西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS FF11 [ヴァナ・ディールの星唄 第1章 後編]

<<   作成日時 : 2015/05/22 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヴァナ・ディールの星唄 第1章「第一の定め」は、所属国のミッションを進め、ランク3になっていなければ進める事はできません。
BCでドラゴンと戦う所ですね。
この辺りはミッションを先に進めているかヴァナ・ディールの星唄を先に進めているかで、お互いの内容が微妙に変化。

ヴァナ・ディールの星唄を先に進めた場合、ギルガメッシュからライオンを探すように言われていたので、ライオンと初遭遇した際にその事を伝えるシーンが追加されると言う具合。
プロマシアミッションなどを完結させていた場合、ライオンはノーグの自室で眠りについていて、精神みたいなものが語り掛けてくるような内容になっていました。
このようにプレイヤーの状況に応じて、ストーリー展開が微妙に変わる所が面白い部分。

画像
画像


[関連記事]
FF11 [ヴァナ・ディールの星唄 第1章 前編]
FF11 [ヴァナ・ディールの星唄 第2章]
FF11 [ヴァナ・ディールの星唄 最終章]



星唄の煌めき【一奏】を取得したら、次はホラの岩、デムの岩、メアの岩にある Shattered Telepoint を調べる事になります。
プロミヴォンの入り口になっている、壊れたクリスタルですね。
どこか1か所を調べればOK。

画像

このタイミングでサンドリア城にいるハルヴァー、天の塔にいるクピピに話しかけると、盟-ハルヴァー盟-セミを入手できます。
フェイスとしてハルヴァーとセミ・ラフィーナを呼び出せるようになるアイテム。

画像

壊れたクリスタルを調べるとイベントが発生し、次はクフィム島に向かう事になります。
(G-8)に新設のホームポイントがあり、その近くの Undelating Confluence と言う闇の塊を調べるとイベント。
再度 Undelating Confluence を調べると、NMとの戦闘に突入します。

この時に現れるNMですが、与えられるダメージに上限が設定されているらしく、Lv99のキャラクターでも大ダメージを与える事はできません。
フェイスなどを呼び出し、手数を増やして戦うと楽になるかと。

画像

戦闘では石化やテラーなどの状態異常になる事もあり、範囲攻撃も多用。
最低でもLv50〜60くらいなければ、勝利するのは難しいと思われます。
倉庫キャラにLv42のモンクがいたので挑戦してみましたが、百裂拳を使っても倒しきれませんでした。
通りがかりの人がケアルをくれたので、撃破には成功しましたが。

またこのNMは、誰かが戦っている最中は新たに沸かせる事はできません。
最近は閑散としたものですが、久々に行列ができている所を目撃しました。
並びを無視してNM沸かせるとトラブルに発展する可能性もあるので、その辺りに注意が必要です。

NMを倒した後に Undelating Confluence を調べるとイベント。
新エリアであるエスカ-ジ・タに転送されます。
入り口付近の敵は非常に弱いものの、奥に行くほど強い敵が出てくると言うエリア。

画像

エスカ-ジ・タには高レベルユーザー向けのバトルコンテンツが用意されていて、出現するNMからアイテムレベル119の装備品を入手する事が可能。
新しいエンドコンテンツのひとつとなるようです。

今回はイベントを見た後、外に出れば良いですね。
再びホラの岩、デムの岩、メアの岩にある Shattered Telepoint を調べると、星唄の煌めき【二奏】を取得。
盟-ライオンIIも手に入ります。

画像



盟-ライオンIIは、フェイスのライオンを呼び出せるようになるアイテム。
通常のライオンとは違い、オーラでぼやけたような外観。
シーフタイプのキャラクターですが、空蝉を張りながら戦い、通常のライオンフェイスとは違って範囲攻撃を使わないと言う仕様になっているようです。
通常のレベリングだと範囲攻撃使われるのは面倒ですし、用途に応じて使い分けると良いかも。

画像

星唄の煌めき【二奏】を入手すると、経験値・リミットポイントの取得量が30%上昇。
一奏の効果とも重複するようです。

Curio Vendor Moogle が取り扱う商品も追加。
スリプルアロースコーピオンアローミスリルボルトなどの、中レベル帯で多用する矢弾が増えていますね。
競売での値段が高いサーバーなら、こちらから購入する価値はあるかと。

他にも、下記限界突破クエストで、フェイスを呼び出せるようになると言う特典もあります。

星の輝きを手に (通常ジョブ)
不滅 (青魔道士)
海路の果てに (コルセア)
力と覚悟 (からくり士)
祝福のフィナーレ (踊り子)
グリモアを継ぐもの (学者)

Lv70キャップを解除する為のクエストですが、一人で強敵と戦う事になるので、難易度が非常に高いのですよね。
これらのクエストをクリアしなければLv71以上に上げられない為、育てなおして再挑戦するわけにもいかず、ジョブによっては最難関のクエストと呼ばれていました。
その難易度が大幅に引き下げられる事になる為、このクエストで詰まっている場合はヴァナ・ディールの星唄を進めておくと良さそうですね。

余談ですが、某サーバーにおいて侍で一番最初にこのクエストをクリアしたのは、恐らく私だったりします。
当時はまだ侍不遇時代で、侍をメインにしており、かつレベルキャップに到達しているプレイヤーは限られていました。
サポートジョブの為に侍を育てている人は多いものの、Lv70まで育てて普段から侍で行動していると言う人はごく僅か。

Lv70の侍プレイヤーは、大体名前がわかると言う状態でしたね。
その為、私がLv71になっているのを見た他の侍プレイヤーから、クエストのアドバイスを求められたのも良い思い出。



星唄の煌めき【二奏】取得後は、三国ミッションを進めて闇王を倒していなければ続けられません。
これもどのタイミングで進めたかで、イベントシーンが微妙に変化しますね。
闇王撃破前にヴァナ・ディールの星唄を進めた場合、プレイヤーがいつか闇王を倒すビジョンが見えたと語られます。
逆に闇王撃破後の場合は、あの時の事を思い出せと言う展開に。

画像

条件を満たしていたら、バストゥークサンドリアウィンダスのいずれかにエリアチェンジするとイベント。
その後、ノーグにエリアチェンジするとイベントが発生します。

次はノーグ(K-8)にある Oaken Door を調べ、海蛇の岩窟(J-12)に移動。
ここにある「???」を調べるとイベントが発生します。

画像

その後はユタンガ大森林(F-11)に移動。
海蛇の岩窟から外に出て、正面にある水場の辺りですね。
ここにも「???」があり、調べるとイベントが発生。

イベント後、もう一度「???」を調べると、NMセイレーンとの戦いに。
セイレーンですが、フィナーレでこちらの強化を打ち消したり、ルナティックボイスで周囲のキャラクターを沈黙状態に。
さらには範囲攻撃や魅了を駆使してきます。

画像

倉庫にLv75の赤魔道士がいたので挑戦してみましたが、半分削った所で時間切れで敗北。
沈黙のせいで近付けなかった事もありますが、相当レベルを上げてなければ厳しいでしょうね。
Lv80〜Lv90くらいで挑んだ方が確実かも。
風属性や光連携を出すとHP回復する為、ソロで挑むときは呼び出すフェイスにも注意。

セイレーン撃破後は、再度「???」を調べるとイベント。
星唄の煌めき【三奏】を入手できます。

次はノーグ(K-8)にある Oaken Door を調べるとイベント。
盟-ザイドIIを入手できます。
これでヴァナ・ディールの星唄 第1章の実装分は完結。
続きは8月に予定されているバージョンアップで実装されるようです。

画像



盟-ザイドIIは、フェイスとしてのザイドを呼び出せるアイテム。
過去バストゥーククエストで登場した、素顔を晒したバージョンですね。
行動パターンなどは、通常のザイドと同じようです。

画像

ただ通常のザイドは期間限定配布なので、ストーリー進めれば確実に手に入ると言う所は助かりますね。
暗黒騎士のフェイスで、高い攻撃力を誇り、場合によってはスタンで敵の行動を妨害してくれますから。
ガルカ故にMPが少なく、すぐにMP切れを起こしてしまいますが。

星唄の煌めき【三奏】を入手すると、経験値・リミットポイントの取得量が30%上昇。
一奏や二奏の効果とも重複するはずです。
さらにはユニティポイントの取得量も30%アップ。

Curio Vendor Moogle が販売しているアイテムも更新され、高レベル帯でも使う矢弾が追加されるのが嬉しいですね。
一番嬉しいのは、各ダンジョンの宝の鍵が5,000ギルで販売される所ですが。

他にも下記のような特典が受けられます。

■ デュナミス
再突入までの待ち時間を撤廃

■ アサルト
だいじなもの「皇国軍認識票」の発行間隔を10分(地球時間)に短縮

■ サルベージ
だいじなもの「謎の証文」を交換できる制限時間を1時間(地球時間)に短縮

■ エインヘリヤル
アイテム「煙の出ているランプ」の購入価格を1,000ギルに値下げ
再突入までの待ち時間を1時間(地球時間)に短縮

■ 花鳥風月
NPC"Sanraku"の受け取る封獣板の枚数上限を撤廃
アイテム「偃月の塩」「銀海の塩」「暗碧の塩」を入手するために消費するモンの消費量90%カット

拡張ディスク「アトルガンの秘宝」までに追加された各種コンテンツの条件が、大幅に緩和された形。
個人的には、デュナミスの制限が撤廃された所が嬉しいですね。

デュナミスですが、現在はだいじなものを取得する事で、自由に突入できるようになっています。
しかし地球時間0時を超えるまで、再突入できませんでした。
1日に1回だけ挑戦できたと。

星唄の煌めき【三奏】取得後は、1日に何度でも潜れるわけですからね。
デュナミスはレリック関係で何度も足を運ぶことになりますし、条件撤廃は助かります。

ナイトのレリック装束を+2にしようとしてた時は、条件満たすのに1部位3〜4日費やしましたからね。
その関係でレリック109装備を作るのに、かなりの時間がかかったものです。
今後はプレイヤーに時間さえあれば1日に何度でも潜れますし、アイテムの入手・強化もかなり楽になるかと。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FF11 [ヴァナ・ディールの星唄 第1章 後編] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる