西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ5 その2

<<   作成日時 : 2016/09/16 23:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

街で出会った金髪の少年と一緒に学校へ向かっていたのですが、学校に到着すると校舎が城のようになっていました。
二人は驚きながらも中へ入っていくのですが、校舎の変貌ぶりに驚きます。
先日までの学校とは全然違っていて、まるで別の建物の中のようでした。

画像

何が起きたのかわからずに戸惑う二人の前に、鎧姿の何者かが現れます。
様子がおかしいので逃げようとしますが、周囲を取り囲まれてしまいますね。
そして二人とも取り押さえられ、どこかへ連れていかれました。

主人公と少年は、牢屋の中で目を覚まします。
今日が初対面の主人公の身を案じてくれる辺り、ガラの悪い少年も根は人が好さそうですね。

画像

周辺からは悲鳴も聞こえてきて、何とか外に出る手段を探すのですが、そこに鎧姿の番兵がやってきます。
番兵は二人の処刑が決まったと話しますね。
罪状は不法侵入。

そこに派手な姿の鴨志田らしき男が現れ、俺の城で勝手は許さないと話していました。
鴨志田らしき男は、自分を王だと名乗りますね。
城に侵入して王の悪態をついた罪は、死をもって償うしかないと。
ガラの悪い少年は前から鴨志田に目をつけられていたらしく、主人公はその仲間と思われている様子。

画像

ちなみに鴨志田らしき男は、マントの下は全裸。
裸の王様と言う意匠なんでしょうね。
一応、パンツだけは履いているようですが。

牢内に入り込んできた番兵によって、少年は腹部を殴打されてうずくまってしまいました。
しかし自分の事は放っておいて、主人公には逃げろと言いますね。
主人公は仲間ではないと鴨志田らしき男の勘違いを訂正し、さっさと行けと。

画像

鴨志田らしき男は主人公の事は眼中にないらしく、少年の処刑に専念すると言います。
そして番兵に取り押さえさせた少年を、主人公の目の前で殴り始めました。
いよいよ止めを刺そうとした時、主人公は処刑を止めさせようと暴れるのですが、結局は番兵に取り押さえられてしまいますね。
主人公の目が気に入らないと先に殺されそうになった時、主人公の頭に謎の声が響き渡ります。

そして衝撃が番兵を弾き飛ばすと、主人公は奇妙なマスクをつけていました。
そのマスクを力ずくで剥ぎ取ると、主人公の体は青い炎に包まれ、黒いコート姿に。
青い炎は人の姿を取り、逢魔の簒奪者「アルセーヌ」を名乗ります。
アルセーヌは主人公が望むなら力を貸すと言い、ここで正体を現した番兵との戦いに突入。

画像

この戦闘もチュートリアルのようなもので、最初はスキルしか使えません。
スキルを使うには△ボタンを押し、使いたいスキルを選んで○ボタン。
魔法系のスキルはSP、物理系のスキルはHPを消費します。

2ターン目は通常攻撃を行う事になります。
十字キーで対象を選んだ後、○ボタンで攻撃。
通常攻撃は威力が低いものの、HPもSPも消費しません。

画像

3ターン目は一通りの行動が解禁となるので、自由な方法で敵を倒すことになります。
今作はボタンで直接コマンドを選ぶ形になっていて、□ボタンでアイテム、×ボタンでガード、L2ボタンで作戦指示、オプションでラッシュ(オート)を実行できます。

戦闘後、隙をついて鍵を奪い、鴨志田らしき男を牢屋へ閉じ込める事に成功しました。
少年が主人公の力に疑問を抱いて問い詰めると、主人公の姿が普段の学生服に戻ります。
わけがわからないものの、とりあえずはここから逃げるのが先決と、二人は出口を探すことに。

ここはジャンプを使って、隙間を飛び越えて進むことになりますね。
他にも壁に開いた穴を潜って進む場所も。
今作はP3やP4のような自動生成ダンジョンではなく、固定の作りになっていると言う話。
その分、仕掛けなどを豊富に用意しているようです。
自動生成ダンジョンも別にあると言う話でしたが。
マップも足を踏み入れた地点しか表示されませんし、探索する楽しさがありますね。

画像

奥へ進んでいくと、他にも捕まっている生徒を発見。
頭に鉄仮面のようなものを被せられ、元気がない様子。

そして牢屋のひとつから、謎の生き物に声をかけられます。
ここから出して欲しいとの事。
謎の生き物は出口を知っているらしく、助けてくれたら案内すると交渉してきますね。
仕方ないので、二人は近くにあった鍵を使って、謎の生き物を牢から出してあげました。

画像

救出された謎の生き物は、モルガナと名乗ります。
ここからはモルガナについていく事になりますね。
跳ね橋を下すと番兵に遭遇し、戦闘に突入。
ちなみに今回の敵もシャドウになる模様。

今回の戦闘では、モルガナも参戦します。
この戦闘は弱点と1MOREのチュートリアルも兼ねていますね。
敵には弱点属性が設定されている事があり、弱点となっている属性のスキルで攻撃するとダウンさせられます。
ダウンさせられると、行動回数が1回追加。
弱点属性のスキルは威力も増加しますし、上手く弱点を狙うのが戦闘のポイントとなりますね。
味方にも弱点があるので、ダウンさせられないように注意する必要も有り。

画像

ここで主人公やモルガナが呼び出す像が、ペルソナだと判明。
心に仮面を被っている事を自覚し、自らはがす事でペルソナを呼び出せるという話。
P3は銃、P4は眼鏡でしたが、今作はダイレクトに仮面になっていると。
ただ主人公の力は完全ではない様子。

またこのタイミングで、ガラの悪い少年の名前が、坂本竜司と言う事も判明しました。
モルガナからは傷薬を3個貰え、オートリカバーの説明も入ります。
移動中に□ボタンを押すと、スキルを使ってHPを回復。
現在はモルガナが回復スキルを使えるので、モルガナのSPを使って回復が可能。

画像

そのまま道なりに進んでいくと、通気口のある部屋に到着しました。
ここがモルガナの言う出口。
通気口は外まで繋がっているので、ここから出られると。
モルガナはまだやる事があると言うのでここで別れ、主人公たちは現実世界に戻ってきます。

主人公たちは学校近くの通りに立っていました。
警官に声をかけられ、ちゃんと学校に行くように注意されますね。
しかし竜司が城の事で騒ぎ立てると、警官たちは学校に異変は無かったと話します。
主人公たちが学校に向かってみると、そこにはいつも通りの校舎が建っていました。

画像

そこに警官の連絡を受けた指導教官と、教師の鴨志田が現れますね。
竜司は騒ぎますが、不良がいい加減なことを言ってると思われ、取り合ってもらえませんでした。
とにかく遅刻したのは事実だとして、竜司は指導教官に連れて行かれます。
主人公も職員室に向かい、担任の川上に会うように言われました。

ここで未来のシーンになりますが、鴨志田は欲に駆られて何らかの事件を起こしていた事が告げられました。
鴨志田に問題がある事は確定で、これから何をしたのかが語られるのでしょうね。

過去のシーンに戻ったら、2階の職員室を目指します。
生徒の話を聞くと鴨志田は信望が厚く、生徒からも人気があるようですね。
そんな教師が一体どんな事件を起こしたのか、興味がわきます。
ちなみに主人公は根も葉もない噂が広まっていて、最初から印象最悪でした。

職員室に向かうと、初日から半日遅刻したことで呆れられます。
問題児である竜司と一緒に居た事も、川上の頭を悩ませている様子。
今後は竜司に関わらないようにと忠告されました。
竜司は昔は陸上部にいたらしく、その頃は今みたいじゃなかったようです。

画像

主人公は午後から授業に参加。
ここで朝に出会った派手な女生徒と再会しますが、妙な反応をされますね。
この少女は、高巻杏。
生徒の話では、鴨志田と付き合っている風なことが囁かれていました。

画像

授業が終わると竜司がやって来て、屋上で待つと言われます。
言葉通りに屋上へ向かうと、朝の出来事について礼を言われますね。
夢だったのかもしれないけど、鴨志田から助けてくれたからと。

そして竜司は、鴨志田の事について教えてくれます。
鴨志田は元メダリストで、顧問をしているバレー部も全国大会に出場している為、校長でも鴨志田には強く出られないようですね。
そんな状態だから、あのお城で鴨志田が王様なのも、妙なリアリティーがあると。

竜司は主人公と気が合うらしく、ここで正式に自己紹介。
見かけたら声をかけるから、シカトしないように言って帰っていきます。

画像

ここから主人公も帰宅する事に。
朝のような乗り換えは無く、屋上から出たらルブランに到着しますね。
惣治郎は学校から大遅刻の連絡があったと、お怒りの様子。
お前の為にも真面目に生活しろと忠告し、その後は誰か女性との電話に夢中になっていました。

自室で眠ると、再び謎の監獄で目を覚ましますね。
イゴールは主人公に目覚めたペルソナを鍛えるようにと話します。
またイセカイナビは気に入ってもらえたかと尋ねてきました。

画像

主人公のスマホに勝手に登録されていたアプリは、現実をパレスを行き来できるアイテム。
主人公にとって有益な者なら、他の者にもイセカイナビを与えると言う話でした。
それだけ伝えられると現実に戻り、4月12日を向かえます。



朝になって主人公は、学校へと向かいます。
先日のような乗り換えは無く、いきなり学校のある蒼山一丁目駅に到着しますね。
さすがに毎回乗り換えはさせない様子。
この日は大雨が降っていましたが、先日のように城に迷い込むことも無く、普通に学校へ到着。

画像

その後は午前の授業が行われます。
ここでは恒例となった、授業のクイズが行われますね。
プラトンは人の魂を3つに分類したが、それは意思と欲望、もうひとつは何だと言う問題。
答えは「知性」。

問題に正解すると、知識のステータスが少し上昇しました。
今作でも主人公のステータスがあるんですね。
ステータスは知識、度胸、器用さ、優しさ、魅力の5種類。
今後はプレイヤーの行動によって、これらのステータスも変化する事になるようです。

画像

授業は終わると、鴨志田が杏に話しかけている所を見かけます。
鴨志田は最近物騒なので、帰り送っていこうかと話しかけていました。
杏はバイトでモデル活動をしているらしく、今日は撮影があるからと断りますね。
周りからは親しい間柄のように言われていましたが、杏本人は鴨志田が苦手な様子でした。

鴨志田は素行が悪いと噂の主人公をダシに、杏を心配している風に装っていますが、杏と別れてからはあからさまに不機嫌で舌打ちしていましたね。
理解のある良い教師と言うのはただのポーズで、裏に色々と抱え込んでいそうなタイプ。

画像

放課後になって帰宅しようとすると、竜司に声をかけられます。
竜司は昨日見た城の事が気になっているらしく、鴨志田と関係あると思ったら居ても立ってもいられないので、城を確かめるのに協力してくれないかと言う事。
鴨志田とは何か因縁があるような感じですね。

確認と言っても方法はわからないので、とりあえず昨日と同じルートを歩いてみる事になりました。
竜司と初めて会ったお店まで行って、そこから学校へ向かって進んでみると、普通に学校に到着。
その結果に竜司は納得できないようで、途中で道を間違えたんだろうから、もう一度やってみようと提案してきました。
しかし次も普通に学校へ到着してしまったので、竜司は場所があっているのか自信がなくなってきた様子。

画像

ここで竜司は先日主人公が、携帯のナビを付けていた事を思い出します。
音声での案内だったので、竜司も気づいていたようですね。
そして主人公のスマホを奪い取った竜司は、消しても復活する謎のアプリが、ナビだったことを突き止めていました。
主人公の操作履歴も残っていたと。

そして竜司がアプリを立ち上げると、イセカイナビが起動。
すると先ほどまで学校だった場所に、昨日の城が現れます。
主人公の姿もいつの間にか変わっていて、驚く二人の前にモルガナが登場。

モルガナが言うには、この城も学校。
この城の主は鴨志田で、鴨志田が歪んだ心の目で見ているのが、この城のような姿。
モルガナはわかりやすく話しているつもりのようですが、さすがに竜司達には事情が伝わらないようです。

画像

そんな時、悲鳴が聞こえてきました。
モルガナの話では、奴隷扱いされている生徒の悲鳴との事。
竜司は生徒を奴隷のように扱う鴨志田に、強い怒りを感じていました。
そして竜司は、モルガナに捕まっている生徒の所まで、連れて行ってほしいと頼みます。
モルガナは主人公も一緒に来るなら良いと、その頼みを引き受けていました。

モルガナは先日の通気口まで主人公たちを連れてきて、怪盗の手ほどきをしてやると言って先に進みます。
竜司は主人公を巻き込んだことを謝って、それでも鴨志田が好き勝手にするのは、どうしても許せないと話します。
そして付き合ってくれた主人公に感謝して、モルガナの後を追いかけて行きました。

画像



と言う感じで、再び城へ突入しました。
序盤だからと言う事もあるのでしょうが、ずっとイベント続きで、なかなかキリの良いポイントがありませんね。
それだけ濃密と言えますが。
序盤を越えればプレイヤーが自由に操作できる部分も増えるでしょうから、好きなタイミングで中断できるでしょうけど。

ところでメインキャラの一人である坂本竜二ですが、正直言って最初にデザインを見た時は気に入らなかったんですよね。
しかし実際にゲームをプレイしてみると、最初の印象とは違っていい奴すぎて、かなり好きになりました。

デザインを見た段階では他のキャラクターも好みじゃなかったのですが、この様子だと実際に見てみるまで、本当の評価はわかりそうにありませんね。
ちょっと楽しみになってきました。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ5 その2 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる