西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その13 [深緑のフェーヌム]

<<   作成日時 : 2016/07/23 07:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シビレコバチを倒した後、拠点で魔女報告を行うとイベント。
ルカは栗が安かったからと、昼食に栗グラタンを作ります。
栗はドロニアの好物と言う話でしたが、ドロニアは栗を知らない様子。
ルカもドロニアの反応を不思議がっていました。
ネルドも、王国の宮廷魔女が栗も知らないのかと馬鹿にしますね。

画像

ドロニアは栗の実物を見て、まさかドングリじゃないだろうなと言う反応を見せます。
ただ怪訝ながらも栗を口にしたドロニアは、その美味しさに感激していました。
ルカの話とは裏腹に、今回初めて栗を見るような反応をする辺り、ドロニアにも何か秘密がありそうですね。

画像

そんなやり取りをしている所へ、レキテイが戻ってきました。
レキテイの報告を見たドロニアは、鍵を手に入れた事に大喜び。
やはりこの鍵を手に入れる為に、迷宮へやって来たようでした。

そして今夜は祝宴だと言って、ルカにありったけの栗を買ってくるように指示します。
栗を食べてうっとりするとか、ドロニアも可愛らしい所がありますね。

画像

そこへネルドがやってきて、お前の目的はそれかと尋ねていました。
ネルドは鍵の事は知らない様子。
その反応を見て、ネルドの目的が鍵では無い事を確信するドロニア。
ドロニアはお互いの目的が違った事で命拾いしたなと、強気の態度を見せていました。

レキテイが手に入れてきた鍵ですが、どうやら本物かどうか確認するには、月の光を当てる必要があるようです。
しかし外は嵐が続いていて、しばらく月が顔を覗かせそうにない状態。
その事を悔やんでいるドロニアでしたが、突然女の声が響き渡ります。
直後、小さな魔女が小屋の中へ入ってきました。

画像

この小さな魔女がフルネラのようですね。
フルネラはドロニアの事を羊婦人と呼んで笑い飛ばします。
以前ドロニアが、羊と結婚しようとしたことを嘲笑っている様子。
フルネラはバーバ・ヤーガの忠実な下僕で、ドロニアを見張っていたようです。
ただ見ているだけなのも暇なので、以前の呪詛返しを仕掛けたと言う話でした。

画像

この時、ドロニアはバーバ・ヤーガの加護を失っているような話を聞けますね。
弟子だったドロニアが師匠を出し抜こうとしているのだと思っていましたが、事態はもっと深刻なのかも。

ドロニアはフルネラに魔法を掛けて口封じしようとしますが、無駄だと切り捨てるフルネラ。
既にバーバは、ドロニアが鍵を手に入れた事を知っていると。
つい今しがたの出来事が、既にバーバに伝わっている事に驚きを隠せないドロニア。

そんなドロニアに、フルネラはバーバからの伝言を伝えます。
ドロニアの愚行は、今回の手柄で見逃すと。
そして明後日にはこの街にやって来るので、それまでは大人しくしているように言い含めていました。

画像

どうやらバーバも鍵を探していて、24人の弟子が捜索に出ていた模様。
よりにもよってドロニアが当たりだったと愚痴をこぼす辺り、少なくとも現時点では、ドロニアは正式な弟子では無いようですね。
フルネラは他にも用事を言いつかっているらしく、つかの間の自由をかみしめるようにと言い残して去って行きます。
どうやら全ての弟子を、この街に呼び寄せるのだとか。

画像

フルネラが帰った後、ドロニアは大荒れ。
その辺りの物に当たり散らしていました。
バーバへの対策を考えるものの、相手はかなりの実力者らしく、時間が無いと苦悩。
ネルドはハッタリじゃないかと言うのですが、鍵の事を知ったバーバが来ないわけがないと話すドロニア。

そんな時、部屋のランプが消えて、室内に風が吹き込んできました。
扉の前で闇が人の形を取ったと思ったら、その場に老魔女が出現。
この老魔女がバーバ・ヤーガ。
明後日に来ると言うのは、フルネラの嘘だったようです。

画像

どうやらドロニアは、バーバの元から妖路歴程を奪って逃げた模様。
鍵を手に入れた事で、その罪は不問にすると言うバーバ。
ドロニアは言い逃れようとするものの、バーバはルカに鍵を持ってくるように指示します。

どうすればいいか困るルカでしたが、ドロニアは素直に鍵を手渡しますね。
それだけバーバが強大な相手なのでしょう。
鍵を受け取ったバーバは本物だと言い、あと2個手に入れて来るように命令します。
1つ見つけるごとに、必ずバーバの所へ持ってくるようにと。

画像

さらに下手な言い訳を見逃すのは今回だけと話し、自分は移動小屋で街外れの川向こうにいると伝えます。
何かあったら、魔法文を飛ばすようにと。

そのまま立ち去ろうとするバーバを、隠れていたネルドが素早く斬りつけます。
人には目視不可能な速度だったようですが、ネルドは見えない力に弾き飛ばされてしまいました。
バーバはネルドの剣技を馬鹿にして、さらに自分が嵐を呼んだ事も打ち明けますね。
嵐が起きたのはレキテイが鍵を手に入れる前でしたから、何らかの手段でバーバもレキテイを観察していたのかも。

画像

用事を済ますと、バーバは霧となって消えてしまいます。
バーバが去った後、ドロニアは言う通りにするしかないと言うものの、柩の鍵は自分の物だと呟いていました。

と言う所で、バーバ・ヤーガとの邂逅は終了。
ストーリーは、思わぬ展開となってきましたね。
常に見張られている状態で、これからどのように立ち向かっていくのか・・・。
弟子が24人と言ってましたし、それらと戦う展開もあるかもしれませんね。

画像



イベント後は、新しい魔女嘆願が追加されました。
人形を生まれ変わらせたい」を実行すると、魂移しが可能になります。
実行には5,000マナ必要。

画像

人形兵の性格を知りたい」を実行すると、人形兵の裏の性格が判明します。
対象の人形兵1体に行う形で、1回実行する度に300マナ必要。
性格診断はLv20以上の人形兵に行え、”頑固”な”凡人”のように、表と裏の性格が表示されます。

画像

裏の性格ですが、攻撃対象の選択に影響される模様。
大きく分けると6つのタイプに分類され、例えば裏の性格が”潔癖症”だった場合、現在のHPがもっとも低い敵を狙うようになるようです。
”凡人”だと、完全にランダムで相手を選択する模様。
裏の性格は人形制作時にランダムで割り当てられるらしく、その確認がここで行えると。

色々な性格を選びたい」を実行すると、人形制作時に選べる性格が16種類追加。
最初から16種類選べるので、32種類から性格を選べるようになると。
実行には3,000マナ必要。

画像

”運気上昇の品”が欲しい」を実行すると、装備品「幸運のコイン」が手に入ります。
装備すると運命力が上昇する効果。
実行には1回8,000マナ必要。

画像

運命力は低いとクリティカルを食らいやすくなるなど、ネガティブな現象が発生しやすくなります。
一部スキルには運命力も影響してくるので、装備が不足してるならここで補充しておくと良いかもしれません。
普通にダンジョンで拾えるので、無理に手に入れる必要はありませんが。



ここから魂移しが可能になりました。
魂移しでは、既存の人形兵を転生させることが出来ます。
レベルは1に戻りますが、いろいろとメリットがありますね。

転生時には、習得済みのスキルを引き継げるようになります。
転生前のレベルがLv20で、スキルをひとつ継承可能。
以降はLv8毎に、引き継げるスキルが1つずつ増えます。

画像

Lv28で転生するとスキルを2個、Lv44で転生するとスキルを4個引き継げると。
Lv99で転生すると、各ファセットの固有スキル(最初から覚えている2つ)も引き継げるようになるようです。
引き継げるスキル数は最高8ですが、習得可能なスキルの最大数は12なので、転生時にはスキルの取捨選択も必要に。

画像

また転生時には、アニマクラリティも上昇します。
同じレベル、同じファセットであっても、アニマクラリティが高い人形兵の方がステータスが高くなる模様。
こちらも転生前のレベルが高いほど、アニマクラリティの上昇率も高くなるようです。
逆にLv22以下で転生すると、アニマクラリティは上昇しないとか。

画像

魂移しの流れですが、まずは引き継ぐスキルを選択。
スキルを選んだら△ボタンを押して決定。

以後の流れは、人形制作と同じですね。
転生先のファセットを選び、各種項目を設定していきます。
ただ名前と因果数は変更不可。
名前は魔女嘆願でも変えられますが、因果数は最初に決めたら最後まで変えられません。

画像

逆にファセット、ビジュアルタイプ、音声、スタンス、フレーバーテキストは、転生時に再選択可能。
選択スキルも、ひとつ選べます。

これらの項目を選択し終わると、魂移しが完了。
その際には人形素体とマナが必要になる事に注意。

画像

魂移しの利点は、アニマクラリティ上昇によるステータスアップ。
そしてなんと言っても、他のファセットのスキルを引き継げることにありますね。

例えばゴシックコッペリアですが、防御した次のターンに攻撃力25%、与スタン値が25アップする「カタメ」と言うスキルを習得できます。
またマッドラプターは、防御を選んだ次のターン、与クリティカル値が100、命中率が100%になると言う「狙いすまし」を習得可能。

そこでマッドラプター経由でゴシックコッペリアとなり、狙いすましを継承させると、防御の次のターンに命中率100%、攻撃力25%、与クリティカル値100、与スタン値25アップの効果を得られると。
ちなみに与クリティカル値と言うのは、クリティカルの威力が上がると言う意味のようです。

画像
狙いすましを覚えたゴシックコッペリア

またゴシックコッペリアは、攻撃力に優れるものの、DEXとAGIが低いと言う欠点があります。
そこでシノブシから「器用さ自慢」、マッドラプターから「スピード自慢」を継承させ、DEXとAGIを補強すると言う手もありますね。

このように相性の良いスキルを継承させたり、長所を伸ばしたり短所を補うスキルを継承させるなど、キャラクター育成の幅が広がります。
どのようなキャラクターに仕上げるか考えるだけでも、ワクワクしますね。

ただ最大の欠点は、Lv1から育てなおしになる所。
一時的な戦力ダウンは否めないですから、育成環境が整うまで手を出さない方が良いかも。
結魂書によっては戦闘で得られる経験値倍率の高いものもあるようですから、そういった結魂書が手に入ってから、魂移しを検討した方が良いかもしれませんね。
どちらかと言えば、最終的なやり込み要素でしょうし。

画像



新緑のフェーヌム春の国/裸花ですが、シビレコバチ撃退後に入り口のイベントポイントに向かうと、ビーハイブとの戦闘に突入します。
いわゆるハチの巣ですね。
ザコのシビレコバチが飛び交っているので、先にそちらを始末してから、ビーハイブ本体を攻撃すると良いかと。

画像

ボス戦ではあるのですが、難易度は大した事なく、ちょっと強めのザコ戦程度。
シビレコバチがいちいちボス演出で仰々しく散っていくので、演出的に時間を取られるのが面倒に感じるくらいのものでした。

戦闘後はシビレコバチの巣を入手。
換金アイテムですが、わざわざ入手時にメッセージが出ますし、念の為に売らずに取っておいた方が良いかも。

画像

また春の国/羶肉のミノ虫公の元を尋ねると、「ミノ」と「ミノムシノ鍵」を貰えます。
ミノ虫公は「これで呪いが解ける」と言って、地面に落ちて土くれになってしまいました。
何者かに鍵の管理を任され、それが呪いだったのかもしれませんね。

画像

ミノは装飾品で、状態異常耐性は高めですが、焔、霧、泥の耐性が下がってしまいます。
魔法的なドナムには弱くなってしまうと。
通常攻撃にもこれらの属性が付与されている事もありますし、使い所に迷う装備品。

ミノムシノ鍵があると、このエリアにある大半の鍵付き宝箱が開けられますね。
第三のスケッチなどがあるので、全部回収しておきたいもの。
秋の国/漿果には、ノーマッピングエリアにも宝箱が置かれています。
(X:03、Y:05)と(X:09、Y:01)、(X:15、Y:12)の3ヶ所。

画像



と言う感じで、深緑のフェーヌムまでクリアしました。
が、このエリアには色々と謎が残りますね。
最初は入り口で出会ったトビーに騙され、巨大植物が生い茂る森の中へ放り込まれたと思ったのですが、そうでは無いようです。
イベント等を見ていると、レキテイや人形兵達の方が、小人にされていたようでしたから。

画像
画像

つまり深緑のフェーヌムは巨大植物の森では無く、ごく普通の茂みだった模様。
トビーの言っていたように、人間の距離感なら、扉のすぐ先にハーブ園がある程度の大きさだったようです。
ゲーム的には、秋の国の最深部がハーブ園でしたが。

何故小人化したのかについては、ミノ虫公の言っていた古の盟約に関係あるのでしょう。
レキテイが足を踏み入れると、その一行は小人になる魔法が掛かっていたとか。

そうなると、今度はトビーとニコが何だったのかと言う疑問が。
クリア後に尋ねると、どちらも居なくなっているんですよね。
まったく関係ないただの一般人だった可能性もありますし、レキテイ達を誘導する仕掛けのひとつだったと言う可能性も。
ゲーム本編に関わる謎では無いでしょうが、ちょっと気になってしまいました。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その13 [深緑のフェーヌム] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる