西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女と百騎兵 Revival その29 [終幕・前]

<<   作成日時 : 2015/12/31 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

狭間の世界に7つの楔を打ち込んだメタリカと百騎兵は、元の世界に戻ってきました。
屋敷から出てきたアルレッキーノの話では、メタリカ達は王宮へ出かけた直後だと言う事。
この事から、時間軸は少し巻き戻っているようです。
そして悲劇を回避するべく、メタリカは王宮へ出発。
と言う感じで、終幕 「魔女と魔女と魔女」がスタート。

画像



ここで魔女嘆願の項目を見てみたら、新たに「最強の打撃武器がほしい」と「忘却のネアイデカを開放したい」が追加されていました。
前者を実行すると、毒々鉄鬼鉄塊丸Ωを入手可能。
後者は練武の氷雪が開放されます。

画像

この時アニマが足りなかったので、少し稼いでおきました。
アニマ稼ぎですが、マージナル・ゲイズをセットしてウーズの森に突入。
最初のピラーから敵を倒しながら奥へ進み、最深部のピラーに着いたらピラー間ワープで入り口に戻ると言う繰り返しが楽です。
3周ほどで敵が枯れるので、その時はワールドマップに戻って再突入。

多少の運にも左右されますが、1周で10アニマほど入手可能。
敵が枯れるまで繰り返すと、30アニマほど溜まります。
30分〜1時間程度稼げば、必要な量のアニマが手に入るかと。

画像

毒々鉄鬼鉄塊丸Ωですが、鉄球のような形の打撃武器。
リーチは短いですが振りは早く、攻撃力4,004もあるのが特徴。
現在所有している武器は攻撃力3,000代ですから、この時点では間違いなく最強。

練武の氷雪は、ストーリーとは関係ない新エリア。
敵はLv75で、ゴーランや魔女兵が徘徊しています。
ゴーランには上記の毒々鉄鬼鉄塊丸Ωですら、ダメージが入りませんでした。

画像

敵を倒せるならアイテム集めに良さそうなエリアですが、どこかで良い装備を集めてから出ないと、稼ぎに利用するのは難しいかも。
敵の攻撃を受けると即死ですし。

ただ奥の方に進むとローズサキュアと言う女性型の敵がいて、こいつには僅かながらもダメージが通ったので、こいつで稼ぐ手はあるかも。
ダメージさえ与えられるなら、陶酔状態にできますし。

画像

また捕獲すると純白ローズドレスを落とします。
これは防御力2,600の防具。
陶酔状態でHPを減らし、捕食可能な時にトラップを仕掛けると簡単に手に入りますね。
2つ装備しておくと、かなりの防御力アップが望めます。

他にも守りの白夜月の骸衣XIIIが入った黒ノ箱なども置かれていました。
防御力3,251の防具。
現在の防具が防御力2,000程度ですから、一気に防御力がアップしました。

画像



ストーリーですが、城門橋へ向かうとイベント。
橋には兵士がいて、メタリカへ挨拶してきます。
話を聞くと巨大な獣人に襲われた記憶はあるものの、外傷が無いので夢だと思っている模様。
狭間の世界での影響で、兵士を蘇生させる事には成功したようです。

画像

そのまま橋を渡るメタリカでしたが、ルッキーニィが姿を現します。
ルッキーニィは狭間の世界の様子も見ていたようですね。
星読みの能力の本質は、別世界を覗く能力と言う話でしたし。



メタリカはビスコの事を尋ねますが、父が気に入って今も背中に担いでいるとルッキーニィは答えます。
そこへトトペペが現れますが、ビスコは死んだまま。
蘇生に失敗した事を悟ったメタリカの脳裏に、トルーデの言葉が蘇ります。
世界を弄ったくらいでは、人の命は蘇ったりしないのだと。

画像

しかしメタリカは、失敗したなら別の方法を試すだけだと言い、ビスコを取り戻す為にトトペペに戦いを挑みます。
と言う事で、偽王トトペペ戦に突入。

以前と違って一撃で倒される事は無いものの、相変わらず攻撃力が高いですね。
トトペペはジャンプで移動しますが、着地時にダメージがあります。
頭に打撃マークが付いた時は大ジャンプ攻撃を行ってくるので、ジャンプ移動で回避したいもの。
それ以外には手に力を溜め、回転してから攻撃を行う事も。



トトペペは魔撃に弱いので、マップの中央にデコイモを設置し、端にキャセリオを置くと良いですね。
大ジャンプ攻撃をして来たら、着地後の隙を付いて攻撃。
トーチカのリキャスト時間は、回避に専念すると言う感じで何とかなるかと。
キャセリオだけでもかなりのダメージを与えられるので、削りはトーチカに任せて逃げ回るだけでも良いかもしれません。



戦闘後はイベント。
トトペペですが、何事も無かったように蘇りました。
ただメタリカは、トトペペの力の秘密に気が付いたようですね。
そしてルッキーニィは、百騎兵と同化しているメタリカの未来を見る事が出来ない様子。

画像

百騎兵の体内に戻ったメタリカは、ルッキーニィの故郷であるアスタロの隠れ里へ、百騎兵ごと転位します。
アスタロの隠れ里では、惨殺された村人の死体が転がっていました。

ルッキーニィは「母親や村人にも我慢して貰ったのに・・・」と話していたので、スズの音草を咲かせる為に自分の母親や村人を殺した模様。
村に恐怖が蔓延している限りスズの音草が咲く事は無いので、恐怖の発生源である村人を一人残らず始末したと。

画像

5章ではどうやって草を手に入れたのかは明かされませんでしたが、こういう事だったんですね。
あれ以降は村に入れなくなっていたのも、村の惨状を隠す為だったと。

以前アスタロの隠れ里を訪れた際、メタリカは違和感を覚えましたが、それはこの村にピラーが2本あったから。
トトペペはピラーの守護者である為、異常なまでの力や再生能力を持っていたと言う事。
守護者が生きているのでピラーは姿を現していませんでしたが、今の百騎兵はそのピラーすら咲かす事が出来ました。

画像

メタリカ達が王宮へ戻ると、トトペペは力を失っていますね。
すかさず剣で斬りつけるメタリカ。
再生能力を失ったトトペペは、ビスコを返すから見逃してくれと命乞い。
メタリカは見逃す事にするのですが、ルッキーニィがトトペペを焼き殺すと言う結果に。

メタリカはルッキーニィにも命までは取らないから、この場から立ち去れと言いますね。
自分はビスコを生き返らせたいだけだと。
しかしルッキーニィは、この光景は何百回も見てきたと返します。
ビスコが生き返る事は、絶対に無いと。

画像

そしてルッキーニィは、どうせ世界は滅ぶのだから、ここで殺されようがどうでも良いと諦めた発言。
未来を変えようと必死に努力してきたのに、結果は何も変わらなかった。
それなら諦めて未来を受け入れるしかないと。

そんなルッキーニィの発言を、ただの努力自慢と馬鹿にするメタリカ。
メタリカは世界が滅びようとも、ビスコが生き返ればそれでいいと答えます。
そしてルッキーニィに破門を言い渡し、二度と姿を見せるなと突き放しました。

画像

別れ際、ルッキーニィは自分の知ってることをひとつだけ教えると言って、大魔女ウルカが生きていると告げます。
王国の地下に封印された沼があり、その先にウルカはいると。
それがビスコを生き返らせる助けになるかもしれないと伝えると、メタリカに別れを告げ、ルッキーニィは姿を消しました。



メタリカは解放されたビスコに話しかけるものの、返事は無し。
ビスコの死を痛感しつつも、大魔女ウルカなら蘇生させる方法を知っているかもしれないと考え、王国の地下へ向かう事を決意します。
ビスコの死体は、百騎兵が胃の中に収納。

画像



と言う感じで、ルッキーニィとトトペペの問題が片付きました。
ルッキーニィは力を持って生まれたばかりに道を誤ったのでしょうが、メタリカに弟子入りする為だけに母親や村人たちを惨殺する辺り、同情する気にはなれませんね。
最終的には父親すら、躊躇いなく殺したわけですし。

画像

ルッキーニィの過去の言動などを振り返ってみても、ルッキーニィの行動原理は確定した未来を変える事に比重が傾いていて、世界が滅ぶことで身近な人が死んでしまうのが嫌だと言う元々の行動理念が抜けてしまったように感じます。

ミトンの時も死を悲しんでいたのではなく、未来を変えられなかった事が悔しいだけだったと。
それ故に目的の為に身近な人すら犠牲にするし、未来が変えられないと言う絶望から、知り合いが殺されていくのも黙って見過ごしていたのでしょう。

ルッキーニィとトトペペ親子は、本性を知る度に胸糞悪くなるので、もっと酷い目に遭って欲しかったなぁ・・・と言うのが正直な感想。
もしルッキーニィを殺すと言う選択肢があったなら、躊躇いなく選んだ自信があります。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女と百騎兵 Revival その29 [終幕・前] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる