西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女と百騎兵 Revival その10 [第二幕 第5章・前]

<<   作成日時 : 2015/10/15 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヴァルプルギスの夜会の招待状が届き、メタリカは大喜びしていました。
ビスコの話では、招待状が届いてから翌日の今まで、ずっとご機嫌だったようですね。
夜会に招待されるのは一流の魔女だけで、その招待状はメタリカが一流の魔女、ひいては大魔女だと言う公的な証なのだと力説してました。
拠点のNPCの話では、メタリカは小さい頃よく夜会ごっこをして遊んでいたらしく、子供の頃から憧れていた模様。
その夜会にようやく招かれたと言う事で、普段より浮かれていたようです。

画像

ただ招待状には、持参する品が書かれていました。
どれもたいそうな珍品で、しかも期日が明日の夕刻まで。
そこで百騎兵とアルレッキーノ、ビスコが手分けして珍品を集める事に。

夜会には世界中から魔女が集まってくるので、その中にビスコに呪いをかけた魔女が紛れていたり、呪いの解き方もわかるかもしれないと言う事で、ビスコも乗り気になっていました。
ただビスコは、メタリカに外の世界を見せたいと言う思いもありそうですね。
メタリカは沼の外に出られず、百騎兵が来るまで外の世界に出られなかったので。

画像

そしてメタリカがダウジング術で珍品の在処を探し出すと言う所で、第二幕 第5章「魔女と星読み」がスタート。
第○幕ごとに章が仕切り直しになると思っていたのですが、章は最初から最後まで通しなんですね。

画像



メタリカの調査で、持参品のひとつであるスズの音草は、テッタラ砂漠にある事が判明しました。
と言う事で、今回は南テッタラ砂漠を探索する事に。

ここは砂漠と言うだけあって、見渡す限り砂の海。
だだっ広いエリアで、障害物も少ないですね。
目印となるものも少ないので、道に迷いやすいです。
ここはマップを埋めながら探索した方が良いかも。

東に進んでいくと小ピラーがありますが、ピラーの西側には小さな集落があります。
ここの小屋を魔女制圧すると、キーアイテムの水瓶を入手可能。

画像

砂漠の北には、門衛ゴーランが守る廃墟があります。
この廃墟にある黒ノ箱を開けると、戦術トーチカ「72系ウィクック」を入手。
偵察型のトーチカで、一定時間、百騎兵に代わって周囲の探索が行えます。

ウィクックを使用すると、鳥のような姿のトーチカが出現。
通常の操作で、マップを歩き回ることができますね。
百騎兵よりも足が速く、マップ埋めの作業などはこちらの方が楽。
百騎兵と違って、未踏破エリアでカロリー消費が加速する事もありません。

画像

ただしウィクックはアイテムの回収や敵との戦闘が行えず、百騎兵の本体は元の地点に残されたままだと言う事に注意が必要。
呼び出す場合は、安全な場所を確保してからの方が良いかと。



廃墟の北には小ピラー。
その奥には閉ざされた門があります。
これは門衛ゴーランを倒した際に出現した玉を、手前にある赤い床に乗せると開きますね。
門を抜けると、ステージクリア。

画像



次はテッタラ大砂漠へ突入。
こちらも広大なエリアで、特にマップを全て埋めるのが大変でした。

入り口から少し進むとイベント。
百騎兵は砂漠に行き倒れている、羊飼いの獣人を発見します。
スズの音草の事を尋ねてみると、在処を知っている様子。
ただ獣人は弱りきっていて、水を求めてきます。

画像

ここで水瓶を渡すとイベント進行。
水を飲んだ獣人は元気を取り戻し、お礼を言ってきます。
ただこの辺りは砂食みと言う危険な生物がいるらしく、ひとまず村に退避してから話をすることになりました。
村には住人が知る抜け道を通る必要があり、獣人の後を着いていくと言う展開。

画像

と言う事で、先行した獣人の後を追いかけるのですが、獣人が吹く角笛を頼りに探索する事になります。
間違った方角に進むと角笛の音が小さくなるので、音が大きく聞こえる方角に向かうと。
マップにマーカーが表示されるので、そちらに向かった方が早いですが。
ちなみに最初のイベントマークの右下に小ピラー。

イベントポイントに接触すると、獣人はマップの奥に移動します。
そうやって獣人の後を、延々と追い続ける展開。
途中で洞窟の中に入りますが、ここは一本道なので迷う要素は無し。

画像

洞窟を抜けた地点にあるポイントまで行くと、一連の追いかけっこは終了。
獣人の村・アスタロの隠れ里に到着します。
助けた獣人はお礼をするので、家に寄ってくれと言って先に帰って行きました。

ここでメタリカが通信を入れてくるのですが、どうやら村にはピラーの気配がある模様。
ただ位置まで把握する事が出来ないので、村を調査するように命令してきました。

村はずれにある家に向かうとイベント。
家には助けた獣人の母親であるティトがいて、お礼を言ってきますね。
何か礼をしたいとの事ですが、今は砂羊の出荷が終わって、村には何もないとの事。
せめて食事だけでも召し上がって欲しいと言う事でした。

画像

またこの村に住む獣人は、星読みでもあるようですね。
星の位置から、吉凶や方角を知る占い師が星読み。
力ある人物は、他人の運命すら言い当てるとか。
その星読みが砂漠で行き倒れてるのは、お笑いだと話すメタリカ。

そこに助けた獣人が現れ、名を名乗ります。
獣人の名は、ラナ・ニア・ルッキーニィ。

画像

しかしルッキーニィが名乗り出た所で、血相を変えた村人たちがやって来ました。
百騎兵達が砂漠を抜けて村にやってきたと聞いて、砂食みに村が見つかったのではないかと心配している様子。
その直後、村の前で砂食みが発見され、村人たちは慌てて逃げていきます。

しかしティトはルッキーニィを死なせはしないと、一人で砂食みに立ち向かっていきました。
自分を餌にすることで、村から砂食みを引き離そうとしている様子。
百騎兵が後を追いかけた所、砂食みはティトには目もくれず、どこかへ去った後でした。

画像

そこにメタリカが通信を入れてきます。
話を聞く所ではないので、砂食みを何とかしないといけないと話すメタリカ。
ピラーの事もあるので、村をもう一度調べてみろと言ってきます。

村の北東にある井戸に近付くとイベント。
そこでメタリカは全てを察します。
ピラーは地下に眠っていて、村に来た砂食みは、たった今ピラーの守護者になったと。
そこで砂食みに絶対的搾取の恐怖を味わわせてやれと言う事で、砂食みとの戦闘に突入します。

画像

砂食みですが、巨体を生かした突進や、ジャンプ後に真下の地面に潜ると言う攻撃がメイン。
見た目より辺り判定が大きいので、ギリギリで避けるのは厳しいかも。
ミスティカルダッジを狙ってみたのですが、何度も回避に失敗して、気が付いたら瀕死になっていました。
ここは無理をせず、余裕をもって回避した方が安全そうです。

画像

砂食みは斬撃と打撃に耐性があるので、魔撃系の武器を使用したい所。
デコイモやチビヘイを呼び出し、敵がそちらを狙っている隙に攻撃する形。
私は近距離型の魔撃武器を装備していたので、接近戦を挑むしかありませんでしたが、離れて攻撃していれば余裕の相手かも。





戦闘後はイベント。
地下空洞にピラーが出現し、百騎兵が開花させます。
沼の領域が広がった事で、メタリカも転位してきました。
その様子をこっそり見ていたルッキーニィは、魔女が現れた事に感激し、弟子にして欲しいと頼み込んできます。

画像

その後、場面はルッキーニィの家の前に。
ティトは砂食みを退治してくれた礼を述べてきます。
そしてルッキーニィは、改めて弟子にして欲しいと頼み込みますね。
ルッキーニィは魔女に憧れており、弟子になると言って村を飛び出し、行き倒れてしまっていた模様。

メタリカはルッキーニィに構っている暇はないと、冷たく突き放します。
ヴァルプルギスの夜会に出席する為の準備があるのだと。
しかし夜会の名を耳にしたルッキーニィは、さらに過熱。
自分がスズの音草を手に入れるので、弟子にして欲しいと懇願します。

画像

ここで母親のティトは、無責任な事を言うなと窘めますね。
スズの音草は人間の感情に反応する不思議な草で、昔はこの辺りに生えていたそうですが、砂食みのせいで村に恐怖が満ちた為、今では育たなくなっている模様。
種から僅か数時間で育つ植物ながら、人の恐怖を感じると一瞬で枯れてしまうと言う話。



砂食みは先ほどの1匹だけでなく、砂漠には無数にいるそうですね。
昔はどこかの魔女が駆逐してくれたそうですが、ここまで数が増えたら退治するのは難しいとか。
そして村から恐怖を取り除かない限りスズの音草は育たないし、恐怖を取り除く方法は無いと言われます。

画像

それでもルッキーニィは、必ずスズの音草を見つけるので弟子にして欲しいと頼んできました。
根負けしたのか、メタリカは明日もう一度来た時に、スズの音草を用意できていたら考えてやると言います。
ただ今日は用事が出来たのでダメだとも言いますね。
そしてビスコ達の様子が気になるので、一度帰ると言う所でアイキャッチ。

画像

と言う感じで、新キャラのルッキーニィが登場しました。
魔女を目指す獣人と言う事なので、メスなのかもしれませんね。
メスの獣人は毛の色がピンク色だったので、緑の毛のルッキーニィはオスだと思っていました・・・。
オスでありながら、魔女を目指しているのかもしれませんが。

画像

しかし、今回は砂漠の探索が大変でした。
私はマップを埋め尽くさないと気が済まない性質なのですが、砂漠はだだっ広くてマップを埋めるのに一苦労。
短い距離を、何往復もしていたものです。

ここでトーチカの72系ウィクックが手に入ったのは、ちょっとした救い。
百騎兵は未踏破エリアを歩くと、カロリーの消費速度が上がり、結果として探索可能な時間が短くなってしまいます。
しかしウィクック召喚中は、未踏破エリアでもカロリー消費は通常のまま。
それでいて百騎兵より歩く速度が速く、今回のマップ埋めでは大活躍でした。

ウィクックは活動時間は短めですが、少し待てば再度呼び出せるようになりますからね。
宝箱などは開けられないので、後で本体で赴く必要がありますが。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女と百騎兵 Revival その10 [第二幕 第5章・前] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる