西へ東へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルソナ5 その25

<<   作成日時 : 2016/10/24 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月10日
いろいろと準備も整えたので、この日にパレスへ突入。
突入前には千早に金運占いをして貰いました。
総攻撃で戦闘に勝利した場合、獲得金額が増えると言う効果。
パレスやメメントスでは結構お金が稼げますし、今作はお金の消費が激しく、いくらあっても足りませんからね。
少しでも足しになるよう、占っておいて貰ったと。

画像

突入前はベルベットルームに向かい、ペルソナの整理。
コープを上げるために各アルカナのペルソナを呼び出していたので、合体させて枠を開けておこうと思って。
新規に作れるペルソナもいましたし。

ここで看守からの依頼にあった、念動回避を覚えたアメノウズメも作成しておきました。
戦車アルカナのキンキがレベルアップで念動回避を習得するので、これを素材にすると楽ですね。
私はキンキと拾ったヌエを合成。

画像

対象のペルソナを所持した状態で双子に話しかけると、「双子の看守」コープがランク5に上昇。
アビリティ「ギロチンブースタ」も習得します。
ペルソナ同士の5身合体、6身合体が可能になる効果。
次の課題は、デカジャを持ったネコショウグン。

探索中にLv30になったので、ネコショウグンも作ってみました。
ネコショウグンは、コダマ+スダマ+アンズーの3体合体のみで作成可能。
ペルソナのレベルは30ですね。
デカジャは素材のアンズーがLv28で覚えるので、アンズーを育てて継承させるのが一番簡単。
惣治郎コミュを育ててない場合は、宝魔を生贄にして経験値を与えるか、戦闘で経験値を稼いでレベルアップさせたいもの。

画像

ちなみにネコショウグンですが、疾風属性が弱点。
物理と電撃、呪怨に耐性があり、祝福が無効と、なかなか優れたペルソナですね。
自分のターンが回ってくる度にSP3回復する小気功も覚えるので、長期戦でも役立ちそうです。

最初からサイオを覚えているので、私は素材からプリンパとマハンマ、マハムドを継承。
サイ系のスキルは精神状態異常の敵に効果が高いので、敵1体を高確率で混乱状態にするプリンパを覚えさせた形。
他に祝福と呪怨属性のスキルを使えるペルソナがいなかったので、マハンマとマハムドを継承させました。

画像

対象のペルソナを所持した状態で双子に話しかけると、「双子の看守」コープがランク6に上昇。
次の課題は、テトラジャを持ったラケシス。

ちなみにちょっとした小技ですが、主人公の攻撃でホールドアップに持ち込んだ場合、会話交渉でお金やアイテムを貰った後、総攻撃を仕掛ける事が出来ます。
お金などを貰ったうえで、敵を倒せると。
吉田のアビリティが発動した場合、選んだ時点で敵が退却するので、アビリティが未発動の時に限られますが。
会話で追い払うよりは僅かにお得なので、主人公は各属性の弱点を突けるようにペルソナを用意しておくと便利です。

画像

また赤オーラの敵は弱点の無いアヌビス風の敵なので、クリティカル率の高い技があると便利。
モルガナが使えるラッキーパンチはクリティカル率高めなので、主人公はクリティカル率を高める補助魔法「リベリオン」を持つペルソナを用意しておくと楽になるかも。



フタバ・パレスですが、普通に入り口から入る事になりますね。
ただ階段前で扉が閉まっており、そこから先へ進むことができません。
扉を調べた後、入り口から外に出ようとすると、シャドウ双葉が登場。
奥へ進みたいのであれば、取引しないかと持ち掛けてきます。
近くに街があり、そこにいる盗賊に盗まれた物を取り返して欲しいと言う事。
そうすればいい物をくれるし、奥に進む道も教えてくれるとか。

画像

他に手がないので、主人公たちは依頼を受ける事に。
一度外に出て、東の端から街へ向かえますね。
入り口すぐ南の広場に入ると、盗賊を発見。
逃げていくので、これを追いかける事になります。

ただ普通に追いかけても追いつけないので、広場へ追い込む必要がありますね。
盗賊が曲がり角を曲がったら、別のルートから盗賊の前に回り込んでいけば、最終的に広場へ追い込めます。
広場に追い込むと盗賊は正体を現し、戦闘へ突入。

盗賊ですが、ガルーダ風の敵ですね。
疾風属性の攻撃をしてくるので、疾風弱点のキャラやペルソナは避けた方が良いかも。
銃が弱点なので、ダウンを取ってからの総攻撃が楽。
戦闘に勝利すると盗まれたパピルスを入手するので、後はパレスへ戻れば良いですね。

画像

シャドウ双葉の元へ戻ると、取り返したパピルスをくれました。
これはパレスの地図だと言う話。
その後、落とし穴で地下に落とされるので、地上に戻る道を探すと言う展開。

地下ですが、よじ登りを利用して上へと進んでいきます。
宝箱も置かれているので、一通り見て回った方が良いかも。
最終的に辿り着ける場所は同じなので、先に進みたいならどんどん上に登っていけば大丈夫ですね。

上部にある扉に入ると、地下通路に出ます。
ここには赤オーラの敵がいますが、現時点では戦う事は出来ず。
とりあえず無視して奥へ進み、最上階の扉を開けると外に出られます。
以後はここから内部へ突入可能。

画像



地上への出入り口を確保したら、先ほどの赤オーラの敵の元へ。
ここではモト風の敵との戦いに突入。
こいつはパーティメンバーをネズミに変えるスキルを使いますね。
姿を変えられる状態異常は、ペルソナシリーズでは珍しい・・・。

画像

また、こいつはリリスを召喚します。
リリスは氷結が弱点なので、祐介を投入していると楽ですね。
モト本体は疾風弱点なので、モルガナで弱点を突くと楽。

敵を倒すと奥へ進めますが、封印された扉で道が閉ざされていました。
扉の反対側の高台へ登ると、奥に反射板の置かれた部屋がありますね。
この部屋の手前には上によじ登れる場所があり、そこから封印扉の方向へと進んでいくとスイッチがあります。
スイッチを押すと仕掛けが動いて、扉の封印が解除。

画像

ここでの戦闘で、敵に弱点を突かれてダウンした仲間が、敵の人質に取られてしまいました。
この場合、交渉によって仲間を取り戻すことが可能。
オンラインに接続している場合、怪盗同盟に救援を求めて助け出すこともできるようです。
交渉に失敗した場合、仲間は即死。
弱点を突かれた時のデメリットが、過去作よりも大きくなっていると。

画像

石棺の間では、扉の奥に謎の石像が置かれています。
この石像を調べると、奈落の宝玉を獲得。
外に出ると石棺から敵が現れるので、そこに注意。
上へと昇って行った部屋にも石像があるので、ここでも奈落の宝玉を入手できます。

さらに進んでいくと、大回廊に到着。
行き止まりの台座に奈落の宝玉をセットすると、仕掛けが作動して扉が開きますね。
以後はパレスの入り口から、奥へと進めるようになります。
下へ戻るには、段差を降りて行くと早いかと。

画像

階段の中ほどから西へ進むと、拒絶の間に到着。
ここにはシャドウ双葉が居て、一行を導こうとしますね。
ただ、まずは双葉を無視して直進し、道なりに進んだ所にあるスイッチを押します。

道中には石像がありますが、石碑に怪しげな事が書かれているものの、ここに置かれている拒絶の宝玉は先に進むのに必要。
ただ玉を取るとスイッチの所へ行けなくなるので、スイッチを操作後に回収したいですね。
回収後は棺から敵が出てくる所もあるので、一度通った場所でも油断は禁物。

画像

スイッチを操作した後は、シャドウ双葉の後を追いかける事に。
私は先に寄り道したのでわかりませんが、スイッチを押さないと先へ進めないような感じですね。
とりあえずは西回りで奥へと進むことになります。
奥へ進むと中央奥に石像があるので、ここに拒絶の宝玉を設置すると先へ進めると言う仕組み。

そのまま道なりに進むと、行き止まりにスイッチがありました。
このスイッチを操作すると、中央東の壁が壊れ、先へ進めるようになります。
壁の奥には鍵付き宝箱がありますが、中身はブリッツリングスナフソウルターコイズでした。
ブリッツリングは電撃ダメージを中程度軽減するアクセサリー。

画像

東に進むと大回廊に到着。
中央にある反射板を調べると、スクリーンに絵が表示されますね。
この絵はパズルになっていて、配置を切り替えて正しい絵にすると、パレス入り口正面にある扉が開きます。



開いた扉から奥へ進むと、再び扉で道が塞がれていますね。
西側にはセーフハウスがあり、東へ進むと自責の間に到着。

自責の間を道なりに進んでいくと、シャドウ双葉を発見。
後を追いかけていくのですが、正面から大岩が転がって来て進めませんね。
ここは壁に開いた穴から、奥へと進むことになります。
大岩から退避した地点から、正面奥の壁ですね。

画像

穴を抜けたら、左手にある階段の方へ。
途中にスイッチがありますが、これは無視して奥へ進みます。
その先は行き止まりですが、板を蹴り倒すと橋が架かって奥へ進めるように。

先へ進むと行き止まりになっていますが、そこにある石碑を調べると「B01010」という文字が浮かび上がりました。
手前の部屋に戻ると、石櫃からホログラムが浮かび上がりますね。
石櫃には操作盤が設置されており、これに触れるとホログラムを消すことが可能。

これは先ほど調べた石碑がヒントになっていますね。
ひとつだけ操作盤の無い青いホログラムがあるので、これがB(ブルー)。
後はBが左端になるように見て、01010となるようにスイッチを操作すればOK。
0がオフ、1がオンと言う状態。
プログラムを齧ったことがある人なら、すぐわかるかと。

画像

ホログラムを操作した後は、階段の上にあるスイッチを押します。
正しく操作できていた場合、閉ざされていた扉が開き、奥へ進めるように。

開いた扉から奥へ進むと、また石碑が置かれていますね。
これを調べると、「R01100」、「B10011」と言う文字が浮かび上がります。
先ほどの部屋に戻ると新しいホログラムが浮き上がっているので、同じ要領でホログラムを操作。
最後にスイッチを押せば、大玉が転がる仕掛けを解除できました。

画像

先ほどの通路に戻ると、大玉で道が塞がっています。
穴の横から上によじ登れるので、そこから大玉の上を歩いて奥へ進む展開。

道なりに進んでいくと、大回廊に到着。
今回も反射板を調べると、モニターに絵が表示されますね。
やはり絵を入れ替えて正しい状態にすると、封鎖されていた扉が開きます。
今回は枚数が増えている上に、R1・L1で絵を回転させる必要があるので、若干難易度は上昇。

画像



扉を抜けて階段を登ると、また扉で道が塞がれていました。
そろそろ半分を越えた辺りだと言う話。
行き止まり右手にはセーフハウスもあるので、消耗しているなら一度戻っても良いかと。

左手の扉に入ると、庇護の間に到着。
入り口には鍵付き宝箱があり、中から夜鍋帷子黒い石ターコイズが入手できました。
夜鍋帷子は女性用の防具、黒い石はペルソナをアクセサリーに変換する時に必要なアイテム。

画像

道なりに進んでいくと、巨大な大穴がありました。
手前の壁に穴が開いているので、ここから奥へ進むことになりますね。
穴を抜けた先には宝箱がありますが、これは南の部屋でスイッチを押すと開けることが出来ます。
中身は汚れた古代の防具

北西では上に進むルートと穴を抜けるルートがありますが、ここは上に進みたいですね。
行き止まりにスイッチがあり、これを操作すると仕掛けを動かせます。
その後で穴を抜けて奥へ。

穴を抜けたら、正面奥の部屋へと移動します。
ここには他と形の違う棺があり、調べると中からスイッチが現れますね。
これを押してから穴のあった部屋に戻ると、新しいスイッチが出現。
スイッチを押すと隠し部屋が現れ、中にある石像から庇護の宝玉を回収できます。

画像

その後は北西経由で中央に向かうと、台座が設置されていますね。
ここに庇護の宝玉を置くと、先ほどの大穴に橋が架かって先へ進めるようになりました。

大穴東の部屋に入ると、鍵付き宝箱が置かれていますね。
中身は強記のベストターコイズルビー
強記のベストは男性用の防具。

画像

宝箱のあった部屋から南東に進むと、セーフハウスがあります。
その奥で中ボス戦となりますね。
今回もモト風の敵で、最初からラミアとナーガ風のシャドウを引き連れています。

私は消耗しすぎてSPが枯渇していた為、モルガナのラッキーパンチによるクリティカル頼みで何とか勝利。
主人公は突入前に作ったネコショウグンで毎ターンSP3ずつ回復するので、このSPを使って回復したり、ザコを混乱させて乗り切りました。
ここは素直にアイテムを使うか、一度退却した方が良かったかも。

画像

中ボスと戦った部屋ですが、入り口すぐ左脇から上に登れます。
ここにある石像から、庇護の宝玉を入手可能。
回収後は下へ降り、正面から奥へ進むことに。
下の部屋には敵が沸いてますが、石像のあった所から奇襲を仕掛けると楽に撃破できます。

奥の部屋では、光の床を渡って進むことになりますね。
その奥に台座が設置されているので、ここに庇護の宝玉をはめ込むと、新しい道が出現。
大穴の北側へ向かった後は、道なりに進むと大回廊へ戻ってこれます。

大回廊では、やはりモニターの仕掛けが用意されていました。
今回はパーツも増えていて、パーツを回転させる必要もありますが、前回と違ってパーツ単位で回転できるので、割と楽でした。
前回は2つのパーツが同時に回転するので、割と面倒でしたし。
とりあえず人物の絵を完成させた後、他のパーツが当てはまるように配置すればクリアできるかと。

画像

モニターの仕掛けを解除すると、最後の扉が開きます。
そして最深部の扉を調べるとイベント。
最深部の扉は厳重なロックがかかっていて、開きませんでした。

そこにシャドウ双葉が出現。
この先は王の間で、開けるには双葉の許可が必要だそうです。
オタカラはそこにあるようですね。
ただシャドウ双葉に扉を開ける事は出来ず、招き入れて貰えと話していました。
現実の双葉の許可が必要だと。

画像

そこで、一度現実に戻ることになります。
扉の奥にオタカラがあるので、双葉の部屋に招いて貰うのと同時に、予告状も出すと言う話。
今までと違って少々変則的ですが、これでオタカラまでの侵入ルートが確保できたので、予告状を出して盗みに入ると。

私は消耗も激しかったので、ここで退却。
今回のダンジョンですが、最初から最後までネコショウグンが大活躍でしたね。
念動が弱点の敵も多いですし、そいつらの弱点を狙いつつ、小気功で毎ターンSP3ずつ回復するのが大きかったです。

アヌビス風の敵はマハとムド系の即死技を繰り出してきますが、ネコショウグンは祝福無効の上、呪怨耐性もあるので、主人公の即死によるゲームオーバーを防げるのもメリット。
呪怨はあくまで耐性なので、完全には無効化できませんけどね。
ここは無理してでもネコショウグンを作る価値はあるかと。

画像

またこのダンジョンに出現する宝魔は、物理&銃撃、4属性&念・核属性を無効化。
恐らくは祝福と呪怨が弱点と思われるので、コウハとエイハ系のスキルを使えるペルソナを連れて行った方が良いかも。
私はマハとムド系のスキルしか無かったので、弱点狙えませんでしたし。



脱出時には主人公がLv34になっていたので、テトラジャを持ったラケシスを作ってみました。
ラケシスですが、ラミア+モスマンや、ミトラ+モスマンの組み合わせで作成可能。
節制+月、もしくは女帝+月と言う組み合わせなので、他のペルソナでも作れるかと。
ラミアはダンジョン内で仲間に出来るので、ブラックウーズ+ラミアの組み合わせで作成すると楽かも。

画像

問題のテトラジャですが、プリンシパリティをアイテム化するとテトラジャのスキルカードが貰えるので、これを使って後から覚えさせると楽。
プリンシパリティはラミア+ザントマンの組み合わせで作れ、どちらもフタバ・パレスで出現。
またプリンシパリティ+キンキの組み合わせでブラックウーズが作れるので、この時にテトラジャを継承させても良いかと。

画像

対象のペルソナを所持した状態で双子に話しかけると、「双子の看守」コープがランク7に上昇。
次はマハスクンダを持ったヘカトンケイルを持ってくるように要求されます。



と言う感じで、フタバ・パレスの探索は終了。
後は予告状を出して、オタカラを盗み出すだけですね。
終盤は消耗しきっていていましたが、カネシロ・パレスに比べると楽に感じました。
広さ的にも、カネシロ・パレスよりも狭かったですし。
回復アイテムなどを用意しておけば、一度の突入で最深部まで行くのは、難しくないかも。

画像

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログパーツ アクセスランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペルソナ5 その25 西へ東へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる