西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女と百騎兵 Revival その7 [第一幕 第3章・後]

<<   作成日時 : 2015/10/09 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヴァレンティーヌに撃退されてから3日後。
メタリカは元の姿を取り戻していました。
ただ肉体的なダメージは大きく、まだ本調子では無いようです。
それでも自分に屈辱を味わわせたヴァレンティーヌに対し、強い敵意をむき出しにするメタリカ。
アルテッキーノが言うには今回は非常に危なかったらしく、見逃して貰えなかったらそのまま倒されていた可能性が高かったようですね。

画像

その後、メタリカが屋敷の裏手に出ると、沼に沈めていたビスコの姿が無くなっていました。
アルレッキーノが言うには、獣化は解除されて無いものの、サイズは人間並に戻ったようですね。
そのまま衣装を借りて、沼から出て行ったと言う話。
近くには見知らぬ魔女もいたようです。
メタリカ以外の魔女がうろついていたのに見過ごし、報告もしていなかったアルレッキーノ。

画像

その後、メタリカが大事にしていた指輪が無くなっていた事が判明。
ビスコがガサゴソしていたと言っていたので、それすらもアルレッキーノは見逃していたようですね。
屋敷には手紙が残されており、「失せ物を返して欲しくば大公爵のもとに来るべし」と書かれていました。
見知らぬ魔女共々、大公爵に借りを返すと意気込むメタリカ。



今回はチョコラータ花里を探索する事になります。
舗装された道になっていて、今までとは違った雰囲気のエリア。
所々にワープポイントがあり、ワープを利用して進んでいくことに。

道中にいるコリゴンはNPCで、会話も可能。
攻撃しないように注意する必要があります。
ただ通常の敵キャラが周囲に配置されている為、意図せずに攻撃が命中する可能性も。

魔撃系の武器は敵を誘導するタイプのものがありますが、近くに敵がいないとNPCに弾が飛んでいくので特に注意が必要。
厄介な事に、魔撃に弱い甲虫タイプの敵がいるので、誤爆に気を付けながら進んでいました。

画像

また通りには何件も家が建っているのですが、手当たり次第に魔女制圧するのはカルマ的に厳しいですね。
百騎兵の姿を見るとNPCが逃げ出すようになってしまったので、私は魔女嘆願でカルマを下げておきました。
現状だとアニマの数にそこまで余裕無いですし、カルマを100下げるのにアニマ12必要ですから、当分は魔女制圧無しで進んだ方が楽そうです。

画像

いくつかのワープを乗り越え、奥へと進んでいくとイベント。
百騎兵の目の前にテレッサと名乗る魔女見習いと、行方をくらませていたビスコが現れました。
ビスコは人間サイズに戻っていますね。

ビスコはメタリカの悪行について証言すれば、大公爵に呪いを解いて貰えるように口添えすると言われ、テレッサと行動を共にしている模様。
そしてメタリカが大事にしている物を奪って来いと言われ、指輪を盗んだようでした。
盗みが騎士の教えなのかと追及され、ビスコは戸惑う様子を見せていましたが。

画像

テレッサはメタリカ達に大公爵の裁きを受けて貰うので、沼から出てこいと言うのですが、メタリカは自分が相手をするまでもないと返しますね。
そして指輪を返さないのであれば、百騎兵にテレッサを始末させてから取り戻すだけだと強気の態度。
その発言に涙目となるテレッサは、大公爵にキツイお仕置きして貰うと言う捨て台詞を残して、ビスコと一緒に去って行きます。

画像

イベント後、奥の門に辿り着くとステージクリア。
チョコラータ花里は、ただ通過するだけのエリアでした。





次はチョコラータ楼閣へ突入。
ここは楼閣と言うだけあって、建物の内部と言った様相のエリア。
構造的に迷いやすいので、マップを参考に進んでいった方が良いかと。
ワープゾーンもありますし。

入り口から直進するとイベント。
部屋に置かれた禁の碑石を発見します。
碑石は攻撃すると破壊可能で、全て壊すと何か起きると言う事。

画像

碑石の部屋にあるレバーを動かすと、手前の部屋にある扉が開きます。
以後もレバーで開く扉がいくつもあるので、レバーを探しながら奥へと進みたいもの。

ワープを利用して進んでいくと、2階への階段があります。
2階はワープの繋がりも複雑となり、敵の数も増えますね。
複数の敵に囲まれると厳しいので、トーチカの16系デコイモを設置しながら戦うと楽です。
デコイモの近くにチクボムを置くと言う戦術も有効。

画像

敵は異なる種類だと、同士討ちが発生します。
デコイモを設置するとその周囲に敵が集まるので、同士討ちも狙いやすいですね。
攻撃性能こそありませんが、デコイモはかなり役立つトーチカでした。

2階には階段が2つありますが、2階の小ピラーから北にある階段を登ると、ストマックストーンの入った黒ノ箱が置かれています。
他には何もない行き止まりの部屋ですが、ストマックストーンは忘れずに回収しておきたいもの。
ピラー南西にある階段を登ると、3階に出られます。

画像

3階を進んでいくとイベント。
百騎兵は、コリガンたちに足止めを食らっているテレッサとビスコに遭遇。
その場にヴァレンティーヌも現れます。

テレッサは魔女殺しの重要参考人を連れてきたと説き、メタリカの指輪も差し出すのですが、ヴァレンティーヌは興味無い様子。
それどころかテレッサの態度を、馴れ馴れしいと咎める態度。
テレッサの師匠である灰汁の魔女ベルダの名に免じて、素直に立ち去るなら見逃すと言ってきます。
それでも食い下がるテレッサでしたが、ヴァレンティーヌの剣幕に負けて、泣きながら逃げ帰ってしまいました。

画像

またヴァレンティーヌはビスコを捕らえ、どこかへ運んでいきますね。
ビスコに見覚えのある様子も見せていましたが、特に気にしてない様子。



そしてヴァレンティーヌは、メタリカの指輪をどこで手に入れたのか尋ねてきました。
メタリカの持っていた指輪は、そこそこ珍しいらしいようですから。
メタリカは驚いた顔が見たいからと、素直に自分で作ったと返答。
その言葉通りに驚くヴァレンティーヌは、メタリカに興味が湧いたと話し、恐れを知らぬなら寝所を尋ねて来いと言い残して去って行きます。

画像

しかしメタリカは何かに気が付いた様子で、ヴァレンティーヌを追いかける前に禁の碑石を全て壊すように百騎兵に命じていました。
5つあると思われる碑石を全て壊せば、面白いものが見られるだろうと。
と言う事で、百騎兵は碑石をすべて破壊してから、ヴァレンティーヌの元を尋ねる事になります。

画像

碑石ですが、1階で壊したのが1個目。
2階の入り口から北東にあるワープの先に1個。
3階のピラー南側の通路に1個にありました。

イベントの地点から南下すると、4階への階段がありますね。
手前の扉は、3階入り口南東にあるレバー操作で開きます。

4階ではピラーの真西、レバーのある部屋の南に5階への階段。
同じ部屋の西にある下り階段は、3階の宝箱の置かれた通路に繋がっています。

画像
赤丸の地点に禁の碑石

5階は入り口の東に小ピラーが置かれていますね。
ただ部屋の入り口はロックされた扉が2つもあるので、レバーを操作してくるまで利用できず。
レバーは周囲の通路に置かれているので、見つけるのは苦労しないかと。

北東のワープの先には、ストマックストーンの置かれた黒ノ箱も置かれていました。
こちらも忘れずに回収したいもの。

小ピラーのある部屋から南東に進むと、禁の碑石が置かれています。
ピラー南西の階段から4階へ降りた所にも、碑石がありますね。
これで全て。
5つの碑石を破壊したら、5階の小ピラー北から天守閣へ進めます。

画像



天守閣に入るとイベント。
ビスコと指輪を返せと迫るメタリカでしたが、ヴァレンティーヌは面白い事がわかったと言って、ビスコを返す気はないと言います。
そんな時、地響きが鳴り響き、巨大な魔女スィガーロが出現。
スィガーロはヴァレンティーヌを、ジェラートと呼んでいました。

画像

元々ジェラートとスィガーロは、二人でヴァレンティーヌと呼ばれる魔女だったようですね。
しかしスィガーロが邪魔になったジェラートは、地下に封印。
その封印を百騎兵が破ってしまったので、この場に現れたと。

スィガーロは自分を封印したヴァレンティーヌに恨み言を並べるのですが、ヴァレンティーヌの金縛りでアッサリ動きを封じられてしまいます。
そして百騎兵も痺れさせようとするのですが、百騎兵は素早く回避。
その動きに驚愕したヴァレンティーヌは隙を作り、自由を取り戻したスィガーロに食べられてしまいました。

画像

スィガーロは飲み込んだヴァレンティーヌの力を取り込み、より強力になった模様。
そんなスィガーロに、メタリカはヴァレンティーヌを返せと言いますね。
ヴァレンティーヌは自分の獲物だと。
そして百騎兵は、スィガーロとの戦いに突入します。

画像

スィガーロですが、マップ奥に鎮座したまま動きませんね。
しかし今までのボスに比べると行動パターンも豊富で、何気に2回も倒されてしまいました。
ボス戦で死んだのは、今回が初。
まぁ内1回は、自分で置いたチクボムに当たって自爆したと言うものですが。

スィガーロは手に持ったキセルを叩き付け、ティラミアを呼び出してきます。
ティラミアは斬撃に弱いので、剣系の武器を装備してると楽に殲滅可能。
ただスィガーロのキセルにも攻撃判定があるので、攻撃のタイミングを見計らないと危険です。

画像

ティラミアは動きが鈍く、画面中心付近に現れるので、隙を見てチクボムを置くと一掃できるので楽。
気を付けないと、私のように自爆で大ダメージを受け、そのまま死亡する可能性も高いですが。

ティラミアを呼び出した後、スィガーロはキセルを吸い込むモーションを見せますね。
その後は口から花びらを吐き出して攻撃。
タイミングを合わせるとミスティカルダッジで攻撃のチャンスとなりますが、失敗すると手痛いダメージを受けるので、回避に専念した方が良いかと。

序盤はこれらの攻撃の繰り返し。
花びらの息を吐き終わった辺りが、攻撃のチャンス。
何度も攻撃を当てると下に落下し、その後這い上がってきます。

ここから攻撃パターンが変化。
連続してティラミアを呼び出した後、上空から雷の魔法を落としてきます。
地面に攻撃範囲が表示されるので、それを目安に回避したいもの。
デコイモを呼び出しておけばそちらに雷が落ちる事が多いですし、デコイモを置いてティラミアを掃除すると良い感じ。

画像

雷を3発くらい落とした後は、画面中央部に大爆発を発生させますね。
ティラミアの処理に夢中になっていると、こちらを食らう可能性が大。
中心部から離れると食らわないようなので、爆発を回避してからスィガーロ本体を攻撃したいもの。

デコイモがあればティラミアもそちらへ釣られるので、ザコ無視で攻撃した方が楽かもしれませんね。
やはり召喚時のキセルにも攻撃判定があるので、召喚が終わって雷攻撃に移ったらスィガーロに攻撃。
爆発を回避したら距離を取るようにすると良いかも。





戦闘後はイベント。
スィガーロはヴァレンティーヌとビスコを吐き出し、穴の底へ落下していきました。
そして大ピラーが姿を現し、百騎兵が開花。
メタリカがその場に転位してきます。

ヴァレンティーヌはメタリカに蹴られ、意識を取り戻しました。
同時にビスコも気が付いた様子。
その隙に指輪を投げ、ビスコに忍び寄ろうとしたヴァレンティーヌでしたが、メタリカの魔法で吹き飛ばされてしまいます。
指輪は地面に落ちて、砕け散ってしまいましたが。

画像

その様子を見て、無抵抗の者を楽しげにいたぶるとは、良心と言うものが無いのかとメタリカに詰め寄るビスコ。
ヴァレンティーヌはビスコを売りとばそうとした上、この場で盾に使おうとしたのですが、それでもメタリカの非道な行いとは関係ないと言っていました。

その言葉を聞いて、自分は手を出さないと約束するメタリカ。
ビスコも渋々ながら、メタリカの言葉を信じる事にしたようです。

画像

メタリカはコリゴンを呼びつけ、お前たちのご主人が大変だから介抱してやれと話しかけますね。
そして先の戦いでヴァレンティーヌの魔力はからっぽになっており、今なら子犬にも負けそうだと話すメタリカ。
その言葉を聞いたコリゴンは本性を現し、介抱と称して消耗しているヴァレンティーヌの襲い掛かっていました。
そのままヴァレンティーヌとコリゴンは、スィガーロと同じ穴に消えていくと言う展開。

画像

ビスコはメタリカに詰め寄るのですが、メタリカは悪びれた様子もなく、約束通り自分は手出ししなかったと言い放ちますね。
さらには、自分を嘘つき呼ばわりするビスコの信念を馬鹿にしていました。

騎士としての信念を馬鹿にされたビスコは言葉をぐっと飲み込み、思う所はあるものの、メタリカの言い分を認めた様子。
しかしメタリカは危険な魔女に変わりは無く、このまま野放しにするわけにはいかないと言いだします。
そして死んだ部下の為にも責任をもって、メタリカに張り付いて本性を見極めてやると宣言。
メタリカの本性が真に悪しき魔女だとわかった時は、自分の命に代えても処刑すると。

画像

メタリカはそんなビスコを面白がって、家に連れ帰る事に決めたようです。
ただしペットではあるものの、居候の身でもあるので、自分の食い扶持分は働いて貰うと言っていましたが。

そこに別のコリゴン達が現れ、メタリカを自分たちの救世主だと持ち上げていました。
数百年に渡る支配から、ようやく解放されたと。
メタリカは世辞などいらないから、感謝の気持ちは態度で示せ・・・と言った所で、スタッフロールに。

画像

スタッフロール後は、自宅に戻ってきたメタリカ達の姿が見られます。
メタリカはコリゴン達から大量のチョコレートを貰ったらしく、ここしばらくはチョコレートばかりを食べていた模様。
そしてチョコレートばかり食べ過ぎだと、ビスコに咎められていましたね。



一方ビスコは翠ノ実が気に入ったらしく、そればかり食べていたようです。
好物なら後で大量に漬けておいてやると言われ、思わず感激するビスコは、犬っぽくて可愛らしいですね。
メタリカもペットの世話は飼い主の務めだからと、何だかんだでビスコを気に入っている様子。
一時期は最悪の展開も予想したので、いい感じに落ち着いて安心しました。

画像

その後、ビスコに百騎兵についての説明をするメタリカでしたが、そのお腹が不自然に膨れ上がっていました。
メタリカはただの食べ過ぎで、3日もチョコレートを食べていれば太るなんて言っていましたが、アルレッキーノからはご懐妊かと尋ねられます。
そう言われれば腹の中で何か動いてるような気がすると言うメタリカは、急に腹痛を訴え、チョコレートを吐き出してしまいました。

画像



・・・と言う所で、第一幕 第3章「魔女と華の大公爵」は終了。
ヴァレンティーヌとはどのような決着が付くのかと思っていましたが、予想外の展開でしたね。
コリゴンの報復のシーンは映像には無く、セリフだけで想像するパターン。
それだけに余計エグい感じがします。

画像

一方、ビスコとの関係は、思ったより良い感じになりそうで安心ですね。
サイズも普通に戻ってましたし。
そしてまたもメタリカの身体に異変が起きると、気になる終わり方。
よくよく思い返してみると、殺されたり花にされたり、メタリカも散々な目にあってますね・・・。
今回はいったい何が起きたのやら。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女と百騎兵 Revival その7 [第一幕 第3章・後] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる