西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダム サイドストーリーズ その13 [Lost War Chronicle ジオン軍編]

<<   作成日時 : 2015/04/05 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「Lost War Chronicle ジオン軍編」を開始。
これはPS2版ガンダム戦記を元にした、マンガ版もしくは小説版ガンダム戦記が元になっています。
以前の連邦軍編とは違い、ジオン軍部隊を主役として描いたシナリオ。
PS2版は明確なストーリーなどは無かったので、やはりマンガ版や小説版のオリジナル色が強いです。

ジオン軍編では、外人部隊と呼ばれ、友軍からも蔑視されるMS特殊遊撃隊が主役。
ジオンは連邦に戦争を仕掛ける前、自分たちに反抗する可能性のあるコロニーを最初に襲撃。
サイド3の市民権を持たない者は、外人部隊として戦争に参加する事で生存が許されたと言う話ですが、スペースノイドの自治独立を掲げておいて、コロニーを攻撃するザビ家を信用できない者も多いようです。
しかし選択の余地が無く、家族を人質同然に捕らわれた者が、外人部隊に所属して戦い続けている模様。

画像



第01話「外人部隊」
外人部隊は、連邦の輸送部隊を襲撃する事になりました。
このシナリオで使える機体は下記の通り。

・ザクII S型・・・ケン
・ザクII重装備・・・ガースキー
・ザクII・・・ジェイク

画像

戦闘が開始されると、上空にミデア改が2機進入してきます。
こいつを倒すと、61式戦車部隊が出現。
戦車部隊を一定数倒すと、イベントが発生します。

こちらを包囲しているにもかかわらず、包囲を狭める様子の無い61式戦車部隊。
そこに連邦のミデアが進入してきて、陸戦型ジムを投下して行きました。
連邦はわざとジオンに輸送部隊のルートをリークし、それに釣られたジオン軍相手にMSの運用テストを行う予定だったようです。

画像

と言う事で、陸戦型ジムの部隊と戦う展開。
敵MSを全て破壊する事が目的ですが、画面外からは無数に61式戦車部隊が現れ続けます。
まともに相手をするのは危険なので、早めにジムを撃破したいですね。

陸戦型ジムですが、パイロットの練度不足と言う事で、射撃武器しか使ってきません。
距離を取りつつ移動しながら攻撃すれば、簡単に撃破可能。
マルチロックのSP射撃も有効ですね。
無駄に61式戦車の相手をせず、ジムを早めに倒して回れば、クリアは難しくないかと。

画像



第02話「鋼鉄の雨」
連邦軍のオデッサ作戦か開始。
地上における重要拠点を守るため、外人部隊はオデッサの最前線へと配備されます。

今回の目的はビッグトレーを破壊する事。
何度か遭遇した白い陸上戦艦ですが、ゲームオリジナルの戦艦だと思ったら、ビッグトレーの亜種なんですね。
IGLOO2に登場していたと言う話でしたが、IGLOO2見たのにまったく覚えていませんでした。

画像

敵戦艦の火力は非常に高く、遠距離にも砲撃が飛んできます。
無数の61式戦車も配備されており、正面から戦うのは危険。
ザコは無視で戦艦の側面に回り込み、砲台を破壊してからブリッジを狙いたいですね。

戦艦の背後にある丘を利用すれば、戦艦からの攻撃を防ぐ事も可能。
ここからブリッジを狙えるので、背後に回り込んでも良いですね。
ただこの位置は61式戦車の砲撃が飛んでくる為、完全な安全地帯でもありませんが。

画像

陸上戦艦を破壊するとイベント。
基地司令のマ・クベが、奮戦する兵士を見捨ててザンジバルで逃走。
指揮官を失った事で地上部隊は混乱に陥り、外人部隊も後方へ下がる事になりました。



第03話「戦線崩壊」
司令官不在による指揮系統の混乱は大きく、ジオン軍部隊は防衛線を維持できなくなります。
外人部隊の司令であるダグラス大佐は、近郊に隠されていたガウを確保。
外人部隊は出来るだけ多くの友軍を脱出させる為に、作戦行動を開始します。

しかしガウの元にジオンのグール隊が現れ、敵前逃亡する者は処刑だとこちらに攻撃を仕掛けてきました。
脱出作戦はれっきとした作戦行動なのですが、外人部隊の司令にそんな権限は無いと、グール隊が一方的に襲ってきた形。

画像

と言う事で、今回はガウを守りつつ、グール隊を撃退する事になります。
グール隊はグフやドムで構成されており、なかなか厳しい相手。
ガウも守らなければなりませんし、1体1体確実に倒していきたいもの。
火力の高いドムから倒すと楽になるはず。

画像

一定時間戦っているとイベント。
ガウは無事飛び立ちますが、連邦軍の部隊がやって来てしまいます。
連邦と戦うのは外人部隊の仕事だと語り、グール隊は後退。
敵前逃亡云々言って襲ってきたのに、自分たちは平然と退却すると。
そんなグール隊に怒りを感じつつも、外人部隊は味方の脱出の時間を稼ぐ為、連邦部隊との戦いに突入。

画像

連邦の部隊は、ジムと陸戦型ジム、61式戦車で構成されています。
今回は格闘攻撃も仕掛けてくるので、かなり厄介ですね。
数も多いので、SP格闘などで一気にダメージを与え、早めに数を減らしたいもの。
ジムのビームは弾速が早く、命中しやすいので、ある程度距離を取った方が安全かも。

画像

敵部隊を全滅させるとイベント。
敵に囲まれ、脱出が困難となりますが、ダグラス大佐の派遣してくれたドダイ部隊のオカゲで戦線からの脱出に成功。
そのままステージクリアとなります。



第04話「遠き宇宙」
友軍の非戦闘員を宇宙へ脱出させる為、外人部隊はHLV基地にやって来ていました。
ここで外人部隊の隊長であるケン・ビーダーシュタットは、新型MSの陸戦型ゲルググを受領。
連邦部隊の襲撃を受けた為、HLVを守るために出撃します。

画像

と言う事で、今回からケンの機体が陸戦型ゲルググ指揮官用に変化。
ザクよりも大幅に性能が上がり、ビームライフルも装備。
HPも2倍以上になっているので、戦闘が楽になります。
ただしビームライフルは連射出来ず、一射ごとに1秒ほどの時間を要するので、しっかりと狙う必要がありますが。

戦闘ではHLVを守りながら、敵を全滅させる必要があります。
HLVはそれほど耐久力は高くないので、早めに敵を倒さねばなりませんね。
ゲルググのビームライフルは連射できないので、射撃の合間をガトリングで補うか、格闘攻撃でダメージを与えるようにしたいもの。
敵の数が多いので、無暗に格闘を仕掛けるのは危険ですが。

画像

陸戦型ゲルググですが、SP射撃のグレネードランチャーがマルチロック。
威力もそれなりにあるので、ゲージが溜まったらグレネードランチャーで攻撃すると良いかと。
一撃で倒せなくても敵の注意を引きつけられるので、HLVを守りやすくなりますから。

敵を全滅させるとイベント。
打ち上げ基地に連邦に追われるグール隊がやってきます。
グール隊はケンが受領したゲルググを渡せと要求し、HLVの打ち上げも中止するように言ってきました。

画像

HLVを人質に取られたケンは抵抗を止めるのですが、グール隊は敵前逃亡は死だと告げ、HLVを攻撃。
しかし陸戦型ガンダムが飛び込んできて、HLVへの攻撃をその身で防ぎます。
攻撃はシールドで防いだ為、陸戦型ガンダムに損傷は無し。
連邦のMSがジオンのHLVを守った事に驚愕したグール隊は、その隙を見逃さなかった外人部隊によって撃退されます。

画像

そしてケンは陸戦型ガンダムのパイロットに、HLVを守った真意を問いただしました。
陸戦型ガンダムのパイロットは、連邦軍のマット・ヒーリィ中尉。
彼の任務はグール隊の追撃であり、グール隊が攻撃しようとしたHLVはグール隊とは関係無く、任務の対象外であると判断したと告げてきます。
そして無駄な血を流したくないと語るマットは、ケン達に投降を呼びかけてきました。

画像

しかしケンにはまだやる事があり、投降に応じることは出来ないと返答。
その答えを聞いたマットは、この場は見逃すので互いに退こうと提案。
ケンはその提案を受け入れ、この場は退却する事に。
と言う感じで、今回は連邦軍編とリンクするシナリオでした。



第05話「戦いの果て」
友軍の脱出・潜伏を手助けしてきた外人部隊にも、限界が訪れようとしていました。
最後の脱出作戦を行う外人部隊の元には、連邦の掃討部隊が派遣。
外人部隊はこの部隊を迎撃する為、最後の戦いに出撃します。

画像

ちなみにケン達にはジオン軍人の誇りなど無く、先の見えない潜伏計画に参加するよりは、投降を選ぶのも悪くないと考えているようです。
しかしザビ家の独裁が続き、戦争が完全に決着しない限りは家族の安全は保障されない為、今もなお戦い続けている模様。

今回の戦闘ですが、僚機がドムとグフに変化しています。
どちらもクセの強い武装になっているので、ゲルググを使った方が楽かもしれません。
敵MSは3機ほどの集団ごとに分かれて襲ってきますが、乱戦に持ち込まれやすいですね。
マルチロックのSP射撃などを使い、早めに数を減らすと楽になるかと。

画像

敵部隊を全滅させるとイベント。
新たにマット率いるMS部隊が現れ、こちらに降伏勧告を行ってきます。
しかしケンは味方の脱出時間を稼ぐ為、降伏を受け入れず、戦いを仕掛けると言う展開。

画像

と言う事で、ケンの陸戦型ガンダムとの戦いに。
前半戦のダメージは回復し、1対1での対決となりますね。

陸戦型ゲルググのビームライフルは連射出来ないので、敵が格闘攻撃で突っ込んできたタイミングで確実に命中させたいもの。
1発当てると怯むので、その隙に格闘攻撃などで追い打ちすると言うパターンが安定。

画像

またSP射撃のビームライフルも、全弾命中させるとかなりのダメージを与えられます。
3連射するので命中もさせやすく、上手く活用すると簡単に撃破出来るかと。

陸戦型ガンダムを倒すとイベント。
両者はサーベルで斬りかかるのですが、寸前で停戦命令の報が届きます。
ギリギリの所で両者は攻撃を止め、どちらにも被害が出ずに済みました。

画像

ケンは自分の望みは仲間達と宇宙へ帰る事だと語り、投降すると宣言。
マットは時間はかかるかもしれないが、必ず帰すと約束してくれました。
ザビ家の独裁が終わった事で家族の安全が確保された為、ケンは投降する事にしたようですね。
そしてスタッフロールへ・・・。

画像



と言う事で、「Lost War Chronicle ジオン軍編」は終了。
オペレーターであるユウキ・ナカサトですが、マンガ版だとオデッサ作戦時に死亡すると言う話だったので、今作は小説版がベースになっているのかもしれませんね。
連邦編のマットも、まともな性格になっていましたし。
まぁ私は小説版を読んだことが無いので、その辺りの判断は付きませんが。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
機動戦士ガンダム サイドストーリーズ その13 [Lost War Chronicle ジオン軍編] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる