西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その17 [三領主の塔ウンブラ]

<<   作成日時 : 2016/08/09 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ウンブラム 5階の(X:05、Y:30)にある宝箱から、大公ノ鍵が手に入りました。
このダンジョンにある大半宝箱を開けられる鍵
ここへ向かうには2階の南西からヴェルトトゥルムに渡り、階段を登っていく必要があります。
ストーリーでは足を運ぶ必要が無いので、見逃しやすいかもしれませんね。

画像

3階は壁を壊して北へ進むと、4階へ登る階段があります。
5階はダークゾーンが多く、スイッチで開閉する扉も多いですね。
いろいろとスイッチを操作しなければ、大公ノ鍵がある地点には行けません。
ある程度は壁を壊しながら進む事も出来ますが。

このエリアですが、後で訪れる事になるかもしれないと思って、探索を後回しにしてたんですよね。
結局はストーリーを進めるのに訪れる必要は無かったので、後から戻って来て探索しましたが。
最初に訪れて鍵を手に入れておいた方が、宝箱の回収は楽だったかも・・・。



シュテルントゥルムの3階から再開。
3階は宝箱を回収するにはスイッチを操作したり、壁を壊す必要がありますが、先へ進むだけなら南東の階段を登ればいいですね。
スイッチを操作しなくても壁壊しだけで大半の宝箱を回収できるので、探索は楽なエリア。

画像

4階も宝箱を回収するには、壁壊しやスイッチ操作が必要ですが、先に進むには中央東の階段を登るだけ。
落とし穴が多いので、落ちないように注意するくらいですね。

画像

5階に登ると正面にイベントポイントがありますが、扉に鍵がかかっていて先へ進めません。
北西(X:20、Y:21)の地点に向かうと、死臭の蝿との戦いに突入。
こいつを倒すと、ジャックの鍵が手に入ります。
死臭の蝿はザコに毛が生えた程度の強さなので、ここまで来れたなら苦戦する事は無いはず。

画像

ジャックの鍵があれば、先ほどの扉が開きますね。
イベントポイントに足を踏み入れると、ここで一度報告に戻るように言われます。



拠点で魔女報告を行うとイベント。
馬車小屋ではネルドとバルティーニが会話していました。
ネルドは街中でルカの姿を見かけたのですが、元気が無い様子だったので、何か知っていないかと尋ねていた所。

画像

バルティーニも心当たりが無いようでしたが、そこにドロニアが現れます。
相変わらず、メイリィの姿のまま。
ネルドは一連の出来事を知らなかったようで、メイリィの姿になったドロニアを見て、さすがに驚いていましたね。
まぁ驚くのも一瞬で、すぐに呪詛返しでも食らったのかと大笑いしていましたが。

ただ調子に乗ってドロニアを馬鹿にしていたら、敬愛するルカに猛反発を食らって落ち込みます。
ここで今回のイベントは終了。

画像



ウンブラム 6階の西(X:19、Y:21)の地点に向かうと、「死臭ノ蝿ノ女王」に出会います。
女王は弱っていて、自分を殺すようにアリスに頼まれたのかと尋ねてきますね。
ただ、こちらに返答の間も与えず、襲い掛かってきました。

画像
画像

と言う事で、死臭ノ蝿ノ女王との戦いに。
こいつはお供のザコを引き連れているので、先にザコを始末したいですね。
ペコーの結魂書でグループ攻撃のドナムを使えば、簡単に一掃できるかと。

女王は2回行動に加え、範囲攻撃や回復技を持つので、なかなか面倒ですね。
ただザコさえ早めに始末してしまえば、適度に回復するだけで問題無く戦えます。
状態異常の錯乱にすると何もしない事も多いので、錯乱効果付きの武器があると便利かも。
私はマッドラプターが錯乱付きの武器を使っていたので、高確率でターンの最初にボスを錯乱させ、楽に乗り切る事が出来ました。

画像

女王を倒すと、アリスの結魂書を入手。
アタッカー1名、サポート2名を配置可能な結魂書ですね。
アタッカーは攻撃力、防御力、命中力、回避力が50%アップしますが、サポートを配置するとドナムの消費量2倍、アタッカーが敵にすごく狙われやすくなる効果が付与されると、サポート無しの方が使いやすそうでした。

ドナムは全体攻撃の泥撃に、敵全体への即死攻撃(生贄1)もあると、使い所を間違えなければ便利そう。
代償付きですが、味方後衛の防御力をアップさせるドナムもありますし。
ちなみにドナムの名前は、不思議の国のアリスが元になっている模様。
個人的にはARMSの印象が強いですが。

画像

また、クィーンの鍵と謎の鍵も入手。
深緑のフェーヌムで手に入れた物と同じで、読み方のわからない鍵。
ドロニアの探している、3本の鍵の内の1本。
この鍵を手に入れると、一度報告に戻るように言われます。

画像



魔女報告を行うとイベント。
2本目の鍵を手に入れた事で、ドロニアは大喜び。
バルティーニはバーバ・ヤーガに知らせるのかと尋ねますが、ドロニアは報告するつもりは無し。
鍵はこの街のとある場所に隠し、それをバーバとの取引材料に使うと話していました。

画像

その夜、馬車小屋にバーバ・ヤーガがやってきます。
ただドロニアは出掛けており、応対したルカによれば、街の裏手に行くと言って出て行った模様。
鍵の臭いがしないので、バーバも馬車小屋に鍵が無い事を悟りますね。

そんな時、一匹の蛾が飛び込んできて、墓場に怪しい人影を見つけたとバーバに報告。
この街で夜に出歩く人間はいないので、その人影をドロニアだと思い、バーバは墓場へと向かいます。

画像

街中を進むバーバでしたが、町人の女が話しかけてきました。
夜中に外を出歩くと危ないと。
バーバは気にせず、町人の女に怪しい者を見なかったかと尋ねますが、町人の女は、黒ずくめの女がこの先の墓地に向かったと話しますね。

画像

その話を聞いたバーバは、嬉々として墓場へと向かいます。
墓場にドロニアの気配を感じ、居場所を探ろうとするバーバでしたが、その後を先ほどの町人が追いかけてきました。
年寄りが夜中に一人でいるのは危ないから、家まで送って行こうと言う話。

面倒に思ったバーバが振り返ろうとした瞬間、町人の女がバーバの背中にナイフを突き立てます。
この町人の女が、メイリィの姿になったドロニア。
バーバの不意を突く為に、メイリィを利用して姿を変えていたのですね。
薬を渡した後に力を発動させていたのは、自分に薬を飲ませるように誘導したのでしょう。

バーバ・ヤーガですが、どうやら不死身の体を持つ模様。
ただ月光の下ではその力も無くなるようで、ドロニアはこの機会をずっと狙っていたようでした。

画像

バーバ・ヤーガですが、不死の体を持つものの、寿命が尽きようとしていたようです。
それ故、急ぎ鍵を手に入れようとしていた模様。
その焦りにドロニアは気が付いていて、今回は嵐を呼ばずにバーバが訪れると想定していたとか。
前回嵐を起こしたのは、敵対するドロニアと会う時に不死の魔力が尽きないよう、月光を隠していたのでしょう。

ここで「鍵を手に入れたと言うのは、自分をおびき出す為の嘘だったのか」と言う発言をする辺り、何者かから情報を得ているようですね。
ルカには知らされていませんでしたから、現時点で一番怪しいのはバルティーニ。

画像

傷を負いながらもバーバは魔法を使いますが、大した威力はありませんでした。
ドロニアはこの街に、魔法を弱める大規模な結界を張っていたようです。
ネルドが同居人になる際、空から偵察出来る事を交渉の材料にしていましたが、ネルドが測量したデータを元に結界を張ったようです。

ドロニアは死んでイサラと自分に詫びろと詰め寄りますが、バーバは相当の傷を負っているらしく、情けなくその場から逃げ出します。
そんなバーバをドロニアはゆっくりと追いかけますが、道路では倒れたバーバを抱えるマリエッタの姿がありました。

マリエッタはバーバの目が赤く光っており、人間じゃなかったと震えていました。
ドロニアがバーバの姿を見ると、その心臓にナイフが突き立っていると言う状態。
状況から見るに、マリエッタが止めを刺したようです。
マリエッタは恐怖のあまり、気が付いたら刺していたと話していました。

画像

ドロニアは死体は自分が片付けるから、マリエッタは修道院に戻るように命じます。
マリエッタは何かを話したそうな様子を見せますが、この場は素直に言う事を聞いて戻りますね。
ここでバーバの死体を調べるも、前回奪われた鍵は見つからず。

ドロニアはバーバの死体を運ぶと、カラザの井戸の中に放り込みます。
そして積年の恨みを口にしながら、高笑いしていました。
その後、朝の死者を発表に来た兵士に、自分が一人の老婆を殺して井戸に投げ捨てたと話し、馬車小屋へと戻って行きます。

画像

ついにバーバを倒したドロニアは、ルカに祝宴の準備をするように指示。
今夜は豪勢にありったけの肉と栗を買って来いと。
そしてルカも大喜びで、買い物に出かけて行きました。

その後、ネルドもやって来ます。
どうやらネルドも、バーバとの対決を見ていた様子。
あんな稚拙な作戦が成功するとは運のいい奴と、憎まれ口を叩いていました。
ただドロニアからルカには秘密にするように言われ、ネルドは素直にその提案を受け入れます。

画像

浮かれ気分で買い物に出ていたルカは、パン屋のメイリィが兵士に連れ立てられるのを目撃。
どうやらメイリィ(の姿をしたドロニア)が、老婆の死体を運んでいる所を見たと言う証言が複数あり、殺人の犯人としてメイリィを連行しようとしている模様。
メイリィは必死に自分じゃないと言い張るものの、有無を言わさず連行されると言う展開。
ここでイベントは終了します。

画像

と言う感じで、ついにバーバ・ヤーガを打倒。
バーバがラスボスだと予想していただけに、ここで倒してしまうのは想定外でした。
先に弟子との戦いがあると思っていましたし。

ただバーバに奪われた最初の鍵は見つからず、その行方が気になりますね。
先にマリエッタがバーバと接触していたので、この時に鍵を回収した可能性もありますし。
前回の一件でマリエッタはドロニアの味方だと思っていましたが、ドロニアへの思い故に敵対する未来もありそうですね。
残されたバーバの弟子たちの事もありますし、先の展開が気になる所。



バーバ・ヤーガとの一件が片付いたら、最後の鍵の捜索に復帰。
ウンブラム 7階では、(X:23、Y:20)の地点で蝿男に遭遇します。
蝿男は自分を元の姿に戻してくれたら、キングの鍵を渡すと提案してきますね。
ここで「是認」を選ぶと、男を元に戻す方法を探してくることに。

画像

ただこの階では情報が得られないので、東にある階段から8階へ移動。
階段はダークゾーンの中にあります。

8階に登ったら、南西(X:19、Y:26)の地点でイベント。
ここにはベッドが置かれていて、レキテイ達は誘惑に逆らえずに眠りについてしまいます。
結構な時間が過ぎた頃、レキテイ達は目覚めて探索に復帰。
この時、カルマが1上昇します。

画像

イベントが終わってから7階の蝿男の元に向かうと、蝿男は既に息絶えていました。
その死体から、キングの鍵を入手。
結局、元に戻す方法は無く、レキテイ達がのんびりしている間に死んでしまったと。

キングの鍵を手に入れたら、8階(X:21、Y:29)の扉を開けられますね。
扉の先には階段がありますが、ここで一度報告へ戻るように言われます。



魔女報告を行うとイベント。
馬車小屋へ忍び込んでいたマリエッタは、レキテイを取ると顔をしかめます。
そしてレキテイを持ち去り、墓地で燃やそうとしていました。
マリエッタがレキテイを持ち出すところをバルティーニは目撃したのですが、特に騒ぎ立てる様子は見られませんね。

画像

その後、場面は馬車小屋へと変わります。
ここではバルティーニが、ドロニアに報告を行っている所でした。
ドロニアは元の姿に戻っていますね。

捕らえられたメイリィですが、証言以外の確たる証拠が見つからなかったため、不起訴で終わった模様。
しかし魔女の仕業だと騒ぎ立て、昨夜逃走を企てた結果、命を落としてしまったようです。
バルティーニが言うには、逃走途中で穢レ人に捕まったと言う話。

画像

そこにルカとネルドが戻ってきました。
元の姿に戻ったドロニアを見たルカは、泣きながら大喜びします。
ここで初めて、ドロニアは自分の姿が元に戻っている事に気が付いた模様。
相手が死んでも解けない魔法でしたが、穢レ人に連れ去られたなら話は別だったとか。
こうなると余計に、穢レ人の正体が気になりますね。

画像

そしてドロニアは、レキテイが無くなっている事に気が付きました。
一部始終を見ていたはずのバルティーニは、沈黙して何も答えず。
バルティーニはバーバ・ヤーガと通じているのだと思っていましたが、こうなるとマリエッタもバーバ一味なのかもしれませんね。

ここで失われたレキテイは、ネルドが臭いを辿って探す事になりました。
ネルドの正体はフクロウに似ているものの、フクロウでは無いようです。
鼻も良いらしく、ネルド達は墓地で焼け焦げた妖路歴程の切れ端を発見。

画像

そこにヌッタマッタがやって来るのですが、即座にドロニアは力を使います。
何か知っている事があれば吐けと。
ヌッタマッタは顔は見えなかったものの、ローブを来た女がここで本を燃やしていたと答えます。
ドロニアはさらに力を使い、詳細を聞き出そうとするのですが、ヌッタマッタは泡を吹いて倒れてしまいました。

その間際に、怪しげな言葉を残しますね。
最初に入力したプレイヤーの名前を口にしてましたし、ヌッタマッタでは無い何者かの言葉だと思われます。

画像

そして場面は切り替わり、マリエッタの独白が流れていました。
何かに抵抗するような口ぶりだったので、もしかするとバーバに体を乗っ取られて操られていると言うパターンなのかも・・・。
レキテイを持ち去る時も、怪しげな様子でしたし。

画像

その後プレイヤーは、黄昏のテネスで目を覚まします。
妖路歴程の中に入る時、訪れた場所。
以前と同じで陽気な声が響き渡りますが、その声の持ち主が言うには、妖路歴程はすぐに修復されるだろうと言う話。
ただプレイヤーの魂が抜け落ちている状態なので、またレキテイの中に入って貰わなければならないと。

謎の声の持ち主は、プレイヤーはあらゆる世界の事を見聞きするだろうと言います。
その全てをプレイヤー自身の記憶にとどめて欲しいとの事。
それが謎の人物の願いであると語った所で、レキテイは呼び覚まされました。

画像

レキテイが目を覚ますと、そこは馬車小屋の中。
どうやらドロニアが妖路歴程を修復し、プレイヤーの魂もその中に戻ったようですね。
結局ドロニア達にはレキテイを燃やした犯人はわかりませんでしたが、残りの鍵を手に入れるべく、探索を再開する事になります。

画像
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ここの塔で一気に物語が加速しましたよね〜
バーバが本当に死んだとも思えないし、マリエッタの様子を考えると、Westwoodさんが言うように乗っ取られそうになっていても不思議ではない様子。
そして、謎の声もよくよく聴いてみたら聞き覚えのある「あの人」っぽいなぁと予測がついたりとか(笑)で、ストーリーが気になる展開で久しぶりにクリアしたいけども、終えるのが嫌でクリアするのが勿体ない気持ちにもなってます♪

ユーク
2016/08/09 12:18
いろいろと判断材料は増えて来てますが、予想していなかった展開も多く、目が離せませんね。
魔女と百騎兵の時は佳境に入ったと思ったら二転三転する事もありましたし、今回はどのように物語を終えるのか非常に気になります。
ただ、終わらせたくないと言う気持ちもわかります。
物語が面白い作品ほど、先が見たいけど物語が終わるのも嫌だと言うジレンマに陥りますね。
Westwood
2016/08/09 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その17 [三領主の塔ウンブラ] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる