西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS DARK SOULSIII ダークソウル3

<<   作成日時 : 2016/03/24 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

PS4ソフト「ダークソウル3」購入しました。
ブラッドボーンを除くと、今作は次世代機向けに作られた初のソウルシリーズで、同時にシリーズ完結となる作品。
それだけに今までの集大成となっているそうです。
世界観は過去作と共有していますが、ストーリーに直接的な繋がりは無いので、本作からプレイしても問題無し。

画像

今作ですが、デフォルトではオンラインプレイに設定されています。
オフラインでプレイするにはシステム画面を開き、一番右にあるカテゴリから「タイトル起動設定」をオフラインプレイに設定。
これで再起動すると、オフラインの状態でプレイできるようになります。

私はヒント無しで探索を楽しみたいので、初回はオフラインでプレイ。
セカンドキャラ以降、プレイ済みのエリアの場合は、オンラインで遊ぼうかと。

画像

ただ現状オフラインで遊ぶ時に限り、発生する不具合があるようです。
私は遭遇しませんでしたが、動きが非常にカクカクになるとか。
またダウンロードが完了してない状態だと、火継ぎの祭祀場の篝火が使えないと言った現象も。
これについては公式でアナウンスされているので、遭遇した人はチェックしておいた方が良いかと。

[リンク]
ダークソウル3 インフォメーション



ゲームをスタートすると、まずはキャラクター作成。
ここでプレイヤーキャラクターを作成します。
設定できる項目は、名前性別素性副葬品外見の5項目。

画像

素性と言うのは、初期の職業のようなものですね。
ここで選択した素性によって、初期のステータスや装備品が変化します。
ステータスは後々プレイヤーの好きなように上げられるので、ここは初期に使いたい装備で選ぶと良いでしょう。
PlayStation.Blogの方で素性毎の装備や特徴を詳しく解説されているので、そちらを参考にするのも手。

[リンク]
多彩なロールプレイと戦術を可能にする、「素性」と「戦技」を動画付きで解説。 (PlayStation.Blog)

副葬品は、プレイヤーの初期の持ち物を追加できます。
プレイに大きな影響を与える物は無いので、好きな物を選ぶと良いかと。
迷った時は、最大HPを増やす生命の指輪が無難かも。

後はキャラクターの外見を設定する事になります。
ベースとなる顔と体格を選んだら、細かく調整していく形。
作成した外見は保存しておいて、キャラクター作成時に呼び出す事も出来ます。

画像

ちなみに私は、傭兵のキャラクターを作成しました。
副葬品は生命の指輪
私はソウルシリーズでは、メインキャラを技量タイプのキャラクターに育てているので、技量が最も高い傭兵を選んだ形。
刺客も技量が高く、最初から隠密の魔術を習得済みではあったのですが、傭兵は初期装備が曲刀だったのが決め手ですね。
過去のシリーズで、曲刀は扱い慣れていたので。
ちなみに刺客の初期装備は刺突剣。

画像

キャラクターを作成したら、チュートリアルが開始されます。
チュートリアルと言っても殺しにかかってくるので、油断は禁物。
床にある文字を読むと、操作法を確認できますね。

基本操作は、左スティックで移動、右スティックでカメラ。
R1・R2ボタンで右手武器による攻撃、L1・L2ボタンで左手武器による攻撃が行われます。
ブラッドボーンとは違い、近接武器を左手に装備する事も可能。

画像

×ボタンはダッシュ&バックステップ。
△ボタンで右手武器、△長押しで左手武器を両手持ちに。
□ボタンでアイテムを使います。

他にはレバー前+R1(同時押し)でキック、レバー前+R2でジャンプ攻撃。
ダッシュ中にL3押し込みでジャンプが可能。
この辺りは過去作と同じですね。

今作から追加された要素として、戦技があります。
これは武器毎に設定された固有のアクション。
武器を両手持ちした状態でL2ボタンを押すと、装備している武器に設定された戦技を繰り出します。

画像

戦技の使用には、FPを消費。
これは体力ゲージの下にある、青いゲージですね。
消費量は戦技によって変化。
ちなみにFPは魔法を使う際にも消費されます。
集中力のパラメータを伸ばすと、FPも上昇。

私の選んだ傭兵だと、初期装備は傭兵の双刀
これは通常だと曲刀ですが、△ボタンを押すと曲刀の二刀流になります。
戦技は回転斬りで、周囲の敵をまとめて斬りつける事が可能。
武器によって戦技は変わるので、上記のPlayStation.Blogの記事を見て、その辺りもチェックしておいた方が良いかと。

画像

所々に光の玉の浮いた死体が転がっていますが、これがこのゲームにおける宝箱のようなもの。
調べるとアイテムを入手できます。
スタート地点正面の死体からは、FP回復のエストの灰瓶が落ちているので、回収しておきたいもの。

画像

スタート地点からいきなり道が分かれていますが、最初の分かれ道を左。
その先の十字路を直進し、すぐ右に曲がった通路には、「引き返せ」と書かれたメッセージがあります。
このメッセージを無視して奥に進むと、体を水晶に覆われたトカゲが居ました。

この時点で戦うには強敵ですが、倒せない事も無いですね。
相手の周囲をグルグルと周り、隙を突いて攻撃していくと何とかなります。
攻撃を欲張り過ぎず、1〜2発殴ったら離脱するのがポイント。

画像

トカゲを撃破すると、楔石のウロコを入手しました。
武器を強化する際に必要となる素材。



十字路を道なりに真っ直ぐ進むと、篝火を発見できます。
篝火を調べると、HPやFPが完全回復。
さらにHP回復アイテムのエスト瓶、FP回復アイテムのエストの灰瓶の使用回数が復活。
これらのアイテムには使用回数が設定されていますが、篝火に戻ればまた使えるようになると。

画像

ただし篝火で休むと、今までに倒した敵も復活します。
休んで回復するか、敵を復活させずに進むか、状況によって選択しなければならないと。

篝火から奥に進むと、大きな門があります。
ここに来るまでの道中には色々とアイテムが落ちているので、一通り探索しておきたいですね。
特に拾わなくても、影響は少ないでしょうが。

門の奥に進むと広場に到着。
広場の中央には、剣の刺さった石像がありますね。
接近すると、剣を引き抜くことが可能。

画像

剣を引き抜くと石像が起き上がり、ボス「灰の審判者、グンダ」との戦いに。
チュートリアルステージですが、そんな甘えは通用しないボスですね。
攻撃範囲が広く、まともに攻撃を受けるとHPを大きく削られます。

正面から戦うのは得策ではないので、背後を取るようにグルグルと周り、相手の攻撃後の隙を突いていきたいもの。
その際も攻撃を欲張らず、1〜2発で回避に移る方が安全。

画像

グンダはHPが半減すると巨大なヘビのような姿となり、攻撃方法が変化。
しかし思い切って近付き、周囲をグルグルと回ると安全だったりしますね。
やはり相手の攻撃を空振りさせ、その時に1〜2発殴って回避行動と言うパターンがベスト。



盾があるなら、盾を構えて移動するとさらに安全。
ただ盾を構えている最中はスタミナ回復速度が遅くなり、ガード中にスタミナを失うとガードを崩されてしまうので、スタミナ管理に気を付ける必要があります。

画像

グンダを討伐すると、螺旋の剣を入手。
螺旋の剣は武器では無く、篝火間の転送を可能にする貴重品。
これが手に入ると言う事は、必ず倒さないといけないボスなのかも。



グンダのいた地点には「灰の審判者、グンダ」の篝火が出現。
プレイヤーが接触した篝火には後々ワープできるようになるので、忘れずに火を灯しておきたいですね。
死亡時もここから復活できますし。

広場の奥にある扉を開けると、正面の死体から折れた直剣を入手可能。
シリーズの伝統的な武器ですね。
攻撃力も低く、リーチも短いので、特に使い道の無い武器。

画像

その後は中央にある坂を登っていくことに。
坂の両脇には敵が潜んでいるので、注意しながら進みたいですね。
左手側にいる敵は一度スルーして、上にある階段から降りて戦うと楽。

坂の上には建物がありますが、その手前の右側にある道を進むと、残り火と言うアイテムが落ちています。
アイテムの前には犬がいるので、それに気を付ける必要あり。
狭い場所で戦うので、落下死の危険がありますから。
私の場合、犬の方が勝手に落下死してくれましたが。

画像
画像

ちなみに残り火の効果は、死ぬまでの間、最大HPを増やす効果。
消耗品ですが、ボス前などで使っておくと便利そうですね。

坂の上にある建物は、冒険の拠点となる火継ぎの祭祀場
ここには複数のNPCがいて、レベルアップや武器の強化などが行えます。
敵もいないので、安心して一息つける場所。

画像

祭祀場に入ったら右手の階段を登ると、奥の通路から外に出られます。
ここから外に出て正面には、過去作に登場した巨人の残骸のような樹がありますね。
調べると「巨人樹の種は、まだ落ちていない」と表示されました。
条件を満たすと、種を拾えそう。

画像

祭祀場の中に入ると、広場の中央に仮面を付けた女性がいます。
彼女は火防女(ひもりめ)。
シリーズの伝統的なキャラクターですね。

画像

火防女に話しかけると、入手したソウルと引き換えにレベルアップできます。
ソウルはアイテムの購入の際、お金の代わりとして使う事にもなりますね。
レベルアップに使うかアイテム購入のために使うか、ソウルの使い道は吟味しなければならないと。

ただこのゲームは、死亡するとソウルをその場に落としてしまいます。
同じ場所まで行って回収すれば取り戻せますが、回収前に死んでしまうと、その分は永遠に失われる事に。
なので失ってしまうくらいなら、思い切って使ってしまった方が良いかと。

レベルアップですが、任意のステータスを上げる事が出来ます。
ただしどのステータスを上げても、レベルが1アップ。
現在のレベルによって、ステータスアップに必要なソウル量が変化する仕組み。

画像

例えばLv8の状態だと、レベルアップに必要なソウルは793。
現在のステータスがいくらだろうが、ステータスをひとつ上げるのに、793ソウル消費します。
Lv9になると必要ソウルは811、Lv10では必要ソウルが829と徐々にアップしていくので、無計画にステータスを上げていくと、後で苦労する事に。

どのようなキャラクターに育てるかある程度決めておいて、必要となるステータスを伸ばすようにしたいですね。
とりあえずは上げておいて損は無い生命力、持久力辺りを強化し、メインとして使いたい武器を拾ったら、その武器を使うのに必要なステータスを伸ばしていくと良いかと。
左タッチパッドでヘルプを表示すると、ステータスの詳細を確認できます。

広場の中央にある丸い皿には、螺旋の剣を刺すことが出来ます。
剣を刺すと、火継ぎの祭祀場の篝火が使用可能に。
ここでは習得した魔法をセットしたり、不要なアイテムを木箱へ収納することが出来ます。
今までに訪れた篝火にワープする事も・・・。

画像

中央広場近くの階段には、男が座り込んでいます。
この男に話しかけると、ジェスチャー「へたり込み」を入手。
シリーズ伝統の、青ニート系のキャラクターの臭い。

画像

篝火の正面にある通路を進むと、壁際に祭祀場の侍女がいました。
侍女からはソウルと引き換えに、アイテムを購入できます。
不要なアイテムを売ってソウルにする事も可能。
遺骨と呼ばれるアイテムを持ってくると、売り物が増える様子。
貴重品の塔の鍵も売られており、これを買えば祭祀場裏手の塔へ入れるようになるようです。

序盤では無理にアイテムを買う必要は無いと思われますが、場合によっては盾を買っても良さそうですね。
ここで売られているラージレザーシールドは、物理カット率が85%ですから。
カット率と言うのは、ガード時にダメージを軽減する割合。
物理のカット率が85%なら、ガード時にダメージを85%カットすると。

画像

傭兵の初期装備は、ウッドシールド
こちらは物理のカット率が57%だったので、ラージレザーシールドの方が性能高めでした。
魔法のカット率は低下しますが。

ちなみに盾のステータスでは、受け能力も重要です。
これはガードした際、消費するスタミナ量に影響。
ガード中にスタミナが尽きると体勢を崩され、大きな隙が出来てしまいますから、受け能力の高い盾の方が便利です。
盾選びの際には、カット率と受け能力に注意すると。

協力プレイをしたい場合は、白いサインろう石も買っておきたいですね。
このアイテムでサインを残しておくと、ホスト役のプレイヤーが呼び出してくれて、一緒に協力プレイが可能。
価格も500ソウルですし、早い段階で買っておいても損は無いでしょう。

通路の奥には、鍛冶屋アンドレイがいます。
アンドレイに話しかけると、武器の強化や変質、修復のほかに、エスト瓶の振り分けや強化が可能。

画像

武器の強化には素材とソウルが必要となりますが、基本性能を大きく伸ばすことが出来ます。
プレイヤーのレベルを上げるより影響は大きいので、愛用の武器は強化しておきたいですね。

変質では専用の素材を使う事で、異なる特徴の武器に変化させられます。
例えば炎の貴石を使うと、炎属性の武器に変化させられると言う感じ。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、変質の際にはよく考える必要があるかも。

画像

修復では、装備の耐久値を回復させることが可能。
装備は使っていると耐久度が下がり、最終的には壊れてしまいます。
耐久度は篝火で休むと回復しますが、完全に壊れた場合はここで修理して貰うと。

エスト瓶の振り分けでは、エスト瓶エストの灰瓶の使用回数を振り分ける事が可能。

例えば魔術師でプレイしている時、エスト瓶の使用回数を減らして、その分エストの灰瓶の使用回数を増やし、FP回復手段を確保すると言う感じ。
逆にエストの灰瓶の使用回数を減らし、その分エスト瓶の使用回数を増やすと言った事ができます。
プレイスタイルに応じて、使用回数を調整できると。

画像

エスト瓶の強化では、エストの欠片と言うアイテムを使い、使用回数を増やせるようです。
エスト瓶の使用回数は探索に大きく影響しますし、欠片を手に入れたら忘れずに強化しておきたいもの。



と言う感じで、祭祀場を拠点に、ロスリックの地を探索することになります。
次なる地には、篝火転送で移動する模様。
ただ本格的な冒険に旅立つ前に、祭祀場付近にいる刀装備の敵を倒してみました。
祭祀場外の入り口を正面に見て、左手の道を進んだ所ですね。
手前の樹に引っ掛かっている死体からは、双鳥の木盾を回収可能。

画像

こいつは現時点で戦うには強いですが、攻撃を当てると怯んでくれます。
攻撃を当てられれば、相手の攻撃を潰してダメージを与える事が可能。
ただ刀は攻撃の発生が早めなので、空振りを誘ってから攻撃していった方が安全。

また居合抜きのようなポーズを取る事がありますが、この時に攻撃するとパリィされ、致命の一撃を食らって大ダメージ。
現時点では、即死の攻撃となりますね。
居合抜き中は素早い突進攻撃もあるので、この時は盾でガードを固め、相手の隙を伺いたいもの。



この敵を倒すと、打刀達人の服達人の腕帯を入手できます。
私は過去作では打刀を愛用してきたので、この時点で入手できるのは嬉しいですね。
強敵を倒す必要がありますが、それだけに入手できた時の歓びは大きかったです。

画像

ちなみに打刀の装備条件は、筋力11、技量16以上。
素性が傭兵だった場合は、筋力1上げるだけで装備可能となります。



刀持ちの敵に倒されて祭祀場の篝火から復活した場合、建物の入り口が霧で閉ざされ、外に出られない現象が発生。
これはエリアの読み込みが完了していないようで、しばらく待つと外に出られます。
不具合かどうかは不明。

画像



と言う事で、火継ぎの祭祀場へ到着し、打刀を入手した所まで進めました。
最初はブラッドボーンのクセが抜けず、ステップで回避しようとして被弾する事も多かったですが、徐々にダークソウルの動きに慣れてきました。
こうしてプレイを比べると、やはり両者はアクション性が違いますね。

今作はブラッドボーンに比べるとやや重い動きですが、装備の種類が豊富で、魔法や弓矢と言った攻撃手段もあります。
回避もガードやステップと言った選択肢がありますから、ブラッドボーンに比べて出来る事が多いと言う印象。
操作性も悪くないですし、過去作をプレイしていた人も問題無く遊べそうです。

[リンク]
ダークソウル3 公式サイト

DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付
DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。遂に発売になりましたね。私はロマサガ2に手を出しました(笑)PS4はwestwoodさんの記事に影響を受けてドラゴンエイジで手一杯なので無事にクリアして一段落ついたらダークソウル3を購入しようかと思います♪
攻略記事の更新を楽しみにしています。
dust
2016/03/24 21:19
こんばんわ。
私も今日買いました。
主さんはやっぱり技量キャラなんですね。
私も刀は好きなので、どんな刀や太刀が登場するのか楽しみですよね。

私は毎回純魔キャラを作ってるんですが、魔法関係が回数制じゃなくなったのが大きな変更点ですね。
どっちが良いかは意見別れると思いますが、個人的にはこっちがしっくり来る感じでした。

戦技は今まで以上に戦略が広がって面白いと思います。
魔術師だと魔術の威力が上がったり、聖職者だとHPが少しずつ回復したりで、特徴が活かされているなと思います。
ORUTA
2016/03/24 21:50
>dustさん
ドラゴンエイジプレイしてるんですね。
私は3月までに終わらせるつもりだったのですが、色々と手を出し過ぎて中途半端になってしまいました。
ロマサガ2も買うだけ買ってしまいましたし・・・。
まぁあちらはじっくりと楽しむつもりで、気長に遊ぶことにしましたが。

>ORUTAさん
今回は方向性を変えて魔法使いでも作ろうと思っていたのですが、戦技が追加されたのでいつもの技量キャラにしてみました。
序盤から打刀が手に入ると言う嬉しいハプニングもありましたし、これはこれで良かったですね。
魔法もFPを消費するタイプになってますし、そちらも実際に触れてみるのが楽しみです。
Westwood
2016/03/24 22:24
ついに発売ですね。 
私はsteamで購入する予定なので、4月12日までおあずけです。
しばらくWestwoodさんのブログは我慢かな(笑)
コメントが遅くなると思いますが、よろしくお願いします。
owl
2016/03/25 21:25
>owlさん
PC版はチェックしてませんでしたが、4月発売なんですね。
ネタバレせずに楽しみたいと言う気持ちはわかるので、その時までお待ちしております。
Westwood
2016/03/25 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DARK SOULSIII ダークソウル3 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる