西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダムブレイカー3

<<   作成日時 : 2016/03/08 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

PS4ソフト「ガンダムブレイカー3」購入しました。
私は先週末からしばらく家に帰れず、その際の暇つぶしに最近出たゲームソフトを色々とチェック。
その時に見たガンダムブレイカー3が面白そうだったので、思い切って購入。
私は体験版でしか過去のシリーズに触れてないので、今作のプレイが楽しみです。

画像

現在はドラゴンエイジ インクイジションをプレイ中ですし、今月にはダークソウル3スターオーシャン5も出るとスケジュール的に厳しいですが、急いでクリアする必要のないゲームなので気長に遊ぶつもりです。

ちなみに2016年3月31日まで、PSストアでガンダムブレイカー3を購入すると、早期購入特典が付いてきます。
特典は「HG ガンダムバルバトス(第4形態)」と「HG Zガンダム」のパーツ&武器データ一式。
ガンダムバトルオペレーションNEXT」で使用可能な「ガンダムバルバトス(第3形態)」の3つ。
パーツに関してはゲーム中でも入手できるようですが、最初から所持した状態で遊べるのが利点ですね。

画像

ガンダムブレイカーですが、実際に販売されているガンプラを操作して遊ぶアクションゲーム。
最大の特徴はパーツの組み換えが可能で、自分だけのオリジナルガンプラを作成出来る所。
オンラインでの協力プレイも可能ですし、自分だけの機体で暴れまわると言うのもひとつの楽しみですね。

ガンダムブレイカー3では、前作と比べて20種類ほどのガンプラが追加された模様。
数は少な目ですが、その分カスタマイズの幅が大きく広がったと言う話。
前作までに登場したパーツも、全て収録しているとか。
ちなみに前作だと、色違いや一部パーツのみの参戦も含めて、全部で180体ほどのガンプラが登場していたそうです。

画像

また今作ではプレイヤーのサポートキャラとして、SDガンダムを随伴させられるようになった模様。
SDガンダムをプレイヤーとして使う事は出来ないようですが、遊び方の幅が広がったのは良さそうですね。

今作からの新要素としては、バウンティハンターモードもあります。
これは他のユーザーが作ったガンプラと、疑似的にオンラインバトルが楽しめるモード。
オンライン上に登録されているガンプラから戦いたい機体を選び、対戦すると言う流れになります。
相手はCPU操作となりますが、直接の対戦とは違い、いつでも気楽に挑めるのが利点。

画像



ゲームを開始すると、最初に前作のデータの引継ぎが行われます。
前作「ガンダムブレイカー2」で最後に使用していた機体を、最初の機体として使用可能。
前作の進行に合わせて、所持GP(お金)も増えるようです。
ここで引き継がなくても、後でデータを引き継ぐことも可能。
私は今回が初のプレイなので、引継ぎ無しでプレイ。

画像

その後はオープニングムービーが流れ、チュートリアル戦闘に突入。
操作は左スティックで移動、右スティックでカメラ操作&ロックオン対象の切り替え。
□ボタンが弱攻撃、△ボタンが強攻撃。
×ボタンがブーストとなっています。

弱攻撃・強攻撃共に、連打することで連続攻撃が可能。
攻撃方法は、装備している武器によって変化。
ブーストは長押しでジャンプ、左スティックとの組み合わせでブースト移動が行えます。
チュートリアルはごり押しできるので、ここで操作に慣れておくと良いかと。

画像

他にもR2ボタンで射撃。
L2ボタンを押しっぱなしにすると照準が現れ、精密射撃も行えます。
シールドに武装がある場合は、R1+R2でシールド武装を使用可能。

R1がガード、R1+□、○、△、×ボタンで、EXアクションも可能。
十字キーにはサブ兵装やアイテムを設定できます。
サブ兵装やアイテムは、十字キーで選択した後、○ボタンで使用。

画像

チュートリアルの最後には、ボスユニットが登場。
非常に硬いですが、攻撃を連打してるだけでも何とかなる相手。
ちなみにボスは、ガーベラ・テトラにドムの足を装着したような機体。

画像

ボスを倒すとステージクリア。
リザルトが行われ、ステージ中に拾ったアイテムを入手できます。

このゲームでは、登場する機体は全てガンプラ。
敵を倒すと、相手が装備しているガンプラパーツを落とします。
ザクIIを倒すと、ザクIIの頭、胴、腕、脚、武器のいずれかを落とすと。
パーツを落とすかどうか、何を落とすかはランダム。
ステージをクリアすれば、拾ったパーツを入手できます。

画像



チュートリアルが終わるとイベント。
プレイヤーは、ミサと言う少女に声を掛けられます。
最近駅前に大きな百貨店が出来たらしく、地元商店街が寂れてしまったとか。

そこで商店街を復興させる為、商店街の名前を付けたガンプラチームを作り、大会で商店街の宣伝をすることにしたようです。
そのチームメンバーに、プレイヤーが勧誘されると言うストーリー。
前作は体験版でしかプレイしていませんが、前作のよくわからないストーリーに比べて、今作はビルドファイターズに寄せてきた印象。

画像

イベントが終わると、プレイヤーはVRハンガーへ移動。
ここがこのゲームの基本となる場所。
背後のスクリーンには、ガンプラCMが流れるのが面白いですね。
私はCM見るのも好きなので、もう少しパターンがあれば嬉しい所。

画像

VRハンガーですが、下記のカウンターが用意されています。
それぞれのカウンターで、色々な設定や手続きを行う形。

・セットアップ
・ショップカウンター
・ミッションカウンター
・アリーナカウンター
・マルチプレイカウンター


セットアップでは、ガンプラパーツの組み換えが可能。
変更可能な項目は、格闘武器、射撃武器、頭、胴、腕、脚、バックパック、シールド、アクションの9つ。
機体の設計図は全部で50個まで保存でき、いつでも呼び出せます。
設計図の機体は、ミッションの僚機として出撃させることも可能。

画像

ペイントでは、機体の色を変更可能。
単純に色を変えるだけでなく、メタリック調にしたり、機体に傷や汚しを入れたりと、かなり細かい設定が行えます。
プリセットから手軽にカラーを変えたり、迷彩パターンを入れる事も可能。
実際のガンプラに同様の処理をするのは大変ですが、ゲームだと手軽に行えるのが良いですね。

画像
ペイント

画像
プリセットカラー

画像
画像
傷や汚しを入れる事も

画像
メタリック

フォトグラフでは、作成したガンプラの撮影が可能。
用意されているポーズから好きな物を選び、背景を選択して撮影。
写真は公式サイトにアップロードする事も出来ます。

ショップカウンターでは、GPと引き換えに新しいガンプラを購入可能。
ここで表示されているパッケージは、実際の商品と同じもの。
ガンプラを題材にしているゲームですし、こういう所は嬉しいですね。

画像

他にもハンガー内で表示される、プレイヤーのアバターを購入可能。
ラインナップは、条件を満たすと増えていく模様。

GIFTの項目では、前作のデータ引継ぎ、PSストアの特典などを受け取る事が可能。
早期購入特典も、ここで受け取る事になります。

画像

ミッションカウンターでは、各種ミッションを受ける事が可能。
ここでミッションを受け、オプションボタン長押しで出撃。
ステージクリアを目指し、新しいパーツを手に入れていくことになりますね。
難易度も選択可能で、難易度が高くなるほど良いアイテムが手に入る模様。

アリーナカウンターでは、バウンティハンターチャレンジャーで遊ぶことができます。
バウンティハンターは前述の通り、他のプレイヤーが投稿した機体データと戦うモード。
このモードでも対戦相手のパーツがドロップすることがあり、勝利すれば賞金GPも獲得できます。
相手のパーツ構成も確認できるので、機体作りの参考にしても良いかも。

画像

チャレンジャーでは、提示される課題をクリアしていく内容。
課題は出現する敵を倒す、敵の攻撃を回避するの2種類。
一定時間が経過する事でクリアとなり、成績に応じた報酬が支払われる形。
ただ面白いかどうかと言われると微妙。
新機体のテストには良いかもしれませんが。

画像

マルチプレイカウンターでは、オンライン協力プレイが行えます。
自分で部屋を建てて参加者を募集したり、既にある部屋に参加。
後はミッションカウンターから、プレイするミッションを選んで遊ぶ形。
ただパッと見た感じだと、鍵付きの部屋が多く、オンラインはあまり賑わっていないのかも。
時間帯によっては違ってくるかもしれませんが。



と言う感じで、VRハンガーで機体のカスタマイズや購入、ミッションを受注していくことになります。
現在は解放されていませんが、合成でパーツの性能を強化したり、別のパーツにアビリティを継承させることが出来る様子。

登場機体数も多く、パーツや武装を組み替えて自分だけの機体を作る事も出来ると、ガンダムゲームとしてはなかなか魅力的ですね。
武器を変えるだけでもだいぶ雰囲気変わるので面白いです。
私はZガンダムが好きなので、今は早期購入特典の「HG Zガンダム」一式でプレイしていますが。

画像

ただマイナスなのは、アビリティの効果をゲーム中で確認できない所。
各パーツにはアビリティが設定されている事があるのですが、この効果の内容を知る事が出来ません。
公式HPにはアビリティ効果のリストが用意されているものの、ゲーム内で確認できないのは非常に面倒。
アップデートがあるなら、この辺りは改善して欲しいですね。

後は機体の質感が、想像以上にガンプラです。
普通のガンダムゲームに登場する機体に比べて、プラスチックらしい質感。
ガンプラをよく再現できていると言う事ですが、人によってはその辺りが引っ掛かるかも。

画像

それ以外は、なかなか良いゲームだと思います。
まだまだ序盤なのでパーツ類が少なく、新しいパーツが手に入るだけでもワクワクしている状態。
ただ私は今作がシリーズ初プレイに等しいので楽しめていますが、前作をやり込んでいた人は、同じことの繰り返しになってしまう可能性も。
ある程度進めないと合成等も開放されないようですし、既プレイ者は評価が分かれるかもしれませんね。



[リンク]
ガンダムブレイカー3 公式サイト

【PS4】ガンダムブレイカー3
バンダイナムコエンターテインメント
2016-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【PS4】ガンダムブレイカー3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、Westwoodさんも購入されたんですね♪
自分はまだPS4は買ってないのでvita版ですが、PS4はさすがの鮮明さで本当にリアルなガンプラに見えて、好きな機体をいろんなポージングさせてただ眺めてるだけでも飽きないです(笑)
自分は前作も遊んでますが、やはり今回みたいなストーリーの方がいかにもガンプラバトルやってるなとなります。
今回は最初から色んな機体のパーツも手に入りやすいですし、パーツのレア度をあげるのも楽だし、パーツの性能差も今作はないということなので、強さだけじゃなく自分の好きな機体のパーツ選んで楽しめるのも助かります。アビリティ表示はさすがに不便なので次のアプデでゲーム内でも確認できるようになってほしいです(笑)
ユーク
2016/03/09 11:37
言われるまで気づきませんでしたが、オプションや固有アビリティの差異はあれど、パーツ間の性能差はありませんね。
アビリティは移植も出来ますし、性能でパーツを選ばなくて済むのは良い部分ですね。
しかし固有アビリティの効果はいちいち調べるの面倒ですし、早い段階で何とかして欲しいものです。
この手の効果に関しては、ゲーム内で確認できて然るべきだと思いますし。
それ以外は非常によく出来ているゲームだけに、その一点だけが残念ですね。
Westwood
2016/03/09 20:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンダムブレイカー3 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる