西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その19 [記憶のロサテンプス]

<<   作成日時 : 2016/08/13 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は「記憶のロサテンプス」に向かってみました。
一応、「死都アマデウス」も覗いてみたのですが、こちらは入り口から奥へ進むことができず。
先に記憶のロサテンプスを探索しなければ、内部へは入れそうにありませんでした。
ストーリー的にも記憶のロサテンプスを先に探索するように言われますし、こちらから行くのが正解でしょうね。

と言う事で記憶のロサテンプスにやってきましたが、ここは出口がありません。
脱出する際はアイテムなどに頼る事になるので、リインフォースやアイテムの残量に注意。
脱出アイテムである魔女の帰還鈴は、商店でそこそこいい値段で売れますからね。
人によっては、使う分が無いと言った状態になっているかも・・・。

このダンジョンですが、プロローグで訪れたマギアと言う世界に似てますね。
あちらも誰かの精神世界だったのかも。
所々でタロットカードのようなものが道を塞いでいますが、これは壁壊しのスキルで破壊可能。

画像

入り口付近は紫シンボルの敵が徘徊してますが、シンボルは消えたり現れたりと繰り返します。
出現ポイントも毎回変わるので、動きが掴めないのが厄介。
この先でも突然周囲に沸くことがあるので、不意に襲われる危険があります。

紫シンボルに触れると、魔小箱と言う敵との戦闘に。
HP15,000程度ですが、そこまでの強敵ではありませんね。
戦力に自信があるなら、倒しながら進んでも良いかと。

画像

(X:07、Y:22)の地点に向かうとイベント。
ドロニアの記憶が流れ込んできて、過去の映像を見られます。
この記憶では、イサラからどこかで自由に暮らそうと持ち掛けられるものの、バーバから逃げられるはずが無いと拒否するヴェルニアの姿が見られました。

ただイサラは、問題はバーバでは無いと話しますね。
ヴェルニアが自由になる事を恐れているのだと。
そしてイサラに促される形で瓦礫の向こう側にある景色を見て、二人で笑い合っていました。

画像

イサラはバーバに秘密である事を調べていると打ち明け、イサラの病気やヴェルニアの脚も治せるかもしれないと話します。
ただイサラの病が悪化したのも、そいつのせいとも言いますね。
ここでイベントは終わってしまいますが、秘密とはドロニアが探している鍵の事なのでしょう。
鍵の先にあるものかもしれませんが。

画像

イベントを見終わると、封じられていた扉が開きます。
その後は北西経由で、南東を目指す事に。
北西部分は紫シンボルの敵が巡回しているので、後を追いかけるように歩けば安全。

(X:25、Y:26)の地点でイベント。
ここでもヴェルニア時代のドロニアの記憶が流れ込んできます。
ヴェルニアはなよっとした貴族に話しかけられている所でした。
貴族はこの辺りの土地をバーバに提供している領主の息子「メディニラ・B・ロルジュ」と言う話。

画像

メディニラは体が弱いらしく、普段はバーバから薬を貰っているようですね。
ただ今日はイサラに用事があると言う事。
そこへイサラがやってくるのですが、イサラはヴェルニアを連れて去って行きます。
ここでイベントは終了。

メディニラですが、思わせぶりな態度を見せていたので、イサラの婚約者なのかもしれませんね。
以前は男の登場人物が他にいなかったので、クラウスがバルティーニの元の姿だと思ったのですが、こうなるとメディニラの方が相応しい感じですね。
ルカの両親は、イサラとメディニラと言う事になるのかも。

画像

イベントの後は、南西に進むと階段があります。
途中にあるスイッチを押しておくと、入り口方面へのショートカットが開通。
ここを開けておくと、再突入が楽になるかと。

画像



階段を降りると、ドゥオ /II に到着
ここは(X:28、Y:16)の地点で、愛と勇気の結魂書が手に入りますね。
アタッカー1名、サポート3名しか配置できませんが、サポート系のドナムが充実しています。
範囲回復と単体回復を持ち、旅団全体の状態異常も回復可能。
前衛の攻撃力、後衛の防御力を上げるドナムを持ち、代償や生贄も必要ないと、サポートはこれだけで足りそうです。

画像

ただアタッカーに1名しか配置できない関係で、カヴンのDP総量が少なめになるのが難点。
この結魂書に配置するメンバーは、マージナルメイズからドナム効率論のスキルを継承させ、DPを上げる装備を身に付けると言った対策が必要になるかと。
この結魂書専用のキャラさえ作ってしまえば、回復・サポートはこれだけで十分でしょうけどね。
魂移しを活用せずとも、マージナルメイズを配置するだけでも良さそうですが。

画像

(X:11、Y:23)の地点ではイベント。
先ほどの続きで、変な男に絡まれていた所を助けてやったのだから、感謝しろとイサラが得意げに話していました。
ヴェルニアはイサラの部屋を聞かれていただけだと答えると、イサラは何かに感付いた様子。

イベントが終わると、中央北側の扉が開くようになります。
ここから北東に向かうと、次のイベントポイントがありますね。
周辺には紫シンボルの敵が巡回しているので、接触しないようにやり過ごすと良いかと。
接触した所で、HP6,000程度の敵が1体現れるだけですから、苦労せず倒せると思いますが。

画像

北東のイベントポイントに触れると、ドロニアの記憶が流れ込んできます。
マリーと言う少女から、何故イサラが特別扱いされてるか知っているかと尋ねられるシーン。
イサラは逃げ出そうとした仲間を、何人もバーバに売り払っているとか。
ヴェルニアはバカバカしいと本気にしませんでしたが、少女が言うには年長者なら誰でも知っている事だと話しますね。
だからイサラには、誰も逆らわないのだとか。

画像

マリーが言うには、今までもイサラの口車に乗って、森を抜けようとした者は何人もいたと言う話。
そしてバーバに捕まったそうです。
ヴェルニアはでたらめだと言ってマリーを突き飛ばす所で、イベントは終了。

この後、中央北側の扉が開き、その先に階段があります。
イベントポイント西にある扉から出ると近いですね。
扉はスイッチを操作すると開きます。

画像



階段の先はトゥレース / III
ここはすぐ南に最初のイベントポイントがありますね。
イベントポイントに触れると、ドロニアの記憶が流れ込んできます。
今回はクラウスに呼び止められ、イサラが呼んでいると伝えられた所で終了。

画像

この後は南西イベントポイント前の扉が開くようになります。
こちらのイベントポイントでは、先ほどの続きが見れますね。

どうやらイサラが呼んでいると言うのはクラウスの嘘で、ヴェルニアは森の中に誘い出され、腹部を激しく殴打された模様。
苦しさのあまり、ヴェルニアは悶絶しながら吐しゃ物を撒き散らせていました。
クラウスは、お前が居なければイサラは俺の物だったと、イサラに振られた不満をヴェルニアにぶつけている状態。
その後も暴行を受け、「ここから立ち去れ」、「この事を話したら殺す」と脅し、クラウスは去って行きます。
気丈なヴェルニアも、さすがに泣き崩れると言うイベント。

画像

次は南東側のイベントポイントに行けるようになりますね。
こちらの記憶では、ヴェルニアの部屋にイサラがやって来ていました。
ヴェルニアがイサラの部屋へ来なくなったので、その理由を尋ねに来た模様。

ただイサラの顔には、べっとりと血糊が付いていたようです。
その事に気が付いたヴェルニアが何が起きたか尋ねると、イサラはクラウスをボコボコにしてやったと答えていました。
クラウスの安否は不明ながら、死んだかもしれないと言う話。

画像

そしてイサラはヴェルニアを抱きしめると、耳元で3時間後にここを出ると語り掛けます。
昨夜バーバが魔法学校を発ったので、西の森で待ち合わせようと。
ただ急な話で人払いが出来ていなかった為、同室のマリーに話を聞かれているかもしれないとイサラは懸念します。

そこでイサラは、力を使ってここから飛び降りさせろと指示。
躊躇わずに必ずやるように言って、部屋から出て行きます。

画像

イサラが部屋から出ていくと、マリーがベッドから降りてきました。
ヴェルニアは力を使おうとしますが、マリーは誰にも言わないから安心して欲しいと話しますね。
ただ、多分捕まってしまうので、その時はバーバにはしっかり謝ってと忠告してくれました。
マリーも逃亡を手助けした仲間として、一緒に謝ってあげるからと。
この時「おば・・・」と言いそうになっていたので、実はマリーはバーバの孫なのかも。

画像

ヴェルニアはマリーの事をそれなりに信頼しているらしく、力は使わなかったようですね。
ここでイベントは終了。
マップ中心部にある扉が開くので、そこから次のエリアへ向かえるようになります。

画像



と言う感じで、記憶のロサテンプスの3階層まで進みました。
ここはドロニアの精神世界なので、このまま記憶を覗きながら先へ進むことになるのかも。
拠点に戻らずともイベントが発生するので、割とテンポいいですね。
もう少し探索したいけど、イベントの為に一度戻らないと・・・と言う場面も、今までは多かったですし。

記憶のロサテンプスは何階層まであるかわかりませんが、ここでドロニアの過去は、ほぼ全て判明しそうですね。
過去の出来事がドロニアの目的とも関係していると思われるので、この後に何があったのか気になる所。

今さら気が付いたのですが、魔法学校の守衛を務めていたクラウスと、領主代行に仕える執事のクラウスは名前も同じですし、見た目もそっくりですね。
他にもマリーは修道女のマリエッタと思われますし、これらの人物がルフラン市にいる事も謎。
ドロニアがやって来る前から、バーバの手の者が潜り込んでいた可能性も高そうです。
「(大商会の)クラウスは、なんか胡散臭いなぁ」なんて思っていましたが、その印象は間違いでは無いのかも。

画像
大商会のクラウス
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分もいまここを攻略中です。ここでドロニアの過去は全て見れそうですよね〜
人形劇なども、案の定というかやはりドロニアの過去も含まれてそうな感じですね。
そしてクラウス、今さらながら同じく自分も「そう言えば名前同じだな」と改めて気づきました(笑)
ますますストーリーが気にもなってきましたが、ここらでまた過去のダンジョンに戻って宝箱も開けに行かないとなぁと良い意味でモヤモヤしてます♪
ユーク
2016/08/14 10:38
今までバラバラだったものが繋がってきた感じで、色々と目が離せない展開ですね。
クラウスは過去編で最初に出てきた時に気がつくべきだったのでしょうが、今の今まで気づきませんでした・・・。
目つきが違うものの、髪の色は同じですし、同一人物で間違いないと思われますが、何故ここにいるのか、過去の記憶はあるのかなど、気になる点は多いです。
それ故に先を進めたい所ですが、私の場合、初期メンバーがLv80を超え始めたので、ここらで育成の準備を整えるべきなのか迷っていたり・・・。
Westwood
2016/08/14 22:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 その19 [記憶のロサテンプス] 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる