西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その7 [地下帝国メルム]

<<   作成日時 : 2016/07/10 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ファセットのスキルですが、どうやら8の倍数で取得するようですね。
ひとつ目のスキルはLv8、二つ目のスキルはLv16、三つ目のスキルはLv24で取得と言う具合。
取得の順番は、選択スキルの並び順通りになっている模様。
また選択スキルで選んだスキルを取得するレベルになった場合、そのスキルをスキップして次のスキルを習得しました。

例えばピアフォートレスの場合、通常だと腐臭治癒術(Lv8)、亀甲の構え(Lv16)、斬撃耐性術(Lv24)と言う順番でスキルを取得します。
しかし亀甲の構えを覚えている場合、Lv16では斬撃耐性術を取得。
以後はひとつ繰り上がりでスキルを習得していきます。

画像
通常はLv16で亀甲の構えを習得

スキル習得レベルがひとつ繰り下げられるので、低レベル帯で覚えるスキルを最初に覚えておくメリットもあると言う事ですね。
選択スキルでは高レベルになるまで覚えられないスキルを選ぶか、全体的なスキル習得レベルを下げる為、低レベル帯のスキルを選んでおくかで頭を悩まされる事になりそう。

画像
亀甲の構えを最初に選択すると、Lv16で斬撃耐性術を習得



アストルム王国での戦いが終わった後、魔女報告を行うとイベント。
ルカはお使いで街に出掛けていたのですが、そこでパン屋のメイリィと言う女性に出会います。
メイリィはドロニア達に興味があるらしく、ルカを質問攻めにしていました。
メイリィは馬車小屋の中を覗いて見た事もあるようで、まるで魔女の小屋のようだと話します。
自分たちが魔女一行であると言う事を隠しているルカは、慌てた様子で魔女じゃないと否定。

画像

そこへ身なりの良い令嬢がやってきました。
令嬢の名はユリエッテ。
メイリィからはお嬢様と呼ばれていたので、身分の高い人物なのかも。
ユリエッテの事は苦手としているのか、メイリィは慌てた様子でその場から去って行きます。

ユリエッテはメイリィが饒舌に話していた様子を見て、ルカにどんな魔法を掛けたのかと問いかけますね。
さらにはルカの事を、小さな魔女と呼んでいました。
ただの軽口のような言い方でしたが、ルカは慌ててその場から去ると言う感じでイベント終了。
ユリエッテは冗談のつもりで魔女と言ったのか、ルカたちの正体を知った上でそう言ったのかは、現時点では不明。

画像



イベントが終わると、新しい魔女嘆願がいくつか追加されます。
”財宝”が欲しい」を選ぶと、銀貨55,000で売れる財宝樽を入手可能。
分解すると、魂の小瓶が手に入るようです。
実行にはマナ3万必要。

陣形効果を受けたい」を選択すると、レキテイスキル「基本フォーメーション」を習得。
選択にはマナ2,000必要。

基本フォーメーションを習得すると、5,500マナでレキテイスキル「攻撃系フォーメーション」を習得可能。
その後は「ドナム系フォーメーション」(12,500マナ)、「遊撃系フォーメーション」(25,000マナ)と、新しいフォーメーションが取得できるようになります。

陣形習得後は、カヴンを特定の配置にする事で様々な効果が発生。
例えば全メンバーを前衛に配置すると「攻撃特化陣形」となり、攻撃力アップやクリティカル率アップと言った補正が加わると言う感じ。

画像

戦闘中に「陣形」コマンドが開放されるので、ここから習得している陣形の効果や配置を確認できます。
自動で陣形に応じた配置にする機能もありますね。
今後はこれらの陣形を活用しながら、戦っていくことに。

人形兵をもっと増やしたい」を選択すると、人形兵の所持上限が10体から25体に拡張されます。
選択には3,000マナ必要。
その後は15,000マナで、上限を40まで拡張できます。

もっと成長アレンジしたい」を選ぶと、成長タイプで「ダブルフラット」、「ダブルシャープ」が選択可能に。
選択には5,000マナ必要。

画像

成長タイプですが、「ナチュラル」が標準的な状態。
シャープ」にすると、そのファセットが得意とするステータスが伸びやすくなる代わりに、苦手なステータスが上がり難くなります。
フラット」にすると、全てのステータスが平均的に上がるように。
ダブルシャープダブルフラットは、それらの特徴がさらに強まると言う感じ。

成長タイプはいつでも変更できるので、低レベルはフラットで育て、苦手なステータスを補ってから、ダブルフラットで特徴を強化するなんて育成が可能。
この辺りはプレイヤーの好みでしょうね。



この後でアストルム王国に向かってみたのですが、西区の収容所にイベントマークが出現しました。
ここに向かってみると、小人が真新しい巨人兵を調教する所でした。

画像

この真新しい巨人兵の正体は、魔法使いペコリーノ。
小人達は巨人(人間)を捕らえて改造手術を施し、巨人兵として自分たちの戦力にしている模様。
イベント戦闘で「捕まえて脳を改造しろ」なんて物騒な事を話してましたが、こういう意味だったんですね。

本来は元の意識が無くなるようなのですが、巨人ペコリーノは手術が不完全だったようで、ペコリーノの意識が残ったままでした。
しかし小人達の命令には逆らえず、レキテイ達との戦いになります。

画像

巨人ペコリーノは少々固いくらいで、ザコと大差ない相手。
ただ必死に助けを求めてくるので、撃破後も後味が悪いですね。

画像

ここでのイベントは、これで終了。
ペコリーノのその後を知ることが出来ると言う内容でした。
カルマは増えるものの、ペコーの結魂書が手に入るので、倒す価値はあります。

画像



寄り道が済んだ所で、地下帝国メルムへ向かってみました。
最初のエリアとなる糧食庫は、洞窟風のダンジョンですね。
新しい仕掛けとして周囲の様子が見えないダークゾーンがあるので、ミニマップを確認しながら進みたいもの。

画像

北西(X:03、Y:11)の地点に向かうと、貴族風の青年と出会います。
青年はこれ以上の探索はするなと警告し、その場を去って行きました。
井戸の中に人間が入ると長くは持たないと言う話ですし、ここまで潜り込んでいる青年も普通では無さそうですね。

画像

その後で入り口へ戻ろうとすると、イベントポイントが発生しています。
ここでは3匹の小鬼を連れた女性と遭遇。
女性の名はロシナ。
考古学調査隊の副隊長をやっているそうです。

ロシナは崩落で道を塞がれ、ここで立ち往生していると言う話。
レキテイ達の力で、何とかしてほしいと頼まれました。
ここで一度拠点に戻り、ドロニアに報告するようにアナウンスされます。

画像

拠点で魔女報告を行うとイベント。
ドロニアは生活費が大幅に減った理由を、ルカに問いただしていました。
ルカは細工屋に錬金釜の制作をお願いしたからと、得意げに語りますね。

ただ証文は貰っておらず、大金だけ払った模様。
その事をドロニアに責められ、ルカは必死に弁護してました。
そこにフリッツがやって来て、注文の品を届けに来たと言います。
ドロニアの心配とは裏腹に、細工屋のニムトはきちんと仕事をして、ここまで釜を運んでくれたと。

画像

経過はともかく、これで待望の錬金釜を手に入れたドロニア。
さっそく調合に入り、特殊な爆弾を作り出していました。
この爆弾を使って、井戸を吹き飛ばす模様。

ただ、今すぐ使うわけでは無いと言う事。
レキテイも爆弾を分けて貰ったらしく、以後はダンジョンを塞いでいる大岩を吹き飛ばせるようになりました。

また、これ以降、拠点で錬金釜を使用できるようになります。
錬金釜では、「錬金合成」と「錬金分解」が可能。

錬金合成では、装備品同士を合成して、より強い装備品を生み出せます。
まずベースの装備を選び、次に素材となる装備を選択。
そしてマナを支払うと、合成は完了。
素材に使った装備に応じて、ベース武器のパラメータがアップすると言う仕組み。

画像

素材は最大で8個まで使える模様。
レアリティが高い装備を合成した方が、強い装備を作れると言う事ですね。
武器はお店に売っても安く買い叩かれるので、合成素材に使った方が良いかも。

画像

錬金分解では、装備品を分解してマナを取り出せます。
分解には分解液と言うアイテムが必要になりますが、大商店で銀貨350で販売中。
わざわざ買ってくる必要は無く、分解画面でお金を払えば分解できますね。

画像

アーティファクトに分類されるアイテムを分解すると、魂の小瓶を入手。
今後は分解によって魂の小瓶を入手し、新しい人形兵を作れると。
アーティファクトは、採掘ポイントからも稀に手に入ります。

画像

もうひとつ開封の儀も行えるのですが、現在では利用不可能。
ダンジョン内では稀に未開封のアイテムが手に入りますが、それらは開封の儀を行う事で真の性能を発揮。
他のゲームで言う所の鑑定みたいなシステムと思われますが、利用できるのはまだ先になるようですね。



と言う事で、手持ちのアーティファクト5個を分解し、新しい人形兵を作成。
作成したのは、アステルナイト(男)、シアトリカルスター(女)、マージナルメイズ(男)の3体。
残りの2個は、今後の為に残しておきました。
この先どんな結魂書が手に入り、どういう配置が可能なのかわかりませんし。

画像

糧食庫に戻ると、道を塞いでいた岩を壊して先へ進めるようになります。
青年と出会った穴の奥へ進むと、壁の向こう側にイベントポイント。
このエリアでは壊せる壁に緑のヒビが入っているので、視覚的にも判別できます。

画像

壁の奥はモンスターの巣になっていて、レキテイが空けた穴から逃げ出そうとしていました。
そこに貴族風の青年が現れ、モンスターを一掃します。
どうやらここにモンスターを集めていたのは青年で、デカブツと呼ぶ何かにぶつけようとしていたとか。
逃げられるくらいなら、ここで始末したと。

そして青年は、自分の予定を崩された事に文句を言ってきます。
しかし、その事はレキテイの主に直接話を付けると言って、その場から去って行きました。
ここで一度拠点に戻るように言われますね。

画像

青年と出会った地点から奥に進むと、イベントポイントがあります。
ここでは巨人が現れ、物陰に隠れてやり過ごす展開。
その後、ドロニアに報告するように言われます。
距離的に近いので、ここまで来てから戻った方が楽かも。



と言う事で、魔女報告するとイベント。
ルカは夕食を作っていたのですが、料理を完成させるも、馬車小屋の中にドロニアの姿が見当たりませんでした。
直後に大きな振動が伝わり、慌てて外に飛び出すルカ。

一方ドロニアは、井戸の前に来ていました。
そこに貴族風の青年もやって来ます。
青年はこれ以上の探索はするなと、最後の警告。

画像

しかしドロニアは話を聞いていないらしく、懐から爆弾を取り出しました。
そして爆弾を井戸に放り込み、その場から素早く離脱。
青年も後を追って外に出てきます。

直後に爆弾が爆発し、振動が響きますが、井戸は変わらず存在。
その様子を見たドロニアは、満足げな様子ですね。
あれだけの爆発が起きたなら、地上もただでは済まないはずなのに、地上には爆風すら届いて来なかったと。
ドロニアは自分の推論を確かめるべく、今回の実験を行ったようでした。

画像

井戸を爆破しようとしたドロニアを見て、青年はここでドロニアを始末しようとします。
青年はネルドと名乗り、ドロニアを「テネスの魔女風情」呼ばわり。
テネスと言う単語は初耳だったらしく、ドロニアは首を傾げていましたが。
ちなみにテネスとは、ゲームの舞台であるこの世界の事。

そしてネルドはドロニアの顔を剣で傷つけ脅しをかけるのですが、ドロニアは痛みには屈せず、逆に詰め寄っていました。
そんなドロニアに威圧されるネルド。

ここでネルドはドロニアを本気で始末しようとしますが、アレが発動したら・・・と、何かを恐れる様子も見せます。
そこにルカが到着。
その後の会話で、井戸の下にあるのは地下世界では無く、異世界と言う事も判明しました。

画像

再びドロニアを始末しようとするネルドでしたが、間一髪のところをルカが守ります。
その隙を突いてドロニアが魔法の品をネルドにぶつけた所、ネルドはフクロウの姿になりました。
フクロウがネルドの本当の姿のようですね。
ドロニアは容赦なくフクロウを踏みつけ、フクロウは血を吐いて悶絶。

その様子を可哀想に思ったルカが抗議し、ルカが治療して世話する事になりました。
ただし鳥かごからは出さず、薬品等には絶対に近付けるなと言う条件付き。
ここでイベントは終了。

画像

巨人に会ってから魔女報告を行うとイベント。
レキテイが出会った巨人は、鳥人の王国を一夜にして滅ぼしたと言われるトローリア。
伝説上の怪物と思われていたトローリアが実在するのかと、ドロニアは驚いていました。

その最中、フクロウとなったネルドが鳴き続けていたのですが、我慢出来なくなったドロニアはルカを呼びつけ、鳥かごを水がめに半分浸けろと言い放ちます。
しかしルカは、フクロウが死んでしまうと言って聞く耳を持たず、甲斐甲斐しく世話をしていました。
そんなルカの様子に、ドロニアも言葉が無く、ただ唸るのみ。

画像

そこへ領主代行のペトローネが馬車小屋を尋ねてきました。
ペトローネは先日井戸から爆音が響いたと聞き、その事を尋ねにきた様子。
ドロニアは調査の一環だと話しますが、ペロトーネはもう少し穏便にして欲しいと頼みますね。
それと最近は約束の成果物の提出が滞っているので、そちらも何とかするようにと言って帰って行きます。

ペトローネと入れ替わるように、ユリエッテも馬車小屋に入ってきました。
ユリエッテはドロニアに興味があったらしく、ペトローネに連れてきて貰ったのだとか。
ユリエッテの実家は大商会のお得意様なので、ペトローネには多少のコネがあると言う話。

画像

ユリエッテはドロニアから外の話を聞きたいようで、友達になって欲しいと頼んできます。
また領主代行から話を聞いたのか、ユリエッテはドロニアを魔女だと信じて疑いませんでした。
ドロニアはペトローネから金が引き出しにくくなった今、ユリエッテに利用価値があるかもと思案。
そして自分が魔女だと下手に言いふらされては面倒になると、ユリエッテを利用する事に決めた様子。

ユリエッテは男性と付き合った事が無いらしく、親も結婚する必要は無いと言われているようです。
それでも異性との付き合いには憧れているらしく、ドロニアに運命の相手を見つけて欲しいとお願いしてきますね。
ドロニアは多少の援助と引き換えに、その願いを承諾。
占いに必要になると言って、ユリエッテの血も手に入れていました。
そしてこの事は内密にするようと念押しして、ユリエッテと別れます。

画像

ドロニアは手に入れた血を使い、ユリエッテの願望を覗き見。
ルカとレキテイに、いくつかの品物を集めて来るように命令してきます。
レキテイが集めてくるのは、貯蔵された肝コビトノ血玉の2つ。
コビトノ血玉は、アストルム王国の西区南東にある、非武装主義者の街に落ちてます。



イベントが終わると、新しい魔女嘆願も追加。
結魂書の名前を変えたい」を選ぶと、結魂書の名前を変更できます。
変更には1回500マナ必要。

画像

”腐臭対策の品”が欲しい」を選ぶと、防腐マフラーを入手可能。
腐臭になると敵シンボルが見えなくなるので、その対策に1個は手に入れておくと良いかもしれません。

アイテムをもっと持ちたい」を選ぶと、アイテムの所持上限が500個から1,000個に拡張されます。
多いに越した事は無いので、余裕が有ったら拡張したいですね。
実行には5,000マナ必要。

敵に発見されたくない」を選ぶと、レキテイスキル「霧のヴェール」を習得。
リインフォースを消費し、一定ターン敵に発見されなくなると言う効果。
敵の臨戦態勢を解除する効果もあるようです。
習得には1,000マナ必要。

画像

アイテムの開封を行いたい」を選ぶと、錬金釜で開封の儀が利用できるようになります。
封印されたアイテムを利用可能になりますね。
習得には5,000マナ必要。

画像



と言う感じで、地下帝国メルムの探索を開始しました。
今回は頻繁に拠点へ戻る事になり、いろいろとストーリーも進行しますね。
ネルドは主要人物として紹介されていましたし、今後も出番がありそうな感じ。

ところでこのゲームですが、累計出荷本数が5万本を突破した模様。
初週の売り上げが1万7,000本くらいでしたから、当初の出荷は2万本くらいだったようですね。
それが売り切れ続出で急遽増産したわけですし、メーカーの想定以上の売り上げだったのかも。

5万本突破を記念して、リツイートキャンペーンも行われるようです。
対象ツイートをリツイートした人の中から抽選で3名に、出演声優のサイン色紙が当たるとか。
興味があるなら、公式サイトをチェックしてみると良いかと。


[リンク]
『ルフ魔女』累計出荷本数5万本を達成! 旅団の皆様に感謝を込めてTwitterキャンペーンを開催!


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その7 [地下帝国メルム] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる