西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS スターオーシャン5

<<   作成日時 : 2016/04/01 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PS4ソフト「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」購入しました。
スターオーシャン5はPS4とPS3で発売されますが、PS3版は調整が遅れたため、発売日が4月28日と約1か月遅れ。
PS4版が先に遊べる状態となっています。

画像

初回特典には、戦闘BGMを「ヴァルキリープロファイル」、「ヴァルキリープロファイル2」に変更するカスタムBGMが付属。
それぞれのシリーズから、3曲が収録されています。
DL版だと4月14日までに購入すると、カスタムBGMが付属。

パッケージ版限定特典では、VITA版「拡散性ミリオンアーサー」のコラボカードが付属。
正確にはプロダクトコードが付いてくるわけですけどね。
こちらはパッケージの初回限定特典と言う事なので、欲しい場合はパッケージの初回版を探すしかないかと。
どうしても欲しいなら、PS3版の初回封入特典を狙う手も。

画像



スターオーシャン5ですが、ナンバリングではシリーズ5作品目。
世界観は継承していますが、新しい物語が展開されるので、前作をプレイしていない人でも楽しめるかと。

時系列的には、スターオーシャン4スターオーシャン1スターオーシャン2スターオーシャン5スターオーシャン3となるようです。
2から約200年未来、3より約200年過去が5の時間軸。

ゲームをスタートすると、難易度選択。
難易度は「EARTH」と「GALAXY」の2種類を選べます。
前者がイージー、後者がノーマル的な難易度。
ゲーム中に難易度の変更はできないようなので、慎重に選びたいですね。

画像

難易度を選ぶと本編スタート。
最初はスタール村にて、主人公フィデルが剣術の稽古をしていると言う形でチュートリアルになります。

フィールド画面では、左スティックで移動、右スティックでカメラ操作。
移動中に×ボタンを押すとダッシュ、□ボタンを押すと歩きになります。
十字キーの上下で、カメラ位置の調整も可能。
△ボタンでメニューを開き、オプションボタンでマップを表示します。
タッチパネルを押すと、ミニマップのサイズを変更可能。

画像

戦闘中は、左スティックで移動。
○ボタンを押すと小攻撃、×ボタンを押すと大攻撃。
□ボタンでガード。
L1、R1で攻撃対象の切り替え、長押しでロックオンとなります。
△ボタンでバトルメニューを開き、十字キー左右で操作キャラの変更。



○ボタン、□ボタン共に、長押しでバトルアクションを使用。
これらにも小攻撃、大攻撃が反映され、大攻撃だと威力アップする代わりに、消費MPが増えてしまいます。

画像

小攻撃と大攻撃、ガードは、三すくみの関係。
小攻撃は大攻撃を潰し、大攻撃はガードを破壊、ガードは小攻撃を防ぐと言う関係。
これらの関係を駆使して、戦っていくことになりますね。

画像

また相手の小攻撃をガードし、直後に□ボタンを押す事で、ガードカウンターが発動。
ガードカウンターは相手を怯ませる効果があるので、ガードも攻撃に転用できると。

攻撃方法はターゲットとの距離で変わり、同じボタンでもショートレンジとロングレンジで繰り出す技が変化。
バトルアクションもショートレンジとロングレンジで登録できるので、合計で4種のバトルスキルをセットできます。

画像

チュートリアルが終わったら、村の中を探索する事に。
村の中にいるNPCは、会話が吹き出しのような形で表示されますね。
プレイヤー以外とも会話していて、それが表示される感じ。
こちらから話しかけた時も、ふきだしで表示されます。

画像

村の中を歩いていると、フィデルの幼馴染ミキを発見。
ミキは怪しい人影を見たと言い、フィデルも村を覗きこむ人影を発見。
そこで村長に報告し、対策を練る事にしました。

フィデルの話では、村に偵察に来ていたのは、エイタロンと呼ばれる盗賊組織の模様。
かなり規模の大きな組織らしく、フィデルの父親はエイタロンに対抗する為、各地の集落に戦い方を授けて回っているようです。

画像

村長は戦いについては素人だった為、フィデルが指揮を執って戦闘準備。
村の入り口には、バリケードが設置されました。

その後、時刻は夜に。
北へ向かうとイベントが発生しますが、フィデルの家に向かうとセーブ可能。
ベッドで休むこともできました。

画像

北に向かうと、エイタロンの襲撃。
広場には村人もいて、戦闘に参加してくれます。
戦闘はエンカウント地点がシームレスにバトルフィールドとなり、戦闘前の読み込みなどは無し。
戦闘中にも奥から敵がやってきて、連続でバトルになる事もあります。
こういう所は、時代の変化やマシンパワーの向上を感じますね。

戦闘の途中でミキが救援に駆けつけ、そのまま仲間に。
ミキは魔法の使い手で、遠距離から魔法で援護するタイプ。
HPが減ったら、回復魔法も使ってくれますね。

画像

最初の集団を倒したら、村に入り込んだ盗賊を倒しに向かいます。
フィデルの家方面に多数入り込んでいるので、これを撃退。
ある程度の敵を倒すと撤退し、最初の防衛戦は勝利。



その後村長へ報告しますが、フィデルは再度の襲撃があると睨みます。
そこで国に援軍を要請する為、フィデルが村を離れる事になりました。
話を聞いたミキが途中で待ち構えていて、二人で王都の中央レスリアまで援軍を呼びに行く展開。

画像

ここでいろいろな要素が開放されます。
重要と思われるのは、キャラクターのロール
ロールと言うのは、戦闘時のキャラクターの役割ですね。
ロールは1キャラクターに付き4つまでセットできますが、同じロールを複数のキャラクターに同時にセットする事はできません。

ロールによってはステータスが増減したり、AIによる戦闘時の行動に影響を与える模様。
戦闘を繰り返す事でロールの熟練度が溜まり、熟練度が100%になるとレベルアップ。
ロールはスキルポイントを消費する事で、開放する事が可能。

画像

例えばフィデルの初期ロールは「アタッカー
これはATK+4、通常攻撃頻度+の効果があります。
AIによる戦闘では、手数を優先して戦う模様。

ミキの初期ロールは「ヒーラー
最大MPが2%アップし、早めの回復を心がけるようになるようです。

他にはスキルポイントを消費する事で、「プラントキラー」、「インセクトキラー」と言ったロールも開放可能。

プラントキラーは植物系への与ダメージ+10%、植物系からの被ダメージ-10%、AIが植物系の敵を優先的に狙うようになります。
インセクトキラーは昆虫系への与ダメージ+10%、昆虫系からの被ダメージ-10%、AIが昆虫系の敵を優先的に狙うようになります。

他にも最大HPやATKを上げるロールなどもありますね。
これらのロールをどのように活用するかが、戦闘に大きく影響しそうです。

パーティスキルも習得可能になりました。
パーティスキルはパーティ全体が持つスキルで、パーティスキルを取得する事で採集や掘削、釣りなどが可能になるようです。
最初は採集しか開放されていませんが、ストーリーを進めていくと徐々に開放されていく模様。
習得するには、スキルポイントが必要になりますが。

画像

ロールやパーティスキルの習得には、どちらもスキルポイントを使用します。
スキルポイントは、戦闘に勝利する事で入手可能。
どちらも冒険への影響が大きいと思われますし、有効的に活用する必要があるかも。

ここからフィールドを探索する事になりますが、フィールドには敵が徘徊しています。
敵に接触するとエンカウントとなり、戦闘に突入。

この時○、×、□ボタンを押すと、こちらから攻撃を仕掛けます。
敵に気付かれる前にエンカウント出来ると、味方全員の攻撃力が上昇。
逆に敵に先制されると、味方全員の防御力が低下。
どのような形で戦闘に持ち込むかも、重要になってくると。

画像

戦闘は現在地がシームレスでバトルフィールドになりますが、フィールドの範囲は区切られています。
フィールドの外に向かって移動するとエスケープゲージが溜まり、ゲージがMAXになると逃走可能。
不利な状況なら一度撤退するのも手ですが、逃走後は倒した敵も復活するようなので、再度のエンカウントには注意。

ここからは戦闘時のパーティメンバー切り替えも可能に。
戦闘中は十字キーの左右で、メンバー入れ替え。
操作キャラ以外はAIで行動しますが、行動させない事も出来ます。
十字キーの上下でAUTOとMANUALを切り替えられるので、必要に応じて切り替えると良さそうですね。
まぁ通常は切り替える必要なさそうですが。

画像
画像

ちなみに戦闘が終わると、操作キャラクターはフィデルに戻ります。
戦闘に入ると、直前の戦闘で操作していたキャラクターに切り替わる形。

画像



と言う感じで、序盤中の序盤だけプレイしてみました。
冒頭から和製RPGと言う感じで、この感覚は懐かしいですね。
しばらくこういうRPG遊んでいませんでしたし。

ロールの習得や組み合わせ、レベルアップ等、プレイヤー判断が委ねられる項目も多め。
まだ開放されていませんが、アイテムクリエイションもありますしね。
バトルスキルも使用回数に応じて熟練度が溜まり、レベルアップすると言う要素もありますから、やり込み甲斐もありそうです。
私としてはスターオーシャン3以来の新作と言う事にもなりますし、今後のプレイが楽しみですね。


【スターオーシャン5】バトルシステム紹介「基本編」


【スターオーシャン5】バトルシステム紹介「応用編」

ただ現在はダークソウル3もプレイしていますから、まずはそちらを優先的にプレイする予定です。
スターオーシャン5は、じっくりと遊びたいですから。
ダークソウル3の進展次第ではありますが、続きを遊ぶのは1ヵ月後とかになるかも・・・。

現在は冒頭のイベントが終わったと言う段階で、良い部分も悪い部分もまだ目についていないのですが、ひとつだけ不満がありますね。
それはセーブする際、「新しいセーブデータ」にカーソルが合わさっている所。

私は基本的にセーブデータ上書きしていくタイプなので、操作ミスでセーブデータが増えていくこの仕様は残念です。
セーブ時にいちいちカーソル動かすのが面倒と言う感じ。
RPGだとセーブする機会も多いですし、ここだけが残念ですね。
この仕様の方が良いと言う人もいるのでしょうが。

画像

あとは序盤からプレイヤーの理解が追いつかずに展開が進みますが、これはあらすじ等で確認できますし、プレイしている内に情報も入ってくるので問題は無いと思われます。
ただこの惑星がどのような情勢にあるかの説明は、この時点では一切無し。
なので、最初は公式サイトのプロローグに目を通しておいた方が、理解度は深まるかも。

画像

[リンク]
スターオーシャン5 公式サイト


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スターオーシャン5 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる