもの」は終了。
4話が割とコミカルな内容だったのに対し、5話は重い話でしたね。
最終ステージのBGMも、悲しげでしたし。
魔奥義を使うとBGMが切り替わるので、雰囲気が一気に変わってしまいますが。

画像

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔界戦記ディスガイア5 その8 [第5話] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる