西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女と百騎兵 Revival その11 [第二幕 第5章・後]

<<   作成日時 : 2015/10/22 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自宅に戻ってきたメタリカは、翌日の朝を迎えました。
しかしビスコとアルレッキーノは、戻ってくる様子がありません。
苛立つメタリカは、百騎兵に二人の捜索を命令。
まずはウーズの森 深部に向かったアルレッキーノの行方を探す事になります。

画像

この後でベッドルームを訪れると、メタリカが何かの本を読んでいました。
師匠の心得が書かれた本みたいですね。
何だかんだと言いながら、ルッキーニィを弟子にする事に乗り気な様子。

画像

ウーズの森 深部では、入り口の少し北西辺りでイベントが発生。
森の中でアルレッキーノに出会いますが、探していた材料はレアな魔獣の事だと判明したようです。
しかし自分では手の出しようがないので、諦めて昼寝でもしようと考えていたとか。
そこに百騎兵が現れた為、魔獣退治は百騎兵が引き継ぐ事に。

問題の魔獣ですが、一番奥のピラー「森の庭園の柱」のすぐ下にいます。
攻撃してHPを低下させた後、26系キャプテルで捕獲すればOK。
捕獲したらアイテムを回収し、拠点に戻ればイベント進行。

画像

次はヴァレンティーヌ領セント・ドルチェにいると言うビスコを訊ねる事に。
ビスコはピラー「外壁の柱」の南にいますね。

ビスコは百騎兵を見つけると、いい所に来てくれたと安堵します。
探していた「ヒゲが13本あるネコ」の情報は掴んだものの、それはもう手に入らないかもしれないと言う話。
何でもヴァレンティーヌが昔飼っていた猫の事で、その猫はとうの昔に死んでしまったようです。
他にいないか一晩中探したが、手掛かりがないと嘆くビスコ。

画像

その話を聞いたメタリカはいい考えがあると言って、一度戻るように指示。
かつて実在したのなら、錬金術で作り出せるとの事。
百騎兵が戻るころには、完成させておくと言われました。
と言う事で拠点に戻り、家の裏手に置かれた黒ノ箱を開けると、ヒゲが13本あるネコを入手。

画像

ネコを入手するとイベント。
これで指定された3点のアイテムの内、2つが揃いました。
次は砂漠にあるテッタラ村へ向かうと宣言するメタリカ。

一晩中探索して疲れ果てていたビスコは少し休ませて欲しいと言いますが、メタリカは屋敷で休んでいろと優しい言葉を投げかけますね。
後で自分が現地まで連れて行ってやると。
アルレッキーノは自分が夜会に参加する所を自慢したいのだと言っていましたが、メタリカは自分だって感謝する事はあると告げます。
メタリカの意外な一面を見て驚くビスコと、照れ隠しで口調が荒くなるメタリカと言う感じで、ちょっと微笑ましいシーン。

画像

テッタラ村に向かうとイベント。
村の前ではルッキーニィが立っていて、こちらに話しかけてきます。
そしてメタリカも幻影で、ルッキーニィと会話しますね。
メタリカの幻影は魔力の高い者にしか見えないと言う事ですが、ルッキーニィにはしっかりと幻影の姿が見えていた模様。

ルッキーニィですが、約束通りにスズの音草を用意していました。
何でも知恵を絞って、咲かせる方法を考え出したのだとか。
そして約束通り、弟子入りの話を持ち掛けるルッキーニィでしたが、メタリカは特別に許可すると言って、ルッキーニィを弟子に。

画像

その言葉に喜ぶルッキーニィでしたが、メタリカは「オスだろうがメスだろうが一人前の魔女にしてやろう」と言っていましたね。
このような発言があると言う事は、やはりルッキーニィはオスなのかも・・・。

画像

これで全ての材料が揃ったので、次は夜会が開かれるアズ・ブロッケン山へ向かう事になります。
メタリカは沼の外には出られない為、百騎兵が一足先に向かい、ピラーを咲かせて来ると言う展開。



と言う事で、今度はアズ・ブロッケン山を探索する事になります。
ここは秋の山っと言った風景のエリアですね。
砂漠ほど広くはないですが、ウィクックを呼び出して先に偵察させておくと、カロリーの消費を抑えられるので楽に探索できます。

画像

全体的に長い山道を登っていくだけで、迷う要素はありませんね。
出現する敵のHPが増えていて、弱点属性でもなかなか倒せない事に注意することくらい。

5合目の行き止まりまで進むとイベント。
道が途切れていましたが、そこに隠されていた風紋を発見します。
古の魔女が使っていた物だとか。

画像

それを見たメタリカは、新しい戦術トーチカを作成。
と言う流れで、0系ジャンピーを入手します。

これは通常のトーチカとは違い、風紋の上にのみ設置可能。
風紋に近付いて○ボタンを押すと設置し、特定の地点までジャンプできるというトーチカ。
今までのエリアにも風紋が設置されていたので、そちらでも何か手に入りそうですね。

画像

と言う事で、ジャンプ台を利用して奥へ進むことになります。
基本的には対岸に飛び移る形になるので、マップを見ながら進めば迷う事は無いかと。



ジャンプ地帯を抜けるとイベント。
メタリカがピラーの気配を感じ取り、そちらを優先しろと命令する内容。
ピラーを咲かせなければ、メタリカが赴くことはできないので。
ただこの山は魔女にとっては由緒あるので、強力な守護者が守ってるかもしれないから気を付けろと言われます。

イベント地点の先には小ピラーがあり、その先にあるジャンプ台を使うと山頂に到着。
ここでボス・魔女人形との戦いになります。
魔女人形はダルマのような姿で、下半身から電動ノコギリのような刃を出して突進。
近距離だと毒の霧、遠距離だと誘導タイプの火炎弾を放ちます。

画像

ただ突進速度は速く無いですし、火炎弾はタイミングを合わせればミスティカルダッジも狙いやすいですね。
ボスの近くにデコイモを設置しておくと、ボスは突進や毒霧を使う頻度が高くなるので、隙を突きやすくなります。
打撃に弱いボスですし、チビヘイを召喚しておくのも有効かと。
体力だけは高いですが、慎重に戦えば大した事のない相手でした。





戦闘後はイベント。
大ピラーが出現し、百騎兵が開花させると、メタリカがホウキに乗って飛んできました。
アルレッキーノやビスコ、ルッキーニィも一緒に連れてきた様子。

ちなみに沼の瘴気は生物にとって有毒なので、ルッキーニィも苦しそうにしていましたが、メタリカが瘴気を防ぐ護符をプレゼント。
ルッキーニィの弟子入りを翌日に見送ったのも、護符を作る為だったのかもしれませんね。
冒頭のイベントでも「急いで護符を作らなければ」みたいなことを言ってましたし。

画像

その後メタリカ達は、紹介状で指定された場所に移動。
ここでビスコはルッキーニィの事を尋ねてくるのですが、弟子に取ったと言われて驚いていました。
忠告としてメタリカの非道を教えるものの、ルッキーニィはさすが魔女と感心する始末。
魔女を目指すだけあって、ルッキーニィもどこかずれているようですね。

画像

そして招待状に書かれていた珍妙な条件を満たす為、メタリカは魔女に伝わるダンスを踊り始めます。
それを見てビスコは大笑いし、ルッキーニィは伝統あるダンスが見られて歓喜すると、両極端な反応。



しかし・・・。
踊り続けていても何も起こらず、やり方が間違っているのではないかと思い始めた所に、笑い声と共に魔女たちの幻が現れました。
そこでスタッフロールへ。

画像

スタッフロール後、魔女の出現に歓喜するメタリカ。
いよいよ夜会が始まると歓び、不安定な空間を安定させる為にダンスを続けます。
それを見た魔女達は、笑いをこらえきれない様子。
メタリカはダンスが儀式に必要だと信じ切っており、自分が何故笑われているかわかっていませんでした。

画像

そんな時、集まった魔女達が声を掛けてきますね。
一様にメタリカを馬鹿にするような内容。
魔女の中にはテレッサも混ざっていて、今回の催しについて暴露します。
メタリカへの招待状は夜会の余興で、魔女達は騙されたメタリカの行動を見て楽しんでいた模様。
思わず言葉を失うメタリカを置いて、魔女達は本当の夜会に出席する為、その場を去って行きました。

画像

一方ビスコは、その場に現れた魔女の中に、呪いをかけた者の存在を感じ取りますね。
魔女に呪いが反応した模様。
ただ誰が呪いをかけた張本人なのかは、わからなかったようです。

そこへ見習い魔女達がやって来ました。
どうやらここは見習い魔女達の夜会が行われ、魔女にダンスを披露する場所だったようですね。
自分が騙され、笑いものにされたと知ったメタリカは、堪えきれずに泣き出してしまいます。
そして魔女達の笑い声が響き渡り、第二幕 第5章「魔女と星読み」は終了。

画像

今回はだいぶ趣が違った展開でしたね。
罠ではないかと最初に言われていましたが、憧れの夜会に出席できると歓び、準備を手伝ってくれたビスコ達に感謝していたメタリカの姿を見ていただけに、最後は胸が痛かったです。



今まではメタリカが我を通す為に魔女と戦い、相手の命を奪っていたので、少し後ろめたい気持ちもあったのですけどね。
ああいう魔女が相手なら、惨殺した所で心は痛まないかなぁ・・・なんて気持ちになりました。
メタリカも我儘なだけで、当初思っていたような極悪非道な感じでは無いですし、すぐに立ち直って欲しいものです。

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女と百騎兵 Revival その11 [第二幕 第5章・後] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる