西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その5 [アストルム王国]

<<   作成日時 : 2016/07/03 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アストルム王国の入口となる南区ですが、北東(X:30、Y:14)の地点にイベントポイントがあります。
これに触れると、石像が話しかけてきますね。
ここで否定を選ぶと、マッドスタチューとの戦いに。
こいつは打撃以外の耐性が高めなので、攻撃属性が偏っていると苦戦するかもしれません。
それでも順当に育っているなら、ごり押せるくらいの強さですが。

画像

マッドスタチューを倒すと、緋色鍵を入手。
これがあると、北東にある鍵のかかった扉を開けられます。
扉の奥からは、東区へ移動可能。

画像

ここでドナムや共鳴のチュートリアルも入りますね。
共鳴とはドナム版の共振のようなもので、直前に使われたドナムに共鳴し、威力がアップします。
DPも僅かに回復。
ただ共鳴は敵の使うドナムでも発生するので、不用意にドナムを使うと、敵が共鳴してピンチに陥る事もある模様。
ドナムを使う場合は、その辺りも考えておく必要があると。

画像

東区では、若干敵が強くなりますね。
稀に名前付きのネームドが混ざっているので、よく確認しておきたいもの。
ネームドは普通のザコと見た目が同じですから、ザコのつもりで戦ったら痛い目を見るかもしれません。
通常のザコより、遥かに強いですし。
ネームドは物理の回避率が高めだったりしますから、魔法系のドナムを使えるメンバーを1名入れておいた方が良いかも。

画像

東区を探索していると、行き止まりになってしまいます。
ここで大事になるのは、壁を壊して道を作ると言う発想。
東にある鍵のかかった扉の周囲には壊せる壁があり、その奥にワープゾーンが隠されています。
座標で言うと、(X:19、Y:13)の壁が破壊可能。
逆に言うと壁を壊さないと先へ進めないので、壁壊し分のリインフォースは残しておきたいもの。

画像

ワープを利用して進むと、(X:14、Y:01)の地点でイベント。
コビト大体がレキテイを待ち構えていて、戦闘に突入します。
攻撃力は高めですが、ピアフォートレスで他のメンバーを守りながら戦えば、そこまで苦戦する事はありません。
ドナムも使わず、通常攻撃だけで倒せましたし。

画像

戦闘後はイベント。
どこからともなく女の声が響き渡り、武装解除して投降するように命令してきます。
ここで選択肢が現れますが、何を選んでも結果は一緒かも。
結局は小人にガスを撃ち込まれ、意識を失った所を取り押さえられてしまいます。



レキテイ達はアストルム西区にある収容所へ運ばれたようですが、目を覚ますと反乱軍を名乗る小人が話しかけてきました。
反乱軍が言うには、コビト王国は魔女ペコリーヌが現れてから、すっかり狂ってしまったと言う話。
悪しき魔女ペコーを倒し、平和を取り戻すのが反乱軍の目的。
その為に力を貸して欲しいと頼まれます。

画像

ここで選択肢が現れますが、私は協力してみました。
正確には「是認」を選択。
そして蒼色鍵を入手。
この鍵があれば、王国内は自由に歩けると言う話。
鍵自体は選択肢の前に貰っていたので、何を選んでも手に入るのかも。

レキテイ達が捕まった収容所には鍵がかかっていて、蒼色鍵でも開ける事はできません。
しかし扉の横の壁を壊せば、外に出られますね。
本当にダンジョンRPGとしては、型破りな作品です。

画像

壁を壊しながら進むとワープポイントがあり、その先の宝箱から赤羊の結魂書を入手。
これは前衛を2名配置可能で、さらに攻撃力が15%アップする結魂書。

ただし赤羊の結魂書は、女性キャラしか配置できません。
結魂書にはこのように条件が設定されている事もあるので、人形兵の性別は割とバランスよく作った方が良いかも。

画像

西区の南東には街がありますが、ここは平和主義者の小人達が住む街。
王城へは北の湖からも行けるので、街に入らないで欲しいと頼まれますね。
彼らから見ると巨人である人形兵達が中に入ると、街がメチャクチャになってしまうからと。
選択肢も現れますが、ここは素直に「是認」を選んで、他へ向かいました。

画像

(X:21、Y:10)の地点に向かうと、紫の目の敵シンボルが配置されています。
こいつは少々特殊で、その場をグルグルと回転。
発見されてもその場から動かないので、前を素通りできます。

画像

奥の壁を壊せば敵シンボルが守ってる扉の奥に出られますし、わざわざ戦わなくても構いませんね。
シンボルに触れると防衛彫像との戦いになりますが、そこまで強くないので、普通に撃破して進む手もあります。
ここは自分の戦力や好みで、対処を変えられると。

画像

紫シンボルの北(X:17、Y:04)の地点に向かうと、素早い盗賊カプリと遭遇。
王城グランカプリに行くには王族しか身に付けていない宝石が必要らしく、その宝石は自分が盗み出したと言う話。
銀貨1万で、この宝石を交換してくれるそうです。
ここで選択肢が現れますが、「是認」を選ぶと交渉成立。

画像

試しに「否認」を選んだ所、力ずくで奪うと言う事で戦闘に突入します。
カプリはその辺のザコと変わらない強さで、撃破するとカルマが5上昇。
カルマが増えるとクリティカルを食らう確率が上がり、クリティカルでは稀に部位が欠損する可能性があるので、大きなデメリットとなりますね。

ただ魔女嘆願でマナと引き換えにカルマを下げられるので、お金を節約したいなら力ずくで奪った方が楽かも。
マナは探索していると、割とすぐに貯まりますし。

画像

どちらを選んだ場合でも、王族の証の宝石鍵を手に入れます。
説明文を見ると粗末な作りで、偽物かもしれないようですが。
ただこの鍵があると、(X:28、Y:09)の扉が開きますね。
扉の奥には紫の敵シンボルがあり、防衛彫像との戦闘になりますが、その奥のワープからアストルム北区に移動できました。



北区では(X:29、Y:19)の宝箱から、青羊の結魂書が手に入りました。
前衛に2名配置できますが、こちらは男性のみで、配置メンバーの防御力が15%アップ。
ピアフォートレスに良さげなものの、私は男女で1名ずつ作っていた為、配置できませんでした。

北区では(X:29、Y:08)にスイッチがありますね。
これを操作すると、どこかに変化が起きる模様。
何が起きるかは確認していませんが、操作しておいた方が良いでしょうね。

画像

中央部分には鍵のかかった扉がありますが、周囲の壁を壊せば奥へ進めます。
奥にはイベントポイントがあって、コビト大隊との戦いに。
ザコとして現れる敵と同じなので、ここまで来たなら苦戦する事は無いかと。

中央を横断して西に進むと、(X:03、Y:12)にある宝箱から山吹色鍵を入手。
植え込みの裏側ですね。
この鍵があれば、今まで開かなかった扉を開けられます。
壁を壊さなくて済むようになるので、手に入れておきたいもの。

画像

そのまま南西に進むと、西区の非武装主義者の街に出ますね。
こちらから来ると普通に入れるので、アイテムなどを回収しておきたいもの。
コビトの血玉と言う貴重品も手に入ります。

北区の中央を北に進むと、イベントポイントで兵団長との戦いに。
こいつは特殊技が非常に強力で、しかも全体攻撃。
防御してても死人が出る威力がありましたし、予兆を見せたら必ず防御させたいもの。

画像

ところでキャリーオーバーですが、思った以上に良いシステムですね。
私は兵団長戦で死人を出してしまいましたが、この戦闘でキャリーオーバーを選択。
ディフェンスオーラで蘇生させ、適当なザコとの戦闘を経由する事で、兵団長戦の経験値を死人に与える事が出来ました。
戦闘で死人が出ても、死んだメンバーに経験値を与える手段があるのは良いですね。

そのまま北のイベントポイントに触れると、魔法使いペコリーノが出現。
戦闘へと突入します。
不安があるなら再突入用の脱出口をセットしておいて、一度拠点に戻った方が良いかも。
セーブしておけば、すぐにボス戦から再挑戦できますし。

画像

ペコリーノ戦ですが、まずが前衛のコビト旅団を倒すと良いですね。
マージナルメイスに焔舞Iのドナムを使わせた所、一撃で1,000を超えるダメージを与えられました。
オフェンスフォース重ね掛け状態だと、2,000近いダメージ。
ダメージソースとしてはこれだけで十分なくらいだったので、他のメンバーは適度に回復しつつ攻撃させていました。
ちなみに焔舞Iは、魔撃師の結魂書で使用可能。

画像

ペコリーノに対しても焔舞Iは有効ですが、ペコリーノも攻撃系のドナムを使う所に注意。
上記の共振が起こる事があるので、こちらのドナムに共振されて範囲系のドナムを使われると被害が甚大となります。
敵より先手を取れる状態では、あえてドナムを封印するのも手かと。
ペコリーノは物理への耐性が高いようなので、武器の構成によってはドナムに頼らざるを得ないでしょうが。

画像

私はLv22〜24の状態で挑んだ所、そこまで苦労する事なく倒せました。
苦戦するようなら、レベルや装備を見直した方が良いかも。
ペコリーノを倒すと、魔女の中隊の結魂書を入手。
前衛2名、サポート2名配置可能な結魂書。

戦闘後はイベント。
ペコリーノの目的は、何かの鍵を手に入れる事だったようですね。
それにより大賢者や古の魔女を越える力を手に入れ、自分の為の千年王国をつくるつもりだったのだと。

画像

その目的をうっかり漏らしてしまった為、国王をだましていた事がばれてしまい、ペコリーノは投獄されてしまいました。
レキテイ達は成り行きとは言え、王国を救った褒美として、この先の小部屋を自由に使う許可を貰えます。

画像

正面にある小部屋に入ると、新ダンジョン「地下帝国メルム」が開放。
拠点に戻り、ドロニアに報告するように促されます。



と言う感じで、アストルム王国をクリア。
ここはマップの繋がりが複雑で、壁を壊して先へ進まなければならないと、少々難易度が高めになっていました。
報告に戻る回数も少なく、ガッツリ探索できましたし、ここからが本番と言えるかもしれませんね。
ザコの中にも強めの敵が現れるようになりましたし。

この後はドロニアに報告し、地下帝国メルムを探索する事になりそうです。
そちらもどういうダンジョンなのか、探索が楽しみ。

ところで最近気が付いたのですが、本作はトロフィーが面白いですね。
本作のトロフィーは一頁、二頁と言った名前になっていて、トロフィー詳細の部分はちょっとした文章になっています。
恐らくは地下迷宮の最深部から唯一生還し、妖路歴程を書き記したと言う人物の記録になっているのだと。
この記述が、妖路歴程に記されていると言う設定なのかもしれません。

画像

他のゲームの場合、トロフィーは自己満足の類ですが、こういう仕組みだと全部取得したくなりますね。
これからの楽しみが、ひとつ増えました。
魔女と百騎兵 Revivalの時はプラチナ取るのも難しく無かったので、本作も全部取得するのはそこまで苦にはならないでしょうし。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その5 [アストルム王国] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる