西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS Bloodborne ブラッドボーン その6 [聖杯ダンジョン:トゥメル遺跡]

<<   作成日時 : 2015/07/08 00:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤーナム旧市街の探索でトゥメルの聖杯を手に入れたので、聖杯ダンジョンを作ってみました。
狩人の夢には全部で6個の儀式祭壇があります。
聖杯を持った状態で儀式祭壇を調べると、聖杯の儀式を執り行えますね。
使用する聖杯を選び、血の遺志と儀式の血を支払えばダンジョン構築。
作成したダンジョンを探索できるようになります。

画像
画像

聖杯には「○○の聖杯」と、「○○の汎聖杯」の2種類がある模様。
この内、汎聖杯で作れるダンジョンはランダム構築されているらしく、プレイヤーによって構造が違うようですね。
同じプレイヤーが同じ汎聖杯を使っても、構造が変わるようです。
○○の聖杯」と言う名前が付いている聖杯は、誰が作っても構造は同じみたいです。

作成したダンジョンをオンラインで共有する事も可能で、自分のダンジョンを公開したり、他のプレイヤーのダンジョンに潜る事もできるとか。
聖杯を外すとダンジョンは消滅し、素材さえあれば何度でも作れる模様。

画像

と言う事で、トゥメルの聖杯で作れるダンジョン「トゥメル遺跡」に向かってみました。
聖杯ダンジョンにも灯りが設置されていて、解放すればそこから再開可能。
狩人の夢に戻る事もできます。

画像

トゥメル遺跡 第一層は巨大な地下道のようなダンジョンで、入り口周辺にはネズミ、奥の方には人型の敵が配置されています。
通路には横穴と、奥の方にはハシゴが設置されていますね。

ハシゴの上には人型の敵が待ち構えていて、ハシゴを登ると火炎瓶を投げつけてきます。
一気に登ってしまうか、タイミングを見て突破したいもの。

画像

ハシゴを登った先の通路には、巨大な振り子が設置されていました。
この仕掛けを見ると、デモンズソウルダークソウルを思い出しますね。
距離感が掴みにくいので、足元の床を見ながら進むと良いかと。

画像
画像

ただ奥の方の敵はその場から動かず、毒メスを投げつけてくるので注意。
狭い道上なので回避が難しく、食らうと毒状態になってしまいますから。
ここはダッシュで一気に突破してしまうか、木の盾があるなら防御しながら進むと良いかもしれません。

奥の部屋にはランタンを持った女性のような敵がいますが、こいつは赤い人型の敵を延々と呼び出してきますね。
赤い敵は倒しても何も得られず、ただ邪魔なだけなので、早めに女性型の敵を倒しに向かった方が良いかと。
ただ周辺にも敵が複数待ち構えているので、迂闊に突撃するのも危険。
特に燃えるような武器を持つ敵は攻撃を当てても仰け反らない為、銃でダウンを取った後に内臓攻撃を決めた方が楽です。

画像

女性型の敵がいる部屋には階段があり、ここを登ると巨大な敵が待ち構えていました。
近くには通常サイズの敵も2体います。
1体は毒メスを投げてくるタイプで、1体は武器で斬りかかってくるタイプ。
巨大敵は間近に接近しなければ動かないので、まずは通常サイズの敵を倒すと楽になります。
階段を登って真っ直ぐ進めば、通常サイズの敵しか襲ってこないので。

残った巨大敵は、ゆっくり歩いて背後に回り込み、R2の溜め攻撃から内臓攻撃を狙えば余裕で倒せます。
どんな強敵なのだろうとビクビクしていましたが、ただの見かけ倒し。
普通に正面から遭遇したら、厳しい戦いになるかもしれませんけど。
巨大敵の後ろにはレバーがあり、これを操作すると地下への扉が解放されます。

画像



最初の通路にある脇道を進むと、狭い地下道になっていますね。
最初に脇道へ進んでしまうと、頭上から赤い敵が次々に、しかも延々と襲い掛かってくるので危険です。
途中には怯まない敵がいますが、大きな通路で戦った方が安全。

奥の通路は見通しが悪いですが、松明を持つと視界が少し良くなります。
先の部屋にはネズミが大量にいるので、少し離れた所から火炎瓶を投げ込むと楽に殲滅できました。
密集している地点に投げ込むのがポイント。

画像

ただネズミの部屋には、輸血液水銀弾火炎瓶などが落ちているだけで、ただの行き止まりですね。
これらのアイテムが欲しくないなら、無視して進んでも良いかと。



巨大敵後ろのレバーを操作していると、最初の通路のハシゴ上にある扉が開きます。
入り口の真正面にある扉ですね。
さらに奥の扉を開けると、ボス「死体の巨人」との戦いに。

画像

死体の巨人は、両腕を振り回して攻撃してきますね。
リーチが長いので、正面で相対するのは危険。
相手の攻撃をかわした後、思い切って背後に回り込むと楽に戦えます。

ただ背後にも攻撃が回り込んで来るので、1〜2発殴ったら距離を取るヒット&アウェイの方が良さそうですね。
両腕を振り上げるのは叩き付けが来る合図なので、その際も距離を取りたいもの。



左足が弱点になっているのか、足を攻撃したら血を吹きだして怯む場面も見られました。
頭に攻撃を当てた時も怯んでいましたね。
攻撃する際は、その辺りのポイントを狙ってみても良いかも。

画像

HPが低下してくると、ジャンプ攻撃をしてくるようになります。
ただ飛ぶ距離が大きいので、横や前に進めば余裕で回避可能。
後ろを取るチャンスですし、状況によってはジャンプ攻撃を誘っても良いかも。

何気に火炎瓶で結構なダメージを与えられたので、火炎瓶を持ち込むのも有効ですね。
途中で火炎瓶を拾えますし、死体と言う事で「もしや・・・」と思いましたが、かなり楽に戦えました。

画像

ボスを倒すと、特化の血晶石を入手できます。
放射型の血晶石で、重打のみ攻撃力+8.8%と言う効果と、物理攻撃力を4.8%分加算すると言う2つの効果。
普通の武器でも攻撃力+4.8%は大きいですし、非常に優秀ですね。



ボスと戦った部屋には、第一層 奥部の灯りが出現。
奥はエレベーターになっていて、中央の床を踏むと下に移動。
死亡時などでエレベーターが無い場合は、部屋の入り口にあるレバーを動かせばOK。

エレベーターで降りた先は、トゥメル遺跡 第二層
すぐ先に第二層の灯りがあるので、ここを拠点に活動すると良さそうです。

画像

第二層では道が3つに分かれていますね。
左手の方向に進むと、巨大な部屋になっていました。
ここには灯りが無く、非常に暗いので、松明を持ちながら探索したいもの。
敵から発見されやすくなりますが、暗いとロックオン距離が短くなるので。

部屋には燃える武器を持った敵が2体が上から降ってきて、他にも槍のような物を投げてくる敵が1体隠れています。
どちらも入り口近くにいるので、囲まれないように注意が必要。
特に槍を投げてくる敵は部屋の隅にいて、見逃しやすいですからね。
2体の敵と戦ってる最中に槍を投げつけられ、どこから攻撃されたかパニックになりがち。

画像

この部屋には特にアイテムも落ちていなくて、ただの行き止まり。
ただ上の方に通路があるので、そこから入口方面に戻って来れるのかも。

第二層入り口の正面に進むと、奥にハシゴが設置されています。
周囲には明りも灯され、安らげる雰囲気ですが、油断は禁物。
頭上から無限湧きの敵が、次々に襲い掛かってきます。
ここは急いでハシゴを登り、奥へと進んだ方が安全。

ハシゴを登って右手の壁沿いに進むと、大きな部屋に出ます。
ここが先ほどの部屋の上の階ですね。
明りの無い真っ暗な部屋なので、やはり松明が欲しい所。

そのまま右手の壁沿いに進むと、明るい部屋に出ます。
ここに敵を生み出している女性型の敵がいますね。
周囲には火炎瓶を投げてくる敵もいるので、無理はせずに1体ずつ倒しながら進軍したいもの。
女性型の敵を倒せば新しい敵は生まれないので、早めに倒せると楽になりますが。

画像

この部屋の下の階には、巨大敵とレバーが設置されています。
今回は部屋が明るい為か、見つからずに接近する事はできませんね。
普通に戦って倒すしかないかと。

この巨大敵ですが、見かけとは裏腹に軽快な動き。
前転を繰り返して攻撃して来たり、左右へのローリングで攻撃を回避してきます。
攻撃のリーチも長く、動きもトリッキーで、なかなかの強敵でした。

画像

基本は回避に専念し、巨大敵がハンマーを左右にブンブンと振り回して来たら、銃を撃ってダウン。
それから内臓攻撃を決めると楽に倒せるかと。
背後に回り込んでもジャンプ攻撃とか食らうので、他に上手い倒し方が見つかりませんでした。

レバーを動かすと扉のロックが解除。
第二層入り口の右手にある扉が開き、その奥でボス戦となります。
距離も近いですし、消耗しているなら一度戻った方が良いかと。

今回のボスは、残酷な守り人残酷な守り人守り人の長の3体。
見た目は武器の違う巨大敵で、体力はそれぞれ別物。
戦闘エリアは広く、階段を登って上の段にも行けますね。

画像

3体と正面から戦うのは危険なので、まずは敵が下の段にやってくるのを待ち、入れ替わりで上の段までダッシュしたいもの。
そこから階段を登ってきた敵に攻撃を当て、囲まれそうになったら下の段に移動すると言う感じで数を減らすと楽になります。

ランタンを持った敵の1体は、散弾銃を使ってきますね。
こいつは他の敵と距離が開くことが多いので、孤立した所を攻撃すると楽。
密着していると散弾銃は当たらないですし、他の敵がやってくるまで可能な限りダメージを与えたいもの。
HPが低下すると近接武器に切り替えますが、その後も攻撃を集中させて早めに倒してしまうと良いかと。



私は仕込み杖を使っているので、鞭状態に切り替え、リーチを有効利用する形で楽に戦えましたが、リーチの無い武器だと厳しいかも。
その場合は敵を切り離した後、背後から攻撃すると良さそうでした。
1体1体の動きは鈍いですし、攻撃するチャンスを如何にして作り出すかが勝負となるかも。

画像

全ての敵を倒すと勝利となり、トゥメルの汎聖杯を入手。
こちらで聖杯ダンジョンを作ると、ランダム構造になるようですね。



階段を登った先には、第二層 奥部の灯りが出現。
奥に進むとエレベーターがあり、その奥がトゥメル遺跡 第三層
入り口には第三層の灯りもあります。

第三層の入り口には井戸のような穴があり、ここから奥へと進むことに。
奥は広い空間になっていますが、巨大な木のような姿をした敵が配置されていますね。
こいつは遠距離から火炎弾を放ってくるので非常に危険。

画像

木は体力と防御力も高いので、まともに戦わない方が良いですね。
無限湧きの敵も襲ってきますし、ここは一気に突っ切った方が良いかと。
正面奥の敵が、入り口に向かって大砲も撃ってきますから。

正面奥にある柱の裏に回り込み、そこから右手方向に進むと階段。
この階段を登った所に、女性型の敵が徘徊しています。
こいつさえ倒してしまえば、無限湧きを阻止できますね。
近場には儀式の血が手に入る死体も2つ落ちています。

画像

女性敵を倒したら、そのまま奥へ。
暗い部屋に設置されているハシゴを登り、目の前の明るい部屋の奥にある宝箱を開けると墓所カビが手に入りました。
これも聖杯ダンジョン作成時に必要となるアイテムみたいです。

ハシゴを降りて暗い部屋の奥に進むと、巨大敵とレバーがありますね。
こいつは燃える武器を持っていますが、第二層のボスと大差無い動き。
相手の攻撃を空振りさせ、その隙に一撃浴びせるか、背後に回り込んでから攻撃すると楽かと。
部屋の隅に火矢を放つ石像が設置されてるので、それに気を付けるくらい。

画像

レバーを動かすと、第三層入り口付近の扉が開くようになります。
この奥でボス戦となりますね。



ちなみに広場にいた木のような敵ですが、障害物を盾に背後に回り込むと楽に戦えます。
正面の口から毒のような液体を吐き出してくるものの、それ以外に背後の敵への攻撃手段を持たない模様。
正面に立つと体を使った攻撃を繰り出してくるので、常に背後に回り込むと簡単に倒せました。

画像

この木を倒すと小さな花になって、死体から神秘の霞を入手できます。
これも聖杯ダンジョン作成で必要になる素材と言う話。
巨大な木の敵は、入り口付近に1体。
その対角線に1体配置されていますね。
素材が欲しいなら、両方とも倒しておくと良いかと。

ちなみに入り口左手にいる木の足元には、素材を落とす結晶トカゲのような敵もいますね。
こいつを倒すと、炎の血晶石が手に入りました。
放射型で、炎の攻撃力+5.3%と言う効果。

女性型の敵が歩いていた下の層、石の柱が乱立している所にも、結晶トカゲのような敵がいます。
割と入り組んでいるので見つけるのは大変ですが、レバーのある部屋に向かう橋の下辺りにいました。
こいつは特化の血晶石をドロップ。
放射型で、刺突のみ攻撃力+6.3%と言う効果。
もしかしたら固定ドロップではなく、一定の範囲でランダムなのかもしれませんけどね。

広場の隅にはレバーが隠されていて、これを操作すると牢屋型のエレベーターが降りてきます。
これに乗り込んでも、レバーのある部屋に辿り着けますね。
宝箱が設置されていた部屋に出る形。
ただ無限湧きする敵を放置して進むのも危険なので、無理に使わない方が安全でしょう。

画像



レバー操作後は、第三層入り口正面の扉から奥へと進みます。
すぐ右手に扉があり、その奥にあるハシゴを登ると明るい部屋に出ますね。
ここには袋を持った敵が徘徊していますが、こいつはHPが減ると攻撃力が大幅にアップ。
他にも多彩な攻撃を持っているので、何かしらの構えを見せたら距離を取った方が安全。
攻撃力強化後はダウンを取れる技も増えるので、タイミング見て内臓攻撃を決めると楽に倒せるかと。

袋持ちの敵と戦った部屋では、ハシゴを降りずに進むと大きな部屋。
この部屋の入り口付近には扉があり、さらに扉を開けて奥へ進むと、銃を持った巨大敵がいました。
銃の攻撃は密着していると食らわないので、思い切って飛び込んで攻撃連発すると楽です。
たまにランタンで殴りつけてきますが、リゲインでそのまま押し切れるかと。

画像

巨大敵の居た部屋にある棺を開けると、内部から儀式の血を入手。
聖杯ダンジョンでは通常のアイテムは少なく、聖杯ダンジョンの素材が多数落ちているようですね。



第三層入り口正面の道を真っ直ぐ進むと、大きな扉があります。
この扉を開けると、ボス「旧主の番犬」との戦いに。
こいつは炎をまとった巨大な犬で、炎系の攻撃を繰り出してきますね。
炎耐性の高い防具を身につけておくと、楽に戦えるかと。
現時点ではヤーナム旧市街で拾える、煤けた狩装束が最適でした。

画像

ボスは基本的に正面扇状の範囲に対する攻撃が多め。
なので側面や背後に回り込みたいのですが、相手の動きも素早いので難しいですね。
リーチの長い武器を持っているなら、相手の鼻先に攻撃を置いておく感じでダメージ与えられますが、他の武器だと苦戦するかもしれません。
楽に戦える方法は無いか探ってみたものの、良い方法が見つかりませんでした。

ただボスは足を攻撃すると一定時間ダウンするので、足狙いで攻撃すると良いかもしれません。
ボスの正面に立っていると首を左右に振り払ったり、首を伸ばしてくるので、その隙に足を狙うと良いのかも。
正面に炎の波を放ってくる攻撃もあるので、どの攻撃が来るかの見極めが重要。

時々立ち止まり、喉の奥から溶岩を吐き出す時も攻撃のチャンス。
溶岩はボスの足元に一定時間残り、触れるとダメージを受けてしまいますが、後ろ足方面は安全ですね。
兆候を見せたらダッシュで回り込んで、後ろ足を攻撃すると良いかと。

画像

直後に爆発攻撃が来るので、2〜3回殴ったら退避する方が安全。
私は攻撃しすぎて、無駄にダメージを受ける事も多かったので。

ボスが立ち止まり、周囲に光が集まってきたら距離を取るようにしたいもの。
一定時間後に、ボスの周囲で大爆発が発生するので。
立ち止まったからと言ってよく確認せずに突っ込むと、爆発でダメージを受けてしまうと。

画像

とにかく一気に倒そうとせず、隙を伺いながら少しずつダメージを与えていくと楽です。
HP低下すると攻撃パターンも変わり、新しい攻撃を繰り出してくることもあるので、相手のモーションを覚えるのが大事かと。



ボスを倒すと、中央トゥメルの聖杯を入手。
部屋の中に第三層 奥部の灯りが出現し、これでトゥメル遺跡は終了となるようです。



と言う感じで、今回は聖杯ダンジョンに挑戦してみました。
新しい聖杯、汎聖杯も手に入ったので、本編以外でも聖杯ダンジョンで楽しめるように。
まぁ聖杯ダンジョンは本編とは関係なく、一種のやり込み要素的なものなので、当分は本編を遊ぶと思いますけど。

しかし聖杯ダンジョンの試みは面白いですね。
デモンズソウルダークソウルの場合、一番面白いのは何も知らない初見の状態でダンジョンを探索する事。
どこに何があるかビクビクしながら、探索を続けるのが醍醐味でした。

ブラッドボーンの場合、汎聖杯で作れるダンジョンはランダム構築になるようですから、初見の楽しみを何度でも味わえるのは面白そうですね。
本編のステージのような作り込まれたマップでは無さそうですが、こういう試みは面白いかと。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Bloodborne ブラッドボーン その6 [聖杯ダンジョン:トゥメル遺跡] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる